225先物・FXデイトレ 本日の相場展望

登録ID
1881693
サイト名称
225先物・FXデイトレ 本日の相場展望
URL
http://traderecords.blog.fc2.com/
紹介文
225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。
カテゴリ
  • 日経225ミニ先物 (100%) - 8 / 95人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 5/23 市場の関心はFOMC議事録へ
    米中貿易交渉の雲行きが怪しくなり、ダウが反落となり、ドル円も市場金利の低下に伴いドル先高感が薄れてきている。市場の関心は、今晩のFOMC議事録へ向かっており、昨日までの流れの反動が気になるところとなりそうだ。日経平均は、週明けからの買い上が…05月23日 09時05分
  • 5/22(夕方) 米国債入札、米韓首脳会談
    ドル円は111円を少し割り込んだところで落ち着き、結果として週明けの買い上がりは行って来いという形となったが、金利の低下の割にはドルが下げ渋っている印象は残る。結果として、米中貿易問題の一時保留発言が米株高を支援し市場金利は低下したもののド…05月22日 19時44分
  • 5/22 ダウ25,000ドル回復
    ムニューシン米財務長官が20日に米中貿易問題を一時保留にし、米国の対中輸出を拡大すべく交渉を続ける旨の発言をしたことを好感して終始高値圏での取引となり、終値で25,000ドルを回復した。 一方米債券相場は買戻しの流れが優勢となり、利回りが低…05月22日 08時39分
  • 5/21(夕方) 111円再度上抜けを好感
    東京市場は、米長期債先物の利回りが低下していたが、ドル円の先週高値の111.08円を上抜けしチャート上ブレイクアウトのような動きとなった。 日経平均もNYダウ先物が寄付きから高く始まったことなどから続伸し、大引けでも23,000円を回復して…05月21日 20時32分
  • 5/21 111円に絡んでゆけるか?
    先週までのドル先高の流れで、111円まで到達し、チャート上のブレイクラインとして111円が意識されやすくなっている。ここを再び上抜けると材料次第ではドル強気相場に勢いがつくとも考えられるが、ここを抜けられなければ当面の高値となりやすくも見え…05月21日 08時25分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/14〜5/18)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月20日 18時20分
  • 5/20 来週の相場展望
    前週はこれといった材料がない中で、米長期債利回りの上昇を手掛かりにドルが買われる展開となり、週初は109.50円付近であったものが一時111円台にまで達っした。一方米国株式市場は、週初24,800ドルを上回ってはじまったが、ドル高を嫌気する…05月20日 17時25分
  • 5/20 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第65編)
    05月20日 14時21分
  • 5/19 NYダウ日足チャート24
    05月19日 15時57分
  • 5/19 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 22,955 週間安値 22,700ドル円 週間高値 111.081 週間安値 109.209月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 22,955 月間安値 22,345ドル…05月19日 12時17分
  • 5/18(夕方) 引き続き米国株式に注目
    米国長期債利回りは強含みで推移することが見込まれ、それに引っ張られるようにドルに先高観が見られる。この文脈はかなり米国債の供給面から裏打ちされており、そう簡単に崩れそうにない。それに対して米国株式がドル高に対して売られ続けてゆくのか?それと…05月18日 20時33分
  • 5/18 ドル円続伸、ダウ小幅安
    米長期債利回りの上昇で、ドルが続伸し半面ダウが小幅に反落した。ただ、ダウはザラ場中に一度24,800ドルを回復しており、ドル高の影響からの売りというより、対中貿易関税の蒸し返しによる悪影響のほうが強いという見方も出来る。 日経平均は、NYダ…05月18日 08時35分
  • 5/17(夕方) ドル円強含み
    日中、日経平均、ドル円ともに特に大きな動きは見られず、揉み合っていたが、日経平均の大引けあたりからドル円が動意づき17:48頃に110.74円をつけた。ドルの当面の上値目途とされた110.50円を越えてきたことはドル買い優勢を強く意識させら…05月17日 21時21分
