絵本と童話で 子供に伝えたい やわらか東洋医学

登録ID
1874652
サイト名称
絵本と童話で 子供に伝えたい やわらか東洋医学
URL
http://ameblo.jp/touyouigaku-ehon/
紹介文
子供に向けて東洋医学の絵本を作りました。出版希望。ブログでは、黄帝内経素問を難しい言葉を使わないで超訳し、童話にして連載しています。
カテゴリ
  • 絵本 (20%) - 24 / 175人中
  • 鍼灸 (20%) - 23 / 127人中
  • 東洋医学 (20%) - 10 / 142人中
  • 中医学 (20%) - 6 / 30人中
  • 読み聞かせ (20%) - 11 / 84人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 人というもの 10
    王様は言いました。 「うーん、医者なのに、ぼんやりしていて、かしこくないのに、鍼を打っているとなると、病の人をちゃんと治せるのか、心配だなあ。 よし、今書いているこの本には、正しい鍼の打ち方についても書いて、出来上がったら、国じゅうの医者た…12月14日 15時05分
  • 人というもの 9
    王様は、鍼を打つのを見たことも、打たれたこともあるのですが、医者が、そんなにたくさんの事を考えてから、鍼を打っているとは知りませんでした。 「そういえば、たしかに、医者は、まず、こころがおだやかになるよう、話をしていて、けっして、いきなり、…12月13日 17時22分
  • 人というもの 8
    岐伯は王様に言いました。 「鍼を打つ医者は、国じゅうにたくさんおりますが、医者のすることは、鍼を打つだけではありません。 医者は、一つ、人のこころを落ち着かせ、二つ、体の養生を知らせ、三つ、煮込んだ薬やスープを飲ませて整え、四つ、砭(いしば…12月12日 15時51分
  • 人というもの 7
    王様は、内臓が壊れてしまった人は、治すことが出来ないのだと聞き、ならば、そうなる前に、治せば助かるのだと気がつきました。 「もし、私が、まだ病が深くないものに会ったなら、その人に鍼を打って、病を取りのぞいてあげられたらいいのだが…。 私が鍼…12月08日 14時54分
  • 人というもの 6
    岐伯がそう言っても、王様はまだ心配そうです。 「でも、もし、邪が深く入っていっていて、けれど、脈や顔色で見分けられる医者はいないとしたら、人は病になっていることに、気付けるだろうか?」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、体の中の様子という…12月07日 23時35分
  • 人というもの 5
    王様は言いました。 「たしかに、私は、天に選ばれた王ではあるが、多くの人々と、同じ、人である。 人としての願いは、王であっても、みんなと同じで、体が尽きるまで、命をまっとうしたいという事だ。 しかし、これまでに、たくさんの話を岐伯に聞いたの…12月06日 17時25分
  • 人というもの 4
    岐伯は続けて言いました。 「月の動きの法則には、大の月と、小の月があり、(十三月の謎8)日の出から日の入りまでの時間にも、長い日と短い日があります。 このように、天と地がなす陰陽の移り変わりはたくさんありますが、人は、そのすべてに順応するこ…12月05日 22時40分
  • 人というもの 3
    それを聞いて、王様は、ふしぎに思いました。 (本当に、人だけがそんなにすごいのだろうか?) でも、歴史の先生は、すごく大きな声で、どんどん話をするので、王様は、質問することができず、結局、聞けないまま、歴史の先生を帰してしまいました。 そこ…12月04日 22時06分
  • 人というもの 2
    今、王様は、歴史の先生から教わっているようです。 「王様、世界のはじまりは、おぼえておられますか。」 そういえば、前にも、歴史の先生が話していましたね。(王様と五行0) 「世界は、天と地が合わさったことから、はじまりました。その時、世界にあ…12月01日 12時26分
  • 人というもの 1(黄帝内経素問第二十五篇宝命全形論)
    このおはなしは、黄帝内経素問より第二十五篇「宝命全形論」をもとにしています。 今の時代を生きているみなさんは、地球は丸いのだと知っていますが、王様の時代には、誰もそれを知りませんでした。 地は球の形ではなく、大きな大きな板のようで、その上に…11月30日 10時11分
  • こころと体 9(終)
    王様は、岐伯が付けた、召使いの背中の点を、なでてみたり、押してみたりしてました。別に、どれかが凹んだりしていません。 「では、病があれば、これらの点をつけた所が、凹むということか?」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、足りない経脈があれば…11月29日 11時17分
  • こころと体 8
    王様は、出来た道具をさわってみて、言いました。 「これは、それぞれの人に合わせて、いちいち作るのか?」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、王様。乳首と乳首の間の長さは、人によって違いますので、出来あがる三角形の大きさは、みんな同じではあり…11月27日 09時44分
  • こころと体 7 (第二十四篇血気形志論)
