225先物・FXデイトレ 本日の相場展望

登録ID
1881693
サイト名称
225先物・FXデイトレ 本日の相場展望
URL
http://traderecords.blog.fc2.com/
紹介文
225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。
カテゴリ
  • 日経225ミニ先物 (100%) - 8 / 120人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 6/26(夕方) 指標次第で112円も・・・
    ドル円のチャートが、111円台を固めてきており、今晩の指標次第で112円を超えてくる可能性も出てきた。その他、米国2年債の入札も控えているが、長期債金利への影響も気がかりになる。 このタイミングで112円を越えることは考えていなかったが、相…06月26日 20時21分
  • 6/26 小動き
    ドル円、日経平均ともに、特に相場を動かす要因も見当たらず、前週からの地合いを受け継ぎ小動き想定。06月26日 08時49分
  • ドル表示日経平均先物15分足(6/19〜6/23)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。06月25日 21時34分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第19編)
    06月25日 17時06分
  • 6/24 来週の相場展望
    ドル円に関しては、今週は月曜日こそ動きがあったが、火曜日以降は始値と終値の差が10銭に満たない小幅なレンジのもみ合いとなった。 日付 始値 高値 安値 終値2017/6/23 111.272 111.43 111.156 111.29120…06月24日 22時32分
  • 6/24 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,230 週間安値 19、905ドル円 週間高値 111.778 週間安値 110.782月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,230 月間安値 19,705ドル円 月間高値 111.778 月…06月24日 13時46分
  • 6/23(夕方) 手掛かり難で小動きか?
    この数日間のドル円は、始値と終値の差が10銭に満たない極端な小動きが続いており、本日もこのままで行くと同様な結果となりそうだ。 材料的には、新築住宅販売件数の発表の他、数名のFRB高官の講演が予定されている。昨日の今日ということもあり、住宅…06月23日 20時11分
  • 6/23 米国は低調な動き
    米国市場は、株式、債券、為替、全て低調な取引であった。オバマケア代替法案の草案が公表されたが、株式の一部銘柄に買いが入る他は税制改革への連想も取り上げられずに、非常に冷めていた。又、パウエルFRB理事の議会証言のなかで、年内利上げに言及する…06月23日 08時55分
  • 6/22(夕方) オバマケア代替草案公表へ
    オバマケア代替案の草案が今晩公表されるはこびだ。この法案は、税制改革に向けて欠くべからざるものとして考えられているため、重要な話題となりうる。メディアを通した伝えられ方にもよるだろうが、上院通過の見通しが立つこととなればドル買いの材料にされ…06月22日 19時04分
  • 6/22 ドル円は神経質な展開
    昨晩の中古住宅販売件数は予想を上回り、住宅需要が増加を続けていることが示された。一方、原油価格が下落し、インフレ軟化に対する警戒感からドルが売られる場面もあった。結局、米国株式に買いか入ることによりややドルも買い戻されたということらしい。 …06月22日 08時46分
  • 6/21(夕方) ダドリー発言の上昇分は剥落
    111円が目前に迫り、ダドリーNY連銀総裁の発言を受けて上昇した分が帳消しとなった。本格的にドル高局面を迎えるには、具体的な景気回復を示す経済データか、景気拡大を確実視できる経済対策実現に向けた動きが求められる。 来週にオバマケア代替法案の…06月21日 19時18分
  • 6/21 111円台を守れるか
    昨晩の経常収支は予想を上回る好結果となったが、特に材料視されることはなかった。やや、ダウが下げ渋ったようにも見えるが、ナスダックの方が先行して買われている分の反動が出たものと判断できる。経常収支は、景気減速で個人消費が低迷している中で、輸入…06月21日 08時53分
