ittiのBL創作小部屋

登録ID
1877610
サイト名称
ittiのBL創作小部屋
URL
http://itti57.blog.fc2.com
紹介文
オリジナルBL小説&イラストを創作しています。
カテゴリ
  • 小説(BL) (100%) - 11 / 165人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】62
    - いきなり来てまずかったかな.......今更ながらにそんな事を考えた。森の様子を伺うだけでもいいか..........。と、少しだけ気弱になる俺。インターフォンに人差し指を押し当てて声がしないか耳を澄ます。「......はい。」聞こえて…10月20日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】61
    「ただいま〜」力のない声で言いながら台所に行った。誰もいないテーブルの上に貰ったお土産の袋を置くと、俺は居間の方へと向かう。玄関が開いていたからオフクロがいるはずなんだけど........。「あ、研、お帰り・・・・ちょっとお風呂場の電球が切…10月19日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】60
    - - - じっと立ったまんま、何処を見ていいのか分からない俺は、目だけがウロウロ.....。「あ、そうそう、ケンちゃんへのお土産がね、こっちにあるから.......。」森のオフクロさんは、そう言うと俺の腕を引いてリビングを出て行く。廊下に…10月18日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】59
    - - - 生憎の雨模様に、テンション低めの鳥居だったが、登校して俺を見つけるとすぐに近寄って来る。「おはよ、研、今日は金曜日だな。」「え?あ、おはよう・・・・なに?」机に置いたペンを手に持つと、くるりと回しながら鳥居の顔を見た。「なに?じ…10月17日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】58
    写真の中の俺は、子どもたちの中で一番と言っていい程小さくて.....。一番大きな森と並んだら、みっつよっつ歳が違うんじゃないかってくらいで。俺が森の手を引いててやった、なんて思っていたのは間違いで、本当は俺が引かれていたのかもしれない。三つ…10月16日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】57
    クローゼットを開けて、棚から体操服を取り出すとスクールバッグに詰め込んだ。教科書なんかは学校のロッカーに入れっぱなし。でも、体操服はちゃんと持ち帰って洗濯をしてもらっている。汗臭い服をそのまま着るなんて、俺には考えられない。これでも綺麗好き…10月15日 00時42分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】56
    - - 森のマンションの前に着くと、「じゃあ、バイバイ。」と言って向きを変える森。「ああ、じゃ..........、また。」と言って俺は横目でチラッと見ただけ。顔をしっかり見る事が出来なくて.....。入口の重そうなドアに手をかけた時だった…10月13日 23時50分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】55
    鳥居や横山のいる所では、何も言っては来なかったけれど、確実に気分を害している素振りの森は、帰り道一緒に歩いているにも関わらず俺に話しかけてこない。こういう時って、自分から話しかけるべきなのか.....。俺が悪い事をして怒らせてしまったのなら…10月13日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】54
    ホームルームの始まる前に、鳥居が俺の所にやってくると、「研、今度の日曜日暇?」と聞いてきた。「え?暇っていえばいつも暇だけど・・・何かあるの?」座ったまま鳥居の顔を見上げると、おもむろに目尻を下げて俺の肩に手を置く。「.........なに…10月12日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】53
    「じゃあ、ご馳走さま。CD聴かせてくれてありがと、おやすみ。」「ああ、また明日。」マンションの玄関で森にお礼を言って別れる。俺が通路を歩いてエレベーターに向かうまで、森は玄関のドアを開けたままずっと見ていた。チラッと顔を向けて、降りてきたエ…10月11日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】52
    森の机に置かれた写真。写っているのは、俺と森だった。’こばと幼稚園’のネームが入った体操服を着て、何故か泣きべそをかく俺は、片手で涙を拭くようにして、もう片方は隣で仁王立ちの森の手をしっかりと握りしめていた。全く記憶にはないんだけど、写真が…10月10日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】51
    バスを待つ間、俺の頭ン中は色々な思考が巡っては消え、自分で何を考えているのか分からなくなる。だから、目の前に森の顔が来て目が合った時、死ぬほどビックリして「おッ、あわわわッ」なんて恥ずかしい声をあげてしまった。一斉に周りの生徒から注目される…10月09日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】50