  • 5/17 NYダウ反発も24,800ドルに届かず
    昨晩の経済指標がまちまちの結果となったことで、大きな動きは見られなかった。注目していた株式と債券利回りの関係もあまり顕著に相関が見られず、ドル高と株高が共存する形となった。しかし、株が買われたといっても24,800ドルを回復することはできず…05月17日 08時30分
  • 5/16(夕方) ドル円チャート節目到達で
    ドル円が110.50円付近のチャートの節目に到達し、東京市場では頭が重くなった。その分米国株式先物が下げ渋り、日経平均は始値から大きく売り崩されるようなことはなかった。今晩も、経済指標に気にかけておきたい指標発表が予定されており、それらの結…05月16日 19時57分
  • 5/16 110円乗せで米株反落
    米国経済指標が底堅く推移したことにより、債券利回りが一段と上昇しインフレ懸念を嫌気した売りで米株が売られた。一方、ドル円はこれまでの戻り高値を大きく上回り、110.45円辺りまで買われた。東京市場は基本的にはこうした米国市場の流れを受け継ぐ…05月16日 08時57分
  • 5/15(夕方) ドル強含みで日経小安い
    昨晩の米国市場で株式と債券利回りが共に上昇しつつも、子細に見ると逆相関とも取れる動きとなったことで、東京市場での日経平均とドル円の動きに注目したが、やはりドル強含みを嫌気した利食い売りが先行した格好に見えた。日経平均は円安ドル高に対してポジ…05月15日 20時13分
  • 5/15 再び3%乗せでドル強含み
    米長期債利回りが再び3%に乗せ、ドル円が再び強含んでいる。その一方で、米国株式の方は、プラスで引けたものの伸び悩み引けにかけて売りが出た。株式市場にはやや楽観ムードが台頭してきていることから、大きく売られることはないと思われるが、ドル高はア…05月15日 08時51分
  • 5/14(夕方) 株式続伸
    日経平均は、米国株式先物が日中買われたことから先週末の流れを引き継ぎ、日中を通してじりじり上昇する展開となった。ドル円は日中はレンジ圏を揉みあう程度であったが、日経平均が引けた後から米長期債利回りが上昇したことからドル円が109.40円から…05月14日 22時29分
  • 5/14 株式の動向をにらみ様子見
    先週末に日経平均は22,500円を突破し22,700円台に突入してそのまま引けた形となったが、この流れが本日も維持できるかが焦点と思われる。 米国株式も当面の節目とみられる24,800ドルを上回り、株式相場の復調を思わせるが、この水準を維持…05月14日 08時33分
  • 5/13 来週の相場展望
    先週は週末の雇用統計の結果を受けて、雇用数が予想を下回ったものの平均賃金の伸び率の面で特にインフレの兆候が見られなかったことを好感し、週を通してその流れが継続した形となった。途中、長期債利回りが3%を挟んでもみ合う中で、ドル円が一時110円…05月13日 19時19分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/7〜5/11)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月13日 12時25分
  • 5/13 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第64編)
    05月13日 11時39分
  • 5/12 NYダウ日足チャート23
    05月12日 18時47分
  • 5/12 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 22,780 週間安値 22,345ドル円 週間高値 110.012 週間安値 108.753月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 22,780 月間安値 22,345ドル…05月12日 12時07分
  • 5/11(夕方) 日経平均が意外高
    日経平均は寄付きから売りが出やすい22,500円台から一気に22,700円台まで買い上がる意表を突く展開となった。米国市場におけるCPIが予想を下回り、インフレ懸念が後退したことや、債券利回りが低下したものの金融株などの反動売りが出ずに続伸…05月11日 19時57分
  • 5/11 上値余地少なく小動きか
    昨晩の米国市場は、CPIが予想を下回りインフレ懸念が後退したことから、債券利回りが低下しドルが売られ、株が買われた。この数日、米国株式の買戻しの流れが強く出ているが、24,800ドルの節目近くまで来て、上値余地が限られているという見方も出来…05月11日 08時53分
  • 5/10(夕方) 利回り低下でドル売り