  • 6/20(夕方) 米国経常収支
    今晩は、1-3月期の米国経常収支の発表がある。今回の、景気減速懸念の主役は米国の製造業の不振に負うものと理解している。色々な見方があるだろうが、古くは2015年8月につけた125円30銭付近からの下落トレンドと考えると、米国製造業のドル高に…06月20日 18時13分
  • 6/20 NY連銀高官発言で112円をうかがう
    昨晩は、このところなりをひそめていたFRB高官の発言が取り上げられ、米国株式、ドルが買われ、債券が売られた。賃金上昇が、インフレ圧力となる可能性に言及し、ほぼイエレンの先日の会見の内容と一致することから、FRB内での見方にブレがないことが確…06月20日 08時45分
  • 6/19(夕方) 材料乏しく模様眺め
    今晩は、米国の経済指標は何も発表の予定はない。流石に、今日はお休みになるだろう。 06月19日 20時06分
  • 6/19 方向感なくもみ合い
    決め手となる材料を欠き、方向感をつかみにくい。大きくは、ドル高や米国経済の構造的問題に起因する成長鈍化傾向からの景気後退局面から切り返して行く踊り場的位置づけとみると、非常にゆっくりとしたドル安からドル高への切り替えということになるのではな…06月19日 08時52分
  • ドル表示日経平均先物15分足(6/12〜6/16)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。06月18日 20時12分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第18編)
    06月18日 18時21分
  • 6/17 来週の相場展望
    来週は、大きな政治イベントの予定はなく、経済指標も目ぼしい発表の予定もないことから、材料不足から方向感のない展開が予想される。 FOMCにおける利上げ決定と年内のバランスシート縮小実施に言及したことで、多少市場金利に対する影響が見込まれ、ド…06月17日 23時24分
  • 6/17 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,980 週間安値 19、705ドル円 週間高値 111.41 週間安値 108.788月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,200 月間安値 19,705ドル円 月間高値 111.41 月間安…06月17日 14時24分
  • 6/16(夕方) 日替わりメニュー
    本日は東京市場で111円を朝の段階で超えてきてそのまま、111円をキープして終了。相場観が対立しやすい局面ではあるが、基本的にはトレンドレスでその日その日の材料で上下すると考えた方がよさそうだ。特にドル買いの方向は、イエレン会見とその直後の…06月16日 18時54分
  • 6/16 111円を意識
    昨晩の地区連銀の景気指数が良好な結果であったことなどからドルが大幅に買い戻された。一昨日の晩のイエレンの会見を裏付ける形になったことも少なからず影響しているだろう。しかし、内容を見ると、為替市場のみの過大な反応に過ぎないとの見方も出来、債券…06月16日 08時55分
  • 6/15(夕方) 出口の見えないドル安調整
    FOMCの利上げイベントでもドルの切り返しのきっかけにならず、今後は経済指標の発表をこなしつつ、相場を占ってゆくことになりそうだ。今晩は、その経済指標の発表は多数予定されている。しかし、これらの内容を予想することは不可能に近いので、せいぜい…06月15日 20時13分
  • 6/15 ドル安トレンド継続か?
    FOMCは予想通り利上げを実施した。その後のイエレンの会見も前回のFOMCと内容にあまり変化が見られず、年内のバランスシート縮小にも言及がなされた。 これで金融当局のスタンスが確認され、中期的に強気が維持されていることに市場はある程度の安心…06月15日 09時06分
  • 6/14(夕方) 今晩FOMC
    今晩はFOMC2日目で政策金利が発表される運びだが、ほぼ利上げは確定的とみられる。焦点は、年内もう一度利上げがあるかどうか、そしてバランスシートを縮小させるオペレーションは実施されるのかどうか、というところに絞られている。 その内容に関して…06月14日 17時51分
  • 6/14 イエレン会見をどこまで織り込むか?