    一番奥の突き当りの棚は、年代物の本が置かれているせいか誰も近寄らないから静かに過ごせた。図書室ではお喋りは禁物。でも、ここは誰が管理するわけでもない。入口の図書委員もカウンターの陰で漫画を読んでいるくらいだ。少しぐらいの話し声は聞き流してい…10月08日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】49
    「おはよう。」「おはよ。」後ろの席の森と目が合うと挨拶を交わす。その後、ちょっとだけ目を逸らせた俺。昨日の事があって、森の目をまっすぐに見る事が出来なかった。やましい事は何もない.......はず。でも、なんとなく今朝の俺はおかしいんだ。夢…10月07日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】48
    月曜の朝は身体が重くて.....。昨夜は早く寝たつもりだったが、途中で森が夢に出てきたから目が覚めてしまった。俺の顔にくっついて離れない夢を見て、これは昨日の事がそのままじゃないかと焦る。「おはよ〜、昨日は楽しかったな!」「ああ、おはよー、…10月06日 00時18分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】47
    森の身体がものすごく熱い。そして、俺の身体も顔も............。鼻先を舐められて、それから頬に移ってまた耳朶を甘噛みして.....、いい加減俺の顔から離れてくれと思いつつ、唇には一切触れて来ないのがまた可笑しくて。森は一体何がした…10月05日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】46
    広いソファーにはりつけられた俺は、森の大きな手が派手な鳥居のTシャツの裾から入るのを食い止めようとしていた。「ヤ、ダ!!ヤメロよっ。」必死の抵抗をするが、森の長い指がするりと腹に伸びてきてTシャツを思い切り引き延ばしたが無駄だった。脇腹を引…10月04日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】45
    - - 久しぶりの森の家。でも、相変わらずリビングは白い。雑誌に出てくるオシャレなマンションのインテリアよりも数少ない物しかなかった。「広〜い!!素敵だわ〜!!」ヒカルちゃんたちが目を輝かせると、辺りをくまなく見ている。鳥居も、一瞬はハッと…10月03日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】44
    ------それにしても、さっきから喋っているのはニットキャップの人ばかりで。普通は、オレのオジサンの○○さんです。ぐらいの紹介があってもよさそうなもんだ。「そう言えば、森のお父さんですか?」と、的外れな質問をしたのは鳥居だった。どう見たっ…10月02日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】43
    案の定、ラストシーンはビルの奥まった鉄格子の中の人影。感染を匂わす皮膚の腐り具合がキモかった。「あ〜、結局全滅はしないって事かよ〜っ。」鳥居は照明の付いた途端、俺の方を見ると言った。「そういう事だな。またパート2とかやるんじゃないか?」とい…10月01日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】42
    その日、朝からテンション高めの鳥居は、待ち合わせの1時間も前に俺を呼び出した。「ったく、10時に待ち合わせって言ったのお前じゃん!1時間もこんなとこで何するんだよ?!」俺は、映画館の入ったビルの一階にあるトイレの中で、鳥居と二人、鏡に向かっ…09月30日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】41
    ロングホームルームが終わると、生徒たちはやっと来る週末に期待をしつつ、月曜日とは打って変わって輝いた顔つきで帰っていく。森が一緒に帰るのか分からず、誘うのも変な気がするし、自分の鞄を持つとゆっくり教室を出た。下駄箱から靴を取り出して履き替え…09月29日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】40
    屋上に近い階段の踊り場にいると、昼休みで賑わう声が煩いぐらいで、昼寝をしようにもここでは無理だと思った俺は鳥居を誘うと下の階の図書室に行った。図書室は、人もまばらで入口に図書委員がひとりいるだけ。テーブルについて静かに読書している奴らとは別…09月28日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】39
    俺の手元にあるのは、僅かな枚数の写真だけ。入園式や入学式、卒業式なんかに親が撮ってくれたものが少し。あとは、多分オフクロがアルバムにまとめているんだろうけど、さっき聞いたお遊戯会のものは此処には無かった。断片的に思い出すのは、なんとなく周り…09月27日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】38
    シャワーを済ませて、火照った顔を冷やしながら台所で寛いでいる俺を見ると、オフクロが突然クスクスと笑いだした。「なんだよ、気持ち悪いな〜。思い出し笑いとか、いやらしいんだよ!」俺は牛乳を入れたコップを両手で包みながら、向かいに立ってこちらを見…09月26日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】37
