タマにはブログ

登録ID
1869539
サイト名称
タマにはブログ
URL
http://masakuraya.com/blog/
紹介文
LINEスタンプ「幽霊的彼女」シリーズの4コマ漫画や、その他の関連情報、時々日常生活で気づいた事などを発信します。
カテゴリ
  • LINEスタンプ (30%) - 52 / 158人中
  • 4コマ (40%) - 193 / 218人中
  • 妖怪・妖精・幽霊 (30%) - 9 / 24人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十八話
    “カランカラン” 「どろどろバー」のドアを開ける「探偵」。 「あっ、例の彼女今日も来てないですよーっ」 バーのマスターはいつものように「探偵」に答える。 「いいんだ、飲みに来た」 軽く微笑む「探偵」。 「彼女もう来ないかもしれないですよ」 …07月15日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十七話
    「どなたですか?」 ゆっくりとドアが開くと、美しい女性が現れ、その子供達が顔を覗かせた。 「探偵」は「幽霊的彼女」を探す旅とは別に「シュバイツェン」の家族も探していたのだった。 「これはシュバイツェン大佐から渡してくれと・・・、彼は見事、正…07月14日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十六話
    「こんな幽霊みた事ないですか?」 「さあー?」 “闇の組織「エージェント・サイコロップス」が解体されてから人々の間に憎しみが消え世界は驚くほど平和になりつつある。しかし、あの戦いの後、彼女は忽然と消えてしまった” 「探偵」は回想する。 月日…07月13日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十五話
    「江戸・スノー」は黒い塊に覆われると、突然バタンッと倒れる。 黒い塊はなおも「江戸・スノー」を食べ尽くそうとしていたが、ほとんど骨だけしか残っていなかった。 「江戸・スノー、たしかに君は最高の友達だったよ。それが演技じゃなければな・・・」 …07月12日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十四話
    「探偵さん、僕ら友達だろ、やめるように言ってくれよ〜」 「探偵」を裏切りつづけ、最後には銃さえ向けた「江戸・スノー」、自らの行いを顧みず人の善意につけこみ利用しようとする悪魔の顔は何も変わっていなかったが・・・。 「早く〜!お願いだ〜!」 …07月11日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十三話
    「江戸・スノー」の足元には黒髭コケのようなものがモゾモゾと四方から集まっていた。 それは闇の組織「エージェント・サイコロップス」そして「江戸・スノー」によって利用され、そして陥れられ死んでいった人間たちの恨みの塊だった。 「あ゛〜!」 驚き…07月10日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十二話
    人間にとっては、「幽霊的彼女」と「ベアウルフ」との戦いは一瞬のようなものだったが、それでも「ベアウルフ」が破れた事だけはわかった。 「あっ・・・」 状況を察した「江戸・スノー」。 「あの彼女・・・なのか!?」 「探偵」は白く輝いた「幽霊的彼…07月09日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十一話
    「幽霊的彼女」は「ベアウルフ」を指差したのではなく、その背後に大きな闇を開く事だった。 「地獄の門だ」 「ベアウルフ」は後ろを振り向くと、背後に巨大な穴が開いている事に気づく。 その穴はブラックホールのようにどこまでも続く底無しのようだった…07月08日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百二十話
    「ベアウルフ」が放った爪が「幽霊的彼女」を貫いたかのように見えたが・・。 周囲が突然と揺れ始め、「幽霊的彼女」の体全体が、髪は逆立ちながら、目も透き通ったように白く輝き始めた。 「ベアウルフ」は何が起こったのか困惑する。 「幽霊的彼女」は空…07月07日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十九話
    「ベアウルフ」が最後に仕掛けた罠に「江戸・スノー」が見事に反応し、ほんのわずかなスキを突いて「ベアウルフ」が放った爪が「幽霊的彼女」の体を突き抜ける。 笑みを浮かべる「ベアウルフ」。 勝利を確信して思わず声をあげる「江戸・スノー」。 「勝っ…07月06日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十八話
    「江戸・スノー」は動けない「探偵」の顔に銃口を向け、「幽霊的彼女」に向かって叫ぶ。 チラ見する「幽霊的彼女」。 鼓動が増す「江戸・スノー」。彼にとっては一か八かの賭けでしかなかったが、そのまま何もしないよりはマシだった。 そしてその一瞬の間…07月05日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十七話
    霊気を溜め込んだ「幽霊的彼女」。 「地獄へ戻る時だよ!」 「ベアウルフ」に向かって投げ込んだ霊気は高速で「ベアウルフ」を追いつめ、全身を覆う。 「ぎゃぎゃぎゃ〜!」 断末魔の叫びをあげる「ベアウルフ」。 ついに最後かと思われた瞬間、「江戸・…07月04日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十六話
    「悪魔がいるなら神だっているはずだ。要は目立つ事はしたくないんだろ・・・」 「人間による代理戦争さ、オレは悪魔に選ばれた。心外だが、まあいいだろう・・・。」 「江戸・スノー」の強い自惚れは、自分の推測を確信へと導く。 しかし、それは少なくと…07月03日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十五話
    「探偵」は「ベアウルフ」の放った針がわずかにずれて助かったが・・・。 「江戸・スノー」を拘束していた反乱兵士の一人が後ろに不自然に倒れる。 ドサッ。 兵士の頭には「ベアウルフ」の放った針が突き刺さっていた。 驚く「江戸・スノー」。 しかしも…07月02日 07時00分
  • 幽霊的彼女「日常編」四コマ漫画第三百十四話
    「ベアウルフ」はその尻尾の毛の一本一本を鋭く尖らせ、千本の針となって高速で放つ。 しかし、それにすぐ気づいた「幽霊的彼女」は難なくかわしていく。 その針の一本が「探偵」のすぐ左を通過して壁に突き刺さる。 「うげっ」 「探偵」はすでに壁に刺さ…07月01日 07時00分