    王様は、ふうん、とうなずいて、言いました。 「そうだ、さっき、凹んでいる所を見つけて、と言っていたが、はじめて聞いたぞ。凹んでいるとは、どういうことだ?」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、王様。それを知るには、背中を見ます。背中にある、…11月24日 18時00分
  • こころと体 6 (第二十四篇血気形志論)
    王様は、岐伯に言いました。 「経脈を流すための治療は、前に聞いたぞ。病のある経脈に鍼を刺して、血を出すと言っていたな。」(食べる治療10) 岐伯はこたえて言いました。 「はい、しかし、どの経脈に病があるかによって、治療は少し変わります。」 …11月22日 18時54分
  • こころと体 5
    王様は、こころも体も疲れ切った人が、手足が動かなくなって、苦しんでいるのを想像しました。 「なんと、かわいそうなことだ…。医者は、その苦しんでいる人を、治すことができるか?」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、できます。 医者は、手足の経…11月21日 16時49分
  • こころと体 4
    王様は、聞きました。 「では、こころと体にある、ちょうどよいが守れなければ、人はどうなるのだ?」 岐伯はこたえて言いました。 「それは、五つの状態が考えられます。 まずは、体に疲れが無い時をお話します。 ?体に疲れが無く、こころも悩みがない…11月20日 16時22分
  • こころと体 3
    王様はおどろいて言いました。 「なんと、こころも体も、疲れがないならば、健康ではないのか?」 みなさんも、こころが悩まず、おだやかにのんびりしていて、体も、のんびりすごせていたら、どこも苦しくないように思いますよね。 岐伯はこたえていいまし…11月17日 14時02分
  • こころと体 2
    王様が本を見ながら考えていると、岐伯がやってきました。 「王様、おはようございます。今日のおかげんは、いかがですか?」 王様は、岐伯に言いました。 「やあ、おはよう、岐伯、いいところに来てくれた。今日も、聞きたいことがあるぞ。 岐伯は、人が…11月16日 11時43分
  • こころと体 1
    このおはなしは、黄帝内経素問より第二十四篇「血気形志論」をもとにしています。 王様は、岐伯の話を書き留めた本を、読み返しながら、こころと体について、考えていました。 「病というのは、体が疲れてなるものだ言ったが、(王様と陰陽3)こころが乱れ…11月15日 16時38分
  • はじまりのはなし
    人は、何年ぐらい前からいるか、知っていますか? 最初に人が現れたのは、200000年前のアフリカです。世界には、たくさんの生き物がいましたが、人はまだ、アフリカにしかいませんでした。 人は、他の動物とちがって、足で歩けて、手を使えたので、家…11月14日 11時04分
  • 人の五行 9 (終)
    王様は、岐伯がたくさん、五行を話してくれたので、満足して言いました。 「ありがとう、岐伯。表に載っていない、五行をいっぱい聞かせてくれたなあ。これで、五行の表がだいぶ増えそうだ。 しかし、さきほどの話は、知らなかったなあ。寝てばかりや、座っ…11月13日 15時17分
  • 人の五行 8
    王様は、岐伯に聞きました。 「病についての五行は、まだ、ありそうだな。」 岐伯はこたえて言いました。 「はい、お話しいたします。 心は、熱をいやがり、肺は、寒さをいやがり、肝は、風が当たるのをいやがり、脾は、湿っているのをいやがり、腎は、乾…11月10日 16時09分
  • 人の五行 7
    岐伯は続けて言いました。 「こうして、経脈を気が正しく流れなくなると、病になります。 心が病になれば、胸からこみあげ、喉につかえるげっぷが出て、肺が病になれば、咳が出て、肝が病になれば、ぺちゃくちゃとよくしゃべるようになり、脾が病になれば、…11月09日 11時41分
  • 人の五行 6
    王様は、おや、と思って言いました。 「今までの話で、邪気が体にとどまると病になる、というから、邪という字は、悪い、という意味かと思っていたぞ。 つまり邪気は、正しくない気、という意味なのだな。」 岐伯はこたえて言いました。 「そうですね。さ…11月08日 17時21分
  • 人の五行 4
    王様は、新しい五行が聞けたので、うれしくなりました。 「岐伯、まだ私が知らない五行を、もっと教えてくれ。」 王様が言うと、岐伯は、以前に書いた表を見ながら、言いました。 「そうですねえ…。五つの味のことは、もう、書いてありますね。」 王様は…11月06日 16時34分
  • 病の五行 3
    岐伯は言いました。 「では、王様、五臓が蔵している生きる力は、覚えておられますでしょうか?」 王様は、少し考えて言いました。 「それは、魂とか、神とかだったか?」(王様と十三月の謎14) 岐伯はこたえて言いました。 「はい、そうです。 五臓…11月02日 16時03分
  • 病の五行 2
    しばらくすると、召使いの声がしました。 「王様、岐伯先生をお連れしました。」 「うむ、ごくろう。岐伯、聞きたいことがあるぞ、入って来てくれ。」 岐伯は、王様の前に座ると、言いました。 「王様、おはようございます。 今日も、朝早くから書物を読…11月01日 13時08分