225先物・FXデイトレ 本日の相場展望

登録ID
1881693
サイト名称
225先物・FXデイトレ 本日の相場展望
URL
http://traderecords.blog.fc2.com/
紹介文
225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。
カテゴリ
  • 日経225ミニ先物 (100%) - 11 / 114人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 10/17 FRB後任人事で思惑
    昨晩は、NY連銀製造業景況指数が予想を上回ったことと、FRBの後任人に関してタカ派色の強い総裁が選ばれるのではないかとの思惑から金融株とドルが買われた。 本日は、週末の米国市場の雰囲気から一転し、ドル円に関しては売り崩しへの懸念は一旦後退し…10月17日 08時53分
  • 10/16(夕方) 米国株高、ドル安
    今晩も、特に目ぼしいイベントがない中、目先の経済指標や企業の業績予想を主とした動きとなりそうだ。但し、米国株式は上昇トレンドが発生中であり、大きなマイナス材料が出ない限り売りを出しにくく、高値を維持しそうだ。一方、ドル円は上昇トレンドから一…10月16日 19時54分
  • 10/16 ドル円112円絡み
    週明けは、ドル円は112円絡みで少し揉みあうかもしれない。ムードはドル強気から一服し、利食いをこなしながらの次の材料待ちという状況だが、徐々に売り圧力を意識させられる展開になりつつある。 一方日経平均は、米国株式の好調さに連れ高している格好…10月16日 08時50分
  • ドル表示日経平均先物15分足(10/10〜10/13)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。10月15日 18時25分
  • 10/15 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第35編)
    10月15日 12時58分
  • 10/14 来週の相場展望
    今週は、これといった売りのきっかけがあったわけではないが、買いの材料不足と高値警戒感から売りに押されて、陰線となった。来週は、8月のドル安効果の減衰と北朝鮮問題(18日の中国党大会)がドルの頭を抑えるのではないかと見込む。ただし、9月、10…10月14日 21時11分
  • 10/14 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 21,265 週間安値 20,655ドル円 週間高値 112.823 週間安値 111.990月間高安(第2週から)225先物 月間高値 21,265 月間安値 20,655ドル円 月間高値 112.823 月…10月14日 13時31分
  • 10/13(夕方) ダウ先物の反発で
    日中の取引は、ダウ先物の反発で日経平均が連れ高し、想定外の上げ幅となった。今晩の、CPIと小売売上に対する期待感の大きさを物語っている。気がかりは、CPIはともかく小売りがハリケーン上陸の後を受けて期待通り回復しているか?という点。 その他…10月13日 18時44分
  • 10/13 週末高値警戒
    昨晩の米国市場は、米PPI、週間新規失業保険申請件数等の指標はまずまずであったが、株、ドル、ともに動意が薄く、高値警戒を意識せざるを得ない。昨晩の両指標共に注目度の点ではそれほどでもなかったことや、今晩の指標に対する期待の方が大きい面を考慮…10月13日 08時47分
  • 10/12(夕方) 好調なEU指標でドラギ発言注目
    本日18時発表の、8月EU鉱工業生産の結果が予想を上回ったことから、先週のドイツ経済指標の好結果と合わせてユーロ圏の景気動向が上向いてきたことが明確になりつつある。ECBとしても資産縮小に向けての態度表明を10月に行うとしていたことから、今…10月12日 18時47分
  • 10/12 日経平均2015年の高値更新へ
    10月12日 08時53分
  • 10/11(夕方) FOMC議事録
    ドル弱含みの展開で、売りのきっかけ待ちの面もあるが、非常に強い株式の動きに、上向きな世界景気の動向を意識せざるを得ない。世界経済が上向きとなれば、ドルが最も強くなるという連想から、ドルが下げ渋るという展開も想定できる。今晩は、FOMCの議事…10月11日 18時36分
  • 10/11 ECB理事の資産縮小発言で
