逢花打花 逢月打月 - 百寺百社御朱印巡り

登録ID
1864871
サイト名称
逢花打花 逢月打月 - 百寺百社御朱印巡り
URL
http://blog.livedoor.jp/tsukasa_and_e-bratsu/
紹介文
ぶらっと足を運んだ御朱印集めの整理・整頓・ご報告。
カテゴリ
  • 御朱印 (100%) - 6 / 130人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 石川) 浅野川稲荷神社
    [金沢お宮さんめぐり] 金沢・東茶屋街へ歩いて向かう途中、浅野川大橋の南から川沿いに辿ると、小さな神社に巡り会える。現在は立ち並ぶマンション群の真ん中にひっそりとたたずむ小さな境内であるが、かつては、浅野川の河岸全域を境内にしていたという。…05月22日 22時00分
  • 京都)養源院(相国寺塔頭)
    [2018年度春季京都非公開文化財特別公開] 京都・相国寺の塔頭が特別公開されていると知り、早速訪ねた。薬師如来を祀る養源院。鳥羽伏見の戦いの折、薩摩藩の沢山の負傷者を「薩摩病院」として収容した寺院である。外科医ウィリアム・ウィリスが日本で…05月21日 22時00分
  • 石川) 久保市乙剣宮
    [金沢お宮さんめぐり] 金沢の「市場発祥の地」として商売繁盛・発展の神としてご利益がある久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)。明治の文豪・泉鏡花が、この神社の向かいで生まれたことから、泉鏡花所縁の地として句碑が建立されている。所在地:石川…05月19日 21時10分
  • 京都) 黄梅院(大徳寺 塔頭)
    大徳寺塔頭、次に訪れたのは、3月末から特別公開されている黄梅院。織田信長が父・信秀の供養の為に建立した。その後、羽柴秀吉により大徳寺で葬儀が行こなわれた際、信長の塔として総見院が創建されたという。 限られた公開期間であるが、境内の青紅葉や庭…05月18日 22時03分
  • 石川) 安江八幡宮
    [金沢お宮さんめぐり] 金沢駅から徒歩で5分ほど、飲食店等、駅前の雑踏で賑わう通りを1本入ると・・金沢5社の一つ、安江天満宮に出逢う。ここは金沢水天宮を併せてお祭りしている。由来は古く、平安の時代に建立されたという。真紅の産着をつけた「八幡…05月17日 23時04分
  • 京都) 大仙院(大徳寺 塔頭)
    京都柴野、大徳寺で4社目に訪ねたのが大仙院。枯山水の名園として有名であり、ここが枯山水の原型だという。本堂の四方に展開している庭園の、特にその石組みは素晴らしく、境内は団体参拝客で溢れかえっていた。所在地:京都市北区柴野大徳寺町54ー1宗派…05月16日 21時30分
  • 石川) 尾崎神社
    [金沢お宮さんめぐり] 金沢城公園周辺を散策し、尾崎神社にたどり着いた。境内では、丁度、神前結婚式の撮影のまっ最中。遠慮ぎみに境内を横断し、御朱印をお願いした。 所在地;石川県金沢市丸の内5ー5 05月15日 23時08分
  • 京都) 小倉山 滝口寺
    京都・嵯峨野で祇王寺を訪ねた際、入り口のすぐ脇道からさらに登っていく小道に気づいた。「滝口寺」の案内板がある。興味を持ち、そちらの参道をのぼってみた。滝口寺は平家物語で滝口入道と横笛(建礼門院の侍女)の悲恋の寺として知られている。残念ながら…05月14日 21時41分
  • 石川) 尾山神社
