225先物・FXデイトレ 本日の相場展望

登録ID
1881693
サイト名称
225先物・FXデイトレ 本日の相場展望
URL
http://traderecords.blog.fc2.com/
紹介文
225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。
カテゴリ
  • 日経225ミニ先物 (100%) - 11 / 124人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 5/23 為替追従の日経
    昨晩は、米国株式市場はサウジアラビアでの12兆円規模の武器売却契約合意で、上昇したが、225先物はあまり反応しなかった。ドル円に動きがなかったことによるのであろうが、東京市場で何か仕掛けがあるかどうか注目したいところだ。ドル円の水準は111…05月23日 08時51分
  • 5/22(夕方) ボラティリティーが上昇するか?
    このところ、米国は大統領選挙のロシア介入スキャンダルでもちきりだが、この不安要素は相場に潤いを与えている面もある。買いを持ち越している投資家にとっては都合が悪い状況だが、デイトレーダーにとっては、恵みの雨になるかもしれない。何しろ、4月の下…05月22日 19時27分
  • 5/22 方向感出しづらくもみ合いか?
    米国市場は、大統領のスキャンダルが取り沙汰されて、波乱含みだが週末は株式が大幅に戻すなど、相場に強気の見方とリスク回避の動機があり、どちらとも判断しづらい。 本日は、ドル円にしても日経平均にしても、方向感をつかみづらく、もみ合いの展開を想定…05月22日 08時27分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/15〜5/19)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月21日 19時44分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第14編)
    05月21日 15時43分
  • 5/21 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,995 週間安値 19、280ドル円 週間高値 113.843 週間安値 110.232月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,030 月間安値 19,280ドル円 月間高値 114.366 月…05月21日 11時02分
  • 5/20 来週の相場展望
    来週はトランプ大統領は就任後初の外遊に出ずっぱりになる。この外遊に関しては、サウジ、イスラエル、パレスチナ、バチカン、イタリア、ベルギーといったところが訪問先に予定されている。目的は主に、中東問題とNATO首脳会議、イタリアサミット、という…05月20日 21時52分
  • 日経平均と投資主体別売買動向
    05月20日 18時24分
  • 5/19(夕方) 利上げ期待の再評価
    今晩の、ドル円や米国株式を展望するにあたって、まず考えることは、剥落しかかった利上げ期待を如何に再評価するか?というところだ。 このスキャンダルの渦中にドル円は一時111円を割り込み110円20銭付近まで売り込まれたが、ここにきて1円ほど戻…05月19日 19時51分
  • 5/19 小反発
    NYダウは、予想を上回る経済指標で小反発した。しかし、まだ重石が落とされた状態で、今後の指標次第で更に下値をうかがう可能性を残している。本日の東京市場だが、ドル円に関しては中立、日経平均に関してはやや戻り優勢気味、と思われる。日経平均は、木…05月19日 08時52分
  • 5/18
    05月18日 18時16分
  • 5/18 想定内の値幅
    大統領のスキャンダルで、為替、米国株式ともに大きく売り込まれた。しかし、パニック症状を起こしているわけではなく、ポジションを調整する程度の売りの範囲内と思われる。もともと、今週はムンジェイン大統領就任を受け、北朝鮮のミサイル実験にはじまり弱…05月18日 08時46分
  • 5/17(夕方) 要人スキャンダルの影響は?
    トランプ大統領のスキャンダルが問題視されているが、今晩もどの程度今後の政権運営に影響を及ぼすかは、測りかねる。今晩は、経済指標も目ぼしいものが見当たらず、材料難であることには変わりがなく、再びスキャンダルが蒸し返される可能性はある。ドル円の…05月17日 20時10分
  • 5/17 ドル円、FOMC後の安値を意識
    昨晩は、米国株式とドル円で異なる動きとなった。弱い経済指標にもかかわらず、米国株式は比較的堅調であったが、ドル円は113円ライン上まで売られた。このあたりが、最近の米国市場の判りにくさを表している端的なパターンのようだ。思惑先行で始まったト…05月17日 08時48分
  • 5/16(夕方) 手掛かり難で膠着続く
    ドル円に関しては、目ぼしいイベントも見当たらず、既出の材料のみで判断するならば、113円台から114円半ばまでのレンジ内での動きが濃厚だ。 昨日から本日にかけて、材料に対して順張りが伸び切らずにレンジ内に戻される場面が続いている。いずれも下…05月16日 18時00分
  • 5/16 高値保合い継続か?