    昨晩はドイツの好調な貿易統計の結果を受け、ECBの資産縮小に関して言及があり、ユーロが買われドルが売られた。ドルはNY時間にやや持ち直したが、ドル調整ムードが漂う。東京市場は、ドルの弱含みに注意しながら、好調を持続する米国株に連れ高する日経…10月11日 08時54分
  • 10/10(夕方) 北イベント無事通過
    北朝鮮の労働党創設記念日に何か示威行為があるかと思われたが、東京市場は何事もなく終了した。今晩は、経済指標も政治行事もなく、小動き想定。ただ、ドル円は、112.40を割り込んで弱含んでおり、このまま調整ムード入りするのかどうかの判断すべきと…10月10日 19時14分
  • 10/10 北朝鮮イベント警戒
    昨晩の米国市場は株式、為替ともに小動きであったことから、東京市場も方向感を出せない展開となりそうだ。材料難である中、本日は北朝鮮労働党創設記念日であることで、何らかの示威行為があるのではないかという懸念がある。 上昇余地が限られる中、売りの…10月10日 08時38分
  • 10/9 今週の相場展望
    雇用統計を通過し、概ね良好な結果となった。とりわけ、平均時給の伸びが予想を上回ったことから、イエレンの見通しを裏付けることになり、FRBの金融政策に対する不安は当面は意識されないだろう。 しかし同日中に、北朝鮮が長距離鵜ミサイルの発射準備を…10月09日 15時47分
  • ドル表示日経平均先物15分足(10/2〜10/7)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。10月08日 20時23分
  • 10/8 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第34編)
    10月08日 15時11分
  • 10/6 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,760 週間安値 20,305ドル円 週間高値 113.434 週間安値 112.319月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,760 月間安値 19,085ドル円 月間高値 113,434 月…10月07日 10時16分
  • 10/6 雇用統計結果
    今回予想NFP−3.3万人+8万人失業率4.2%4.4%広義の失業率(U6)8.3%平均時給(対前年比)+2.9%+2.5%平均時給(対前月比)+0.5%+0.3%労働参加率63.1%62.9%発表直前は112.924円でその後21:51に…10月06日 22時26分
  • 10/6(夕方) 雇用統計発表後に再掲載
    雇用統計後に再掲載します。10月06日 17時12分
  • 10/6 税制改革へ一歩前進
    米国議会で税制改革を織り込んだ予算案が下院で承認されたことから、税制改革の実現に向けて一歩前進したことが好感され、米国株式は揃って上昇した。 ドル円は、長期債利回りが頭打ちとなったことから小幅な上昇に留まっている。 日経平均は米国株式の好調…10月06日 08時48分
  • 10/5(夕方) レンジ圏内を想定
    今晩は目ぼしい経済指標の発表がなく、これといった政治的日程も組まれていないので、レンジ内の小動きが見込まれる。FRB高官の講演予定が重なっているようだが、当局のアナウンスは既に出ているし、経済実態と当局の見解にズレがあるというわけでもない局…10月05日 18時18分
  • 10/5 材料乏しく模様眺め
    イエレン議長の発言は金融政策や経済見通しに触れることがなかったことで、材料視されなかった。ISM非製造業の指標が予想を上回る結果となったが、この影響も限定的であった。 ドル円、日経平均ともに、雇用統計に向けて模様眺め姿勢が強まるものと思われ…10月05日 08時39分
  • 10/4 重要指標発表へ思惑
    今晩は重要な経済指標の発表が続くうえ、10月に入って初めてのイエレン議長の発言の機会があり、賑やかな展開が期待される。経済指標は、8月のドル安とハリケーン上陸を如何に織り込むか?という点が焦点となるが、イエレン議長の発言に関しては、前回のF…10月04日 18時35分
  • 10/3 株式の為替離れ
    日経平均は昨日の上昇で、当面の上値の節目を抜けてきており、上値が追いやすい状況となった。ドル円との絡みも、高値圏で足踏みしているドル円から米国株式との連動性を高めている。チャートも上抜けを示唆する形となっていることから、4月から売り越してい…10月04日 08時44分
  • 10/3 ADP雇用統計を見据えて続伸なるか?
