定年退職後の暮らし(時々短歌と時々就活)

登録ID
1875209
サイト名称
定年退職後の暮らし(時々短歌と時々就活)
URL
http://inosann1.blog.fc2.com/
紹介文
定年退職ピッカピカの一年生からの出発日誌
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 27 / 179人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • (今日の短歌)ハイライト
    自販機の若き日やめしハイライトの今の値段に目を奪われるハイライトとはタバコの名前、当時八十円だったのを思い出しました・・今はその五倍くらいになっていましたから07月21日 07時27分
  • (今日の投稿短歌)日々の投稿
    見直して手なおししたい箇所のある日々の投稿 人生に似て人生に後悔はつきものと偉そうに言える立場でもない、ただ優しく受け入れることは出来るはず・・07月20日 08時10分
  • (今日の短歌)義母の背を
    義母の背を見るたび想う年月に吾らの行くすえ推し量ってみる義母の達者なイメージがやきついているだけに07月19日 07時05分
  • (今日の短歌2)生涯現役
    ただ生きるだけでも意味のあるのだが貴方は立派だ 生涯現役07月18日 10時13分
  • (今日の自作短歌)妻の眉墨(まゆずみ)
    朝に描き夕には消さん眉墨で毎日まいにち眉を装う妻は歌の下書きをチェックしてる模様、昨晩この歌が目に留まったようなので投稿しました07月18日 08時12分
  • (今日の自作短歌)蔦の繁殖力に
    地を覆う緑のしくみの縮図見し そんな気がする蔦の繁殖この緑の繁殖力をいい方に役立てる研究をしている人はいるのだろうか?07月17日 05時43分
  • (自作短歌投稿)蔦の根
    四、五センチあろうかと思う蔦の根の切りし口より水がしたたる三階建てのビルの一面の半分くらいを覆う蔦の根だけあって凄い生命力です07月16日 07時39分
  • (今日の自作短歌)蔦の根
    義母の持つビルの一面覆う蔦 元を辿れば一本の根に現象には必ず根本がある、隠れていることで明かされないものも無く・・なんか怖いです07月15日 08時44分
  • 両論併記
    報道もさることながら私的にも心がけてる両論併記考え方も行動も一方向に偏るのはどんなものか?報道においても閉会中審査において前愛媛県知事の加戸さんと前文部科学省事務次官の前川さんの真っ向から対立する意見の取り上げ方に紙面上あるいはテレビ報道で…07月14日 08時25分
  • (今日の自作短歌)義母の家の蔦(つた)
    義母の家の蔦が伸び行く隣家より苦情を受けて対応を練る当然のことながら92歳にもなれば出来ていたことも出来なくなる、「老いゆえに出来ないことの代わりにやるそんな決意を自然固める」かな・・07月13日 06時25分
  • (今日の自作短歌)「モテます?」
    両の手がふさがる吾への「持てますか?」に「モテます?」と返す スーパーを出てスーパーを出て妻からの一言にジョークで返す07月12日 07時21分
  • (今日の短歌)棋士(きし)
    長考か静止画像と思うほど二人の棋士が将棋盤みて将棋は全く出来ませんが、たまたまチャンネルを回していて「あれ、静止画像か?」と思ったもので・・07月11日 07時06分
  • (自作短歌)夕焼け
    やるせなさ噛み締めながら妻と見る地平の向こうの今日の夕焼け07月10日 06時36分
  • 「大丈夫」
    「大丈夫」と唱えて心はニュートラル 意味無く落ち込む時にはいつも意味無く落ち込んでいる時はいつもです・・「大丈夫、何とかなるさ」07月09日 09時42分
  • (自作短歌)スーパーの中
    定まらぬ妻の動きに合わすうち眩暈を覚えぬスーパーの中カートを押しながら付いていくのですが・・07月08日 04時04分