    ドル円は、週末の北のミサイル発射実験が、売りの材料とされるかと思ったが、ほぼ影響はなかった。又、昨晩のNY連銀の製造業景気指数が予想を下回ったことから一時大きくドルが売り込まれたが、結局買い戻されてほぼ影響なしの水準で落ち着いている。この指…05月16日 08時39分
  • 5/15(夕方) 北ミサイルを軽く消化
    売りを仕掛けるならば、絶好のタイミングあったはずの朝の寄りつきであったが、売りが出なかったことは非常に大きい。ドル円に関しては、今晩のNY市場を見なければ判断はできないが、東京市場での底堅い動きはドル売り圧力は限定的との判断を、ある程度は支…05月15日 19時28分
  • 5/15 弱材料重なり弱含み
    日曜日に北朝鮮がミサイル発射実験を実施し、少なからず市場心理に影響があるものと思われ、ドルが買われにくい状況だ。ドル円は目先、ドルの戻りが一服し、調整局面になりそうであることもあり、ドル弱めの展開となりそうである。 日経平均も、先週やや先行…05月15日 08時39分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/1〜5/12)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月14日 20時04分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第13編)
    05月14日 17時52分
  • 5/13 来週の相場展望
    ドル円に関しては、4月中旬から続いてきたドル買い局面が、材料出尽くしと米国経済の減速懸念から一服となりそうだ。チャート的にも、切り返しが入ると乗ってゆきやすい水準であることから、5月のFOMC後のドルのボトム確認という流れが懸念される。 政…05月13日 22時17分
  • 5/13 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,030 週間安値 19、710ドル円 週間高値 114.366 週間安値 112.395月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,030 月間安値 19,710ドル円 月間高値 114.366 月…05月13日 20時56分
  • 5/12 今晩の米経済指標は要注意
    今晩の経済指標は要注意になりそうだ。米国の経済実態の減速感が漠然とある中で、企業業績は好調であるというねじれた現象が起こっている懸念がある。その点について、先日のFOMCでイエレンが一時的なものと判断を示したが、現実の経済指標が悪ければ目先…05月12日 20時02分
  • 5/12 114円割れ
    NY市場は、材料難の中、企業決算の予想を下回る結果から、ドル、株式ともに一時大きく下げる場面もあった。ここのところの高値膠着から、売りのきっかけ待ちの勢力の存在を示唆する動きであった。今晩発表が予定される米国CPI、小売売上高など、米国の経…05月12日 08時52分
  • 5/11(夕方) 114円の攻防
    ドル円に関しては、朝と同じスタンスで、基本的に強気の背景に変更はないが、チャート面での上値余地が気になり買いは避けたい水準。 今晩に関しては、やや関心が薄くなりつつある労働関連指標と、FRB高官の発言がある。FRBの高官が現行のドルの水準に…05月11日 21時00分
  • 5/11 114円を回復
    先週までの政治イベントを通過し、北朝鮮やシリアの問題も沈静化して、ドル売り材料が影をひそめる中で、昨晩の米国10年国債の入札が低調であったことなど、ドルを買い戻す流れが目立ってきている。 米国株式に関してはダウは低調であるが、ナスダックやS…05月11日 08時59分
  • 5/10(夕方) 米国10年債入札
    今晩は、米国の10年債の入札がある。6月に向けてFRBが利上げを予定しているのであれば、米国市場は長期債購入には消極的になるはずだ。一方マーケット心理が、現在の経済実態がさほど良くないと判断すれば、安全資産選好の面が出ることになり、どのよう…05月10日 18時17分
  • 5/10 高値膠着
    昨晩、ドル円が114円30銭をつけたあと、急降下して現在113円80銭付近。雰囲気的にはドル高の流れも小休止になるのではないかと思われる。225先物に関しては、昨晩2万円の大台を一瞬越えた後、再び割り込んで東京に戻ってきていることから、現物…05月10日 08時57分
  • 5/9(夕方) じわりドル高
    ドル高材料がジワリとマーケットに浸透するように、気が付いてみるとドルが買われている。現在の状況では、この水準では目ぼしい売り手がいないということだろう。売り手がいなければ、ドル高背景が買い手を集める。又、ユーロの動きも円安ドル高を支援するこ…05月09日 18時09分