    [金沢おみやさんめぐり] 加賀藩・前田利家を主祭神としてお祀りしている尾山神社。明治時代に完成した神門は、洋風建築を真似た三連アーチという洒落た建築物であり、国の重要文化財にも指定されている。日本最古の避雷針が設置されている事でも知られてい…05月13日 12時41分
  • 京都) 法住寺 <第2集>
    [平成30年5月参拝] 法住寺を紹介する御朱印が増えてきたので、新しい記事を立ち上げた。まずは、5月GWにいただいた限定御朱印を紹介したい。青紅葉の御朱印が素晴らしい!!所在地:京都市東山区法住寺三十三間堂廻り町655宗派:天台宗所縁の人:…05月12日 23時40分
  • 京都) 総見院(大徳寺塔頭)
    本能寺の変で亡くなった織田信長の菩提を弔う為、羽柴秀吉が建立した大徳寺総見院。秀吉が奉納した信長の坐像が安置されている。ここは3月末〜5月末にかけて特別公開されている。信長坐像の迫力は流石!思わずこうべを垂れてしまう迫力がある。信長ファン、…05月11日 23時02分
  • 京都) 瑠璃光山利生院 大福寺 <第2集>
    [平成30年5月参拝] 大福寺の御朱印の紹介も数が多くなってきたので、新しい記事を作った。引き続き斬新な御朱印を紹介したい。 今回は、端午の節句にちなんだ5月の御朱印をいただいた。 毎月3日はおみくじの日。三元大師の御朱印もあわせていただく…05月10日 22時10分
  • 石川) 石浦神社
    [金沢お宮さんめぐり] 金沢で最古の神社と言われる石浦神社。奈良時代に起源が遡るという。兼六園のすぐ隣にあることもあってか、参拝客で溢れていた。驚くなかれ、境内では石川の地酒が無料で振舞われており、著名な日本酒の数々を味わえる。残念ながら車…05月09日 22時24分
  • 岐阜) 白華山 甘南美寺
    [平成30年5月参拝] 前回参拝した際、「年末は忙しいので春になってから、また来ればいい・・」というご住職のお言葉に甘えた挙句‥‥半年ものご無沙汰をしてしまった。ひさしぶりに、初夏の色濃い甘南美寺を再訪した。閑静な境内の美しさは相変わらずで…05月08日 23時14分
  • 京都) 興臨院(大徳寺 塔頭)
    京都柴野・大徳寺塔頭の2社目は興臨院。前田利家と深い関わりがあり、加賀前田家の菩提寺となっている。 通常非公開であるが、現在(H30.3.17〜H30.6.10)、特別公開されている。復元された方丈庭園は蓬莱世界を表現したと言われる素晴らし…05月07日 22時30分
  • 石川) 摩利支天山 宝泉寺
    金沢・ひがし茶屋街の宇多須神社横の急な坂道をのぼると、摩利支天・宝泉寺がある。この高台からは金沢の旧市街が一望でき、かのドナルドキーンも、ここからの洛陽の景色を絶賛したという。そのせいもあってか、外国人観光客に人気のお寺である。境内には、泉…05月06日 13時33分
  • 京都) 龍宝山 大徳寺
    [2018年度 春季京都非公開文化財特別公開] GWをめがけて、京都で通常非公開の特別文化財が公開された。まず訪ねたのは京都・柴野の大徳寺。今回、大徳寺の本坊 が特別公開されている。荒廃した印象の山門とは異なり、方丈から唐門、そして法堂の天…05月05日 17時54分
  • 石川) 金澤神社
    [金沢お宮さんめぐり] 石川県の金沢をめぐり御朱印をいただいた。併せて、日本海の美味しい海の幸と日本酒を堪能させていただいた(←こちらが本来の目的である)。 まず最初に定番であるが兼六園を訪れた。外国人観光客でごったがえす園内を足早に散策し…05月04日 21時33分
  • 福井) 永平寺
