Blue in Blue fu-minのブログ (大宮小説)

登録ID
1869805
サイト名称
Blue in Blue fu-minのブログ (大宮小説)
URL
http://ameblo.jp/122011262013/
紹介文
嵐、大宮さんメインの妄想ブログです。よろしかったらどうぞ。
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 1 / 168人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 空と 海と 君と 13
    《 翔 智 和也 …出会い 》 幾度となく送った眠れぬ夜。3年間の準備期間を費やして、ようやく迎えた、『櫻井文具文化芸術部販売促進課、画廊 『 Gallery Sakura 』 のオープン当日。 ホールは溢れんばかりのゲストで埋めつくされ、…06月28日 16時30分
  • 空と 海と 君と 12
    アナウンスが聞こえる。うっすらと開けた目に光が差し込む。機体はすでに停止しており、現実的な騒めきが周りに渦巻いている。 翔はもう一度、ぎゅっと瞼を閉じてからパッと大きく見開いた。心地良い過去に浸る時間は終わりだ。翔は心中の憂いを何とか抑えつ…06月25日 10時30分
  • 空と 海と 君と 11
    それから2ヶ月後の9月、いよいよ試験勉強の追い込みの最中、智がまたふらりと部屋を訪ねて来た。 「はい、これ」 ソファに座り、横に置いたトートバッグから無造作に取り出した四角いモノ。 「翔にやる」「…え?」 コーヒーのカップを置き、立ったまま…06月24日 00時10分
  • 空と 海と 君と 10
    その3ヶ月後、7月のある日曜日、翔は久しぶりの休日を3ヶ月後に迫った公認会計士の試験のための勉強に費やしていた。 「ふぅ...」 一段落したところで、ペンを置く。途端に目や肩に重い疲れを感じる。 時計はすでに昼の2時を回っており、空腹感まで…06月21日 00時10分
  • 空と 海と 君と 9
    ふと、体に揺れを感じ、機体が着陸態勢に入ったことを知る。それでも久しぶりの休息にすっかり安らいでしまった脳は、未だ過去を追いかけたがる。 (もう少し…) 機体が滑走路に降りるまで、いや、完全に停止してシートベルト解除のアナウンスが流れるまで…06月20日 08時00分
  • 空と 海と 君と 8
    不意に目が覚めた。今、どの辺りを飛行しているのだろう。薄く開いた目に、シェード越しの光は結構強く、まだ機体がかなりの上空にいることを物語っている。翔は敢えて時計を見ずに再び目を閉じた。この異空間で、もう少しだけ思い出に浸っていたかったのだ。…06月18日 01時50分
  • ちょっと寄り道。お誕生日おめでとうございます?
    ★お誕生日、まだ間に合うよね(°Д°;≡°Д°;)★ 二宮さん、お誕生日おめでとうございますぅ。…なのに、ご本人様の存在感が超希薄なお話、すみません。 あ、睨まないで(。>0<。)。 殴んないでっ(。>0<。)!! う!撃たないでーー?(゚…06月17日 21時10分
  • 空と 海と 君と 7
    シーンは変わり中3の冬、最終の三者面談の進路指導室。翔の隣には神妙な顔をした父親が座っていた。 「櫻井、本当にT高校でいいのか? 君の成績なら、どこの高校でも狙えるんだぞ?」 担任の教師が何度目かの意思確認をする。学校側にとってはもっと難関…06月16日 00時10分
  • 空と 海と 君と 5
    面倒がっていたのは単なるポーズで、智も本当は見せたかったらしい。誇らしげな笑顔で照明のスイッチを押した。その瞬間、目の前に智の創った大海原が広がる。 「…!」 隣で翔が息を呑む音が聞こえた。そっと横顔を窺うと、見開いた目の黒い眼球が細かく揺…06月13日 00時10分
  • 空と 海と 君と 4
    ― 智、和くん、いるの? 開けて ― ノックの後のその声に、二人の動きがピタリと止まった。 「翔だ!」 触れ合う寸前の唇で嬉しそうに名を呼ぶと、智はパッと立ち上がった。 「翔…さん?」「うん、絵が完成したことを知らせといたんだ」 一瞬、和也…06月11日 09時30分
  • 空と 海と 君と 3 再々々↑↑↑の?
    アメンバー限定公開記事です。06月10日 08時29分
  • 空と 海と 君と 3 再々々↑↑↑の?
    「あー、腹減ったー。朝から何も食ってない上に、あんなに動いたから、マジで死にそう」 食事の支度が済んだころ、シャワーを終えた智がキッチンに入ってきた。勝手な言い草に思わず笑ってしまう。 「好きなのたくさん買ってきたからさ、早く食べよ」 智は…06月10日 07時42分
  • 空と 海と 君と 3 再々々↑↑↑の?
    ゆるゆると意識が戻る。狭いソファーの上、背中に智が張り付いている。結局、和也が到着してから2時間ほど、ただ、抱 き 合 い求 め 合 っていたことになる。 「はぁ...」 深い息を吐いて、未だ 絡 みついている智の手をなんとか解きソファーか…06月10日 07時42分
  • 空と 海と 君と 3 再々々↑↑↑の?