  • 5/9 113円回復、日経2万円が視野に
    ドル円が113円台になって帰ってきたことから、市場のムードは悪くない。ただ、ドル円に関しては高値に対する警戒がないわけではないので、利食いの売りが気になる。日経平均に関しては、この勢いで、相場が若い段階で一旦2万円を付けておきたいとの心理が…05月09日 08時40分
  • 5/8 113円目前で足踏み
    東京市場では113円には届かなかった。マクロン当選は市場にかなり織り込み済みであったということだが、欧州市場でも円売り圧力は見られない。 今晩は、FRB高官の発言が予定されているが、雇用統計の後ということもあり、どのような発言をするか少し気…05月08日 20時38分
  • 5/8 マクロン氏当確
    フランス大統領選挙でマクロン氏が当確の運びとなった。この結果はある程度予想されてきたことであるので、東京での反応は或いは限定的かも知れない。本日は連休明けであることから、手探りのスタートとなりそうだ。連休中にFOMCや雇用統計など大きなイベ…05月08日 08時48分
  • 5/7 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19、515 週間安値 19、180ドル円 週間高値 113.040 週間安値 111.213月間高安(第2週から)225先物 月間高値 19.515 月間安値 18,195ドル円 月間高値 113.040 月…05月07日 21時21分
  • 5/7 来週の相場展望
    今週はFOMCあり雇用統計ありで、更に本日(7日)はフランスの大統領選挙が行われ、明日の午前中には大勢が決まるといわれており、9日(火)は韓国の大統領選挙が行われるという、かなり盛りだくさんの内容を考慮しなければならなくなりそうだ。 FOM…05月07日 20時32分
  • 騰落率推移からDow相場を展望
    05月06日 22時06分
  • Dowの騰落率推移(第2編)
    05月06日 13時01分
  • 長期の騰落率からドル円相場の展望
    騰落率の変化は相場の長期の趨勢を表している。分かりやすいのは6か月の騰落率の週足グラフで、グラフの中央付近から赤線で示しているラインが切り上がっており、これはドルが下落から下げ止まり、そして反転を始めている様を示している。そして、騰落率のプ…05月05日 23時59分
  • ドル円の騰落率推移(第2編)
    赤い矢印で示される赤い短線の終点は5月5日の現在値と3月1日の始値で計算された騰落率で、−0.424%である。グラフは週足であるが、週足だと変化が見えにくいので、5月の月末時点の為替水準が5月5日現在値に近い場合の3か月騰落率を先取りして計…05月05日 21時20分
  • 【特集】歴代大統領任期中の5月のドル円相場
    注)表の数字は該当する年次の5月における騰落値幅で、単位は円です。05月04日 22時29分
  • 【特集】歴代大統領任期中の5月のDow相場
    (注)表の数字は該当する年次の4月における騰落率で、単位は%です。05月04日 13時39分
  • 5/2(夜) 112円を上抜け
    当面のレンジの上限と目されていた112円を上抜けして米国市場の取引が始まるわけだが、これに対して何か反応があるかに注目している。特に本日はFOMC初日だが、その際にイエレン氏が何かコメントを出すかもしれない。05月02日 22時16分
  • 5/2 FOMCを控え一進一退
    ドル円は今晩からのFOMCを控え、タカ派発言を意識してか、ややドル高気味に推移している。しかし、先週末からの経済指標は予想を下回り、あまり芳しくない。ムニューシンの超長期債の起債検討など債券市場を意識する発言もあり、直近ドル円は一方に偏った…05月02日 08時51分
  • 5/1(夕方) 112円を意識
    ドル円はドル買戻しの流れが優勢となり、112円目前まで買われた。このあたりは、FRB高官が発言を繰り返してきたゾーンであることから、買い上がるのにもFOMCを待ってから、という判断が働きやすいのではないかと思うが考えすぎだろうか?先週の米国…05月01日 18時36分
  • 5/1 連休の谷間、FOMC待ち
    本日は、連休の谷間であることと、火曜日からのFOMCを意識し、どちらにも動きにくい。レンジ圏を見切った上での取引が望まれるが、リスクに見合う利益になるかも疑わしい程低調な立会になりそうだ。05月01日 08時56分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/24〜4/28)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月30日 20時52分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第12編)
