225先物・FXデイトレ 本日の相場展望

登録ID
1881693
サイト名称
225先物・FXデイトレ 本日の相場展望
URL
http://traderecords.blog.fc2.com/
紹介文
225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。
カテゴリ
  • 日経225ミニ先物 (100%) - 12 / 118人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 8/19 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,820 週間安値 19,310ドル円 週間高値 110.947 週間安値 108.602月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,070 月間安値 19,310ドル円 月間高値 110.947 月…08月19日 12時20分
  • 8/18(夕方) 昨夜の流れが継続か?
    今晩はこれといったイベントが無いことから、昨晩の流れが継続すると観るのが本筋であると思う。昨晩は、株式、債券、為替のトリプル安で、ミニクラッシュであったことを考えると、案外重症である可能性もあり、昨晩大きく下げた分の買戻しとは行かないかも知…08月18日 19時08分
  • 8/18 悪材料重なりドル安
    昨晩の要点は以下の通り。1、ECB理事会議事録 7月20日時点での、ユーロの水準がオーバーシュートしていることへの懸念が論議されていたことで、ユーロが売られた2、米国国家経済会議院長のゲーリーコーンが辞任の噂 トランプ政権内で減税などの政策…08月18日 08時50分
  • 8/17(夕方) ECB理事会議事録
    20:30にECB理事会議事録の公開が予定されている。昨晩のFOMC議事録の公開に続き、ECB理事会の議事録も材料視される可能性がある。6月末のECBフォーラム後に金利引き上への思惑からユーロが買われ、7月20日のドラギの会見ではこれを否定…08月17日 19時04分
  • 8/17 日経、ドル円ともに5日線絡み
    FRB議事録要旨で、低インフレ率への懸念を示す委員の存在が材料視され、戻りのトレンドは一旦終了となる。寄付きは、日経、ドル円ともに5日線付近となるが、ここの処理を如何にするかに焦点は絞られる。 08月17日 08時57分
  • 8/16(夕方) ドル円は続伸
    ドル円は、買い戻しの流れが継続して続伸。日足での上値の目途である水準に到達しつつあり、今晩の欧米市場で買い材料が出るとさらに上値が出やすい形状。日本企業がお盆休みで出来高が無い中での取引で、どれだけのパフォーマンスが出来るのか?という点にお…08月16日 18時52分
  • 8/16 ドル円巻き戻し
    北朝鮮によるグアム作戦中止と米国小売売上が予想を上回ったことが重なり、ドルが大きく買い戻された。昨日の値幅が、最近の平均値幅を大きく上回っていることから、巻き戻しが失速すると、戻り売りが気になる。 08月16日 08時54分
  • 8/15(夕方) グアム作戦中止の報でドル上昇
    朝方、北朝鮮のグアム作戦を中止する旨の報道があり、ドルが買い戻された。これで、9日未明のトランプ大統領の北朝鮮強硬発言の水準まで戻された。材料面では言って来いで、チャラになったが、チャート面では少ない確率ではあるがショートカバーを見込んだ踏…08月15日 17時52分
  • 8/15 ドル円5日線に接近
    昨晩は、北朝鮮問題の緊張緩和と、NY連銀のダドリー総裁がインタビューの中で年内1回の利上げを支持する旨の発言などが、株やドルの買戻しを後押しした。 ドル円は、5日線にほぼ到達しており、短期的なドル安の流れが一段落しそうではあるが、本日は、北…08月15日 08時43分
  • 8/14(夕方) ドルは一旦買い戻し
    本日は、輸入企業のドル買いが入ったことがきっかけとなって、ドル高の方向に振れた模様。とはいえ、東京市場での取引は現実には難しく、見送りでも致し方なし、というところだった。今晩は、これといった指標発表も要人発言の予定もないことで、市場が材料探…08月14日 20時00分
  • 8/14 お盆休み入り
    本日から、本格的なお盆休み入りで、出来高が細くなる。日経平均については相場の大幅な変動は基本的に想定しにくいが、200日線へ向けた動きも否定できない。先行きは不透明だが、少なくとも日経平均、ドル円ともに、明日のイベント前の戻りの動きは想定し…08月14日 08時52分