    - - - 「研、今度の休みに時間作れよな。」教室に着くなり、鳥居に肩を叩かれてそう言われた。木曜日の朝、明日が終われば土曜日は半日。やっと来る日曜日になんで鳥居と?俺は少しだけ不機嫌な顔で「え〜?!お前とデートかよー。」と言う。「あ、コイ…09月25日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】36
    さっきから、グラタンを頬張る俺をじっと見つめる森の視線が気になって、こういう時は美味いとかなんとか褒めるのがいいのか分からずに、俺は黙々と熱いグラタンを口に運んだ。「そんなに慌てて食べたらヤケドするよ?!中の方、かなり熱いと思うけど・・・。…09月24日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】35
    最後のCDをセットすると、森は立ち上がってキッチンの方へと行ってしまう。残された俺は、そのままイヤホンを独り占めして曲に合わせて頭を振った。身体に染み込んだ音が頬を高揚させると、なんだか暑くなって少しだけ窓を開けようと、ベランダの方へ行く。…09月23日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】34
    家から森のマンションまでの道のりを並んで歩く。あんなに横に並ばれるのが苦手だったのに、いつの間にかこの身長差も気にならなくなったみたいだ。時折俺に合わせる様に、ポケットに手を突っ込んで背中を丸める森が、ちょっとだけ可愛い。背の低い事を気にす…09月22日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】33
    「おはようございま〜す」と言いながら、晴香は食堂にやってくると俺の前に座ってニヤニヤと笑みを浮べた。「おはようございます。」という森に「昨夜はちゃんと眠れました?研のいびきで起こされなかった?」と聞く。なんとも言えない不敵な笑みを浮べては、…09月21日 22時25分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】32
    暗くてよく分からないが、闇の中で俺に圧し掛かる影が森だと気づいた。いとも簡単に俺の腕は一つに捩じ上げられて、身体の上に馬乗りになった森の顔が近い。「..............な、............何してんだ?」「な〜んにも。」「..…09月20日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】31
    「どうだったかしら、森くんのおうちならすき焼きなんて食べ飽きているかもしれないけど。」「すごくおいしかったです。うちではこういう鍋物はしないんで、嬉しいです。ご馳走様でした。」食事の後、台所に食器を運んだ森がうちのオフクロと会話している。俺…09月19日 17時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】 30
    翌日、日曜日だというのにゴルフに出かけた親父のせいで、俺は家の掃除と片づけを手伝わされてしまう。「別に、森ひとりが来るぐらいで掃除なんかしなくても.....。」と、俺が愚痴ったら、「だって、森くんのマンション、すっごく綺麗に片付いていたって…09月18日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】29
    「カラオケ行って来たけど?!」晴香が俺の横に並んでじっと見るから、俺はそう言ったけれど、なんだか不服のある顔つきで。「・・・何?」「てっきり女とデートかと思ったわ。研の顔がニヤついてるからさぁ。」「は?・・・まあ、女の子はいた。もうちょいで…09月17日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】28
    森に付いて玄関へと向かった俺は、靴を履こうと屈んだ。靴紐をキュッと結びあげると、その場で立ち上がった俺の肩に、森の手が置かれる。がっちりとした、それでいて繊細な指先は、俺の肩を包むと少しだけ力を入れて引き寄せてきた。その瞬間、またもや俺の身…09月16日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】27
    「それは------」言いかけた森は、口をキュッと閉じると黙って俯いた。そんな風に止められると尚更気になるじゃないか..........。「俺さ、悪いけど幼稚園の時の記憶って、お前がやたら睨みを利かしてたって事と、ずっと俺たちが手を繋いでた…09月15日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】26
    後悔したってもう遅い。一旦、口から出てしまった言葉を呑み込もうとしても無理な事だって分かっている。俺は、森が瞼を開けるのを待った。それから両手を顔の前で合わせると「ごめん、言い過ぎた。こういう事言われて気分のいい奴なんかいない。そういうの、…09月14日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】25
    テーブルの下で、横山の足を蹴りながら合図を送るのに、横山はヒカルちゃんとゲームに夢中になっていて俺を無視した。仕方なく、ひとつ飛び越えた鳥居に分かるように目配せをすると、ようやく気付いてもらえる。「あ、えっと・・・そろそろ、出ようか?!この…09月13日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】24