    3月末の配当落ちから、現在に至るまでの出来事のおさらい3月15日のFOMCで2回目の利上げをしたがイエレンの声明でタカ派色後退させたことをきっかけに、ドル売りがはじまり、115円近辺から113円近辺まで2円ほどドルが売られた。その後ジリジリ…04月30日 18時48分
  • 4/29 来週の相場展望
    来週は、5月2日(火)、3日(水)にFOMC、5日(金)に雇用統計、7日(日)に仏第2回大統領選挙など大きなイベントが予定されている。昨年12月のFRBの利上げから一貫しての円高ドル安の流れがここにきて反発の兆しもみられるが、反発の流れが継…04月29日 22時01分
  • 4/29 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,325 週間安値 18,840ドル円 週間高値 111.776 週間安値 109.59月間高安(第2週から)225先物 月間高値 19.325 月間安値 18,195ドル円 月間高値 111.776 月間…04月29日 16時32分
  • 4/28(夕方) 米国GDP
    今朝は企業業績と経済実態の温度差について触れたが、そのあたりを確かめるのに、今晩の米国GDPの結果とそれに対する市場の反応は、かなり参考になるのではないかと個人的には注目している。 正直、このところの北朝鮮問題に絡む様子見とフライング気味の…04月28日 18時26分
  • 4/28 週末、月末、黄金週間入り
    本日は、週末と月末が重なるうえに、ゴールデンウィーク直前であることから、日経平均に関して言えば、手じまい売りに対する警戒が必要だろう。その他の要因については、NY市場もボラティリティーが低下しており、当面の問題も沈静化の方向にあることから、…04月28日 08時33分
  • 4/27(木) 実体経済を見極める
    昨日トランプノミクスの目玉である大型減税の骨子が発表されたが、前日までに大きく買い上がられたせいもあり、NYダウは高値を更新することが出来ず、ドル円も112円を上抜けすることが出来なかった。 しかし、米国企業に関しては好調な決算が想定されて…04月27日 18時55分
  • 4/27 112円手前で失速
    昨晩はトランプ政権の経済政策の目玉である大型減税の骨子が発表されたが、112円を越えることが出来ずに終わっている。現状では、債券市場の金利の後押しがない以上は、ドルの上昇力も一定の範囲に限定されるとみられてもしかたがない。ドル円に関しては、…04月27日 08時59分
  • 4/26(夕方) トランプ税制発表へ
    今晩の目玉は,トランプ大統領による税制改革案の発表だ。既に、これを織り込んでのドルや米国株の買戻しとなっているが、この流れがどこまで続くのかはふたを開けてみないことには分からないところがある。北朝鮮問題も進行中のこの時期に、リスクを如何に取…04月26日 18時48分
  • 4/26 目先戻り優勢だが先走りに注意
    かなり予想外の大幅な戻りに対して、個人的に大いに当惑をしているが、大勢は戻り優勢とみるべきだろう。ただし、日経平均に関しては、戻り過程においてはかなり先行して上値を付ける傾向があり、ドル表示の日経平均も決して安くはないことから、上値を射の魅…04月26日 09時01分
  • 4/25(夕方) 政治的要因後退で円安
    核実験の実行日として本命視されていた本日に、核実験が行われなかったことで、北朝鮮リスクもかなり後退したとみる向きが多かったようだ。この実験を実行するしないの駆け引きに関しては、外野で云々しても得るものは少ない。ただ、5月の韓国大統領選挙後に…04月25日 18時51分
  • 4/25 慎重に様子見
    本日はドル円、日経平均ともに前日大幅に上昇したこともあり、買い上がりよりも、寧ろリスクを意識する日だと推認される。これまで、18,200付近から戻りのトレンドにあり、一気に売りに転じるのも不自然であることから、基本的に保合いで慎重に様子をう…04月25日 08時44分
  • 4/24(夕方) 北の核実験
    明日は、北朝鮮軍創設85周年にあたるひであることから、核実験をこれに合わせて行うのではないかという憶測があり、これに向けた動きも衛星で確認されているとか、されてないとか、色々と気を揉む時間帯に差し掛かりつつあるようだ。 ドル円に関してはこの…04月24日 18時48分
  • 4/24 マクロン優勢に反応