    ドル円は日経平均が引けてからドル買いが進展し16:30過ぎに110円を超えたが、その後米長期債利回りが再び3%を割り込み、ドル売りに転じている。 本日は米CPIが21:30に発表されるが、インフレ関連指標として一応注目したい。20:13 1…05月10日 20時13分
  • 5/10 株高、ドル高
    米国市場で、債券利回りが再び3%に乗せたことや、原油価格が70ドルに乗せたことで、エネルギー株や金融株に買いが入りNYダウは上昇した。利回りの上昇と株式の上昇が同時に表れることは意外といえば意外な展開だが、チャート上のテクニカルな動機に後押…05月10日 08時54分
  • 5/9(夕方) 米金利上昇警戒しドル高
    日中は、米国長期債利回りが再び3%に近づいたことでドルが急伸した。一方、日経平均は円安にはあまり反応せず、頭の重い展開となった。これといった材料が見当たらない中で、債券利回りの上昇はある程度予想はできてはいるが、110円を上回っての上昇は難…05月09日 18時52分
  • 5/9 米イラン核合意離脱
    NYダウは、概ねマイナス圏での推移であったが、引けにかけて買いが入りかろうじてプラスで終了した。ドル円市場は、これといった材料が見当たらず、レンジ内での取引に終始した。本日未明に、トランプ大統領がイラン核合意離脱を発表したが、市場はあまり反…05月09日 08時35分
  • 5/8(夕方) 材料難で小動き
    日経平均、ドル円相場とも動意が薄く小動きに終始した。欧州市場に入っても、ドル円は動意が薄く小幅に揉みあっている。今晩はこれといったイベントの予定もなく、昨晩伸び悩んだ米国株式と、再び利回り上昇が懸念される債券市場の動向に関心が向かわざるを得…05月08日 20時28分
  • 5/8 方向感なく109円を意識
    米国市場は、これといった新しい材料も出ず、週末の雇用統計発表後の流れを引き継ぐ格好となった。NYダウは寄り付き直後は高く始まったが、引けにかけて売られ、上値余地の少なさが印象付けられた。 東京市場は、NY市場の流れから、ドル高方向も上限が見…05月08日 09時01分
  • 5/7(夕方) 雇用統計の再評価へ
    東京市場は、日経平均の高値警戒からの売り先行に歩調を合わせてドル売りが優勢となったが、午前中には下げ渋り、引けにかけては寄付きよりもドル高の水準まで戻した。 今晩はFRB高官の講演が相次ぎ、為替相場や債券相場に言及があるかも知れない。それ以…05月07日 21時00分
  • 5/7 雇用統計とドル円を睨み
    週末の米国市場は雇用統計の結果を受け、インフレなき成長を好感して株式が買われドルがやや売られた。日経平均は、ドル円の109円の攻防を睨みながら、米株式買戻しの流れに乗ってゆきたいところだ。他面、週末の晩には一時108円台までドルが売られたこ…05月07日 08時48分
  • 5/6 来週の相場展望
    先週は、FOMC、雇用統計、米中通商協議、など大きなイベントが続いたが、どれもこれまでの流れを変えるような大きな変化は見られなかったと言ってよいだろう。 前週までの流れは、貿易戦争や軍事的対立などのリスクが後退する一方、米国国債の増発により…05月06日 16時03分
  • ドル表示日経平均先物15分足(5/1〜5/2)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。05月06日 10時31分
  • 5/6 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第63編)
    05月06日 09時27分
  • 5/5 NYダウ日足チャート22
    05月05日 13時53分
  • 5/5 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 22,580 週間安値 22,420ドル円 週間高値 110.031 週間安値 108.928月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 22,580 月間安値 21,510ドル…05月05日 10時07分
  • 5/4 雇用統計結果
    今回予想NFP16.4万人19.2万人失業率3.9%4.0%広義の失業率7.8%平均時給(対前年比)+2.6%+2.7%平均時給(対前月比)+0.2%+0.1%労働参加率62.8%発表直前は、108.90円付近であったが、発表直後に25銭ほ…05月04日 21時56分
  • 5/2(夕方) FOMCに向け110円意識
    ドル円は、東京市場では午前中やや売りに押されたが、午後から下げ渋り再び110円方向に向きなおっている。今晩はFOMC2日目で、パウエル議長声明で6月の利上げをどの程度織り込めるかが焦点となるほか、米国債券市場の先行きの動向に関しても引き続き…05月02日 18時56分
  • 5/2 110円が視野に