    FOMCを前に利上げは大方織り込み済みとの意見が大勢だが、焦点はイエレンの会見内容にある。本日の相場はこの内容をどこまで織り込むかに本日の相場はかかっている。或いは、全く無関係かもわからないし、これは相場次第というところだろう。 基本的には…06月14日 09時01分
  • 6/13(夕方) 110円付近の保合い
    本日の東京もザラ場は40銭余りの値幅でほとんど動かず。値幅は海、ここ数日は海外市場のほうがやや上回っている模様。値動きは110円又は5日線を中心とした上下の保合いの気配。材料に関しては、FOMC後のイエレンの会見に勝るものは今のところなさそ…06月13日 19時30分
  • 6/13 ドル円は悪材料が重なり下落
    ドル円は、米国債券の入札が好調であったことから一時利回りが低下したこと、今晩議会でセッションズ米司法長官が大統領のロシア介入疑惑に関し証言をする予定であることから、疑惑の蒸し返しとなったこと、などから売りが先行した。 14日のFOMCを前に…06月13日 08時49分
  • 6/12(夕方) ドル円は膠着
    本日のドル円の日中の値動きは値幅が30銭足らずで、静かな1日であった。サポートラインをなぞるような動きであることから、ここが重くなると下に振られることもあるかも知れないが、本筋はドル高の方向と思っているので、そのあたりでチャンスを探したい。06月12日 17時10分
  • 6/12 110円ラインを意識
    先週からややドル買いの流れが出てきているが、それでもまだ明確なトレンドというところまでに至らず、110円ラインを意識して保合う展開を想定。 日経平均は、週末やや頭を抑えられた印象から、本日も上方向には慎重な判断が優先される。06月12日 08時30分
  • ドル表示日経平均先物15分足(6/5〜6/9)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。06月11日 20時07分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第17編)
    06月11日 17時17分
  • 6/10 来週の相場展望
    来週の相場は、焦点は14日のFRBによる利上げであるが、この点については既に市場はかなりの部分織り込んでいると思われる。それでも、債券市場に肩入れしていた投資家が多少ポジションを調整する程度のことはあるだろうが、それほど大きな売りはないもの…06月10日 19時08分
  • 6/10 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,200 週間安値 19、820ドル円 週間高値 110.813 週間安値 109.116月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,200 月間安値 19,820ドル円 月間高値 110.813 月…06月10日 14時12分
  • 6/9(夕方) 110円上抜け
    ドル円は、5日線を上抜けて、明確に110円を超えて昨日高値付近でもみ合っている。ドルの下げ止まりの第一ステップをクリアした感じではあるが、さらにドルを買い上がる動きが出るかどうかは不透明だ。 ロシア疑惑に絡み、コニー元FBI長官の公聴会は終…06月09日 19時17分
  • 6/9 英総選挙、FOMC、週末
    イギリスの総選挙の出口調査で保守党の議席数が減少する公算と報じられているが、連立などの道が残されていることから直ちにドル円にまで大きく影響するかは疑問。 コミー元FBI長官の議会証言も何ら新しい材料を提供しなかったことから、債券利回りが上昇…06月09日 08時52分
  • 6/8(夕方) 目先ドルは下げ止まるか?
    ロシア介入疑惑、と景気減速感からの金利低下、などを材料としてドル安の流れが続いてきたが、ここにきて、ユーロの景気回復歩調が顕在化して、先程発表されたGDPも予想を上回った。ユーロの景気回復と緩和姿勢の継続の組み合わせが確認されれば、昨晩の反…06月08日 19時23分
  • 6/8 焦らず安値に買い目線
    昨晩に、今晩予定のコミー元FBI長官の議会証言の内容が公表され、特に追加的なサプライズがなかったことが確認され債券売りのドル買いとなった。更に、今晩のECBの政策金利の発表に先立ち、中期的な視点からの緩和的スタンスへの見通しに傾き、ユーロ安…06月08日 08時46分
  • 6/7(夕方) 今晩はお休み
    今晩は、目ぼしい経済指標も要人発言の予定もないことから、何も書くことが見当たらない。ただ1点、動きが遅くなって、値ごろ感から不用意な買いを建てない、ということだけ心がけたいと思う。 一応監視はするが、眺めるだけとなりそうだ。06月07日 18時35分
  • 6/7 イベント前で弱含み
    8日に英国総選挙、ECB政策金利発表、コミー元FBI長官の議会証言などのイベントを控え、ドル円、日経平均ともに、買いは手控えられることが予想される。特に日経平均に関しては、外国人投資家中心にポジション調整の動機が残っているので、弱含みとなら…06月07日 08時42分
  • 6/6(夕方) 東京市場でブレイク
    東京市場は、日経平均、ドル円ともに大幅安となった。 特に材料があったわけでもなく、仕掛け的な売りであったものと推測されるが、昨晩の米国市場が比較的穏やかな動きであっただけに、やや警戒心が緩んでいた。 今晩は、今晩中の戻利も考えられなくもない…06月06日 19時56分
  • 6/6 材料不足で様子見
    昨晩の米国市場での取引から、債券市場にも高値感が台頭し、かと言って大きな買い手も存在せず、景気減速感とほぼ確実視される6月の利上げとの間で身動きを取りにくい状況が伝わる。 東京市場もこうした地合いを引き継いだ展開が予想される。強いて言うなら…06月06日 08時54分