    今晩は、米国経済指標の発表の予定がなく、昨日のISMの余韻と明日のADPへの思惑が交錯するものと思われる。今回のADPはハリケーン上陸などでイレギュラーなものとなりそうで、予想数値が適切なものかどうかも定かではないが、悪い数値が出ることは織…10月03日 18時46分
  • 日銀短観2017年10月3日掲載分
    上記表は、2017年7月4日日本銀行ホームページ掲載分の短観より抜粋したものです。詳しくは、日本銀行HPでご確認下さい。 10月03日 18時08分
  • 10/3 ISM指数を好感し米国株大幅上昇
    昨晩の、米国株式市場はISM製造業景況指数が13年ぶりの高水準であったことを好感して大きく値を伸ばした。一方、ドル円はそれほど反応せず、ほぼ横ばい。本日の、ドル円東京市場及び日経平均に関しても、米国市場でのドル円の動きから上値が追いにくい展…10月03日 09時09分
  • 10/2(夕方) レンジ圏を意識する展開
    ドル円は本日日中もほとんど動きがなく、112円から113円の間のレンジ圏内を堅調に推移した。今晩の経済指標も、多少の下ブレは、ハリケーン上陸による一時的なものと横に置かれる可能性があり、基本的に株式、ドルともに大きく売られることのないしっか…10月02日 18時49分
  • 10/2 日銀短観発表
    材料不足の中、日銀短観の内容が注目される。7月から9月までは円高が続いてきた経緯もあることから、景気拡大の歩調に変化が見られるかどうか確認したい。8:42 112.6510月02日 08時42分
  • ドル表示日経平均先物15分足(9/25〜9/29)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。10月01日 19時44分
  • 10/1 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第33編)
    10月01日 14時08分
  • 9/30 来週の相場展望
    ドル円相場に関しては、9月10日辺りからの上昇勢いが一服して、高値圏での推移となっているが、この流れが来週も継続するかが気になるところ。見通しとしては、政治的な悪材料が出なければ、来週の雇用統計までは高値圏を維持すると考える。その理由として…09月30日 22時06分
  • 9/30 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,430 週間安値 20,100ドル円 週間高値 113.252 週間安値 111.474月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,430 月間安値 19,085ドル円 月間高値 113,252 月…09月30日 08時25分
  • 9/29(夕方) ドル高へ地ならし
    ドルは年末にかけて、強含む気配が漂い始めている。それは、FRBの米国景気に対する強気姿勢に依るものだが、その強気の根拠は経済指標にある。今晩は、重要なインフレ関連指標の発表が控えており、こうしたドル強気の根拠をこれらの指標が支持しているかど…09月29日 18時56分
  • 9/29 ドル円は節目付近で売り買い中立
    ドル円は、期末の調整から112円と5日線付近の節目付近に到達して、テクニカルな動きが出るのではないかと思われる。又10月に向けて、FRBの資産縮小が行われることとなっているが、どのタイミングで行われ、どの程度の影響が出るのか?という点が気が…09月29日 08時36分
  • 9/28(夕方) 材料不足で様子見
    昨晩の米税制改革の内容発表から、ドル円は113円絡みの動きとなったが、上値が重く感じる。これより上の水準を望むとなると、大きく相場の方向感が変わることとなりうることから、それなりのイベントが必要と思われるが、このままでは材料に不足を感じざる…09月28日 18時33分
  • 9/28 気になるドル円の行方
    本日は昨晩の米国税制改革案の発表を受けて、日経平均は高く寄り付きそうだが、上値をそのまま追えるかどうかが気になるところ。やはり、その判断の目安はドル円の動きに従うこととなりそうだが、昨日の夕方に書いた理由からか、上値が重い。 高値追いは慎重…09月28日 08時54分
  • 9/27(夕方) 米税制改革案発表へ