    米長期債利回りに対する先高観が依然根強く、ドルが買われやすい展開となって110円が目前となった。NYダウも、24,000ドルよりも下ではしっかりと買いが入り、下げ渋った。株式市場が米長期債利回りの上昇を嫌気する部分はかなり大きく、相場がどの…05月02日 08時30分
  • 5/1(夕方) ユーロが弱含みドル高
    欧州市場に入り、ドルが買われ始めているが、ユーロがドルに対して弱含んでいることからドル円においてもドル高が進行している状況のようだ。米長期債利回りは3%を割ったままで、特に大きく動きはない。リスクオンが緩やかに継続している状況において、FO…05月01日 20時37分
  • 5/1 動意不足で模様眺め
    本日からゴールデンウィーク入りということで、市場参加者が少なくなり、かねてよりの材料不足も手伝い模様眺めとなる公算が強いとおもわれる。更には、今晩明日の予定でFOMCが開催されることも様子見姿勢を助長する。今日のところは世間に倣ってお休みと…05月01日 08時40分
  • 4/30 来週の相場展望
    前週は、材料不足の中、米長期債利回りが3%台まで上昇したことが材料視され、ドル高株安の流れとなった。週末27日(金)には南北首脳会談が開催されたが、これといって大きく扱われるような場面は見られなかった。来週は、5/1(火)、5/2(水)にF…04月30日 19時33分
  • 日銀短観2018年4月3日掲載分
    上記表は、2018年4月3日日本銀行ホームページ掲載分の短観より抜粋したものです。詳しくは、日本銀行HPでご確認下さい。 04月30日 13時38分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/23〜4/27)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月29日 21時15分
  • 4/29 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第62編)
    04月29日 20時56分
  • 4/28 NYダウ日足チャート21
    04月28日 20時42分
  • 4/28 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 22,560 週間安値 21,960ドル円 週間高値 109.532 週間安値 107.653月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 22,560 月間安値 21,510ドル…04月28日 11時07分
  • 4/27(夕方) 本日はお休みいたしました
    本日は止むを得ぬ事情により、夕方分はお休みとさせていただきました。04月27日 22時14分
  • 4/27 南北首脳会談
    米長期債利回りが3%を割り込み、米株式が買い戻された。これにより、ドル円が下げ渋る中で日経平均先物が22,400円台をつけて東京に帰ってきた。22,400円より上はチャート上は上方向への展望が開けてくる水準であり、本日の南北首脳会談が成功す…04月27日 08時56分
  • 4/26(夕方) 引き続き株式と債券
    昨晩のNYダウは下げ渋ったことから、今晩は買い優勢となることが期待されるが、同時に債券市場の動向次第という面もある。その他、27日(金)の南北首脳会談への期待なども織り込むかもしれない。20:12 109.33104月26日 20時12分
  • 4/26 米株反発、ドル続伸
    NYダウは、長期債利回りが上昇したが、好調な企業業績と値ごろ感から下げ渋り引けにかけてプラスに戻して終了し、ドル円もドルが買われた。 日経平均は、NYダウが下げ渋ったことと、ドル円がドル高で安定していることを背景に買いを入れやすいと思われ、…04月26日 08時21分
  • 4/25(夕方) 米長期債利回り若干上昇
    米国長期債利回りは、日経平均の取引時間を終えてから上昇を始めており、17時過ぎに109.267を付け前日の高値を更新した。 今晩の米国市場は、これといった経済指標の発表もなく、引き続き長期債利回り中心に動くことになるだろうが、今のところ金利…04月25日 19時22分
  • 4/25 米株式金利上昇を嫌気
    昨晩は米長期債利回りの心理的な節目とみられた3%の大台を一時上回る場面もあったことから、これを嫌気して株式が大きく売られた格好となった。背景には、米政府による減税政策による一時的な歳入不足を補うための国債発行増があり、これが売りを誘っている…04月25日 08時33分
  • 4/24(夕方) 決め手なく小動き
    日経平均は円安を背景に高く寄り付いたが、その後は伸び悩み、引けにかけて若干値を伸ばして終了した。今晩のNYダウ次第では直近高値の22,360円を見据えた動きと思われ、市場は嫌でもNYダウの動向に関心が向かう。NYダウは直近は4日続落で芳しく…04月24日 19時07分