  • 6/5(夕方) 下がる天井、迫る安値
    本日は、日経平均に引き続き買いが入って値持ちの良さが印象的であった。ドル円市場は、特に売りが仕掛けられることもなく、ロシア疑惑後の安値110円20銭付近を意識しつつ、5日線を上限として意識した値動きであった。このまま行くと、上限と下限の間が…06月05日 19時47分
  • 6/5 110円20銭を意識
    本日はドル円が110円20銭にかなり接近したところから始まるので、これを意識した展開となるだろう。この水準をあっさり割り込むようだと、スピードの早い調整が懸念される。ドル円の東京市場は、株式市場との連動があり、特に寄り付き直後は株式の動きに…06月05日 08時42分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/29〜6/2)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。06月04日 17時47分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第16編)
    06月04日 14時30分
  • 6/3 来週の相場展望
    来週は、雇用統計発表の影響を引きづる形の相場展開ということになりそうだ。一時は、ADP雇用統計の好結果から、主要線を上抜け112円をうかがう勢いであったが、雇用統計はADP程の内容でなかったことから、期待が一気に剥がれた形となった。注目して…06月03日 23時27分
  • 6/3 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,245 週間安値 19、565ドル円 週間高値 111.705 週間安値 110.326月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,245 月間安値 19,280ドル円 月間高値 114.366 月…06月03日 14時39分
  • 6/2(夕方) 祝、日経平均2万円台回復
    日経平均は、ドル円が伸び悩む中で大幅高となった。かなり長い間2万円手前で足踏みしていたことを考えると、一気にため込んだエネルギーを放出したという表現があるかも知れないが、それでも想定外の上げ幅であった。 これまで、低ボラティリティーでほぼ放…06月02日 18時36分
  • 6/2 雇用統計への思惑先行
    昨晩のADP雇用統計の結果が予想を大幅に上回る結果となったことから、ドル円、米国株ともに買いが先行した。金、債券が売られたということになっているが、実際にはそれ程の値幅は動いていない。その面から言えば、ややはしゃぎすぎの面がある。換言すれば…06月02日 08時52分
  • 6/1(夕方) 期待先行で保合いへ
    今晩、明日と続く労働指標の内容が大きく予想を下回ることがなければ、これまで通りの予想確率でFOMCに臨むことになる公算が高くなる。そうなると、これまでのドル安の流れを続けることは難しいことになりそうで、その期待が先行した東京市場のザラ場であ…06月01日 19時01分
  • 6/1 低ボラ、ドル安、の流れ変わらず
    昨晩も、これまでのゆっくりとしたドル下落の流れに変化はなかった。昨晩のベージュブックの内容では、6月利上げの可能性に影響はなく、フェドウォッチは87%となっている。 この2週間のドル円は、先行して買い進まれたドルの水準調整の動きであるとすれ…06月01日 08時46分
  • 5/31(夕方) 経済イベントへ助走
    ドル円は、非常にゆっくりとしたペースで底値を切り下げてきているが、それでもロシア介入疑惑後の安値は更新していない。気が付けば、今週に入って続報が出ていないことから、ドル安がゆっくりとしか進行しないのかも知れない。新たな疑惑関連の材料が出れば…05月31日 19時05分
  • 5/31 特に目ぼしい新材料はなし
    本日は、連休明けの海外市場の後を受け、新材料の出現が期待されたが、これといったものは見当たらない。個人的に注目した111円ラインも、大きく売り込まれることはなかったが、特に意識されているという程の反応ではなかったように思う。本日も、時間経過…05月31日 08時53分
  • 【特集】歴代大統領任期中の6月のドル円相場
    注)表の数字は該当する年次の6月における騰落値幅で、単位は円。黒字は円安、赤字は円高を表す。05月30日 21時06分
  • 5/30(夕方) 111円の攻防
    ドル円に関しては、FOMC議事録要旨発表後に5日線を割り込み、その後5日線に接近すると売りが出る展開が続いていることから、当面は弱含みの動きとみられる。 しかし、5月の初頭にムニューシン財務長官がドル高に関する意思表示らしきものを示した水準…05月30日 17時16分
  • 5/30 材料乏しく小動きか
    NY市場がお休みであったことから、材料に乏しく、朝方発表の日本の失業率、有効求人倍率、全世帯家計調査も、特にサプライズはなく、日中はドル円、日経平均ともに昨日に準ずる取引が想定される。05月30日 08時44分
  • 【特集】歴代大統領任期中の6月のDow相場
    (注)表の数字は該当する年次の4月における騰落率で、単位は%です。05月29日 21時47分
  • 5/29(夕方) LDN、NY休場
    今晩は、LDN、NYが揃って休場なので為替市場は取引ができるようだが、市場参加者は閑散で、指標発表もないことから、今晩の展望はお休みで・・・・。05月29日 20時34分
  • 5/29 今晩NY休場で日中も静かな動きか?