    [平成30年5月参拝] 初夏の永平寺を2年ぶりに訪問した。今回も、緑が眩しい境内をゆっくりと散策させていただいた。前回と同じ御朱印であるが、改めてアップさせていただく。[平成28年4月参拝]今春、購入したての新車の試運転を兼ねて、福井の永平…05月01日 17時21分
  • 京都)瑞峯院(大徳寺塔頭)
    「ブラタモリ」第102回目で、京都の枯山水庭園として”チラッ“と紹介された大徳寺・瑞峯院。丁度、春の特別公開を観に大徳寺を訪れたばかりなので、まずは瑞峯院を紹介したい。キリシタン大名である大友宗麟が室町時代に創建した菩提寺である。3つの庭園…04月28日 23時29分
  • 京都) 御髪神社
    日本で唯一の「髪」の神社、京都嵯峨・御髪神社。亀山天皇の時代(1200年代)、日本の「髪結い職」発祥の地であるといい、理・美容業界を中心に崇拝されている。境内には参拝者の髪を献納した「髪塚」がある。所在地:京都市左京区嵯峨小倉山田淵山町10…04月26日 22時25分
  • 京都) 紫雲山 證案院
    [平成30年4月参拝] 嵯峨野・證安院で新しい御朱印をいただけると聞いて、早速訪ねて見た。今回も素朴で趣のある御朱印。御朱印帳への直書きがかなりの限定人数のようであり・・・ 美しい台紙の書き置きも、また素晴らしい。[平成29年11月参拝] …04月24日 21時48分
  • 京都) 大法院(妙心寺塔頭)
    [平成30年4月参拝] 妙心寺の境内にはいると露地庭園特別公開の案内が張り出されていた。大法院の庭を見ながら一服のお茶をいただけるという魅力的な誘いにひかれて、再び大法院を訪ねた。初夏の風情も、また美しい。故・千代の富士とも懇意だったそうな…04月23日 22時28分
  • 和歌山) 幡川山 禅林寺
    和歌山は海南市の禅林寺を訪れた。1200年ほど前に開山した眼の病にご利益があるお薬師さまである。所在地:和歌山県海南市幡川424宗派:真言宗西国薬師霊場 12番 04月19日 21時37分
  • 和歌山) 妙法山 阿弥陀寺
    紀伊南端、海抜749mの妙法山にある阿弥陀寺。黄泉の国への入り口であるという。那智・青岸渡寺へ向かう道を、さらに延々と山道を走り、やっとたどり着いた。ここの空気は下界とは全く違い、澄むこと素晴らしき。那智の滝を参拝した際は、是非ここに足を伸…04月17日 22時19分
  • 京都) 嵯峨山 大覚寺
    京都・嵯峨の大覚寺を訪れた。太秦の近くということもあり、数多くの時代劇の撮影に境内が使われている。そう言われてみれば、何となく見覚えのある境内というか・・・ 800年代に嵯峨天皇の離宮になった皇室ゆかりの門跡寺院である。 大覚寺の御朱印帳所…04月16日 22時32分
  • 京都) 大雄院(妙心寺塔頭)
    [ 第一次寄付記念御朱印] 大雄院さんから、第一次襖絵プロジェクト・花の丸図8面の先行見学の案内状をいただいた。以前、御朱印をいただきに伺った際、プロジェクトに寄付金をお渡ししていた事をすっかり忘れていたところ、案内状をいただき嬉しい限りで…04月15日 20時41分
  • 京都) 小倉山 二尊教院華台寺(二尊院)
    京都・嵐山にある二尊院を訪ねた。釈迦と阿弥陀の二尊の如来が祀られている。数多い京都のお寺に中でも、オススメ度はトップクラス。嵐山を訪れたら、是非訪ねていただきたい。紅葉の名所としても有名である。所在地:京都市右京区嵯峨二尊院門前長神27宗派…04月14日 20時49分
  • 和歌山) 高野山 御衣寺 宝亀院
    醍醐天皇が建立した高野山・宝亀院。空海が現れ髭を剃り新しい袈裟と衣に着替えたという話に則り、3月21日に「お衣替えの儀式」で献上する衣を作っている。所在地:和歌山県伊都郡高野町高野山294宗派:真言宗新西国三十三所 6番 04月13日 23時19分
