北山の歌雑記

登録ID
1886604
サイト名称
北山の歌雑記
URL
http://ameblo.jp/n-hokuzan/
紹介文
短歌初心者の戯言「うたは下手でもよい自分のうたを詠め」 目指す旅路の道中記
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 43 / 177人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その6
    前回に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)切り通す那須高原の東北道なだりに過ぎ…11月21日 21時45分
  • 放送大学本部へ
    千葉へ行ってきました。 昨日はホキ美術館へ。ちなみに「とけ」駅と読みます。 切符を買う時、書いた紙を見せると仙台駅の駅員さんも すぐには読めませんでした。 写実絵画の専門美術館です。 展示室の一隅に板谷波山や富本憲吉の陶磁器があって少々驚き…11月19日 22時19分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その5
    前回に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)レンゲ祭りのありし田んぼに四棟の集合…11月17日 12時47分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その4
    前回に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)住民の奉仕によりてぴかぴかの駅舎の窓…11月15日 00時16分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その3
    前回に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)古新聞ねぢりて履かす濡れ靴の乾く間も…11月11日 18時34分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その2
    前回に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)飼猫は二十二歳目は見えず周囲の感覚で…11月08日 18時13分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 私の心に残った歌 その1
    前月に引き続き歌誌「冬雷」11月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)おもひのまま伸びて勢ふサボテンに寄り…11月06日 12時24分
  • うた新聞 11月号 霜月作品集 掲載歌
    すみだ水族館スカイツリー聳えゐる元にあるといふ東京すみだの水族館へ行くチンタナゴ急に伸びれば覗き見る若き女の歓声誘ふ傘広げすぼむる動作は億年もつひぞ変らぬクラゲの動き小さなるクラゲの泳ぎ見つめゐる二人の夜空を仰ぐが如し水中を滑るやうなるペン…11月04日 20時53分
  • 掲載 二首
    歌誌「覇王樹」 平成29年 11月号 購読会員作品欄掲載歌 梅雨明け梅雨明けの宣言終ふも殊更に連日雨の降りて傘差す今日はまだ幾分目映き曇り日のその切れ切れに青空覗く にほんブログ村 俳句・短歌 ブログランキング 11月03日 08時36分
  • 歌誌「冬雷」2017年 11月号 掲載歌
    盆休みの晴れ間の一日逃さずに傘持たず行く漢字三千年展青銅の器のレプリカ持ち上げて重さを知れば親しみの湧く青銅の鈍き黄金の眩きに往時の民の驚き思ふ解説の映像終れど腕組みの男は椅子に俯き立たず展示物守るガラスに残りある手垢は読みゐる文字を遮る刻…11月01日 12時31分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その9(最終)
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)盆あけて山里の墓所訪ねれば友の名新し…10月29日 13時04分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その8
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者) 地上にて七日激しく鳴きし蝉松の根元…10月26日 18時02分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その7
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)耳鳴りにあらず窓開けしかと聞くにいに…10月24日 22時27分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その6
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)頭上より「何してんねん」といふ罵声浴…10月20日 22時23分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その5
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)高さうな靴下いつになく我にくれるは孫…10月18日 12時35分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その4
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)十九年間犬と歩きし田の巡り耕す人もい…10月14日 14時45分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その3
    前月に引き続き歌誌「冬雷」10月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)耳鳴りは今宵はげしく打ち鳴りて眠り来…10月11日 12時44分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その2
    前月に引き続き歌誌「冬雷」9月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)お弁当作らずにすむ朝の散歩十分多く距離…10月08日 22時54分
  • 歌誌「冬雷」2017年 10月号 私の心に残った歌 その1
    前月に引き続き歌誌「冬雷」9月号の中で、私なりに特に心に残った 歌を抜粋してみました。鑑賞・評などと大それたものでは無く私なりに選ばせていただいた理由を少々、記させていただきます。 (☆新仮名遣い希望者)一斉にミンミン蝉のこゑ途絶ゆ八月六日…10月05日 12時39分
  • 掲載 二首
    歌誌「覇王樹」 平成29年 10月号 購読会員作品欄掲載歌 土用コンビニに「うなぎの日」とふ幟立ち土用と知れる蒸し暑き朝魚屋の主人は小雨を気にしつつうなぎ焼きをり暑さ忘れて ?? にほんブログ村 ??? 俳句・短歌 ブログランキング 10月02日 22時51分