さくら接骨院公式ブログ

登録ID
1867203
サイト名称
さくら接骨院公式ブログ
URL
http://sakura-ne.jp/blog/
紹介文
センター南から徒歩1分にある横浜市都筑区のさくら接骨院公式ブログです。腰痛、頭痛、坐骨神経痛等を扱っています。
カテゴリ

※最新の記事

  • 脛の痛み
    「朝から突然両足の脛が歩くと痛くなった」という訴えをされる方がたまにいます。 新患の方ではなく全員他の治療で当院に通院している方でした。 それも痛いから脛も治療してというわけでもなく何ででしょうねと言う感じで。 &nbs ...12月14日 22時06分
  • チェーン店ですか?
    さくら接骨院についてのの質問を受けることが結構あります。 さくら接骨院という名前は多いですが当院はチェーン店ではなく個人店です。   自分は三代目のオーナーなのでその辺のことはよくわかりませんが 初代のオーナー ...12月13日 23時29分
  • 足が痺れて長く歩けない
    「歩く→足が痺れて歩けなくなる→前かがみで休むと回復」を繰り返す方がいます。 これは間欠跛行と言われ代表的疾患として腰部脊柱管狭窄症が挙げられます。   本当に腰部脊柱管狭窄症であれば当院(他の接骨院・整骨院で ...12月12日 16時27分
  • 座ると足が痺れてくる
    座ると足が痺れてくる場合があります。   何かをすると症状が変化するというのはものすごい重要な情報です。 これだけで筋肉や骨などの疾患である可能性が高くなります。 立っている時は何でもなくて座った時に痺れてくる ...12月11日 15時05分
  • 足が痺れる
    足が痺れると最初に疑われるのが椎間板ヘルニアです。 背骨と背骨の間の椎間板が背骨からはみ出して神経を圧迫して足が痺れることを言います。 坐骨神経痛も有名です。 坐骨神経痛は原因がわからない場合につけられる仮の名前です。 ...12月10日 13時34分
  • 治療後に悪化しました
    ぎっくり腰や寝違い等の急性疾患の治療後悪化する場合は3つ考えられます。 治療する側の問題 治療される側の問題 発症後の経過の問題 前の2つは説明不要だと思いますので発症後の経過の問題だけ説明します。   ぎっく ...12月09日 16時47分
  • ぎっくり腰で自費を勧められる
    慢性腰痛の場合ではあれば保険は使えませんから自費の治療になります。 ぎっくり腰になった時は保険も使えることが多いので 保険と自費とどちらにしたら良いか悩むかもしれません。   その時に接骨院側から自費を勧められ ...12月08日 13時58分
  • 完全予約制にした訳
    当院は完全予約制です。 予約日時を電話やネットで予約してから来院するというスタイルです。 患者さんにとっては予約が面倒、飛び込みは不可というデメリットがありますが 時間の計算ができるというメリットがあります。 時間は有限 ...12月07日 22時10分
  • 食べ過ぎて腰痛
    食べ過ぎると腰痛になる人がいます。 足が痺れてくる人もいます。 頭痛になる人もいます。   本人はそう自覚していますが信じてもらえないことが多いそうです。 それは一般的に腰痛は腰が悪いからなるのであって食べ過ぎ ...12月06日 11時38分
  • 最近枕が合わなくなってきた
    今まで使ってきた枕が合わなく感じる時がありますが 問題があるのは枕ではなく人の問題です。   首周りの筋肉が硬くなってきたためなので 当座はタオル等で高さの調整をすると良いのですが 真の問題は身体全体の筋肉が硬 ...12月05日 16時30分
  • 座っていると徐々に痛くなってくる腰痛
    椅子に座って時間が経つにつれて腰痛が出てくる場合があります。 これは座っている時に姿勢を保つ筋肉が硬くなり血行不良となり痛みを起こすため。   ではどこの筋肉が関与しているのでしょうか? 自分は椅子に座っている ...12月04日 22時38分
  • 仰向けになると腰が痛い
    慢性腰痛の方は就寝時に仰向けでは寝れないので横向きになっているということをよく聞きます。 仰向けになると腰が痛くなるのはぎっくり腰でも慢性腰痛でも非常に多いです。 その場合には両膝を立ててみてください。 おそらく軽減する ...12月03日 18時34分
  • 治療も予防も最終的には自律神経の調整
    交感神経と副交感神経を合わせて自律神経と言い、主に内臓の働きを司っています。 筋肉と違い内臓は自分の意思では動きませんので自律神経が故障するとやっかいですが その自律神経が故障する最大の原因がストレスです。   ...12月01日 13時42分
  • 一粒万倍日
    今日は一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)です。   一粒万倍日は吉日といわれますがウィキペディアで調べると下記のような意味がありました。   一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。 ...11月30日 16時24分
  • 短期間でぎっくり腰を繰り返す場合
    ぎっくり腰の原因の多くは筋肉の硬さにあるのですが 痛みのために自然と身体に負担のかからない生活をおくるのでそのうちに軽減していきます。   ところが1週間で数回ぎっくり腰を繰り返す方がいます。 これは身体に負担 ...11月28日 15時08分
  • 手指の痺れ
    手指の痺れがあると病院では「首の骨と骨の間の隙間が狭くなっているのが原因で云々」と言われます。 隙間にある椎間板がつぶれてはみ出してそばにある神経を圧迫して腕に痺れが出るというわけです。 治療は痛み止めの薬になると思いま ...11月24日 13時55分
  • 腰痛の原因を筋肉だと考えている理由
    腰痛患者さんに様々な検査などをして統計を取った結果腰痛の原因の85%が不明と言われています。 原因がわかっているのは15%でヘルニア、脊柱管狭窄症、骨の問題、内臓の問題等。   腰の部分は皮膚があって中には筋肉 ...11月20日 12時44分
  • ぎっくり腰中期以降の電気治療
    前回は初期の電気治療の話をしましたが今回は中期以降です。   自分のイメージとして ぎっくり腰の初期は1〜3日迄、中期は1〜2週間迄、後期は1ヶ月迄、 これ以降は慢性腰痛と考えています。   中期の場 ...11月10日 22時26分
  • ぎっくり腰初期の電気治療
    ぎっくり腰は基本的に一部の筋肉が異常に収縮して硬くなってしまった状態。 こうなると筋肉は血管を押しつぶすので血行不良となり発痛物質を産生して痛みを引き起こします。 さらに硬い筋肉はストレッチのように伸ばされると痛みを感じ ...11月09日 23時03分
  • MCC(全身調整微弱電流療法)
    治療は局所治療と全身治療に分類できます。   痛いところが悪いところだからそこに治療するというのが局所治療。 腰が痛いのは腰が悪いからという考えです。 一般的には保険の治療がそうです。   全身が悪い ...11月06日 16時05分
  • 微弱電流
    微弱電流はマイクロカレントとも言います。 初期の頃は数百万円しましたが今は市販のもので数万円台と信じられない値段になっています。   この機器は名前の通り微弱な電流を流します。 今までの機器は皮膚や筋肉に刺激を ...11月04日 14時14分
  • SSP治療
    前回までは低周波を筋肉まで届ける機器を紹介しました。 そのうちの中周波とハイボルテージを当院では使っています。   今度は同じ低周波なのですが皮膚表面で勝負するSSP(Silver Spike Point)とい ...11月02日 11時08分