    本日は、日本の雇用統計や全世帯家計調査、小売売上などの指標発表が予定されているが、まだ数字が出てきていないようだが、今晩のNY市場は休場であるため日中は比較的穏やかな値動きが基本だろう。週末にやや売り込んだことから、ドル円、日経平均ともに若…05月29日 08時51分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/22〜5/26)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月28日 20時51分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第15編)
    05月28日 12時14分
  • 5/27 来週の相場展望
    来週のドル円相場は非常に難しい展開となりそうだ。その理由は、税制改革とインフラ投資という相場のテーマが色あせ始めている ⇒債券利回りの低下、法案の不通過など経済指標が思ったほどよくない ⇒指標が良かったり悪かったりで一定しない政権のスキャン…05月27日 22時27分
  • 5/27 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,855 週間安値 19、580ドル円 週間高値 112.113 週間安値 110.859月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,030 月間安値 19,280ドル円 月間高値 114.366 月…05月27日 10時06分
  • 5/26(夕方) 連休前で112円乗せを嫌ったか?
    ドル円が東京のザラ場で5日線を割り込み、その後も売り止まず、24日のFOMC議事録要旨の公開前の水準まで落とされた。これで、金利上昇期待に関する部分が概ね剥落した。後は今晩の、経済指標の内容に関心が向かうが、特に米国GDPの改定値は注目した…05月26日 19時43分
  • 5/26 週末要因と112円付近の攻防
    為替市場のもたつきとは無関係に、米国株式市場の好調さが際立っている。米国企業の決算が好調であることに起因しているようだが、反面米国景気が振るわないことから、債券市場に買いが集まるという関係にやや違和感を覚える。 このような現象を説明しようと…05月26日 08時58分
  • 5/25
    05月25日 16時47分
  • 5/25 議事録解釈まちまち
    為替市場、株式市場、債券市場、それぞれ議事録に対する解釈がまちまちである印象。株式、債券が同時に買われ、ドルのみがやや売られている格好。 如何様な解釈も成り立つことから、FOMC議事録はそれほど材料視されなかった、と考えるのが無難というとこ…05月25日 08時48分
  • 5/24(夕方) 引き続き112円を睨んだ展開
    今晩は、ECBドラギ総裁の講演が予定されており、最近の欧州の景気に対する強気の論調が聴かれており、これに対する金融当局の認識を確認する必要がありそうだ。 また、明方にはFOMC議事録の要旨が公開される予定で、ドラギ総裁の講演と合わせて112…05月24日 17時37分
  • 5/24
    05月24日 08時29分
  • 5/23(夕方) 今晩も値動き極小か?
    本日の日経平均のザラ場の相場を見ても、5日線に対する反応がほとんどなく、明確なビジョンを見出せない状況である。ドル円相場にも、方向感の無さが表れている。 今晩は、トランプ大統領はイスラエル入りし、主に中東紛争の和平問題が主題となり昨日のよう…05月23日 19時57分
  • 5/23 為替追従の日経
    昨晩は、米国株式市場はサウジアラビアでの12兆円規模の武器売却契約合意で、上昇したが、225先物はあまり反応しなかった。ドル円に動きがなかったことによるのであろうが、東京市場で何か仕掛けがあるかどうか注目したいところだ。ドル円の水準は111…05月23日 08時51分
  • 5/22(夕方) ボラティリティーが上昇するか?