  • ドル表示日経平均先物15分足(8/7〜8/10)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。08月13日 21時05分
  • 8/7 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第26編)
    08月13日 11時28分
  • 8/12 来週の相場展望
    来週も引き続き北朝鮮情勢と、米国の低インフレに関する懸念から、ドル安の流れが続きそうだ。ただし、チャート面から見ると底値付近と見えなくもなく、4月末の戦闘開始と目された時期につけた108.13を下回るには、その時以上の現実味のある緊張が必要…08月12日 21時49分
  • 8/12 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,070 週間安値 19,350ドル円 週間高値 110.916 週間安値 108.729月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,070 月間安値 19,350ドル円 月間高値 110.916 月…08月12日 12時38分
  • 8/11(夕方) 北リスク重く109円割れ
    昨晩は、トランプ大統領が北朝鮮によるグアム攻撃検討の報に対し、更なる強硬な姿勢を示したことで、マーケットはリスク回避の流れが強まり、米国株式、ドル円、米国長期債、が軒並み売られた。 これだけ大きな政治要因が前面に出てくると、少々の経済要因の…08月11日 18時45分
  • 8/10(夕方) 110円より上は戻り売りがきつく・・・・・
    本日は、戻りの流れに乗ってドル円は午前に110.17を超えて、昨晩の戻り高値を更新したが、日経平均は戻り売り圧力が強く、これに合わせるように値を消した。 当面は109.56と110.18を下限上限とするレンジとなることを見込む。又、今晩はF…08月10日 18時47分
  • 8/10 ティラーソン発言で戻りを意識
    昨日は未明のトランプ大統領による北朝鮮を牽制する発言から110円を割り込んだが、昨晩はティラーソン米国務長官により過剰な反応を和らげる声明があり、総じて値を戻す展開となった。 本日は、一転して戻りを意識する展開を予想するが、ドル円、日経平均…08月10日 08時26分
  • 8/9(夕方) ドル円110円割れ底値探る展開
    東京市場では、ドル円が110円を割り込み底値を探る展開が継続中である。日米金利差や、9月に向けたテーパリング開始の有無などを考慮しつつの売りとなるが、109円を割り込むようなことになると今後の日本の景気回復シナリオが崩れる恐れが出る。米国産…08月09日 19時43分
  • 8/9 未明のトランプ発言で110円の攻防
    本日未明に、トランプイ大統領が対北朝鮮に対する強硬姿勢を示す声明を発表し、これを受け米国株式は前日比プラス圏からマイナス圏へ転落し、ドル円も5日線を下抜けし、110円付近まで落とされた。 このタイミングでのトランプ発言の意図は測りかねるが、…08月09日 08時51分
  • 8/8(夕方) 手掛かり無く見送り
    今晩は、経済指標の発表の予定も、要人の会見や講演の予定もなく、手掛かりがない。昨晩は、FRB高官の講演があったがその際にドル切り返しの後押しとなる発言をしなかったことから、そのことの持越しでドル出直りムードの取り消しの方向に動いているともと…08月08日 19時46分
  • 8/8 材料乏しく小動き
    昨晩のダウは続伸したが値幅は30ドル程度の小動きだし、ドル円に関しては7月の1日平均値幅の約84銭を大きく下回る27銭と極端な小動きとなった。 本日も、特に材料が出なければ同様な動きかとおもわれる。レンジを特定してのトレードを狙うしかないだ…08月08日 08時47分
  • 8/7(夕方) 高官発言に注目
    本日は、経済指標の発表には目ぼしいものはなく、FRB高官の講演が予定されている。先週末に、良好な結果となった雇用統計と合わせて、税制改革を支援する旨の関係機関の要人の発言があり、ドル安一色から、ややドル買いに傾いてきている。こうした流れを後…08月07日 18時54分
  • 8/7 ドル安一服から切り返しとなるか?
