Ten-Tenの漫画館

登録ID
1881491
サイト名称
Ten-Tenの漫画館
URL
http://mangayomuyomu.seesaa.net/
紹介文
年に1000冊以上もの漫画を読んでいるTen-Tenが今まで読んだ漫画や最近読んだの感想を勝手気ままに綴っています。
カテゴリ

※最新の記事

  • 男子高校生がJオタだってもいいじゃない『Jヲタ男子☆朝比奈くん』
    七海慎吾さんの作品『Jヲタ男子☆朝比奈くん』(スクエニ)どこにでもいるような普通の女子高生の青葉若菜は同じ高校に通う朝比奈くんに恋をしてしまいました。朝比奈くんは見てもイケメンで、頭脳明晰、スポーツ万能という、学校でもアイドル的存在の男子だ…05月24日 08時10分
  • 妖怪たちも働いています『はたらく!百鬼夜行』
    住吉文子さんの作品『はたらく!百鬼夜行』(エンターブレイン)子供の頃に片田舎に引っ越ししてきた正太郎は山の中でたくさんの妖怪が踊っているのを見かけました。引っ越ししてきたばかりで友だちもいなかった正太郎は幼い妖怪たちと友だちになり、毎日楽し…05月23日 08時36分
  • ふたりの関係はずっと続くとおもってたのに・・・『同棲終了日記 10年同棲した初彼…
    おりはらさちこさんの作品『同棲終了日記 10年同棲した初彼に34歳でフラれました』(双葉社)この作品なのですが、タイトルにもあるように、かけ出しの漫画家のおりはらさちこさんがバイトをしながら漫画を描いていた時代に新人のバイトとして入ってきた…05月22日 08時20分
  • あまり知られていない食材、地域限定の食材を追求『局地的王道食』
    松本英子さんの作品『局地的王道食』(講談社)この作品なのですが、タイトルに「局地的」とありますが、作者である松本英子さんの心の片隅にある食べ物などを紹介したコミックエッセイになっています。・・・とはいえ、その地域に根付いている食べ物なども多…05月20日 08時15分
  • 食べたいからダイエットするの『ダンベル何キロ持てる?』
    原作:サンドロビッチ・ヤバ子さん 作画:MAAMさんの作品『ダンベル何キロ持てる?』(小学館)男同士のガチンコ格闘漫画、『ケンガンアシュラ』の原作サンドロビッチ・ヤバ子さんが、今回は全く違った女子高生をヒロインとした原作に挑戦されました。食…05月19日 18時59分
  • 能力は平均値だと思っていたのに・・・『私、能力は平均値でって言ったよね!』
    原作:FUNAさん・亜方逸樹さん 作画:ねこみんとさんの作品『私、能力は平均値でって言ったよね!』(アース・スターエンターテイメント)人間の世界で普通に生きていた少女の栗原海里は勉強、スポーツ、芸術、大人との会話など、他の人よりも少しだけ「…05月19日 08時11分
  • やりたいことがあってもなかなかできないんですよね・・・『結局できずじまい』
    ヨシタケシンスケさんの作品『結局できずじまい』(講談社)あなたは出来ないままに放ってあることがありますか?また、やらなきゃいけないことでも放ってあることがありますか?この著書なのですが、作者であるヨシタケシンスケさんが今までできずじまいのこ…05月16日 08時34分
  • なんで先生がこんなとこにいるの?『なんでここに先生が!?』
    蘇募ロウさんの作品『なんでここに先生が!?』(講談社)学校では怖いと評判の児嶋先生はモンスターペアレントも一喝したり、不良どもも一目をおくほどで誰もが恐れる存在なのですが、一人の男子生徒の佐藤の前では何故かドジなところばかり見せてしまいます…05月15日 19時18分
  • 『男塾』の原点 江田島平八の自伝『真!!男塾』
    宮下あきらさんの作品『真!!男塾』(日本文芸社)この作品なのですが、『男塾』の塾長である江田島平八が戦後の激動の時代に『男塾』を開校し、全国からドグサレどもを集めて、、文化・政治・経済とあらゆる分野で将来の日本の背負っていく若者を育てようと…05月15日 08時15分
  • しっかりさんと不安定さんの同居生活『同居人が不安定でして』
    タカダフミ子さんの作品『同居人が不安定でして』(メディアワークス)イラストレーターの仕事をしている不二井杏(不安定さん)は絵を描くのに行き詰まったりすると急に情緒不安定になったりしてしまいます。もともと人付き合いが苦手な性格もあり、一緒に暮…05月12日 08時20分