  • 4/24 ドル急伸、ダウ横這い
    米国長期債利回りが3%に迫る中で、米国株式の動向が注目されたが、横ばいとなり、リスクオンという程ではない状況となった。この米長期債利回りの急上昇は、景気拡大に伴うインフレ懸念の連想で動いているものではないらしいということとなり、3%の節目を…04月24日 08時26分
  • 4/23(夕方) ドル円108円を上抜け
    米長期債利回りが2.996%と3%に肉薄したことで、ドル買いが優勢となりドル円は108.27円まで上昇した。108円の手前で足踏みしていたラインを明確に上抜けしたことは、チャート上ではドルに対する展望を強気にさせる。問題は、長期債利回りの急…04月23日 19時43分
  • 4/23 北朝鮮リスク後退で
    27日(金)の南北首脳会談に先立ち、20日に北朝鮮は核実験やICBMの開発を中止すると発表し、これを好感する形で東京のドル円は先週終値より高く寄り付いた。 しかし、その声明内容をいぶかる声もあり、上値は追いにくい。当面は、先週につけた高値か…04月23日 08時41分
  • 4/22 来週の相場展望
    先週は米国株高や日米首脳会談への期待から22,000円を超えた日経平均だが、週末にかけて米国株式が伸び悩み日経平均もこれに追従する形となった。他方、ドル円は週初はやや小安かったが、日米首脳会談で為替問題が議題に上がらなかったことでドル買戻し…04月22日 17時38分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/16〜4/20)
    のチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月22日 11時40分
  • 4/22 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第61編)
    04月22日 10時28分
  • 4/21 NYダウ日足チャート20
    04月21日 16時45分
  • 4/21 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 22,355 週間安値 21,755ドル円 週間高値 107.858 週間安値 106.884月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 22,355 月間安値 21,510ドル…04月21日 11時11分
  • 4/20(夕方) 日経平均、ドル円とも底堅い
    東京市場は、日米首脳会談を終え北朝鮮問題に関しては拉致問題解決への道筋を示せたことで成果は認められたものの、通商問題ではこれといった成果はなく、日経平均、ドル円ともに、買い上がるには力不足との懸念があったが、午前中から買いが入り結果として寄…04月20日 20時05分
  • 4/20 NYダウは24,800ドルを超えられず
    大きな材料が消化される傍ら新たな材料に乏しく、米株式、ドル円ともに小動きとなった。今週継続して注目していたNYダウの24,800ドルは終わり値で超えることが出来ず、この節目の重さを意識させられることとなった。東京市場は、日米首脳会談を終え、…04月20日 08時54分
  • 4/19(夕方) NYダウ24,800ドル再々トライ
    東京市場は、朝方日米首脳会談後の記者会見があり、円安是正要求がなかったことを好感し、日経平均、ドル円ともに買いが先行した。しかし、前場途中で上昇は一服し、大引けにかけて株、為替ともに下げに転じた。 為替問題は特に要求されなかったものの、通商…04月19日 19時30分
  • 4/19 日米首脳会談
    日米首脳会談は為替水準に関して言及がなかったことを好感して、日経平均は高く始まった。しかし、貿易関税に関しては進展は見られず、買いの材料としては限定的という印象だ。ともあれ、為替のドル安懸念が後退したことは日経平均にとっては福音ではあり、米…04月19日 09時12分
  • 4/18(夕方) 米朝会談へ意欲を好感
    午前中から、日米外交開始への期待から、株式、ドル円ともに買いが先行した。午後からも、トランプ大統領が米朝会談への意欲を示したことを好感し、株式、ドル円ともに上値を伸ばした。ただし、トランプ大統領が会談の冒頭からTPPよりもFTAの交渉を望む…04月18日 19時23分
  • 4/18 米国株式続伸
    米国株式が続伸した。昨晩発表された経済指標が、予想を上回ったことや、好調な米国企業決算が相場を牽引した。他方、ドル円はほぼ横ばいで、107円を意識する動き。安倍首相が米国に到着し、日米外交がスタートしたことで、午前中の時間帯は突発的なニュー…04月18日 08時53分
  • 4/17(夕方) NYダウは続伸できるか?
