オートバイ伝説 走り出せば青春

登録ID
1871465
サイト名称
オートバイ伝説 走り出せば青春
URL
http://bikeseisyun.kirara.st/
紹介文
走り出せば青春。オートバイへの熱い思いとオマージュを込めてお届けします。
カテゴリ

※最新の記事

  • ホンダ スポーツカブC110は少年たちの夢と憧れが叶った傑作
    スポーツカブはスーパーカブのエンジンがベース スポーツカブは、スーパーカブのOHVのエンジンをベースにして リッター100馬力と驚異的にチューニングされたマシンでした。 新型のバックボーンフレームとテールリフトされたセミアップマフラーという…12月17日 21時07分
  • メグロ 量産車の最小モデル125cc 不振が消えゆく原因だったか?
    125ccモデルはメグロが消えゆき原因となったかも 1957年(昭和32年)生まれの僕には、メグロという響きは懐かしいものです。 オートバイに興味がなかった幼少期にも父や叔父たちの会話から、その名前を聴いていたものです。 昭和30年代の若者…12月13日 07時08分
  • メグロ 伝統のモーターサイクルと業界の老舗目黒製作所の歴史
    メグロ 目黒製作所の歴史 モーターサイクルの老舗、目黒製作所が生みだしたメグロは、 1950年年代にいちはやく125〜650ccをラインナップしていました。 メグロは、カワサキと業務提携した1961年以降も、カワサキ・メグロと名前を残し、マ…12月10日 12時15分
  • ホンダ CR110 究極の50ccレーサーの始まり 時計よりも精密
    ホンダ CR110 ロードレーサースピリッツの極致 1962年(昭和37年) 東京オリンピックを2年後に控えていた年。 そう今から55年も前のこと。 ホンダが発表した50cc市販レーサーは、世界の度肝を抜きました。 当時の大学卒業の初任給は…12月05日 20時14分
  • ホンダ 250GPマシン ホンダ・フォアの咆哮が聴こえる
    ホンダ・フォアの250ccGPマシンの代名詞 1960年前半の250ccGPマシンの代名詞が、ホンダ・フォアでした。 初めてホンダ・フォアが出現したのは、1959年にマン島帰りの、 ホンダ・スピードクラブ全員が出走した浅間火山レースでマシン…11月23日 22時48分
  • ホンダ 250GPマシン ホンダ・フォアの咆哮が聴こえる
    ホンダ・フォアの250ccGPマシンの代名詞 1960年前半の250ccGPマシンの代名詞が、ホンダ・フォアでした。 初めてホンダ・フォアが出現したのは、1959年にマン島帰りの、 ホンダ・スピードクラブ全員が出走した浅間火山レースでマシン…11月23日 22時43分
  • ホンダ 1954年初の国際レース出場 マン島TTを目指して
    ホンダ 世界への挑戦 ホンダが、日本製モーターサイクルとして初めて国際レースに出場したのが、1954年(昭和29年)3月のことでした。 当時、日本とブラジルは移民が盛んで、日本人の多いサンパウロ市の400年祭のロードレースに招待されたのでし…11月08日 22時43分
  • ホンダ 125GPマシン 2気筒から5気筒へ
    ホンダ TTレーサー誕生へ 1956年(昭和31年)のちに本田宗一郎氏のあとに2代目社長になる河島喜好が、中心となりTTレーサーの開発に当たりました。この年プロトタイプ第一号が完成しています。 しかし、参考で購入した当時のチャンピオン級レー…11月08日 22時39分