    (意地だっ! 分割にします!!) 微睡みから目覚めた時、和也は創作部屋の唯一の家具である白いソファーの上にいた。気 怠 い体を淡いブルーの毛布がふわりと包む。隣に智はいない。ゆっくりと頭を上げれば、海に向かった出窓の外はすでに薄暗く、頭上に…06月10日 07時42分
  • 空と 海と 君と 3 再々々↑↑↑
    アメンバー限定公開記事です。 06月10日 06時09分
  • この記事は表示できません
    この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。06月10日 06時00分
  • 空と 海と 君と 3 再↑
    (……申し訳ない……再↑) 微睡みから目覚めた時、和也は創作部屋の唯一の家具である白いソファーの上にいた。気怠い体を淡いブルーの毛布がふわりと包んでいる。隣に智はいない。ゆっくりと顔を上げれば、海に向かった出窓の外はすでに薄暗く、頭上に灯る…06月10日 01時53分
  • 空と 海と 君と 3
    微睡みから目覚めた時、和也は創作部屋の唯一の家具である白いソファーの上にいた。気怠い体を淡いブルーの毛布がふわりと包んでいる。隣に智はいない。ゆっくりと顔を上げれば、海に向かった出窓の外はすでに薄暗く、頭上に灯る小さなウォールランプが仄かに…06月10日 01時40分
  • 空と 海と 君と 2 再↑
    (…相変わらずヘタ過ぎる…。再↑) 荒れ狂う波の音が聞えた気がした。 「すごい…」 正面の二百号はあろうかと思われる大きなキャンパスに描かれた嵐の海は、余りにリアルで、今にも覆いかぶさってきそうな迫力ある大波に、このまま引き摺り込まれてしま…06月08日 02時59分
  • 空と海と君と 2
    荒れ狂う波の音が聞えた気がした。 「すごい…」 正面の二百号はあろうかと思われる大きなキャンパスに描かれた嵐の海は、余りにリアルで、今にも覆いかぶさってきそうな迫力ある大波に、このまま引き摺り込まれてしまいそうで、思わず背中が震えた。 和也…06月08日 00時50分
  • 空と 海と 君と 1
    《 和也 》 伊豆の古い山道を、和也はかなりのスピードで愛車のクーパーを走らせていた。 市街地を過ぎて国道を逸れ、山道に入って15分ほど。小型車が2台すれ違うのがやっとの曲がりくねった細い道、おまけに初夏のこの時期、左の土手上からは重たそう…06月07日 00時30分
  • 何でもない独り言 お知らせ? 二宮さんのお誕生日に向けて。
    ご無沙汰しております。あーーーっという間に6月。 大人買いした 《 ARE YOU HAPPY ? 》 。《 メイキング 》 や 《 Japonism Show 》 。 やっぱ、嵐さん、いいわー。などど頷きつつ、リピしております。 大野さん…06月06日 23時50分
  • お話6
    《 翔 》 数時間前、逸る思いで登った山道を一気に下る。朝一番の飛行機で香港に飛ばねばならない。分刻みの忙しい仕事の合間を縫ってここまで来たのだ。 徐々に道幅が広くなり、ようやく国道に出た直後、いきなり左から大型トラックが現れた。左折しよう…05月30日 15時31分
  • 久しぶり、旅に行こうよ。9
    ? 緩い登りになってる小径。結構な距離がある先の方は、薄暗くぼんやりとしていてよく見えない。 あの日、よく晴れていたはずなのに、道の先が霞んでいたのは、何度も何度も擦って腫れてしまった瞼のせい。 おおちゃんが、女の子といた。肩を抱いてた。一…05月30日 11時40分
  • プロフ画バトン♪
    ★ バトン、いただきました。どうぞ ★ カズナリニノミヤのベイストーム! はい、嵐の二宮和也がお送りしますベイストーム、では次のコーナーです。 えっと… んん? あれ? ごめ、ちょっとオフってもらえる? ね、何これ、台本白紙だよ?もう、終わ…05月15日 01時30分
  • 私と 社長と るか♪ と るい♪ 3
    ☆リカちゃん。何と一話目は2月だったという(;^_^A。 というわけで、内容、一部時季外れです(^_^;)☆ 美味しいハンバーグ食べて、子供たちとお風呂。その間に片づけ全部社長がやってくれた。 洗濯物片づけたりしてる間、社長がおままごとのお…05月08日 16時20分
  • 久しぶり、旅に行こうよ。再々↑↑・6の?
    気配が去ってホッと落ち着いたシートの上、さて、まじ、寝よ。なんとか 疼 きも治まったし。 なのに、お隣さん、またゴソゴソと活動を再開して、なんとか引っ張り上げたパンツとハーパンの中に再び侵入しようとしてくる。 「ダ、ダメだってば…」「…05月06日 01時46分
  • 久しぶり、旅に行こうよ。再々↑↑・6の?
    21時ちょっと前、『のぞみさん』は京都駅のホームに静かに優雅に停車した。到着を報せるアナウンスが ”とっとと降りてね?” と急かしてる。 ふぅ…。 繰り返し流れるキレイな声に促されつつ、緩慢な動作で立ち上がる。 …だって、疲れちゃって…。 …05月06日 01時45分
  • 久しぶり、旅に行こうよ。8
    ☆☆『旅に行こうよ』の6が消えてしまってるので、すぐ後でもう一回UPします。念のため、前半と後半に分けときます。更新通知されてる方、うるさくてごめんなんさい(。>0<。)☆☆ ライトアップされた大きな橋を二人で渡る。 煌めく水面、体を包み込…05月06日 01時40分
  • 久しぶり、旅に行こうよ。7
    ペチ… 「着くぞ、起きろ」 …ぅ…ンン… 頬に、叩くっていうよりも撫でてる様な優しい痛みを感じて、意識がゆっくりと浮上する。 …着く…って、どこに? 目を閉じたまま、気が付けば頬の下に、なんかキモチいい枕。顔の横に置いてた手でスリスリ触る。…05月06日 01時38分