「クズ」になる薬 by 細谷 知司 - Yahoo!ブログ

登録ID
1858084
サイト名称
「クズ」になる薬 by 細谷 知司 - Yahoo!ブログ
URL
http://blogs.yahoo.co.jp/skmyh1125
紹介文
生きることに疲れた時、何かを誰かのせいにしたくなった時、誰かのそんな時に、このブログが薬になればと思って書いていきます。(「クズ」になる薬 by 細谷 知司)
カテゴリ
  • 駄目サラリーマン (100%) - 1 / 30人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 透かし絵
    人が変わり、組織が変わる。 建前だけを言えば、組織にそんなことがあってはいけない。 組織は共通の理念に基づき動いているし、その理念を体現するものが管理者になっているはずだからだ。 しかし現実は全くその通りではない。 自分自身を含め、管理者が…04月29日 07時09分
  • 想いを伝える
    某大臣(前、を付けるべきか)の再びの失言。 発言の意図は間違っていないのだろうが、やはり問題なのは言葉の選択だ。 また、謝罪の様子を見る限り、明らかに意図の問題と言葉の問題とを切り分けて考えることができていない。 それだけでも十分に資質の欠…04月28日 05時57分
  • 写絵
    そういう性分なのだろうか? 様々な人たちが色々なものを放り込んでいく。 日常への不満、同僚に対する愚痴、抗い難い現実を前にしての嘆き。 それらの大半は取るに足らない話のように思える。 別の言い方をすれば、わざわざ他人に放り込む必要などないこ…04月27日 05時19分
  • 悪(後編)
    「悪とは何か? 〜弱さから生じるすべてのものである」 フリードリッヒ・ニーチェ 攻撃される以前、ある種の状況に善という名は未だ与えられていなかった。 攻撃(=悪)によって初めて、それに善という名が与えられた。 だから悪は善に先立つものであり…04月26日 05時27分
  • 悪(前編)
    「悪は善のことを知っているが、善は悪のことを知らない」 フランツ・カフカ 悪について肯定的なフレーズを用いるのには勇気がいる。 それでもカフカが言う通り、悪を知らない善の立場を想えば悪について考えないわけにはいかない。 「肯定的」という言葉…04月25日 05時43分
  • 自覚
    「極端なる自負心と極端なる失望は、共に極端なる無自覚である」 バールーフ・デ・スピノザ ヨーロッパにおける汎神論の先駆者として有名なスピノザ。 神と宇宙、あるいは、神と自然とを同一のものと見做し、凡そ一切に神が内在しているとする汎神論の立場…04月24日 06時21分
  • 疲弊のあと
    某芸人がラジオで浅田真央に批判的な発言をしたニュース。 Twitterではファンから激しい口撃が行われる一方、発言を支持する声も相当数あったとされている。 私自身は圧倒的に後者の立場だ。 「真央ちゃんファシズム」と言っては大げさにすぎるかも…04月23日 14時52分
  • 唄を想い出したカナリア
    音楽を聴くことをしばらく忘れていた。 大学時代までは好きなアーティストのアルバムを買ったりもしていた。 決して一般的な好みではなかったが、狭い範囲の対象を深く掘り下げるクセは今も治っていない。 気取ってみたくてジャズ喫茶に行ったり、クラシッ…04月21日 06時27分
  • 想い出(その12) 貫く糸
    「白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬき留めぬ 玉ぞ散りける」 文屋朝康 小学生の後半から中学時代にかけて、百人一首の道場に通っていた。 地元のオッサン連中が土曜の午前中に集まり練習を重ねる。 年に一回全道大会も開かれチームはそこに毎年参…04月20日 07時12分
  • 陥穽と捏造
    小学三年生の女子が殺害された事件。 この事件の本質は、明らかに被害者がベトナム人であることにはないと思うが、議論が錯綜するのでその点は措いておく。 死体遺棄容疑で逮捕された人物が保護者会の会長だったことで大きな反響を呼んでいる。 彼が殺害犯…04月19日 06時27分
  • 資質?
    地方創生担当相が学芸員を「がんであるから一掃すべし」と発言し、翌日撤回した報道に接した。 この国が観光立国として生きていくに当たり、彼ら/彼女らの存在が足かせになっているのだという。 無論、学芸員の側からは「事実誤認」、「理解不足」との反論…04月18日 06時42分
  • さて...