  • 一般の女性がAVに出演するまで・・・『素人AV女優 −プレステージ編 エスカレー…
    川本貴裕さんの作品『素人AV女優 −プレステージ編 エスカレート−』(白泉社)川本貴裕さんの描く『素人AV女優』もこれで8作目となりました。ほとんどの話が1話読み切りで、一般の女性がAVに出演する・・・というテーマで、ちょっとエッチに描かれ…05月11日 21時27分
  • アイドルオタクと地味なアイドルとの化学反応『ギャルとオタクはわかりあえない。』
    河合朗さんの作品『ギャルとオタクはわかりあえない。』(メディアファクトリー)クラスでも目立つギャル系の女の子の早乙女まりあは普段は友だちなどとワイワイさわいだりしているものの、実はアイドルオタクでイチオシの女性アイドルTENの追っかけをして…05月11日 08時03分
  • 貧困でご飯を食べるために軍隊へ『めしあげ!! 〜命じ陸軍糧食物語〜』
    清澄炯一さんの作品『めしあげ!! 〜命じ陸軍糧食物語〜』(角川書店)明治時代、貧困で食べるものも買えず、生きるために盗みなどもしていた青年の千歳はある日、軍隊が出した残飯の匂いにつられ、それを食べるのですが、今までに食べたことのない味に出会…05月08日 08時28分
  • 恋をしたことのないビッチが恋してしまったら『びっちにマジ恋!』
    滝智次朗さんの作品『びっちにマジ恋!』(竹書房)デザイン事務所で働く森凛はナンパされて即エッチするようなビッチで本当の恋というのを感じたことがありません。そんな凛の前に新入社員の山田覚が現れました。凛の胸を見て恥ずかしがるぐらいピュアでどっ…05月07日 18時49分
  • 姉の娘をあずかりました『子猫拾いました』
    よはちさんの作品『子猫拾いました』(一迅社)大学生になり自立するように親に言われ、半ば強制的にひとり暮らしを始めた猫宮敦生(主人公)はやっと生活が慣れてきたころにある事件が・・・9年前に実家を飛び出した姉が娘の重音を連れてやってきたんです。…05月07日 08時13分
  • うつの人は必読!『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』
    田中圭一さんの作品『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(角川書店)この作品なのですが、うつ病で悩まされていた漫画家の田中圭一さんが自分がうつ病を発症しているなか、その経験をそのまま漫画にされており、うつ病になった経緯や辛かった闘病生活、…05月04日 08時54分
  • かまってちゃんの三姉妹『陽下3姉妹はかまってほしい』
    ねこ末端さんの作品『陽下3姉妹はかまってほしい』(メディアワークス)父親が単身赴任で3姉妹で暮らす陽下家。普段は普通なのですけど家では水着の長女の珠璃、一見まともなのですが天然で巨乳の次女の美乃里、爬虫類大好きな三女の杏梨と、かなり個性が際…05月03日 08時29分
  • 女子高生の頭の中はエロがいっぱい詰まっています『女子高生のつれづれ』
    三本コヨリさんの作品『女子高生のつれづれ』(徳間書店)この作品なのですが、女子高生の他愛ない会話から始まりちょっと疑問に思っていることなどを実際に試してみたりするという女子高生の日常を描いたほのぼのとした作品です。ただ、ほのぼのとしているだ…05月02日 18時56分
  • 感情が高ぶると鼻血が出てしまうんです『鼻血少女は恋ざかり』
    茅なやさんの作品『鼻血少女は恋ざかり』(一迅社)感情が高ぶると鼻血を出してしまうちょっと変わった体質をもつ華渕千衣子(ヒロイン)は同じクラスで前の席に座っているイケメン葉沢卓に密かに恋心を抱いています。葉沢卓は普段から誰にでも優しくて少し優…04月30日 08時03分
  • 南雲が動けば街も動く『CITY』
    あらゐけいいちさんの作品『CITY』(講談社)あらゐけいいちさんといえば、日常生活を独特な世界観で描いた『日常』がアニメ化になり人気漫画家となったのですが、その『日常』をも超えるような作品になっています。大学生の南雲美鳥は家賃を滞納し大家さ…04月29日 08時15分
  • 記憶をなくした男は記憶にある女性を探す方法は『Beauty Mark』