  • (自作短歌)女の勘
    スタイルの良き人に自然目の行って妻がからかうスーパーの中ほんの一瞬も逃さない「女性の勘」の鋭さ07月07日 09時23分
  • (自作短歌)月に一度の通院日
    病院を手つなぎ出で行く老夫婦を涼みつ眺める順番待つ吾さて、どなたが罹られたのやら07月06日 03時46分
  • (自作短歌)昨日の事
    台風の彼方にありし駿河の海いくえにうねり黒さ増し来る07月05日 06時56分
  • (自作短歌)定職つけぬ
    「人の数だけ人生はあるのだ」と定職つけぬ息子を思う相容れないことも理解しようとすることが大事07月04日 09時16分
  • 政治家
    政治家に功罪いつも付くものと思いつ甘受す選挙結果を業績もある人からは功績と、ある人からは罪過とされます・・あるいは政治家も一人の人間、間違いもするけど功績で審判する方法も然りと思う07月03日 02時12分
  • (自作短歌) 縁(えにし)
    解(ほぐ)すより縺(もつ)れた糸は切るも良し人の縁も国の縁もお互いの幸せの為にも最善の方法という事もある07月02日 09時29分
  • (自作短歌)鯔(ぼら)
    跳ねるのを音を頼りに待っている今か今かと 巴川の辺(ほとり)たまに魚体を見ることができます、巴川は静岡東部の二級河川で妻の実家の傍を流れています07月01日 06時24分
  • (自作短歌)官房長官の記者会見
    湖面には一点の揺らぎ無き如し答弁立派な官房長官すごく安定感のある答弁に感銘を受けています06月30日 22時53分
  • (自作短歌)政治家の質
    政治家の心と口の不一致を見抜ける真実ネットであさる最近、地上波と新聞報道に限った情報収集とネットからのそれを併記して見れるようになってきた、少しずつだけど06月30日 05時02分
  • 駿河の海
    「これで良い」霞のかかりし駿河の海 水平線の定かならざる突っ込まれて嫌な所はお互いのために、そのままにしとくのも良いと思う(これは私の意見です)06月29日 07時45分
  • 山百合
    海原より上げ来る風の丘に咲く木陰に白き山百合そよぐ06月28日 07時04分
  • 清水港
    清水港を臨みて立てば目交いの萌ゆる茶の畝波寄るごとし清水港の名物はお茶の香り06月27日 06時38分
  • 良き友よ
    雨の中吾がパソコンを直さんと馳せ参じたる友の頼もし パソコンの事が滅茶苦茶くわしい友達です・・昨日の雨の日曜日に06月26日 07時59分
  • 献立
    「二人なら何でも良いのに」と妻ぽつり好みの違う子等の献立にご心労お察し申し上げます06月25日 06時12分
  • 梅雨の晴れ間
    梅雨の晴れ間一艘の漁船岸沿いに波を切り分け航跡たて行く06月24日 06時57分
  • 苦情掲示板
    スーパーの苦情を募る掲示板がしばし留める 数枚のメモ内容の多くが完璧を要求するような些細なものが多い・・世の中の「うっぷん」の受け皿になっているのか06月23日 07時07分
  • 「雨恨む」
    外回りの職ながくして「雨恨む」辞めて今なお奥底に巣食う六月生まれの雨嫌いです06月22日 05時23分
  • 名も知らぬマーチの調べのスーパー
    名も知らぬマーチにあわせた食品をスーパー袋につぎつぎ入れるあまりにも軽快な音楽がスーパーに流れていたものでついついリズムを口ずさんでました06月21日 08時29分
  • 栄養ドリンク
    旅行から帰りし妻が手を腰にあてて飲むなり 栄養ドリンク娘と二泊三日の旅行から帰ってくるなり気合をいれなおして夕飯を作ってくれました・・ああ、ありがたや06月20日 07時42分
  • 三保灯台(清水灯台)
    コンクリート製で明治より三保の海を照らし続けし保存灯台静岡の清水にある三保半島の東端に海上保安庁が指定する保存灯台の一つに数えられる三保灯台(清水灯台)があります06月19日 07時19分