    ドル円は、週末の雇用統計から110円を回復した。チャート面でも、レジスタンスとなっていた5日線を上抜け、トレンドチェンジの兆しを示している。 大統領は夏季休暇入りしたが、米国経済会議のコーン委員長が、法人税の引き下げをOECD平均の24%ま…08月07日 08時52分
  • ドル表示日経平均先物15分足(7/31〜8/4)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。08月06日 20時10分
  • 8/6 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第25編)
    08月06日 13時42分
  • 8/5 来週の相場展望
    来週は、トランプ大統領が17日間の休暇に入ることから、政治的イベントは期待できず、経済イベントオンリーの相場展開となり、方向感のかけるレンジ相場となることを想定している。 その他来週から、安倍新内閣が始動することになるが、そのことがマーケッ…08月05日 20時54分
  • 8/5 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,095 週間安値 19,890ドル円 週間高値 111.047 週間安値 109.843月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,190 月間安値 19,855ドル円 月間高値 114.495 月…08月05日 14時29分
  • 8/4 雇用統計結果
    今回前回NFP20.9万人22.2万人失業率4.3%4.4%広義の失業率(U6)8.6%8.6%平均時給(対前年比)+2.5%+2.5%平均時給(対前月比)+0.3%+0.2%労働参加率62.9%62.8% 発表を受けドル円は110.10か…08月04日 21時49分
  • 8/4(夕方) 今夜雇用統計発表
    東京市場では、週末ということもあり、下振れの懸念があったが、安値を更新したもののそれ程深押しすることなく終了した。これを見ると、市場は下方向には関心が薄いのではないかと思ったりもするが、雇用統計に関しては当たらない予測はしないほうが良いだろ…08月04日 18時53分
  • 8/4 ドル売りに対する警戒
    本日は、雇用統計の発表を今晩に控えて、このところ続いている予想を下回る米国経済指標から雇用状況の悪化を懸念する動きが出るかもしれない。これに週末の要因が重なると、下げ幅が大きくなることもありうることに注意したい。国内政治の内閣改造をポジティ…08月04日 08時56分
  • 8/3(夕方) 5日線付近で揉みあい
    今晩は、BOEの政策金利、ISM非製造業景況指数などの発表が予定されている。昨晩のADPの予想を下回る内容でも110円を割り込まなかったことから、今晩も悪くとも110円を維持するのではないかと思うが、それでも、この膠着を何とかする動きは欲し…08月03日 17時18分
  • 8/3 ドル円は110円を底に揉みあい
    昨晩のADPは予想を下回ったものの、ドル円は110円を割り込むことなく切り返した。FRB高官は米国金利の先高観に対して牽制するハト派発言が続いたjことから、ドルを買う動きは限られるだろう。下降中の5日線に絡んだ揉み合いを想定すれば、やや弱含…08月03日 08時50分
  • 8/2(夕方) ADP雇用統計
    ドル円は、このままで行くと5日線付近でADP雇用統計の発表を迎える。内容が良ければドル買い、悪ければドル安と、素直に反応するものと思われる。 問題は、株式相場の方で、特にこれまで5日連騰しているダウがどのように動くのか、予想が難しい。日経平…08月02日 19時12分
  • 8/2 ドル安一服
    ドル円は、基調に変化はみられないがチャート的にドル安の流れが一服。東京市場では、これまで一貫して売り込んできたので下げ止まりを見て買戻しの動きが出るかもしれない。 日経平均は、ドル安円高局面で下げ渋ってきたことで、181ドルを超えて、これま…08月02日 08時53分
  • 8/1(夕方) 米経済指標
    今晩は、米国個人消費支出、同個人所得、等のインフレ関連指標や、ISM製造業景況指数と言った重要な景気関連指標の発表が予定されており、当面の相場の行方を左右しうるものとして注目される。ドル円相場もリバウンドの態勢に入りつつある様相なので、これ…08月01日 19時59分
  • 8/1 ドル安継続か?
    ドル円は、FOMC前の高値112円17銭付近からの抵抗線に頭を抑えられ、安値に沈んだが、下げ幅は徐々に狭まってきている。、この抵抗線を上抜けると、目先は戻りになる可能性も考えられることから、強弱両面からの目線が必要だろう。 本日はこれといっ…08月01日 08時56分
  • 7/31(夕方) ドル買い材料薄く小安いか?