    今晩は米国の税制改革案が発表される。内容の詳細はともかく、これに対する期待からドルが買われる展開となり、113円に迫る勢いだ。ただ、税制改革を実現するための具体的な財源を示さねばならないが、そのあてがいと目される、オバマケアの改廃法案の成立…09月27日 18時50分
  • 9/27 イエレン発言でドル円堅調
    イエレンFRB議長が講演で、強い労働市場の動きから緩やかな利上げ基調を継続すべきとの判断を示し、年内の利上げ可能性を表すフェドウォッチが上昇した。これを受けて、ドル円は堅調に推移し112円をキープした。ただ12月の金利動向はタイムリーな話題…09月27日 08時28分
  • 9/26(夕方) 依然112円を見据えてのレンジ圏
    東京市場のドル円は方向が定まらず、FOMC前後の水準でのレンジ圏内での小動きとなった。今晩も、政治面での動き次第だが、目玉は税制改革と北朝鮮情勢であることには変化がない。これら二つの目玉の前では、他のトピックスは影が薄くなってしまうのも、致…09月26日 18時50分
  • 9/26 北朝鮮外相発言で警戒
    昨晩は、北朝鮮の外相により「米大統領は北朝鮮に対し宣戦布告したものとみなす」との発言があり、一時ドル円で50銭以上売られる場面があった。一触即発のムードが漂うが、市場は意外と冷静で、外相の防衛的な口述戦略に過ぎないとの見方が支配的、と解釈さ…09月26日 08時39分
  • 9/25(夕方) 112円にさや寄せ
    朝方は高く寄り付いたが、買い材料に乏しく、112円に徐々に近づく展開となっている。今晩は、FRB高官やドラギ総裁の講演が予定されているが、既にFRB、ECBともに資産縮小に関してアナウンスが済んでいるので、特に注目点は少ないであろうが、一応…09月25日 19時29分
  • 9/25 メルケル四選
    ドイツの選挙はメルケルが四選される見通しとなり、波乱は起きなかった。その他は、午後から黒田総裁の発言、夜にはドラギECB総裁の発言が予定されるが、両方とも政策会議終了後であり、それ程注目はされないと思われ、当面は、ドイツの選挙結果、国内政局…09月25日 08時35分
  • ドル表示日経平均先物15分足(9/19〜9/22)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。09月24日 20時44分
  • 9/24 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第32編)
    09月24日 10時02分
  • 9/23 来週の相場展望
    来週の相場は、24日のフランスとドイツで行われる選挙と、28日に臨時国会の冒頭で行われると思われる衆議院解散に関心が向かうことになる。特に、ドイツの選挙ではメルケルのキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が政権を維持できるかどうかに注目…09月23日 21時23分
  • 9/23 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,370 週間安値 20,040ドル円 週間高値 112.712 週間安値 110.988月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,370 月間安値 19,085ドル円 月間高値 112.712 月…09月23日 12時23分
  • 9/22(夕方) トレンド転換か?押し目か?
    ドル円は調整がやや深めにはいって、5日線付近から切り返しをしつつある。この場面は、トレンドが売りに変わる可能性もあり、見極めが必要な処。FRBの高官の講演の予定があり、反応に注目。20:03 112.0309月22日 20時04分
  • 9/22 ドル円堅調
    米国市場では概ねドル円は堅調に推移した。米国株式は、金利上昇を嫌気する向きが一旦利食いの動きとなった。 日米の金融当局のスタンスの相違から、ドル円に関しては日中も堅調を維持するのではないかと思われる。日経平均は、米国株式の動向を織り込む形で…09月22日 08時49分
  • 9/21(夕方) ドル円欧州売り米国買い
    東京市場はとりあえず高値警戒で上値が出なかった。欧州時間に入って、本日もドル売りが先行している。問題は、米国市場で昨日までの強気の流れが今晩も続くかどうか、という点にある。 FRBのコメントの中ではドル高を牽制するものは見当たらなかったこと…09月21日 18時30分
  • 9/21 ドル円は高値警戒感も強気継続か?
