時々、だんだん - 桜部B面:

登録ID
1880207
サイト名称
時々、だんだん - 桜部B面:
URL
http://sakusakurabe.blog.fc2.com/
紹介文
オンライン小説サイト 時々、だんだん - 桜部B面 へようこそ!By 桜部さく
カテゴリ
  • 恋愛小説 (10%) - 40 / 151人中
  • 小説(BL) (50%) - 53 / 168人中
  • 長編小説 (30%) - 13 / 68人中
  • 小説家志望 (10%) - 27 / 126人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 萌えについて
    自分的萌えポイントというか、キャラ設定の好みをまとめます。受けキャラは、性格が積極的かどうかに関わらず、『結局羊』 というのが萌えポイントです。強気で好き好き光線を出しまくっても、最終的には攻めちゃんに優しく懐柔させられる感じがいいですね。…06月21日 07時09分
  • 野崎さんによる小島君観察記一話完結(ハイスペックモーター彼氏番外編)
    入社三年目を迎えた春、俺の所属するエンジン開発部に一人の新入社員がきた。「小島光です。宜しくお願いします」 好感を与えやすそうな柔らかい声音で挨拶をした小島は、わかりやすく緊張していた。 声質に似合う小島の容姿は、一言で表すならハムスターだ…06月05日 14時03分
  • 野崎さんによる小島君観察記(ハイスペックモーター彼氏番外編)
    タイトル通りです。憎まれ役だった野崎さんの一人称でお送りします。本編のネタバレがありますのでご注意を。06月05日 14時00分
  • ハイスペックモーター彼氏 あとがき
    自動車メーカーが舞台の話でしたが、いかがでしたでしょうか。控えめにしたつもりですが、車用語が増えてしまった自覚があります。車は特に興味ないよという方、すみません。作中に出てきた色々な部分から、もしかしてあの会社が舞台?と思われた車好きの方が…05月30日 16時23分
  • ハイスペックモーター彼氏22 最終話
    目が覚めると、数度見たことのある天井が視界にあった。光は瀬古の自宅に泊まったことに気付き、そして身体の至る所に鈍痛を感じて、昨夜のことを思い出した。 とんでもないことをしてしまった気がする。というより、とんでもない痴態を晒してしまった。 瀬…05月30日 16時13分
  • ハイスペックモーター彼氏21(R−18)
    「瀬古さん、もっとして」 感覚が訴える通り声に出してみると、瀬古は一瞬フリーズしてから破顔した。そしてゆっくりと抽挿が再開されて、それはだんだん強くなっていく。「ん……、あぁ、気持ちいい」 達してすぐまた責められて、絶頂から降りてこない感覚…05月30日 16時07分
  • ハイスペックモーター彼氏18
    何をどう言えばいいのだろう。 予想外の展開に焦る光をよそに、瀬古はまた距離を詰めてくる。「せ、瀬古さんを見習って、勇気を出した結果が新チームの参加なんです。なので、僕は瀬古さんに感謝していて……。他にも、親身になってくれたり、事故のときも僕…05月30日 12時42分
  • ハイスペックモーター彼氏17
    早見の件や、瀬古の武勇伝が社内の話題から消え始めたころ、光はエンジン開発部部長の田辺に呼び出された。田辺は隔離された部長室を嫌う傾向にあるので、普段は部下達と机を並べているが、今日は部長室に呼ばれてしまった。つまり、重要な会話をするつもりと…05月30日 12時33分
  • ハイスペックモーター彼氏16
    瀬古との距離は、相変わらず仲の良い友人だ。ラブホテルで過ごした夜から数週間、何度か飲みに誘われたが、光はそれを全て断ってしまった。理由は、飲むとなるとバーや居酒屋の多い瀬古の自宅付近で飲むことになり、瀬古の自宅に泊まる可能性が高くなるからだ…05月30日 09時44分
  • 君でなければ あとがき
    読了いただき有難うございました。既出作の最終話になりますが、サイド優がありますので、よろしければご覧ください。http://sakusakurabe.blog.fc2.com/blog-entry-21.html『君が君でなければ』を大幅に…05月18日 02時30分
  • 君でなければ21 最終話 (R-18)
    「汗臭いかもしれない。臭ったら無視してくれるとありがたい」 和樹も服を脱ぎながら言うと、ベッドに座っている優が両手を差し出した。 「大丈夫だから、早く」 誘われるように優と肌を合わせ、勢いのまま押し倒す。いつでも潤っている唇を塞いでは、少し…05月18日 02時20分
  • 君でなければ20
    胸に何かが触れて、和樹は目を覚ました。目の前には、心配そうな優の可愛い顔。胸に触れていたのは、優の華奢な手だった。 一瞬状況が掴めなかったが、意識がはっきりとしてくると同時に、蕎麦を食べた後、ソファーに座って風呂が沸くのを待つ間に転寝してし…05月18日 02時19分
  • イイオトコ ― マグネット7
    覚悟をしたはずなのに、肝心な言葉は喉元ですくんで出てこない。唇が小さく震え、軽く貧血を起こしている気がする。 「レオ君?」 冷たくなった指先を温めるように、健斗が玲音の指を親指の腹で撫でた。優しい指先に勇気をもらった気がした玲音は、腹に力を…05月14日 15時54分
  • イイオトコ ― マグネット6
    玲音は約束通りタイルサンプルを持ってきてくれた康貴をオフィスの玄関から見送りながら、自分の気持ちをどうにかしなければいけない日が近づいていることを悟った。 同棲の話をあやふやにしたままでは、いつか康貴との関係に悪影響が出る。先日の康貴の真剣…05月14日 15時45分
  • イイオトコ ― マグネット5 (R−18)
    食事の最後に大好物のデザートを食べて機嫌が直った玲音は、康貴のマンションに泊まった。もちろん康貴に下心があるのはわかっていたし、玲音もそれが当然だと思っている。 康貴の玲音に対する接し方は、お姫様扱いがデフォルトだ。康貴が尽くしたい性格なの…05月14日 15時33分