気楽にとり(鳥&撮り)歩き

登録ID
1861621
サイト名称
気楽にとり(鳥&撮り)歩き
URL
http://blog.goo.ne.jp/romeo135bb
紹介文
子どもの頃から自然観察が好きでした。デジイチ購入を機に、撮影した野鳥の名前や観察記録、豆知識などを綴っています。【気楽にとり(鳥&撮り)歩き】
カテゴリ
  • 野鳥観察 (100%) - 6 / 58人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ニジキジ、ペリカン、シロクロゲリ
    神戸どうぶつ王国のニジキジ。 名前の通り虹色の光沢の羽を持つ鳥です。 インド、チベット、ネパールなど標高の高いところに住むニジキジですが、 花鳥園時代から飼育されていたニッキーと思われるので、神戸の気候にも適応しているようです。 メスはおら…07月28日 13時11分
  • トキ 色々
    今回も神戸どうぶつ王国のシロトキです。 北米南部から南米北部に生息。 マングローブの林を好むそうです。 前回のクロエリセイタカシギと同じく、神戸花鳥園時代には飼育施設内で繁殖していて褐色の幼鳥も見られました。 こちらは近縁種のショウジョウト…07月25日 09時08分
  • クロエリセイタカシギとセイタカシギ
    今回は、神戸どうぶつ王国のクロエリセイタカシギ(黒襟背高鷸)です。 せっかくなので野生では寄れない近距離から撮影してみました。 これなら他のお客さんも写りこまないので一石二鳥です。 クロエリセイタカシギは、北米や南米が原産のセイタカシギの仲…07月22日 11時06分
  • ハシビロコウ(神戸どうぶつ王国)
    現在、神戸どうぶつ王国には4羽のハシビロコウが飼育されています。 「動かない鳥」として知られるハシビロコウですが、 食べ物がもらえる動物園では、水辺でジッと獲物の魚が近づいてくるのを待ち続ける必要がありません。 お仕事(=狩り)の手間が減る…07月19日 13時59分
  • 神戸どうぶつ王国の鳥たち 1
    東も日も連日の猛暑。梅雨明け前から、すでにバテ気味です…(-_-;) 野山へ探鳥に出かける気力と体力がないので、久々に神戸どうぶつ王国の鳥たちを紹介します。 まずはバードショーで迫力満点の飛翔姿を見せてくれる鳥たち。 いずれも止まっている姿…07月16日 14時50分
  • キジバトのカップル
    キジバトのカップルが高い梢で寄り添っていました。 互いに羽繕いしあって、とてもお熱い雰囲気です。 キジバトはほぼ一年中繁殖していて、雄雌2羽で見ることが多いそうですが、(「野鳥観察ハンディ図鑑」より) この2羽も、ちょっとうらやましくなるほ…07月13日 15時25分
  • アオサギに接近
    公園に来るアオサギは、あまり人間を恐れず、近寄っても逃げません。 池の鯉にパンくずを与える人がいると目ざとく飛んできます。 パンのおこぼれも食べますが、パンくずに集まる小魚を獲るところも二度目撃しました。 オバちゃんは何もくれないの? 近す…07月11日 08時45分
  • 子スズメ、バッタが大きすぎて…
    子スズメが親鳥から大きな虫をもらいました。 バッタの一種のようです。 でも、大きすぎて飲み込めません。 ちゃんと残さず食べなさい ムリ〜大きすぎて食べられないよ〜 どれどれ かしてごらん さぁ、もういちど お口を大きく開けて ゴックンして …07月08日 09時27分
  • ササゴイ 今が旬ですが…
    今が旬のササゴイですが、今回は6月上旬の写真です。 撮影したまま、あやうく忘れかけていました^^; 繁殖のため日本に渡ってくる夏鳥です。 実はこのササゴイ、右の足の指が欠損しています。 撮影時にはたまたま右足をひっこめていますが、指の少ない…07月05日 14時01分
  • カイツブリの幼鳥
    前回のヒナたちと同じ池。 先に生まれたカイツブリ幼鳥、かなり大きくなっています。 首に縞模様の名残がありますが、光彩の色は黒ではなく黄色っぽく変わっています。 まるで冬羽のようにフワフワ、モフモフの羽毛です。 成鳥はすぐに潜水して隠れてしま…07月03日 14時00分
  • 黒目がクリクリ カイツブリの雛
    カイツブリ一家のヒナたち、だいぶ大きくなりました。 クリクリした黒目がかわいらしいです。 まっしろなお腹の羽をお手入れ。 バンの幼鳥が近くに寄ってきました。 時々、親鳥が小魚を持ち帰ってくるのを待っているようでした。 兄弟仲良く。 2羽とも…07月01日 14時50分
  • 6月の田園を探鳥
    ウォーキングをかねて田園地帯で野鳥を探してみました。 チュウサギ 虹彩が赤っぽくなって婚姻色に。 えい! ヒバリ、あちこちの畔で見かけました。 都市化の影響でヒバリが激減している地域もあるそうですが、 私の近場では一年中姿を見られます。 ケ…06月29日 13時37分
  • キビタキの母鳥
    森の小道を歩いていると、ヒッヒッヒツという鳴き声が近くの林から聞こえてきました。 声のする方を探すと、キビタキのメスが一羽。 大きな青虫をくわえて枝に止まっていました。 しばらく同じ枝に止まって周囲を警戒しているようでした。 すぐ近くに、巣…06月27日 15時14分
  • シジュウカラの幼鳥たち
    シジュウカラの幼鳥たち、親鳥が見守る中、食べ物を探していました。 葉っぱの影からコンニチワ からだがやわらかい! 獲物を探し回っています。 一羽が何か見つけました。 一瞬の早業。 写真で確認するとトンボをとらえたようです。 それを見ていた他…06月25日 12時47分
  • 7羽のバンの雛
    お山の公園の池でバンの雛が7羽誕生していました。 今季、二度目の繁殖です。十日ほど前に撮影しました。 4つの小さなハゲ頭(*^^) かわいい7つの子 もう一羽の親鳥は、陸を走り回って食べ物を探していました。 バン(鷭)Common Moor…06月23日 12時35分
  • エナガ、ムクドリ
    6月の都市公園は留鳥たちでにぎわっていました。 シジュウカラ、コゲラ、メジロ、ヤマガラも撮影しましたが、繁茂した葉の影できれいに写せません^^; エナガだけが良い枝に止まってくれました。 ムクドリ、ヒヨドリ、カラス、スズメ、キジバト、ドバト…06月21日 13時04分
  • ハクセキレイの水浴び
    お腹空いたよ〜 親鳥、羽の手入れに夢中です。 良い子で待っています。 さて 今度は水浴びをはじめてしまいました。 ゆっくり水浴びしてから飛び立っていきました。 親離れ子離れの日も近そうです。 残った雛、水が気になります。 入ってみようかな・…06月20日 11時40分
  • ハクセキレイ 虫捕り名人?