    未明のFOMCは、資産縮小に関しては10月から開始することが明らかとなり、利上げに関しては年内までにあと1回行う可能性があることが示された。これまでの、戻りの中でかなり織り込まれてきた内容ではあるだろうが、それでもチャート上の節目を越えてき…09月21日 08時49分
  • 9/20(夕方) FOMC2日目
    今晩のFOMCは資産縮小の開始時期への言及と、年内利上げの可能性が焦点。資産縮小の明確な開始時期の提示がなかったり、年内利上げの可能性が後退するような場合は、ドル高が緩む可能性がある。又、現在の為替水準でのFRBの米経済の見通しについても気…09月20日 18時18分
  • 9/20 ドル円は底堅い
    欧州市場でやや売り込まれたドルが、米国市場で買い戻され底堅く推移した。債券市場も利回り上昇が続いていることから、概ねドル堅調を印象付けた。東京市場もこの流れを受けて、堅調に推移するものと思われるが、上値は抑え込まれ小動きを想定。8:50 1…09月20日 08時52分
  • 9/19(夕方) 昨日高値付近でもみ合い
    東京市場では、日経平均が強く推移したことから、ドル円も引けにかけて上昇した。欧州時間に入ってやや水準を戻して昨日の高値付近まで落ちてきている。 本日はFOMC1日目であるが、連日債券利回りが上昇してきており、この流れが今晩も続けばドル円は更…09月19日 19時43分
  • 9/19 FOMCを控え様子見気分
    ドル円、日経平均ともに、上値の節目に到達してきている上に、FOMCを控え上値を追う手を休めることになりそうだ。失速気味のドル円の動きに注意しながらの押し目買い狙いの目線となりそう。8:37 111.4709月19日 08時38分
  • ドル表示日経平均先物15分足(9/11〜9/15)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。09月18日 20時12分
  • 日経平均とSPANパラメータ2
    09月18日 19時24分
  • 9/17 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第31編)
    09月17日 17時34分
  • 9/16 来週の相場展望
    来週の相場展望は、今晩の国連安保理の審議結果を見て明日掲載することにします。09月16日 21時13分
  • 9/16 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,855 週間安値 19,270ドル円 週間高値 111.328 週間安値 108.166月間高安(第2週から)225先物 月間高値 19,855 月間安値 19,085ドル円 月間高値 111.328 月…09月16日 10時27分
  • 9/15(夕方) ドル円強気継続
    朝方の北朝鮮ミサイル発射の報を受け、引けにかけて売りが出るかと思いきや、逆に買われて引けたことから、再び111円を意識し始める水準までやってきた。これらは、PPIやCPIの好結果が少なからず影響していると思われるが、引き続き今晩も小売売上高…09月15日 18時10分
  • 9/15 北ミサイル、三連休前
    今朝方、再び北朝鮮によるミサイル発射実験が行われた。今回の実験に対する対応は今後時間を追って出てくるものと思われるが、午前中は注意が必要だろう。その他、FOMCを来週の19日(火)、20日(水)に控えて、三連休前の取引になることで、適正な水…09月15日 08時44分
  • 9/14(夕方) 米PPI
    今晩は米国消費者物価指数(CPI)の発表が控えている。昨晩と同様に、8月のドル安とハリケーン「ハービー」の影響が如何に反映されるかが注目される。因みに、昨晩のドル上昇は、PPIが予想を下回ったがマイナスからプラスに転じたことを重く見た為とす…09月14日 20時19分
  • 9/14 ドル円は値幅縮小で高値を意識
    ドル円は、月曜日から北朝鮮の建国記念日通過で買戻しの流れとなったが、ここに来て上昇の値幅が縮小して高値警戒感が出てきているようだ。更に、東京市場ではドル円は月曜日からさほど上昇せず、欧州市場、米国市場で上昇しているという点を考慮すると、本日…09月14日 08時45分
  • 9/13(夕方) 米PPI
    ドル円、日経平均ともに東京市場では高値警戒感が先に立って弱含みであったが、今晩、米国卸売物価指数(PPI)の発表が控えており、8月のドル安を如何に指標に反映されるか注目したい。19:53 109.96★今晩の主な予定★21:30 米PPI2…09月13日 19時56分
  • 9/13 ドル円ジリ高警戒
    ドル円は昨夕辺りからジリ高の流れとなっており、直近高値に面を合わせつつある。このあたりが戻りの目途となるが、ジリ高となると戻り売りのタイミングをつかみにくく、そのまま上抜けする懸念もある。とりわけ買い材料が取り上げられているわけではないが、…09月13日 08時44分
  • 9/12(夕方) ドル巻き戻しの流れか?