    春の訪れを実感した週末。 季節が一巡りしたことを知ると共に、それを自らの境遇に重ね合わせてみたりもする。 私の中の一巡り。 自分が本当にやりたかったことを諦め、「なかったこと」にした四半世紀前の私。 ドストエフスキーの小説になぞらえて言えば…04月17日 06時41分
  • 眠り譚
    眠らない。 眠れないのではなく眠らない。 眠らずに考えなければならない。 あるいは、眠らずに余韻に浸らなければならない。 いずれにせよ、眠りに身を任せることから逃れようとする。 そんなことを続けていると、本当に眠れなくなる。 考えがまとまり…04月15日 05時42分
  • レッドライン?
    中国人が明治神宮などに液体をかけた事件が報道されている。 ここ最近、同様の事件がいくつか発生していた。 同一人物による犯行の可能性も十分に考えられる。 明治神宮の件の犯人2名は既に出国しているとのことだが、逮捕は期待できないだろう。 ファナ…04月14日 07時45分
  • 氷解
    話しても伝わらないことがある。 というか、そもそも真意がきちんと伝わることは少ないのだと思っている。 だから伝えなければならないこと以外はあまり口を開かない。 子供の頃から伝わらないことに(自らの意思とは関係なく)慣れていた。 私にとって、…04月13日 06時47分
  • 季節の中で
    新しい年度が始まり、仕事上の打合せに参加する機会が多い。 たしかに大変ではあるのだが、何事も初めが肝心なので手を抜かないことにしている。 最初に方針をしっかりと決め、前提とした事情の変更がない限り、決めたこと以外はやらない。 決めてしまえば…04月12日 07時07分
  • 引退
    雨に煙る朝。 やや強い風が窓を打つ音で目が覚めた。 桜を愛でる感性には欠けるが、それでもこの風に散りゆく花びらのことを想う。 咲いて散るのが花なれど、舗道に落ちた無数の花びらに切なさのようなものを禁じ得ない。 朝の白い空と澄んだ空気、あるい…04月11日 06時23分
  • レッドライン
    トランプ・アメリカによるシリアへの攻撃。 「アメリカ・ファースト」を謳った従来の対応から方針転換を図ったとの声が強い。 それを象徴する出来事として、最側近と呼ばれたバノンが政権中枢から外された旨が報道されている。 罪のない子供にまでサリンを…04月10日 07時06分
  • 運命の意味
    「フォルトゥナ(運命)に頼りすぎる君主は、運命の転換と共に滅びる」 ニッコロ・マキャベリ ルネッサンスの理想主義の時代に生きながら、政治の現実性をしっかりと見据えたマキャベリ。 冷酷非道な権謀術数を肯定する「マキャベリズム」にその名を残して…04月07日 06時31分
  • 資質
    ジャーナリストの挑発的な質問に声を荒らげた某大臣の資質が問題になっている。 挑発に乗って激高したことがいけないのか。 あるいは、自主避難する人たちに「自己責任」と言ったことが問題なのか。 いくつかの報道を見てみたが、どちらが問題なのか、両方…04月06日 06時14分
  • 梵我一如?
    『ウパディーシャ・サーハスリー 真実の自己の探求』 シャンカラ このところ宗教に関する書籍を読み重ねている。 古代中国の思想とキリスト教を通り過ぎ、現在地はヒンドゥー教、この後は仏教からイスラム教へと進み最後はゾロアスター教で区切りをつける…04月05日 05時18分
  • ピンチはチャンス
    「重要なことは何を耐え忍んだかということではなく、いかに耐え忍んだかということだ」 ルキウス・アンナエウス・セネカ 紀元前後のローマを生きた小セネカ。 後に暴君化する皇帝ネロの善政(ネロの5年間)を支えた人物としても有名である。 しかしそん…04月04日 05時15分
  • 希望
    考えなければならないこと。 考えたところで答えが出ないこと。 これらが同じである場合、私たちは答えのない問いかけに苦しむことになる。 実際、それらが同じである場合は非常に多い。 だからと言って考えることをやめられない。 そんな風にして世界は…04月03日 06時39分