    本日の日中の取引は、日経平均、ドル円共にこれといって見るべきものはなく、ほぼ横這いとなった。今晩の見どころは、NYダウが当面の上限付近にあり、これを上抜けできるかというところだ。目標としては、24,800ドル以上で、終値でこれを上回ればチャ…04月17日 18時50分
  • 4/17 米株高、ドル安
    懸念されたシリア空爆に対する米国市場の影響は殆どなく、好調な企業業績に対して買いが入った格好となった。ドル円市場は、東京市場での流れを受け継いだ形となり、ドルが小安く推移した。安倍首相は、本日訪米のため羽田空港を出発する予定で、トランプ大統…04月17日 08時56分
  • 4/16(夕方) 日米首脳会談を控えドル安
    ドル円市場は明日の日米首脳会談を控え、為替問題が議題に上がることが懸念されてドルが売られた。日経平均はドルが売られる中堅調な展開となり、前日比プラス圏で終了した。東京市場では、米英仏によるシリア空爆の影響は軽微であったが、米国市場ではどのよ…04月16日 20時00分
  • 4/16 日米首脳会談を前に107.50円を意識
    ドル円は、週末米国市場で売り戻されて、107.50円を割り込んで引けたが、今朝は107.50円を超えてスタートした。先週は週末にかけて、米国株式、ドルがやや買い戻される流れが優勢であったが、米財務省の為替報告書が日米首脳会談直前に発表された…04月16日 07時57分
  • 4/15 来週の相場展望
    前週は、米中貿易関税の問題で中国が柔軟な対応を示したことで貿易戦争リスクが後退し、多少の押し引きがあったものの週末にかけてNYダウ、ドル円ともにやや強含んだ。途中、シリア問題に絡んで米露が対峙したことなど、新たな問題も出現したが、大きな問題…04月15日 19時32分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/9〜4/13)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月15日 12時54分
  • 4/15 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第60編)
    04月15日 11時50分
  • 4/7 NYダウ日足チャート19
    04月14日 16時17分
  • 4/14 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 21,960 週間安値 21,510ドル円 週間高値 107.774 週間安値 106.615月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 21,960 月間安値 21,510ドル…04月14日 12時24分
  • 4/13(夕方) 107.50円を上抜け
    ドル円は107.50円を上抜けし、2月21日の高値107.899を目指す展開で、これをクリアすると110円台が視野に入る。このドル高の原因として、シリア軍事行動懸念の後退とTPP参加再検討などと伝えられるが、しっくりこない印象だ。ドル高の上…04月13日 21時17分
  • 4/13 債券売られ、株高、ドル高
    トランプ大統領がシリア問題での米ロ緊張に関連して「すぐかもしれないし、すぐではないかもしれない」とツイッターで発言して、当面のリスクは後退したと受け止められた。 債券が売られ、株式、ドルが買われることとなったが、やや意表を突く展開という印象…04月13日 08時57分
  • 4/12(夕方) シリア情勢に焦点か?