    東京市場は、ドル売りが懸念されたが、寄り付き直後に110円31銭を付けた後、徐々に値を戻して週末の終値付近まで戻してきた。欧米市場では、週末は売り切られた印象だが、週が明けて買い戻されるかが焦点。 米国景気は、世界経済の回復歩調にやや先行し…07月31日 18時46分
  • 7/31 ドル安警戒
    週末のドル円は引け際に直近安値を更新したことが悪い印象を残している。日経平均や米国各種市場の相場維持のニーズも考えると、一気に崩れることもないとも考えられるが、警戒は必要。中期的にはドル安の流れはあるので、月末要因などを交えた相場展開に気を…07月31日 08時49分
  • ドル表示日経平均先物15分足(7/24〜7/28)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。07月30日 19時48分
  • 7/30 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第24編)
    07月30日 11時34分
  • 7/29 来週の相場展望
    来週は、ドル円は重苦しい展開となりそうだ。オバマケア代替法案は全ての案が否決されて、議会が休会入りし9月までは何も法案審議ができない。従って、政権の目玉の税制改革実現の目途が立たないうちに、政策金利は気が付くと昨年末から3回の利上げで0.7…07月29日 20時31分
  • 7/29 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,165 週間安値 19,855ドル円 週間高値 112.182 週間安値 110.549月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,190 月間安値 19,855ドル円 月間高値 114.495 月…07月29日 12時54分
  • 7/28(夕方) オバマケア代替法案全て否決
    日本時間の夕方の報道で、米国上院で審議されていたオバマケア代替法案が全て否決され、今会期中の法案成立は不可能となった。今後のスケジュールなどは未定であるが、トランプ大統領は法案成立まで粘り強く取り組む姿勢をツイッターでアピールしたとのこと。…07月28日 19時01分
  • 7/28 111円をキープ出来るか?
    昨晩にかけてドルを買い上がったものの、米国市場では売り戻されたことから、ドルを買いにくい印象。又、朝方発表された、日本の経済指標もよい数字が出ていることから、これがマーケットにどのように影響するかについても気を配る必要がありそうだ。その他、…07月28日 08時53分
  • 7/27(夕方) 111円をキープ
    FOMCの後を受けて東京市場の反応が気になるところであったが、無難に通過した。今晩の、目ぼしい経済指標もなく、イエレンの会見から汲み取れる今後の金融政策の行方や、週内可決を目指してているオバマケア代替法案の審議に関心が向かうものと思われる。…07月27日 19時01分
  • 7/27 FOMCはほぼ想定内の内容
    FOMCは利上げを見送り、テーパリングは比較的早い時期とし、議会証言の時と同じ表現となった。これらは、市場の予想の範囲内であることから、直近の安値を下回る程改めて売り直すとは思えない。 当面の市場の関心は、オバマケア代替法案の上院での審議と…07月27日 08時53分
  • 7/26(夕方) 今晩FOMC最終日
    今晩、FOMCの最終日でイエレンの会見が予定されている。その中で、資産縮小の開始時期について言及するかどうかに注目が集まる。7月12日の議会証言でハト派寄りの発言をしたことからドル安が進行したが、今回もハト派寄りの発言をするかどうかが焦点。…07月26日 19時05分
  • 7/26 FOMCを控え様子見
    昨晩のドル上昇から、112円付近まで戻してきており、このあたりが当面の目途として様子見が見込まれる。ドル円に関しては、議会証言の時のイエレン発言からドル安が進行したことを踏まえると、ハト派発言に関して警戒されることも考慮する必要がある。 日…07月26日 08時57分
  • 7/25(夕方) ドル安一服し反転するか?
    ドル円は東京市場では戻り売りに押されたが、欧州市場に入って前日高値を上回り、5日線に接近してきた。イエレンの議会証言前の高値114.50付近からのレジスタンス上に位置しており、丁度このあたりが当面の潮目となっているようだ。(19:30現在)…07月25日 19時44分
  • 7/25 ドル円が111円を回復
    本日は、今晩オバマケア代替法案に関する上院での投票が行われる予定で、これを期待した動きからドルがやや買い戻されることが見込まれる。 日経平均も、安倍内閣による経済政策に着手し、支持率回復を図る、との報道から個人投資家による買戻しが見込まれや…07月25日 08時54分
  • 7/24(夕方) 111円を割り込んでドル安進行
    今晩は、これといった経済イベントがないことから、懸案のロシア介入疑惑や東京でスルーされたIMFの経済予測などが欧米市場で取り上げられる程度か?IMFの経済予測でも触れられていたが、世界経済の主導役が米国一国からその他の先進主要国に広がりつつ…07月24日 18時43分
  • 7/24 ドル円弱含みか?