    竹下けんじろうさんの作品『Beauty Mark』(竹書房)記憶をなくしてしまったセンジュ ヨシカズという男は大切な人を探しているのですが、その手がかりとなるのが口元にホクロのある女性ということだけで、それ以外の手がかりはなく、手当たり次第…04月28日 19時20分
  • 週に1度だけ扉を開けると異世界に『異世界食堂』
    原作:犬塚惇平さん 作画:九月タカアキさんの作品『異世界食堂』(スクエニ)祖父から受け継いで10年・・・月曜日から金曜日まではとある街のオフィス街で普通に営業をしている「洋食のねこや」なのですが、土曜日だけは“特別営業”をしているんです。店…04月26日 08時22分
  • 少年合唱団の裏の顔は・・・『少年の残響』
    座紀光倫さんの作品『少年の残響』(講談社)“天使の歌声”ともいわれるアウゲンブリック少年合唱団は、かつては孤児院だったのですが、今は子供たちが勉強と合唱を教える寄宿学校(ギムナジウム)になっていました。彼らの歌声で人々は癒されているのですが…04月25日 19時27分
  • ファンシーショップでバイトする女子高生の百合作品『ハナとヒナは放課後』
    森永みるくさんの作品『ハナとヒナは放課後』(双葉社)背が低く、地味で普通の女子高生の長谷川花(ハナ)はファンシーショップでアルバイトをしていると、そこによく買い物にきていた女性がアルバイトの張り紙を見たといってやって来ました。その女性はハナ…04月25日 08時15分
  • コミュ障だけどひとりでもくもくダイエット『コミュ障腐女子、ダイエットに成功しまし…
    桂さんの作品『コミュ障腐女子、ダイエットに成功しました』(光文社)この作品なのですが、コミュ障でオタクで面倒くさがりで、運動嫌いで食いしん坊で、体の半分ほぼ脂肪(体脂肪率40%)・・・のような体型の作者のダイエットエッセイです。ダイエットを…04月22日 08時18分
  • 男子校の問題児ばかり集まったクラスでもモテたい『Gメン』
    小沢としおさんの作品『Gメン』(秋田書店)武華男子高校に転入が決まった門松勝太は期待に胸を踊らせて通学していました。何故かと言うと、この武華男子高校の周りには4校の女子校に囲まれており、童貞喪失率120%と噂が流れるほど女子に困らないと言わ…04月21日 08時03分
  • 漫画家は深夜にこんなものを食べています『マンガ家夜食研究所』
    村田雄介さんの作品『マンガ家夜食研究所』(講談社)村田雄介さんと言えば週刊少年ジャンプで連載中の『ワンパンマン』の作画をされているので知っている人も多いのでは・・・村田さんがデビューした頃はお金もなく自炊しておられていたのが、今でも深夜なん…04月20日 08時23分
  • 少し切ない世界観で描かれる短編集『クリスマスプレゼントなんていらない』
    売野機子さんの作品『クリスマスプレゼントなんていらない』(幻冬舎)少し切ない世界観で描かれている6作品からなる短編集です。売野機子さんの作品というのは読んだことがなかったのですが、読んでみたところ、女性向けに描かれたちょっと切ない話が多く、…04月18日 08時32分
  • 女教師が生徒を好きになり、若返りの力を手に入れたら・・・『わたしのふしだら』
    大見武士さんの作品『わたしのふしだら』(少年画報社)高校の国語教師の橘伽凛は今まで何かに情熱を燃やしたことがない・・・というか、情熱の燃やし方がわからない・・・そんな生き方をしてきました。なので親や周りからも「やる気が無い」「将来が心配」な…04月17日 19時38分
  • 完璧な主夫との同棲生活『ミコさんは腑に落ちない』
    イツ家朗さんの作品『ミコさんは腑に落ちない』(講談社)工場商品メーカーで設計補佐をしているミコさんは仕事に追われるOLで、現場に行ったり、残業を任されたり・・・と、時間に追われる毎日を送っています。そんなミコさんは数年前から付き合っているエ…04月17日 08時08分
  • パニックになりながらも一人で頑張る『一人交換日記』
    永田カビさんの作品『一人交換日記』(小学館)話題作『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の永田カビが今回の作品では、過去の自分と見つめ合い、そして未来への自分へと自分自身で綴る『一人交換日記』を題材に描いています。・・・とはいえ、『さびし…04月14日 08時09分
  • 女子校生が謎を解く『女学生探偵と偏屈作家』