    虫をたくさんくわえたハクセキレイが飛んできました。 さらに虫を獲って追加しようとしています。 上下のクチバシだけでは一匹の虫しかくわえられないので、 きっと、舌で抑えながら次々と虫をくわえているのでしょうね。 それにしても、上手いものです。…06月19日 13時35分
  • カイツブリの一家 2
    カイツブリの一家、この日は元の巣を離れて葦の葉影に移動していました。 私の背丈ではちょうど葉被りになる高さですが、なんとかヒナの姿が見えました。 さらに大きくトリミング。この日、5羽のヒナを確認できました。 カイツブリの雛のお腹は白くてふわ…06月16日 14時35分
  • バンの一家
    カルガモと同じ池にバンの家族も数組暮らしています。 この一家には2羽のヒナが育っています。 甘えて見せますが、親鳥は相手にしません。 褐色の幼鳥は、目の表情がとらえやすいので撮っていて楽しいです。 家族写真。なんとか4羽いっしょに撮れました…06月15日 16時40分
  • カルガモ・ベビーラッシュ!
    海辺の池のカルガモたち、次々と雛が誕生しています。 いったい何組の親子が暮らしているのでしょう?少なくとも5組くらいいるでしょうか? 放任気味でのんびりした母鴨の元で育った二羽。 とても仲良し。いつもいっしょです。 最初に生まれた7羽の雛、…06月14日 08時02分
  • 夏羽のクロハラアジサシ
    6月初旬のある日、一羽のクロハラアジサシが、海辺の池にやってきました。 クロハラアジサシ(黒腹鯵刺)Whiskered Tern 全長23〜26cm 翼開長76〜85cm 昨日登場したコアジサシは、繁殖するため日本に渡ってきますが、 クロハ…06月12日 15時06分
  • コアジサシ、飛んで来ますが…
    カイツブリやカルガモのいる池に、コアジサシの小群が飛んできました。 今年は去年まで営巣していた浜で、抱卵する姿がほとんど見られません。 いったいどうしてしまったのか?と多くの方々が気にかけていらっしゃいます。 海辺に行けば、こうして魚を捕る…06月11日 13時51分
  • カイツブリの一家
    大勢の方が楽しみにしていたカイツブリの雛が誕生しました。 週の初めに2日連続で行ってみましたが、3羽の雛がかえっていたようです。 親鳥の背中に乗ったり翼の下に潜り込んだりしていました。 予想外に動きが速く、スルッという感じて親の羽にもぐりこ…06月09日 15時56分
  • ヒクイナの雛、バン
    ヒクイナの雛が一羽、水草の上に姿をあらわしました。 親鳥の姿がないし、ほんのわずかな時間だったので、バンの雛と見間違えたかと思いました。 ヒクイナ(緋水鶏)Ruddy crake 全長約23? こちらがバンの雛。 こうして見比べるとクチバシ…06月08日 08時53分
  • コゲラの巣立ち雛
    まだクチバシの黄色いコゲラの巣立ち雛。 親鳥が食べ物を運んでくるのを待っているようでした。 高いところにいるスズメやシジュウカラが気になるのかな? なかなか用心深い性格のようです。 クチバシの根元が黄色いです。 親鳥の姿を探しているのでしょ…06月06日 11時07分
  • シジュウカラの親子
    木陰にシジュウカラの親子がいました。 巣立ち雛は2羽見えました。 食べ物をねだっても親は与える様子はありません。 自力で見つける練習をさせていたのかもしれません。 まだ黄色いクチバシ。 何もかも珍しいのでしょうか、あちこち見回していました。…06月05日 08時06分
  • シロチドリとコチドリ
    シロチドリのオス シロチドリのメス どうやらつがいのようです。 浜辺で寛いでいましたが とつぜん警戒態勢に 近くにコチドリが舞い降りていました。 シロチドリとコチドリが同じ場所にいるのを初めて見ました。 おたがい間合いを取りつつ、けん制し合…06月02日 20時39分
  • 一茶も詠んだオオヨシキリ
    「ぎょうぎょうし 口から先に生まれたか」 小林一茶 夏鳥として繁殖のため日本に渡ってくるオオヨシキリ。 その鳴き声から、行々子とも呼ばれて夏の季語として多くの俳句に詠まれているそうです。 ギョッギョッギョッ ギョギョシギョギョシ ケケケシ …06月02日 08時12分