  • 秒針の音
    時の音は無味乾燥に耳にいる朝を迎えるただそれゆえに今朝は早く目覚めたもので時間が来るまでぼんやりしてました06月18日 06時46分
  • 口論に
    留まらぬ 娘夫婦の口論を「アハハ」と笑う義母の記憶は口論を茶化されたようで気恥ずかしかったが義母は記憶に留めてはいないであろう06月17日 08時22分
  • 夕方のスーパー
    「疲れたから今日は簡単に」と妻の買う味付け肉と千切りキャベツただ焼いてキャベツをそえるだけなので簡単なんだそうな・・納得06月16日 08時01分
  • 気骨稜稜
    老いてなお運転する子に物申す大正生まれの気骨稜稜(きこつりょうりょう)運転している妻に後部座席から義母が「青に間にあったのに」に運転している妻は「・・・」06月15日 07時30分
  • フェイクニュースと偏向報道
    地上波を正しく読み解く情報を事実にもとづくネットで知らさるまた、その逆もあり・・最後は主観が入るのか06月14日 07時15分
  • 今は亡き
    菓子袋尻から開ける母のこと亡くした今も時折想う私も無造作に菓子袋を開けた時、尻から開けることが時折あります06月13日 07時00分
  • 鯔(ぼら)
    時折に川面に音をたてる魚(うお)夕映え見たさか おそらくは鯔(ぼら)清水港の河口近くの巴川では鯔(ぼら)釣りをしている人を時々見かけます06月12日 07時58分
  • 巴川
    巴川の川面にうつる夕焼けが波に切られて煌きにかわる巴川(ともえがわ)は、静岡市葵区、駿河区、清水区を流域とする二級河川06月11日 08時39分
  • ホットな甘酒
    「ピーピー」の音に急かされ戸を開けてレンジの中の甘酒飲むなり最近、ホットな甘酒に「はまって」ます、電子レンジの通知音を無視していると何度か繰り返し教えてくれる06月10日 08時35分
  • 興津川
    興津川に潮のぼりきて小波(さざなみ)の夕陽にしばし煌きはなつ興津川は静岡県東部を流れる二級河川です06月09日 07時03分
  • 剛腕
    反論など何処吹く風の剛腕が問われてどうなる世界の舵取り06月08日 08時25分
  • ささやかながら精一杯の幸せ
    「人は何故生きる」の問いの解けぬまま妻子養わんと働きし日々動画を見てるとある人が「生きること」「仕事」「愛」がバラバラになることで苦悩と不幸がはじまると解いていた・・なるほどと思った。06月07日 08時23分
  • ライン初心者
    「ラインってメールで書き込む伝言板」と未だガラケーの妻に説くなり私も昨日からラインをはじめた初心者です・・伝言板は「私の意見です」06月06日 08時29分
  • 営業員時代を思い出し
    営業の実績の良きを「妬む」より「気にしない」退職の道えらぶ私のなかのどこかにある人を貶めようとする心が膨張しない間に退職して良かった06月05日 07時26分
  • 裏庭の花
    裏庭にドクダミの花が風に揺れ名にらしからぬ清楚さをかもす裏庭というより通路です・・少し無理な表現でした06月04日 08時15分
  • 朔日降り
    朔日降り(ついたちぶり)という言葉のあるらしい教えてくれし俳句のありぬ月の第一日に雨が降ればその月は雨が多いらしい・・ちなみに六月一日はこちらは弱い雨でした。06月03日 08時13分
  • 両の手
    両の手がふさがる吾の背後から「羨ましがられてるかも」と妻がスーパーを出て車に向かう道すがら・・いえいえ当然のことです06月02日 06時17分
  • 口ずさむ
    口ずさむテーマソングに心地よく妻がつっこむドラッグストアードラッグストアーのテーマソングにつられて口すさんでいると「何歌ってんのよ」とつっこまれた・・ちなみにウエルシアです。06月01日 08時30分