    仏第1回大統領選挙でマクロン氏がルペン氏にを上回る得票数になる見通しであることから、ユーロが買い戻され円安となっている。04月24日 09時05分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/17〜4/21)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月23日 21時03分
  • 4/23 来週の相場展望
    来週の相場展望に関しては、何かと不透明要因が多く、見通しずらい。 先ず、現在行われている仏第1回大統領選挙でどのような結果が出るかにより、為替市場が大きく変動する可能性があるという点があげられる。フランスの大統領選挙はいずれかの候補者が過半…04月23日 17時02分
  • 4/22 来週の展望(資料)
    グラフの説明黄色の点線は1985年2月からの月足のろうそく足の線形近似線。1985年2月からというのには深い理由はなく、ヤフーファイナンスでそれ以前のデータを取れなかったという理由。リーマンショックがあまりにも劇的な暴落であったのでそれまで…04月22日 20時53分
  • 4/22 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 18,650 週間安値 18,195ドル円 週間高値 109.482 週間安値 108.132月間高安(第2週から)225先物 月間高値 18,850 月間安値 18,195ドル円 月間高値 111.569 月…04月22日 15時02分
  • 4/21(夕方) G20、仏第1回大統領選挙
    今晩はG20蔵相中央銀行会議が開かれ、そして23日(日)には仏第1回大統領選挙が行われる。G20では要人発言が気になるところだが、ドル円にかかわる発言は既に前日出ていることから、本日は何も目新しい発言は出ないものと思われる。今晩は、仏大統領…04月21日 19時47分
  • 4/21 米国減税期待で東京時間に上離れ警戒
    ムニューシン米財務長官が早期に減税案を公表すると発言したことにより、市場心理がやや好転した。これまで、政治的要因により動かされてきた相場だが、ここにきてシリア、北朝鮮問題やフランス大統領選挙などの懸念が後退したことに加え、ポジティブな要因が…04月21日 08時55分
  • 4/20(夕方) 麻生財務相、米財務長官と会談へ
    本日は、米国でドルが買われたことを好感してドル円は終日5日線より上の水準で推移した。又、北朝鮮情勢についても、空母カールビンソンの所在に関して事実と食い違う発言が発覚し、何やら怪しいムードをたたえ始めている。そのような経緯から、やや円高圧力…04月20日 18時45分
  • 4/20 ドル円は5日線を挟んだ動きか
    米国市場でドル円が5日線を維持して帰ってきた。ムニューシン米財務長官の「長期的にはドルが強いことが好ましい」という発言が、トランプのドル高牽制発言が米中会談の中国向けのポーズの面が強かった、との判断を後押ししている。 本日の東京市場で、ドル…04月20日 08時41分
  • 4/19(夕方) 欧米市場でドルの流れが変わるか
    本日のドル円は、昨日安値(108.30)近くから、レンジ内側へと無難に動いた格好だ。17:20現在ドル円は5日線と至近に位置し、この水準を上抜けするかが目下のところのポイントとなっている。この水準を超えると、相場の流れが下降から、戻りの方向…04月19日 17時26分
  • 4/19 政治的不透明感から安全資産選好
    北朝鮮、シリア、などの軍事的緊張に加え、かねてから予定されている仏大統領選挙、英国の総選挙に向けた動きなど、政治的不透明を嫌った資金が安全資産への選好を強めている。今後の展開次第では、トランプラリーでのマージンを全て元に戻してしまうことにな…04月19日 08時35分
  • 4/18(夕方) ドル円5日線を上抜けず
    ドル円は5日線で頭を抑えられ、未だ相場の反転というムードには至っていない。事態が大きく進展するようなことがなければ、良くて5日線付近でのベアリッシュな持ち合い、といったところを想定。04月18日 19時06分
  • 4/18 米財務長官の発言
    米国市場は、米財務長官の「長期的には強いドルが好ましい」とした発言や、中国が北朝鮮問題に対して具体的な動きを見せたことなどが好感された。 本日はペンス副大統領が来日し、表向きは経済問題などの話し合いがもたれるとのことだが、当然北朝鮮問題が中…04月18日 08時54分
  • 4/17(夕方) 中国経済指標サプライズ
    中国の経済指標が予想を上回る好結果となったことから、後場の寄付き後買戻しの動きとなった。様々な指標を重ね合わせると、未だ本格反発とはいかないが、明日、明後日の米副大統領との会談がいかなる内容となるかで、やや風向きが変わるかもしれない。今晩は…04月17日 18時13分
  • 4/17 弱含み継続か?