  • 愛知) 薬王山 太山寺(三ヶ根観音)
    三河湾を観む三ヶ根スカイラインを進み、頂上付近でたどり着く三ヶ根観音。季節になると紫陽花の名園だという。残念ながら、この季節にはかなり早く、春霞の三河湾を一望した。 御朱印は季節の限定御朱印が多数あり、今回はそのうちの2枚を直書きしていただ…04月11日 21時34分
  • 京都) 貴船神社
    地域の名称は貴船(きぶね)であるが、ここは水神を祀る気生根(きふね)だという事を初めて知った。京都・鴨川の水源地として京に水の供給を司る水神をお祭りしている。1600年前に玉依姫命が黄船に乗って大阪湾から淀川・鴨川をくだり奥宮に至ったのが創…04月10日 22時09分
  • 京都) 鞍馬山 鞍馬寺
    京都・鞍馬寺。牛若丸こと源義経が入山し、天狗に兵法を授けられたという伝説が残る寺院として、あまりにも有名である。時代を平安に遡ると、多くの女流文学者が来山しており、枕草子や更級日記、源氏物語にも描写されている。 御朱印は「尊天」の二文字。月…04月09日 22時24分
  • 京都) 由岐神社
    京都・貴船エリアに足を踏み入れた。叡山電車を終点まで乗り、たどり着いた鞍馬駅。ここから貴船神社までハイキングを楽しもうと思う。鞍馬寺の山門を抜け、まずたどり着いたのが由岐神社。日本三大火祭りに数えられる「鞍馬の火祭り」が現代にまで伝えられる…04月08日 19時47分
  • 愛知) 別小江神社
    [平成30年4月参拝] 4月はお花見の限定御朱印をいただける。朝早めに訪ねたところ、めずらしく人手がまばら。待ち時間無く御朱印をいただけた。別小江神社オリジナル御朱印帳が2種類売っていたが、今回は購入を見送り。心惹かれるものがあったが・・・…04月07日 21時02分
  • 京都) 護法山 双林院(山科聖天、毘沙門堂塔頭)
    山科・毘沙門堂の境内を抜け、坂道を降りた所に「山科聖天」が建っている。毘沙門堂の華やかさと対照的に静かでひっそりとした雰囲気の境内。3つの御朱印をいただける。所在地:京都市山科区案朱稲荷山町18ー1宗派:天台宗 04月06日 23時31分
  • 京都) 法住寺
    [平成30年4月参拝] 桜の季節、花まつりの御朱印をいただいた。境内の桜も満開。法住寺のHP[平成30年3月参拝] 今年も「ひな祭り」の季節が到来した。昨年に引き続き、「つり雛」展が法住寺で開催され、記念の御朱印をいただいた。 境内の桃の蕾…04月05日 20時26分
  • 京都) 護法山 毘沙門堂門跡
    京都・山科の毘沙門堂門跡をたずねた。前庭の枝垂桜には一足早すぎたようであったが、霊殿、晩翠園、そして高台弁財天と、境内の美しさは抜群。天台宗五箇室門跡のひとつであり、京の七福神のひとつ毘沙門天を御本尊とすることからこの名がある。 ●春限定・…04月03日 21時55分
  • 京都) 瑠璃光山利生院 大福寺
    [平成30年4月参拝] 花祭りのステキな御朱印を逃してしまったので・・・ 後悔先に立たず、遅ればせながら四月初日に大福寺を訪ねた。金墨の直書きで桜月一日「花祭り」の御朱印をいただけ、大満足。御朱印を求める皆さんが、大福寺の見開き御朱印帳を持…04月02日 21時47分
  • 和歌山) 高野山 明王院
    高野山の宿坊・明王院を訪れた。800年代初めに創建された古い寺院である。日本三不動の一つ、「赤不動」として知られている。所在地:和歌山県伊都郡高野町高野山146 04月01日 21時29分