    ドル円は先週の地合いを引き継ぎ弱含みの展開が予想される。ただし、金曜日の値幅は70銭以上出ており、最近はその翌日に返しが出やすい傾向にある点に注意が必要。日経平均は、50日線をサポートに出きるかが焦点。07月24日 08時47分
  • ドル表示日経平均先物15分足(7/18〜7/21)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。07月23日 20時24分
  • 7/23 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第23編)
    07月23日 10時38分
  • 7/22 来週の相場展望
    先週は総じてドルは冴えない動き。特に、ECB政策金利発表後のドラギ総裁の会見で、最近のユーロの為替水準に関するコメントがなかったことから、ユーロ高容認ととらえられユーロがドルのみならず円に対しても高値水準を維持したまま週を終えた。 ドル円に…07月22日 21時59分
  • 7/22 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,140 週間安値 19,890ドル円 週間高値 112.862 週間安値 111.011月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,190 月間安値 19,890ドル円 月間高値 114.495 月…07月22日 13時01分
  • 7/21(夕方) ドル安の流れ変わらず
    昨晩のドラギ総裁の会見からドルに対してユーロ高は継続しており、その意味では円高圧力は軽減されやすい地合いかと思われるが、今のところはドルに対して円は強含みの推移となっている。 チャート上では、ユーロドルは2015年初頭からのボックス圏を上離…07月21日 19時21分
  • 7/21 ユーロ高ドル安の影響は?
    昨晩のドラギ総裁の会見は、テーパリングは今秋に検討する以外は何も目新しいところはなかったが、EU経済に対する期待先行からユーロがドルに対して上昇した。米国マーケットはこの動きに対して、大きく反応はしていないが、東京市場でどのような反応が出る…07月21日 08時52分
  • 7/20(夕方) ドラギ総裁の会見
    今晩のメインは、ECB政策金利を発表した後に行われる予定のドラギ総裁の会見だ。ECBとしては、テーパリング(資産買い入れ縮小)をスムースに実行したいところだが、これを市場に過剰な反応を引き起こさせないような形で如何に伝えるかが焦点となる。そ…07月20日 18時33分
  • 7/20 日銀の政策会議を見きわめる
    本日は、日銀とECBの政策金利が発表される。日銀は、これまで通りの緩和的政策が継続されるものと思われるが、何か追加的な緩和策があるかも知れないという期待から一時的にせよこれに付随した動きがあるかも知れない。07月20日 08時56分
  • 7/19(夕方) 112円近辺を維持できるか?
    今晩は、経済指標は米国の住宅着工件数と建設許可件数のほか、EIA原油在庫統計の発表がある。EIAはインフレ関連であるから注目しなければならない。その他、米中経済包括対話07月19日 19時23分
  • 7/19 薄氷の上の112円
    FRB高官やイエレン議長のハト派的姿勢を容認する発言から、週末の弱い経済指標からの、ドル売りと年内利上げ後退を好感した株高、そして週明けのオバマケア代替法案の調整難航と何一つドル高を支援する材料が見当たらない状況にある。主要国が、政策金利を…07月19日 08時55分
  • 7/18(夕方) 弱い指標やオバマケア代替法案調整難航を嫌気
    本日の東京市場は、先週末や月曜日の米国市場に開ける弱い指標や、オバマケア代替法案の調整が難航しているとの報道からドル売りが増加したとのこと。 ともあれ、イエレン議会証言後の安値を下回ったことから市場のムードは弱気継続で、112円が維持できる…07月18日 21時07分
  • 7/18 ドル小じっかりか?
