力も入れず気にもせず

登録ID
1881012
サイト名称
力も入れず気にもせず
URL
http://ameblo.jp/32470038
紹介文
気持ちが楽になるようなことを書きたいと思います。読書感想もできるだけたくさん載せて生き方を模索していきます。時々寄せ植えをアップします。
カテゴリ

※最新の記事

  • 銀河鉄道の父 門井慶喜
    親の心子知らずとはよく言ったもので子育てでの親の苦衷や葛藤はなかなか子供には伝わらないもの。写真が横になってしまいましたが今回は、門井慶喜の「銀河鉄道の父」を読んだ。さすがは直木賞と言いたくなる小説で素晴らしかった。揺れ動く「父」の心情がわ…04月03日 20時26分
  • そして父になる
    今回は、映画化もされた「そして父になる」を読んだ。出生後に取り間違えが起こり6歳まで他人の子を育てた2組の家族の物語。主人公は42歳の良多。一流企業に勤め、何事も自分の理想通りに人生を歩んでいる。性格的には、合理的で怜悧な部分を多く持ってい…03月16日 09時45分
  • 「やりたいことをやる!」を体験中
    時間がないとかお金がかかるとかもう歳だしとかなんの得にもならないとか怪我するかもしれないとか仕事に支障がでるとか そんなこと関係なしに やりたいことをやろう!と思い総合格闘技(MMAって言います)の道場に通っています。 ブログでは格闘技の「…03月13日 08時59分
  • なでしこ物語 天の花 伊吹有喜
    「天の花」とは夜空に輝く星のことで 「地の星」とは昼間に咲く花々のこと。 ふたつはお互いに微笑み合うことはできても手を取り合うことはできない。 今回は、伊吹有喜の 「なでしこ物語 天の花」を読んだ。 本作では母に捨てられた主人公の耀子は18…03月05日 21時32分
  • 「田園発 港行き自転車」宮本輝
    生きていると様々な過ちや失敗をする。 だけどその過ちや失敗がやがて思いもよらない豊かさを与えてくれることもある。 今回は、宮本輝の「田園発 港行き自転車 上下巻」を読んだ。 宮崎にゴルフに行くと言って出かけた父親がなぜか金沢のひなびた鉄道の…03月02日 09時32分