    ----どうして合コンなんかに来ちゃったんだろう----向かいの席に座った森の両隣りには、立花で一番カワイイと評判の女子、白石美南ちゃんと、中山カンナちゃんとが陣取っている。俺と横山の間に座ったのは菅野なつみちゃん。そして鳥居の横にはヒカル…09月12日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】23
    下校時刻になっても、朝からの雨は相変わらず止む気配が無い。校庭には大きな水たまりが出来ていて、ぬかるんだ地面を避けながら校門へと向かった。もちろん傘を忘れた俺は、今朝同様、森に入れて貰って帰り道を共に歩く。「相々傘〜ッ、ヒュ〜ウ!!」俺たち…09月11日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】22
    −−−−−−−あ、傘忘れた−−−−−−今朝は雲行きが怪しくて、オフクロが弁当を渡してくれる時に傘を持って行くようにと言われた。なのに焦って玄関を飛び出した俺は、森のマンションの前まで来るとそれを思い出す。ポツリと頬に当たった雨粒が思いのほか…09月10日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】21
    辺りを見廻して、俺の隣に座る田中に「森は?」と聞いた。田中は俺の顔をポヤーンと見て、「ああ、森くんなら帰った。」という。なんともあっさりとした答えが返ってきて、さっきまで普通に飯食っていたのに・・・・?と呆気にとられる。「具合でも悪くなった…09月09日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】20
    森と目が合ってしまうと、無視を決め込んだ俺はあっけなく降参をする。やっぱり気になる事は聞いておかないといけない様な気がして・・・。親父さんの事も、だけどその前に一番気になる事。「あのさぁ、お前のオフクロも俺の事探したって言うんだけど、どうし…09月08日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】19
    ガラララッ------勢いよく職員室のドアが開いて、俺と横山はハッとなった。目の前にはユッキーと一緒に森の母親が立っていて、焦った横山と二人、くるりと背を向ける。そーっと教室へ行こうとする俺の背中に「岡嶋!」と声が掛かり、ビクンと肩があがっ…09月07日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】18
    --------結局、夜中に三度も目が覚めて、寝不足の目を腫らしたままバスに揺られると、学校のあるバス停で他の生徒に混じって降りる。「フア〜ッ」と、思い切り伸びをしてダラダラと歩く俺に「研!!」と声が掛かった。いつもの横山の声に、ゆっくり振…09月06日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】17
    「.............どうし、て.....こんな事.........」ソファーに身体を預けながらも横に居る森に聞くが、森は俺の方を見もせずうな垂れていた。涙なんか流して、俺の方が恥ずかしい。こんなのふざけただけだろうと、そう思えば笑っ…09月05日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】16
    すっかり暗くなった帰り道、所どころ街灯に照らされたアスファルトに目を落としながら、俺と森は並んで歩いていた。ふと、「今日、オレん家に来て。」と言われ、そう言えば昨日そんな事を言っていた気がしたけど、今日はカラオケ行って遅くなったし夕食の時間…09月04日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】15
    「マジで笑ったー、3メートル50って・・・・ガハハハッ」机に突っ伏して、顔を隠す俺の頭上で笑うのは鳥居だった。自分が6メートル30飛んだからって、鼻高々で人の不幸を笑いやがる。「うっせーなッ!!ちょっと力抜けたんだよ!今度は7メートル飛ぶか…09月03日 07時00分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】14
    4時間目、体育の授業で体操服に着替えようと、いつものごとくロッカーからシャツを出し自分の制服を脱ぎだす俺に、「ケンちゃん・・・」と言って森が立ち上がると近寄ってきた。「え?」森の身体が近いので、少しだけ後ずさりする俺の腕を掴むと、「見られる…09月02日 07時00分
  • このブログをご覧になる前に。
    はじめまして itti(イッチ)と申します。こちらは、イッチが趣味で書いておりますBL小説やイラスト、漫画などを盛り込んだ憩いの場所。全てはボーイズラブに傾いておりますので、共有して頂ける方はどうぞお入りください。尚、別のサイトでも活動して…09月01日 07時01分
  • 【妄想男子と恋のゆくえ。】13
    森の買い物に付き合う気満々の俺だったが、珈琲を飲み終えると「じゃあ、今日は帰る。」と言われて呆気にとられる。「あれ?買い物は?」「・・・は?・・・・何も買いに行かないけど?!」「え?付き合ってって・・・・なんか欲しいもんでもあるのかと・・・…09月01日 07時00分