    原作:てにをはさん キャラクター原案:なのりさん 作画:笹原智映さんの作品『女学生探偵と偏屈作家』(メディアワークス)文化祭を間近にひかえた明尾高等学校に通う花本ひばりは美術部の課題として展示物を出展しなくてはならなく、絵を描こうと思い屋上…04月13日 19時20分
  • これを読めば読書感想文が簡単に書ける・・・かも^^;『定番すぎる文学作品をだいた…
    ドリヤス工場さんの作品『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』(リイド社)この作品なのですが、以前、ここで紹介した『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』の続編に当たる作品で、今回は国語の教科書な…04月13日 07時56分
  • ひと昔の百貨店が華やかに描かれています『百貨店ワルツ』
    マツオヒロミさんの作品『百貨店ワルツ』(実業之日本社)この作品なのですが、二十世紀の初め頃の地方の百貨店が舞台になっており、百貨店が一番華やかだった頃の風景が浮かび上がってくるような作品になっています。一昔前の百貨店を知っている人にはとても…04月10日 08時18分
  • 自分で作った人形が動き出したら・・・『アマネ・ギムナジウム』
    古屋兎丸さんの作品『アマネ・ギムナジウム』(講談社)祖母が残した古い一軒家に住みながら地味な派遣社員として働く宮方天音は会社では言えない趣味をもっていました。中学生くらいのときにドイツの全寮制の学校ギムナジウムを舞台に描かれた萩尾望都さんの…04月09日 19時34分
  • 戦後の日本で活躍した池田勇人を描いた『疾風の勇人』
    大和田秀樹さんの作品『疾風の勇人』(講談社)大和田秀樹さんといえば『機動戦士ガンダムさん』を思い浮かべる人も多いのでは?そしてもう一つの話題になった作品『ムダヅモ無き改革』では実在の総理大臣や大統領をモデル?に世界を巻き込んだ麻雀漫画があり…04月09日 08時12分
  • 男子高校生と触れ合いたい・・・『男子高校生とふれあう方法』
    地球のお魚ぽんちゃんさんの作品『男子高校生とふれあう方法』(双葉社)この作品なのですが「DKO(男子高校生おんな)」と呼ばれている女性が男子高校生とどうすれば触れ合えるのか・・・そんな様子が描かれたシュールな作品です。「DKO」と呼ばれる女…04月06日 08時22分
  • 自分で作った人形が動き出したら・・・『アマネ・ギムナジウム』
    古屋兎丸さんの作品『アマネ・ギムナジウム』(講談社)祖母が残した古い一軒家に住みながら地味な派遣社員として働く宮方天音は会社では言えない趣味をもっていました。中学生くらいのときにドイツの全寮制の学校ギムナジウムを舞台に描かれた萩尾望都さんの…04月05日 19時52分
  • 眼鏡は顔の一部です『眼鏡橋華子の見立て』
    松本救助さんの作品『眼鏡橋華子の見立て』(講談社)雑誌編集者の川原は芸能界の闇を追いかけた取材をしたいと思っていたのに、編集長から「眼鏡特集」の取材を任されました。もともと視力がいい川原は眼鏡なんて興味もなく、ただ取材をしているだけの日々で…04月05日 06時46分
  • 今回はどんな1日を過ごそうかな『1日外出録ハンチョウ』
    協力:福本伸行さん 原作:萩原天晴さん 作画:上原求さん 新井和也さんの作品『1日外出録ハンチョウ』(講談社)この作品なのですが、『賭博破戒録カイジ』の話の中に登場するE班の大槻班長にスポットをあてた作品です。帝愛グループの地下収容所で強制…04月02日 08時11分
  • アイドルがゾンビになりゾンビばかりが住む山奥で暮らす『今日からゾンビ!』
    原作:石川優吾さん 作画:荒木宰さんの作品『今日からゾンビ!』(小学館)女子高生アイドルの田畑風花(通称ぷぅか)は撮影として山奥で撮影をすることになり、マネージャーが運転する車で移動中に山道でゾンビが飛び出してきて轢いてしまいました。そのゾ…04月01日 18時42分
  • お酒をテーマにしたアンソロジー作品『マンガ酒』
    アンソロジー作品『マンガ酒』(徳間書店)この作品なのですが、漫画家がお酒にまつわる話をリレー形式でコミックゼノンに人気連載されていたのを1冊のコミックにした作品です。ガッツリとしたお酒の話から甘酒のような、これはお酒?という話、または酒の肴…04月01日 08時24分