    昨日日中に発表された中国の四半期ベースのGDPが予想を上回ったことから、円を除く主要通貨に対して弱含むこととなった。当面は、ドル円に関してはドル買い支え要因として相場に織り込まれるのではないかと考える。この先、ドル円が一時的な調整にとどまる…07月18日 08時49分
  • ドル表示日経平均先物15分足(7/10〜7/14)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。07月17日 16時19分
  • 7/16 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第22編)
    07月16日 14時01分
  • 7/15 来週の相場展望
    ドル円は、先週、目先のボックス圏突破からの強気相場を期待したが、FRBによるインフレ率上昇を懸念する発言からドルが売られる展開となった。 タイミングとして、危険ゾーンとして認識のあった115円の手前であることや、2015年の黒田シーリングか…07月15日 18時44分
  • 7/15 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,190 週間安値 20,010ドル円 週間高値 114.495 週間安値 112.265月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,190 月間安値 20,010ドル円 月間高値 114.495 月…07月15日 14時36分
  • 7/14(夕方) 米国CPI等注目
    今晩は、米国の重要と思われる指標が相次いで発表される。特に、CPIや小売売上などは昨晩のPPIに続き物価に関わる指標として注目される。設備稼働率は、インフレ関連指標ではないが、特にドル円相場に相関性があると思われ、個人的に注目している。07月14日 19時36分
  • 7/14 金利下げ止まりドル堅調
    昨晩もイエレン議長の議会証言があり、金利政策に対する柔軟な方針が示され、長期債利回りが下げ止まりドルが堅調に推移した。しかし、ドル高によるデフレ圧力に対する警戒は必要で、その線引きを何処で行うべきかの確認作業が続くことになる。今晩は米国CP…07月14日 08時53分
  • 7/13(夕方) 米国PPIに注目
    昨晩イエレン議長の議会証言でインフレ率に言及があったが、早速今晩米国6月生産者物価指数(PPI)の発表がある。イエレン議長の証言内容からは、物価に強さが表れてこないといったことへの懸念が示されたが、昨日の今日であることから急に強い指標結果が…07月13日 18時55分
  • 7/13 イエレン発言でドル下落
    昨晩のイエレン発言でドル円でドルが下落した。しかし、イエレンと同じ時間にカナダの政策金利が引き上げられ、世界的な景気底入れの流れが表れつつあり、当面はドル安を意識せざるを得ないが、しかし、過度なドル安でもなさそうだという微妙な展開が予想され…07月13日 08時48分
  • 7/12(夕方) イエレン議会証言
    昨晩のFRB高官の今後の金融政策に関する発言から、東京市場はドルが円に対して売られる展開となったが、今晩23時からのイエレンの議会証言への注目度が一層高まることとなる。 FRBの実体経済への認識をそう簡単に変えることは考えにくいが、目先のド…07月12日 17時51分
  • 7/12 ドル円のトレンドチェンジに警戒
    昨晩、FRB高官が、低インフレ下の利上げに慎重姿勢を示したことから、債券が買われ、ドルが売られた。これが、週足ベースでの上昇トレンドにまで影響するかどうかは不明であるが、これまでの上昇してきたサポートラインを割り込むようだと調整入りを意識し…07月12日 08時55分
  • 7/11(夕方) 金融当局要人発言に注意
    ドル円に関しては、東京市場において週足ベースの戻り高値114.35円付近を上抜いてきたが、これは日米金利差を重く見た形となるが、これが米国市場で同じような反応になるかは懐疑的。米金融当局はあまり性急なドル上昇は、今後の金融政策のスケジュール…07月11日 19時57分
  • 7/11 ドル上昇に一服感
    先週からのドル上昇の流れに一服感が出てきた。日足ベースで見ると、階段状に上昇してきたドルの上昇歩調も、その伸び足が狭まってきており、目先はドル上昇一服。週足では依然強気形状が、ドル高を後押しするものと思われ、ドル失速からいきなり調整というこ…07月11日 08時52分
  • 7/10(夕方) ロシア疑惑再浮上
    トランプ政権に関わるロシア疑惑について新たな事実が浮上した。こうなるとやはり、ドル円に関しては上値を追いづらくなる。しかし、ユーロドルに関してはドル安に働くとレンジブレイクに追い風になるかもしれない。19時過ぎ現在では、これといった動きは見…07月10日 19時27分
  • 7/10 114円付近のドル円の動きが焦点
    本日は、週末の雇用統計の結果を受けての東京市場ということで、114円付近の取引から始まるが、この水準をどのように処理するかが焦点だろう。 又、9:30から日銀の黒田総裁の発言が予定されていることにも気を配る必要がありそうだ。週末の指値買いオ…07月10日 08時51分
  • ドル表示日経平均先物15分足(7/3〜7/7)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。07月10日 00時11分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第21編)
    07月09日 11時14分
  • 7/8 来週の相場展望
    来週は、12日(水)と13日(木)にイエレン議長の議会証言が予定されている他、16日(日)には米中貿易交渉の期限がやってくることになっており、それに先立ち対北朝鮮問題に何か進展が見られるかも知れないという点で注目される。 その他、チャート面…07月08日 20時50分
  • 7/8 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,195 週間安値 19、830ドル円 週間高値 114.177 週間安値 112.174月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,290 月間安値 19,705ドル円 月間高値 114.177 月…07月08日 12時51分
  • 7/7(夕方) 雇用統計
    今晩は雇用統計だが、昨晩と同じように、もし結果が良い場合に114円を越えることが出来るか?という点が注目点。景気回復がはっきりしない段階で114円台は正直厳しいのではないかという懸念がある。しかし、昨晩再びユーロが買い戻され、ユーロがドルに…07月07日 19時28分
  • 7/7 ADP発表の影響
    昨晩のADP雇用統計が予想を下回ったことで、今晩の雇用統計の結果が不安視される可能性がある。雇用統計がもし悪ければ、FRBの姿勢も軟化せざるを得ないと市場が受け止めかねないことから、このところ上昇してきた市場金利も反転することも考えられる。…07月07日 08時53分
  • 7/6(夕方) 重要指標目白押し
    やや急激な米長期債利回りの上昇に対して、戻りをある程度警戒しなければならないと思っていたが、ドル円相場を見ると今のところはドル堅調で、原油、金などの商品相場もドル高を支持する動きとなっていることから、当面ドルはこの水準をキープすると思われる…07月06日 19時57分
  • 7/6 113円を値固めできるか?