    月曜日からのドル巻き戻しの流れが、保合い圏を上離れして110円を見据える展開となりつつある。北朝鮮の建国記念日を無事に通過したことで、やや過剰に売り込まれたドルが逆方向に跳ね上がる可能性もある。保合い継続と見立てていた筋にとっては、乗り遅れ…09月12日 18時30分
  • 9/12 ドル円109円を回復
    昨晩の国連決議は石油禁輸が盛り込まれず、北朝鮮を追い詰めるという面では甘めの内容となった。この結果をもって、米朝の対立が加速するとは思えず、当面は買い戻しムードを後押しするのではないかと思われる。ただし、買戻しのペースが早く、下落トレンドを…09月12日 08時56分
  • 9/11(夕方) 今晩北制裁決議案採決
    今晩、北朝鮮の核実験に対する制裁決議案を国連安保理事会で採決する運びだ。主に、石油関連製品の禁輸措置が主なところとのことだが、内容次第では北朝鮮を刺激することになりかねない。採決の時間は、日本時間の深夜から未明にかけてのようだが、詳細は不明…09月11日 19時03分
  • 9/11 アク抜けせず戻り売り警戒
    9日に懸念されていた北朝鮮のミサイル発射実験は見送られたが、アク抜け感はなく、米国を中心とした制裁強化の動きに更に反発の度合いを深めている。ドル円、日経平均ともに、高く寄り付けば、戻り売りを警戒したい。8:47 109.2209月11日 08時47分
  • ドル表示日経平均先物15分足(9/4〜9/8)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。09月10日 20時54分
  • 9/10 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第30編)
    09月10日 15時12分
  • 9/9 来週の相場展望
    来週の相場の行方を左右しそうな要因を列挙すると1、北朝鮮情勢2、ハリケーン、”ハービー”、”イルマ”の被害3、米国債務上限引き上げ法案4、税制改正5、メキシコの壁建設6、ロシア疑惑その他上記1,2、以外は当面あまり意識されないかもしれない。…09月09日 20時28分
  • 9/9 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,620 週間安値 19,085ドル円 週間高値 109.929 週間安値 107.319月間高安(第2週から)225先物 月間高値 19,620 月間安値 19,085ドル円 月間高値 109.929 月…09月09日 08時15分
  • 9/8(夕方) ドル円108円を割り込む
    ドル円が、108円を割り込み、トランプ氏が大統領に当選する前の水準に戻ってきた。選挙公約のうち経済政策に関する部分が未だに実現するかどうかが不透明であることを考えると、止むを得ない。ドルを買ってゆく理由がないわけではないのだが、節目節目でこ…09月08日 19時12分
  • 9/8 ドラギ総裁発言でドル売り
    昨晩のドラギECB総裁の資産縮小に関する決定は10月頃に行う旨の発言から、ユーロと円に対してドルが売られる展開となった。ドル円に関しては、一時108.04付近まで売られ、4月の北朝鮮危機につけた安値を割り込み、ドル安継続を印象付けることとな…09月08日 08時37分
  • 9/7(夕方) ドラギECB総裁会見
    今晩は、ECBの政策金利の発表と、ドラギ総裁の会見が予定されている。政策金利に関しては利上げ観測は聞こえてこないが、かねてより資産縮小に関して開始時期を探るのではないかという憶測があったが、8月のジャクソンホールでの講演で、まだまだ緩和姿勢…09月07日 18時14分
  • 9/7 再び5日線接近
    昨晩の米国市場は、債務上限枠の3か月間引き上げ案にトランプ大統領が同調したことを好感し、ドル円、米国株式ともに反発した。本日は、ドル円、日経平均ともに5日線の近辺まで接近してきており、上値にやや圧迫感を感じる。このタイミングで、上値を取って…09月07日 08時49分