    このところ、米国は大統領選挙のロシア介入スキャンダルでもちきりだが、この不安要素は相場に潤いを与えている面もある。買いを持ち越している投資家にとっては都合が悪い状況だが、デイトレーダーにとっては、恵みの雨になるかもしれない。何しろ、4月の下…05月22日 19時27分
  • 5/22 方向感出しづらくもみ合いか?
    米国市場は、大統領のスキャンダルが取り沙汰されて、波乱含みだが週末は株式が大幅に戻すなど、相場に強気の見方とリスク回避の動機があり、どちらとも判断しづらい。 本日は、ドル円にしても日経平均にしても、方向感をつかみづらく、もみ合いの展開を想定…05月22日 08時27分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/15〜5/19)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月21日 19時44分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第14編)
    05月21日 15時43分
  • 5/21 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 19,995 週間安値 19、280ドル円 週間高値 113.843 週間安値 110.232月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,030 月間安値 19,280ドル円 月間高値 114.366 月…05月21日 11時02分
  • 5/20 来週の相場展望
    来週はトランプ大統領は就任後初の外遊に出ずっぱりになる。この外遊に関しては、サウジ、イスラエル、パレスチナ、バチカン、イタリア、ベルギーといったところが訪問先に予定されている。目的は主に、中東問題とNATO首脳会議、イタリアサミット、という…05月20日 21時52分
  • 日経平均と投資主体別売買動向
    05月20日 18時24分
  • 5/19(夕方) 利上げ期待の再評価
    今晩の、ドル円や米国株式を展望するにあたって、まず考えることは、剥落しかかった利上げ期待を如何に再評価するか?というところだ。 このスキャンダルの渦中にドル円は一時111円を割り込み110円20銭付近まで売り込まれたが、ここにきて1円ほど戻…05月19日 19時51分
  • 5/19 小反発
    NYダウは、予想を上回る経済指標で小反発した。しかし、まだ重石が落とされた状態で、今後の指標次第で更に下値をうかがう可能性を残している。本日の東京市場だが、ドル円に関しては中立、日経平均に関してはやや戻り優勢気味、と思われる。日経平均は、木…05月19日 08時52分
  • 5/18
    05月18日 18時16分
  • 5/18 想定内の値幅
    大統領のスキャンダルで、為替、米国株式ともに大きく売り込まれた。しかし、パニック症状を起こしているわけではなく、ポジションを調整する程度の売りの範囲内と思われる。もともと、今週はムンジェイン大統領就任を受け、北朝鮮のミサイル実験にはじまり弱…05月18日 08時46分
  • 5/17(夕方) 要人スキャンダルの影響は?
    トランプ大統領のスキャンダルが問題視されているが、今晩もどの程度今後の政権運営に影響を及ぼすかは、測りかねる。今晩は、経済指標も目ぼしいものが見当たらず、材料難であることには変わりがなく、再びスキャンダルが蒸し返される可能性はある。ドル円の…05月17日 20時10分
  • 5/17 ドル円、FOMC後の安値を意識
    昨晩は、米国株式とドル円で異なる動きとなった。弱い経済指標にもかかわらず、米国株式は比較的堅調であったが、ドル円は113円ライン上まで売られた。このあたりが、最近の米国市場の判りにくさを表している端的なパターンのようだ。思惑先行で始まったト…05月17日 08時48分
  • 5/16(夕方) 手掛かり難で膠着続く
    ドル円に関しては、目ぼしいイベントも見当たらず、既出の材料のみで判断するならば、113円台から114円半ばまでのレンジ内での動きが濃厚だ。 昨日から本日にかけて、材料に対して順張りが伸び切らずにレンジ内に戻される場面が続いている。いずれも下…05月16日 18時00分
  • 5/16 高値保合い継続か?