    市場を取り巻く環境にこれといった変化は見られず、弱含みの展開が継続する可能性が高い。一方、米国のペンス副大統領が訪韓中であり、明日明後日と来日する予定となっていることから、そのあたりを材料視する可能性もあり、そのあたりが見所というところか?…04月17日 08時51分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/10〜4/14)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月16日 23時29分
  • ドル円の騰落率推移
    04月16日 17時52分
  • 4/15 来週の相場展望
    来週の相場は、北朝鮮問題に焦点が絞られる。問題がほんの数日のオペレーションで終結すれば大した問題にはならないだろうが、ことは北朝鮮対アメリカという構図だけではなく、中国、ロシア、韓国を巻き込んだ国際紛争に発展しかねない情勢だ。そのような中で…04月15日 17時49分
  • 4/15 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 18,850 週間安値 18,210ドル円 週間高値 111.569 週間安値 108.536月間高安(第2週から)225先物 月間高値 18,850 月間安値 18,210ドル円 月間高値 111.569 月…04月15日 14時43分
  • 4/14(夕方) ドル円109円を維持できず
    東京市場で109円を維持できず再び108円台に落ちた。15日(土)に、核実験を行う可能性があるとの憶測もあり、株式もさえない展開に終始した。来週23日(日)には第1回仏大統領選挙が予定されており、これらの行方と合わせて、政治的要因により円が…04月14日 19時40分
  • 4/14 グッドフライデー
    昨日は米国株式はやや大きめの調整となったが、ドルはそれに比べて下げ渋った。逃避資金の行き先が米国債券に向かったことによるものと思われるが、その流れを東京市場で如何に織り込むか注目される。110円を突破した後、続けて109円を割り込んだが、米…04月14日 08時55分
  • 4/13(夕方) 想定為替レート
    先日発表された日銀短観で、日本の企業の年度計画の中で想定している為替レートは、全産業ベースで大企業が108.63、中堅企業が109.61、中小企業が111.52となっている。翻って実勢レートは現在ちょうど109円となっており、大企業のみがぎ…04月13日 19時38分
  • 4/13 ドル円109円突破で軟調な展開
    ドル安が止まらない。トランプ大統領の「ドルは強すぎる」という発言からドルが売られているようだ。こうなると、ドル円は大きく下振れする可能性があり、警戒が必要だ。同様に日経平均も、軟調な展開だろう。04月13日 08時59分
  • 4/12(夕方) ドル円109円付近で止まるか?
    ドル円は昨晩の米国市場で、110円を割り込んで東京市場に帰ってきたが、戻りは鈍く109円付近で下げ止まるか試すことになる。ドル円は昨年12月のFRBの利上げから円高傾向が続いており、直近でも北朝鮮問題や英国のEU離脱、仏大統領選挙など、円高…04月12日 18時37分
  • 4/12 対米核攻撃言及でドル安
    北朝鮮による対米核攻撃の可能性を懸念してドルが売り込まれた。現実的には米国本土は安全圏のはずなのだが、ドル売りのきっかけとなってしまったようだ。これで、当面のドルの方向がドル安方向に向かってしまう可能性が高まり、日経平均についても警戒が必要…04月12日 08時56分
  • 4/11(yuugata)
    04月11日 19時46分
  • 4/11 材料なくレンジ内での小動き
    NY市場は、シリア攻撃や米中会談に対する反応も少なく、ほぼ材料視されなかったようだ。東京市場では、北朝鮮情勢が緊張していることからリスクオフが継続し模様眺めでの小動きとなりそうだ。04月11日 09時12分
  • 4/10(夕方) 米国市場でのドルの動きに着目
    東京市場のドル円は前日高値付近で保合ったが、米国市場でどうなるかが注目点。112円を上抜けするか、まだレンジ圏内での持ち合いになるか、動向が気になるところだ。このところの相場は政治色が強くなり、ワシントンやNYの要人の発言が相場を左右するこ…04月10日 18時42分
  • 4/10 雇用統計、米中会談、シリア情勢
