理系男子のボクと奥さんの不妊治療のこと

登録ID
1880320
サイト名称
理系男子のボクと奥さんの不妊治療のこと
URL
http://cocototo1978.com/
紹介文
不妊症、不妊治療、人工授精、体外受精、3度の流産の末の不育症診断、そしてようやく授かった子供の臨月の死産…。いろんなことを経験したボクたち夫婦の5年間
カテゴリ
  • 赤ちゃん待ち (10%) - 40 / 120人中
  • 不育症 (30%) - 1 / 20人中
  • 流産・死産 (60%) - 2 / 40人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 悲しみの比較
    悲しみの比較なんてするべきじゃないことはわかっているけど、それでも子どもを亡くした悲しみは特別だと思う。 子どもがいなくなった自分のことだけが悲しいんじゃない。 きっとあの子にだって、 好きなおもちゃや、 好きなおやつや、 好きな音楽や、 …04月19日 13時27分
  • 思い出を手放す
    ココが亡くなってからいろんな人にいただいたお花を、奧さんはドライフラワーにしてずっと残していた。たくさんの小瓶に詰まったいろんな色、いろんな香りの花たち。先日ボクたちはそれを、ココの桜*の根元に撒いた。 ココの思い出としてずっと残していたも…04月12日 06時00分
  • ルーティン
    仕事で聞いた企業コンサルタントの人の話。 組織として個人として、より良い能力を身につけようと思ったら、良い行いを習慣化するといい。習慣は習練となり、習性になる。そのためにはまず、どんな事でもいいから意識的に習慣化していくことが大切だ。自分な…04月05日 06時00分
  • 手術の日のこと3
    夜の病院の廊下は人気もなく、緑色の非常灯だけがやたらと目についた。べべが入っていった手術室と、ボクたちが案内された待合室には煌々と明かりがついているのに、それを隔てる廊下が真っ暗なのがなんだか落ち着かなかった。 静かで、少し寒い待合室で奥さ…03月29日 06時00分
  • 手術の日のこと2
    普通のものより頑丈で重々しい作りの保育器(ドクターカー用のものらしい)に移されて、べべは病室を出て行った。生後5日の子どもがこの状況を理解できているとはとても思えないけど、病室を出るときのべべは確かに、じっとボクたちを見ていた。とてもとても…03月22日 06時00分
  • 手術の日のこと
    べべの手術の日のことを書こうと思う。 計画帝王切開で産まれたべべは標準よりは少し小さかったけど、元気に動き、元気に泣き、元気にミルクを飲んでいた。出産直前の、あのヒリヒリするような緊張や不安も日増しに緩んでいっていた。 生後5日目。奥さんの…03月15日 06時00分
  • リラックス
    職場でのある日のプレゼン大会のこと。PCを使った長いプレゼンをするときは、聴衆をリラックスさせるために時々全く関係ない画像を挟んだりすることがある。大概は目の保養になるようなきれいな景色の画像だとか、最近行った旅行先の写真だとかを挟んだりす…03月08日 06時00分
  • お宮参り
    少し前のことなのだけど、家族で近くの写真館に、べべのお宮参りの写真を撮りに行った。母からの提案で、ココの写真も一緒に持っていくことにした。 ボクの家族、奥さんの家族の撮影が終わって、ボクたち夫婦とべべの3人で、と撮影室に呼ばれたとき、ボクは…03月01日 06時00分