絵本読み聞かせ横浜祭

登録ID
1866684
サイト名称
絵本読み聞かせ横浜祭
URL
http://blog.goo.ne.jp/yomikikase-landmark
紹介文
絵本・読み聞かせにご興味のある方は、是非、お待ちしております。
カテゴリ
  • 絵本 (50%) - 25 / 176人中
  • 読み聞かせ (50%) - 12 / 84人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 読み聞かせと演劇・お芝居は違うと言われたけど、どこが違うの?:絵本読み聞かせ横浜…
    近年、舞台や映像メディアなどで活躍される役者さん、声優さんなどによる読み聞かせが盛んになっています。 読み聞かせの講座を依頼されることも多い、ある女優さんは、「読み聞かせを中心に行っている方の読み方というのは、わりと控えめですよね」と語られ…10月23日 03時24分
  • ユングの理論とレビンソンの理論:絵本読み聞かせ横浜祭
    ユングは、「人生の正午」について次のように語っています。 「太陽は、予測しなかった正午の絶頂に達する。予測しなかったというのは、その一度限りの個人的存在にとって、その南中点を前もって知ることができないからである。正午12時に下降が始まる。し…10月15日 19時29分
  • 「人生の正午」という考え方?:絵本読み聞かせ横浜祭
    「今のままでこの先も幸せ?」と揺れる40歳 「30代前半までは若くて体力もありますから、仕事も楽しいでしょうし、独身でも毎日ハッピーに過ごせるでしょう。しかし、30代後半にさしかかり、40代という中年期が目の前に迫ってきた時、『今のままでこ…10月09日 04時14分
  • 「人生の正午」という考え方?:絵本読み聞かせ横浜祭
    「ミッドライフクライシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本語に訳すと「中年の危機」です。 これは、さまざまなきっかけでそれまでの価値観がひっくり返り、その後の生き方を問い直すことになる、人生の分岐点です。その分岐点に立った時、ど…10月09日 04時02分
  • 「人生の正午」という考え方?:絵本読み聞かせ横浜祭
    混沌としていて、人の心はもちろんのこと、自分の本心さえも見えにくい現代社会。自分自身との「対話」を重視したユングの心理学は、現代を生きる私たちに何らかのヒントを与えてくれるハズです。 一生を太陽の運行になぞらえてみる ユングが残した有名な考…09月25日 17時29分
  • ネオテニー(neoteny)幼形成熟、幼体成熟、幼態成熟:絵本読み聞かせ横浜祭
    ネオテニー(neoteny)は、動物において、性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に未成熟な、つまり幼生や幼体の性質が残る現象のこと。幼形成熟、幼態成熟ともいう。 <ネオテニーと進化論>進化論においてネオテニーは進化の過程に重要な…09月18日 22時43分
  • ユングが言う「永遠の少年」とは?:絵本読み聞かせ横浜祭3/3
    ?「永遠の少年」の病理 永遠の少年の特徴だけ見てみれば、「何が悪いの?いつまでも若々しくってほほえましいんじゃない(笑)?」と思われるかもしれません。 しかし、身近な人、例えば自分の夫が“永遠の少年”だったらどうでしょうか? いつまでも大人…09月10日 16時17分
  • ユングが言う「永遠の少年」とは?:絵本読み聞かせ横浜祭2/3
    ?若々しいエネルギーの象徴 ユングが提唱した「永遠の少年」というイメージは、人類全体に共通する無意識の領域、 「普遍的無意識・集合無意識」から浮かび上がってくるもの。いわゆる「元型(アーキタイプ)」の一種です。 このアーキタイプには、下記の…09月04日 17時21分
  • ユングが言う「永遠の少年」とは?:絵本読み聞かせ横浜祭1/3
    混沌としていて、人の心はもちろんのこと、自分の本心さえも見えにくい現代社会。自分自身との「対話」を重視したユングの心理学は、現代を生きる私たちに何らかのヒントを与えてくれるハズです。 ?古代ギリシャの神に由来する概念 ユングが提唱した理論、…09月04日 17時14分