    本日の寄付きから、先週末に起きた出来事を全て織り込むことで、読み込みが難しい展開となりそうだ。買戻し動機は薄く、あまり芳しくない雇用統計などからドルの上値も限定的となるだろう。基本的にリスクオフ継続背景から戻り売り警戒のスタンス。04月10日 08時59分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/3〜4/7)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月09日 22時01分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第11編)
    04月09日 21時20分
  • 4/8 来週の相場展望
    注目された米中会談は、各懸案毎の成果が見えにくい形で終了となった。通商問題では、中国が譲歩する形になったが、北朝鮮や南シナ海問題に関しては米中の関係にこれといった進展は見られなかったようだ。となると、中国が動かなければ米国単独で・・・のくだ…04月08日 22時55分
  • 4/8 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,070 週間安値 18,505ドル円 週間高値 111.584 週間安値 110.259月間高安(第2週から)225先物 月間高値 19,540 月間安値 18,505ドル円 月間高値 115.506 月…04月08日 15時19分
  • 4/7(夕方) シリア爆撃で米中会談かすむ
    米国によるシリア爆撃で、米中会談がかすんでしまった。シリア爆撃前にロシアに事前通告したが、ロシアは米国を非難している。中国としては、ロシアとの手前上米国を同時に非難しなければならないが、私邸での歓迎を受け友好ムードを演出した矢先に目の前の米…04月07日 20時34分
  • 4/7 ザラ場は警戒
    米中会談の速報が遅れている。懸案事項の話し合いが難航することも予想されることから、記者発表が明日にまでずれ込むことも考えられる。東京市場のリスクオフの姿勢は発表まで変わらないと思われ、思惑先行の動きは少なく基本様子見想定。04月07日 08時44分
  • 4/6(夕方) リスクオフ
    日経平均が売り込まれ、ドル表示で168ドル台まで下がった。権利落ち後、一時173ドル台までつけた後、暫く170ドル台で推移していたが、ここにきて一気にプレミアムが剥離した格好だ。 今晩から明日にかけてのいずれかの時間帯で、米中会談が行われる…04月06日 19時26分
  • 4/6 レンジ圏維持へ
    昨晩はADP雇用統計からFOMC議事録まで乱高下の様相であったが、結果として特に悪材料がるわけでもなく、過剰な売りに対する警戒が必要ではあるだろう。ただ、北朝鮮の問題が、米中会談を控えて大きく意識されると、円高の流れが出るかもしれない。基本…04月06日 08時46分
  • 【特集】歴代大統領任期中の4月のドル円相場
    (注)表の数字は該当する年次の4月における騰落値幅で、単位は円です。04月05日 19時14分
  • 4/5(夕方) 111円を目指す動き
    当面、110.50を割り込んで再び110円を試す動きはなさそうだ。18:25分現在111円を目指す動きにあり、110円から112円のレンジ圏の中心値付近にさや寄せする形だ。本日はADP雇用統計の発表があり、特に大きく予想を下回ることがなけれ…04月05日 18時37分
  • 4/5 レンジ圏を切り下げての様子見
    昨晩も110円に絡む動きとなったが、今回も110円を割り込まずに切り返してきた。このラインはFRBも意識しているリミットラインとして機能しているようだが、今後の市場心理によっては切り崩される可能性もある。マーケットの関心事はトランプ政権の政…04月05日 08時40分
  • 4/4(夕方) 3月27日以来のETF買い入れ
    本日久しぶりに日銀のETF買い入れがあった。一応このあたりでは、買いが入ることがわかっただけが収穫。今晩は日本時間21:30発表予定の、米国貿易収支が注目される。最近、FRB高官の発言に左右されてきた相場であるが、その流れからも為替や債券市…04月04日 19時15分
  • 4/4 極度の膠着
    米国市場ではトランプの政策遂行への懸念がドルの足を引っ張っている模様。売りも買いも両方引っ込む状況での、膠着相場で、この流れは当分続きそうだ。米中会談で何らかの得点を挙げ、支持率をアップさせることが、今後の政治運営にとって不可欠な状況となっ…04月04日 09時06分
  • 【特集】歴代大統領任期中の4月のDow相場
    (注)表の数字は該当する年次の3月における騰落率で、単位は%です。04月03日 22時04分