    注目されたFOMCは米国市場では特に材料視されず、前日から大きな変化は見られなかった。しかし、議事録によるとインフレ率が上がらないことから、利上げペースに消極的となる意見もみられたことから、ドル買いの勢いがそがれる可能性も想定する必要がある…07月06日 08時59分
  • 7/5(夕方) 欧州市場?でのドル高
    このところ3日続けて、16時頃からドル円、ユーロドルともにドル買いが入っている。先週の、欧州におけるドラギ総裁、その他の金融当局者の発言からユーロ高となったことの反動が出ているようだが、結果としてドル高、米国債券安のきっかけを作る形になった…07月05日 20時08分
  • 【特集】歴代大統領任期中の7月のDow相場
    (注)表の数字は該当する年次の4月における騰落率で、単位は%です。07月05日 18時16分
  • 7/5 日経平均はドルに対して弱含み
    このところ、ユーロドルが動意付いてきている他、北朝鮮ミサイル発射問題が再び浮上しそうな気配で、方向感が掴みにくいがボラティリティーが上がりそうな雰囲気だ。その流れの中で捉えるべきかどうかは定かではないが、ドル表示の日経平均が弱含んでいる。夜…07月05日 08時38分
  • 7/4(夕方) 米国独立記念日
    午前中から北朝鮮の動きに円高ドル安の動きとなり、14時過ぎには特別重大発表が15時30分頃行われるとの報道から売りが加速した。 北朝鮮は、米国を中心とした主要各国との行事に合わせて、こうした挑発行為を行ってきており、一部には本日の米国独立記…07月04日 19時00分
  • 7/4 米国市場のムードが好転
    米国市場の動きがこれまでと明らかに違うものになっている。それは米国の長期債利回りが急激に上昇していることに集約される。これに準じて、ドル円がレンジを抜け出しつつあり、ダウが新高値を更新した。本日は、今晩のNY市場が休場であることから、おとな…07月04日 08時54分
  • 7/3(夕方) ユーロドルが弱含み
    ドル円は欧州市場に入ってドル高気味に推移しているが、ユーロドルはユーロが弱含んでおり、米国市場での債券利回りへの影響が気になる。 又、明日7月4日は米国独立記念日であることから今晩米国市場でポジション整理があるかも知れない。 07月03日 18時54分
  • 【特集】歴代大統領任期中の7月のドル円相場
    (注)表の数字は該当する年次の7月における騰落値幅で、単位は円。黒字は円安、赤字は円高を表す。07月03日 17時25分
  • ドル表示日経平均先物15分足(6/26〜6/30)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。07月03日 16時57分
  • 7/3 日銀短観
    本日は、間もなく発表される日銀短観の内容が注目される。その他、米国長期債利回り上昇から、ドルが買われるかどうかが気になる。07月03日 08時46分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第20編)
    07月02日 13時33分
  • 7/1 来週の相場展望
    今週は、材料不足の中、週央にECB総裁やECBフォーラムでの要人発言などが材料視されて、113円直前までドルが買われる場面もあった。しかしその後は伸び悩み、上髭を付けてきれいに元のレンジ圏の中に収まって終了した。 このレンジ圏も上限と下限が…07月01日 20時51分
  • 7/1 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,270 週間安値 19、855ドル円 週間高値 112.931 週間安値 111.188月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,290 月間安値 19,705ドル円 月間高値 112.931 月…07月01日 17時58分