    買いの材料が不足する中で、日中は日経平均、ドル円ともに上値が抑えられる展開となった。市場では今のところシリア情勢はそれほど重く受け取られていないようだが、米ロ間での交戦となればただ事ではなくなる。欧州市場でも、ドル円は107円に絡む動きとな…04月12日 19時20分
  • 4/12 材料乏しく反落
    シリア問題が緊張する中で、利食いが先行し、米株、ドル円が反落した。さらに、FOMC議事録が米景気の見通しに関して強気で一致していたことと、先に公表されたCPIとの対比でFRBの利上げ姿勢に対して警戒する流れとなった。 東京市場は、材料難で上…04月12日 08時55分
  • 4/11(夕方) 107円絡み
    日経平均の22,000円回復はお預けとなり、225先物は3月末からのトレンドライン付近にある(19:18現在)。ドル円も、貿易関税のみではドル上昇に限界がありそうで、107円に絡んだ動きとなっている。 今晩は、CPIやFOMC議事録の発表が…04月11日 19時29分
  • 4/11 関税問題発生前の水準へ
    日経平均は、2月末以来22,000円の大台を割った水準で推移しているが、ここにきて、連日安値を切り上げて22,000円に接近してきている。折しも、中国習近平国家主席の発言から米中貿易戦争の懸念が後退してきている時であり、そもそも3月初頭から…04月11日 08時44分
  • 4/10(夕方) 貿易戦争リスク後退で
    ザラ場中、中国政府が対米貿易に関して柔軟な対応する姿勢をを示したことから、株式、ドルが買い戻された。米国市場にはいってこの流れが継続するかどうかは不明ではあるが、貿易問題だけで相場が向きを変えるわけではなさそうだ。FRBの金利政策と米国景気…04月10日 19時22分
  • 4/10 終盤に値を消す
    米国株式市場は、寄付きから自律反発から買い優勢で始まり前日比プラス400ドルを超える場面もあったが、終盤にかけて大統領の顧問弁護士の事務所にFBIの捜索が入ったとの報道から上昇の殆どを失った。 米中貿易関税に関する市場の受け止め方は一定せず…04月10日 08時58分
  • 4/9(夕方) 週末のイベントの反すう
    日中は特に貿易関税問題が取り沙汰されるようなこともなく、ダウ先物の上昇につられて日経平均はジリジリ値を上げて終了した。ドル円も、黒田総裁が安倍総理に再任されることを意識し、円安がやや優勢となった。 今晩は、米国の経済指標の発表がなく、先週の…04月09日 20時02分
  • 4/9 米国株式を睨んで反発含み
    週末は、対中貿易関税の追加措置で米国株式は売られて引けたが、これまで24,000ドル割れからは買いが入りやすいゾーンであったことで、今晩の米国株式の反発を見込んだ動きを考慮しなければならない。 一方で、週末を挟んでの中国の動きも警戒しなけれ…04月09日 08時42分
  • 4/8 来週の相場展望
    前週は、米中の貿易関税の応酬で終始した。この問題に関しては、米中間での話し合いの場が設けられる予定も立っておらず、しばらくは相互に腹の探り合いのような時間が流れそうだ。 その他、米雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数が予想を下回り、市場マ…04月08日 20時08分
  • ドル表示日経平均先物15分足(4/2〜4/6)
    このチャートは、先週1週間分の日経平均先物の15分足と、同時刻のドル円相場から計算したものを表示している。04月08日 10時24分
  • 4/8 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第59編)
    04月08日 10時03分
  • 4/7 NYダウ日足チャート18
    04月07日 21時26分
  • 4/7 週間高安、月間高安
    週間高安225先物(18年6月限) 週間高値 21,915 週間安値 20,920ドル円 週間高値 107.491 週間安値 105.659月間高安(第2週から)225先物(18年6月限) 月間高値 21,930 月間安値 20,135ドル…04月07日 12時29分
  • 4/6 雇用統計結果
    今回予想NFP10.3万人18.5万人失業率4.1%4.0%広義の失業率(U6)8.0%平均時給(対前年比)+2.7%+2,7%平均時給(対前月比)+0.3%+0.3%労働参加率62.9%発表直後は30銭程度下落したが、その後は安値を切り下…04月06日 18時24分
  • 4/6 米政府1000億ドルの対中追加関税検討へ
    米国市場は貿易戦争の懸念後退ムードに後押しされて、株式、ドル円ともに上昇した。しかし、1時間ほど前から米国株式先物やドル円が急落しており、どうやらトランプ大統領が1000億ドル規模の対中貿易関税の追加の検討を指示したと報道があったらしい。 …04月06日 08時50分
  • 4/5(夕方) 日経平均、ドル円堅調持続
    東京市場は、昨晩の米株式、ドル円市場の急反発の流れを持続し、堅調に推移した。当面意識するであろうと目された、先週の高値水準を日経平均、ドル円ともに上回り、目先の弱気見通しは杞憂となった。ただ、ドル円に関しては米政府が対中貿易関税に言及したの…04月05日 19時53分
  • 4/5 一旦政治離れ
    昨日は、16時頃に中国の報復関税に関する続報から株式先物やドル円が大幅に売られたが、その後米国市場で急回復し逆に前日比プラスで終了した。 市場が貿易戦争開始を懸念したが、米政府筋が単なる交渉過程に過ぎないとアナウンスしたことから落ち着きを取…04月05日 08時52分