  • 9/6(夕方) 大幅安後の反動
    昨晩大幅安となったが、ダウは直近2回の底値のサポートライン上にあり、今回もサポートが有効ならば切り返しの起点となる。その場合、今回はリスクオンと解釈されればドルの買戻しも同時に起こりそうなため、225先物にもそれなりの動意をもたらすものと考…09月06日 19時13分
  • 9/6 米株大幅安
    連休明けの米国市場は大幅安(ダウは-234.25)となった。北朝鮮問題とともに、ブレイナードFRB理事の講演で、低インフレ下の現況での利上げに対して慎重な姿勢を示したことが株式売り、債券買いを誘った。 当面は一過性の問題ではないことが確認さ…09月06日 08時57分
  • 9/5(夕方) 5日線上抜け出来ず
    ドル円、日経平均ともに5日線付近から寄り付いたが、上を抜くことが出来なかった。やや低調な雇用統計であったが好調なISMの結果を重くみてややドルが買われて引けた週末であったが、日曜日の午後に北朝鮮の核実験の報により再びドル安に引き戻され、11…09月05日 19時02分
  • 9/5 その後動きなし
    昨晩は米国市場が休場であったこともあり、これといった新しい展開もみられず、小動きで終始した。本日は、ドル円、日経平均ともに北朝鮮の地下実験を材料とした売りが思いの外下値を伸ばさず下げ渋ったことや、今晩から米議会が再開することなどから、売りの…09月05日 08時47分
  • 9/4(夕方) 米市場レイバーデーで休場
    北朝鮮の地下実験に続き、ミサイル発射の兆候が見られるとの報道がある中で、今晩の米国市場はレーバーデーで休場。何が起こるか判らず、リスクオフのスタンスは不変。17:00 109.4309月04日 17時32分
  • 9/4 北の核実験でリスク回避
    ドル円は先週末からの好調な流れと、日曜日の北朝鮮の核実験報道からの回避動機が、どの様に相場に反映されるか?という点が焦点。一応、リスクオフを想定。米国政府は今のところ、大規模な軍事的対応と関連国との貿易停止を検討する旨のアナウンスを表明して…09月04日 08時42分
  • 9/3 ダウ騰落率推移
    09月03日 14時14分
  • 9/3 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第29編)
    09月03日 11時22分
  • 9/2 来週の相場展望
    週末の雇用統計は、NFPと失業率が予想を下回り、全般に低調な結果という印象があったが、引けてみると発表直前の水準よりもドルが買われて終了した。このところのマーケットは、労働指標よりもインフレ関連指標を重視していると思われ、その観点からは、好…09月02日 21時22分
  • 9/2 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,740 週間安値 19,235ドル円 週間高値 110.667 週間安値 108.271月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,070 月間安値 19,235ドル円 月間高値 110.947 月…09月02日 10時03分
  • 9/1 雇用統計結果
    今回予想NFP15.6万人18,0万人失業率4.4%4.3%広義の失業率(U6)8.6%平均時給(対前年比)2.5%2.6%平均時給(対前月比)0.1%0.2%労働参加率62.9%発表直後に売りが出て、110.06から109.57までドルが…09月01日 22時45分
  • 9/1(夕方) 指標発表時に再掲載
    本日は雇用統計なので、21:30以降に再掲載します。09月01日 19時24分
  • 9/1 雇用統計に向けて持ち高調整
    昨晩の経済指標の内容があまり振るわなかったことや、米財務長官が「米国の貿易にとってはドル安が好ましい」と発言したことから、ドルが売られた。 東京市場でもこの流れからドルの上値は抑えられるものと思われ、加えて雇用統計に向けての持ち高調整と利食…09月01日 08時47分