    ドル円は、週末の北のミサイル発射実験が、売りの材料とされるかと思ったが、ほぼ影響はなかった。又、昨晩のNY連銀の製造業景気指数が予想を下回ったことから一時大きくドルが売り込まれたが、結局買い戻されてほぼ影響なしの水準で落ち着いている。この指…05月16日 08時39分
  • 5/15(夕方) 北ミサイルを軽く消化
    売りを仕掛けるならば、絶好のタイミングあったはずの朝の寄りつきであったが、売りが出なかったことは非常に大きい。ドル円に関しては、今晩のNY市場を見なければ判断はできないが、東京市場での底堅い動きはドル売り圧力は限定的との判断を、ある程度は支…05月15日 19時28分
  • 5/15 弱材料重なり弱含み
    日曜日に北朝鮮がミサイル発射実験を実施し、少なからず市場心理に影響があるものと思われ、ドルが買われにくい状況だ。ドル円は目先、ドルの戻りが一服し、調整局面になりそうであることもあり、ドル弱めの展開となりそうである。 日経平均も、先週やや先行…05月15日 08時39分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/1〜5/12)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月14日 20時04分
  • 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第13編)
    05月14日 17時52分
  • 5/13 来週の相場展望
    ドル円に関しては、4月中旬から続いてきたドル買い局面が、材料出尽くしと米国経済の減速懸念から一服となりそうだ。チャート的にも、切り返しが入ると乗ってゆきやすい水準であることから、5月のFOMC後のドルのボトム確認という流れが懸念される。 政…05月13日 22時17分
  • 5/13 週間高安、月間高安
    週間高安225先物 週間高値 20,030 週間安値 19、710ドル円 週間高値 114.366 週間安値 112.395月間高安(第2週から)225先物 月間高値 20,030 月間安値 19,710ドル円 月間高値 114.366 月…05月13日 20時56分
  • 5/12 今晩の米経済指標は要注意
    今晩の経済指標は要注意になりそうだ。米国の経済実態の減速感が漠然とある中で、企業業績は好調であるというねじれた現象が起こっている懸念がある。その点について、先日のFOMCでイエレンが一時的なものと判断を示したが、現実の経済指標が悪ければ目先…05月12日 20時02分
  • 5/12 114円割れ
    NY市場は、材料難の中、企業決算の予想を下回る結果から、ドル、株式ともに一時大きく下げる場面もあった。ここのところの高値膠着から、売りのきっかけ待ちの勢力の存在を示唆する動きであった。今晩発表が予定される米国CPI、小売売上高など、米国の経…05月12日 08時52分
  • 5/11(夕方) 114円の攻防
    ドル円に関しては、朝と同じスタンスで、基本的に強気の背景に変更はないが、チャート面での上値余地が気になり買いは避けたい水準。 今晩に関しては、やや関心が薄くなりつつある労働関連指標と、FRB高官の発言がある。FRBの高官が現行のドルの水準に…05月11日 21時00分
  • 5/11 114円を回復
    先週までの政治イベントを通過し、北朝鮮やシリアの問題も沈静化して、ドル売り材料が影をひそめる中で、昨晩の米国10年国債の入札が低調であったことなど、ドルを買い戻す流れが目立ってきている。 米国株式に関してはダウは低調であるが、ナスダックやS…05月11日 08時59分
  • 5/10(夕方) 米国10年債入札
    今晩は、米国の10年債の入札がある。6月に向けてFRBが利上げを予定しているのであれば、米国市場は長期債購入には消極的になるはずだ。一方マーケット心理が、現在の経済実態がさほど良くないと判断すれば、安全資産選好の面が出ることになり、どのよう…05月10日 18時17分
  • 5/10 高値膠着
    昨晩、ドル円が114円30銭をつけたあと、急降下して現在113円80銭付近。雰囲気的にはドル高の流れも小休止になるのではないかと思われる。225先物に関しては、昨晩2万円の大台を一瞬越えた後、再び割り込んで東京に戻ってきていることから、現物…05月10日 08時57分
  • 5/9(夕方) じわりドル高
    ドル高材料がジワリとマーケットに浸透するように、気が付いてみるとドルが買われている。現在の状況では、この水準では目ぼしい売り手がいないということだろう。売り手がいなければ、ドル高背景が買い手を集める。又、ユーロの動きも円安ドル高を支援するこ…05月09日 18時09分