炉辺一冊

登録ID
1895683
サイト名称
炉辺一冊
URL
https://rohenone.net/
紹介文
読んだ本を紹介しています。日本文学、ノンフィクション、紀行、演劇、古典芸能関係の本が中心。
カテゴリ
  • 書評・レビュー (100%) - 15 / 191人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 梅里雪山 十七人の友を探して
    小林尚礼「梅里雪山 十七人の友を探して」 1991年、京大学士山岳会と中国登山協会の合同登山隊17人が、未踏峰の梅里雪山で消息を絶つ大規模な遭難事故があった。遭難で仲間を失った著者は、再度日中合同で登頂を目指した96年の登山隊に参加したもの…09月23日 23時22分
  • ドキュメント生還 −山岳遭難からの救出
    羽根田治「ドキュメント生還 −山岳遭難からの救出」 遭難に至る過程と、いかに生き延びたかのドキュメント。とても参考になる内容で、もっと早く読めば良かった。ノンフィクションの読み物としても非常に面白い。 海外の高峰に挑むような特別なシチュエー…09月21日 00時22分
  • ヤマハ WXA-50
    15年あまり使ってきた山水のアンプ(SANSUI AU-303R)を買い替え。 ほぼストリーミングで音楽を聴くようになったため、レシーバーやDACを兼ねたヤマハの小型機種WXA-50に。 これがむちゃくちゃ使いやすくてびっくり。 Bluet…09月19日 23時23分
  • 紀伊物語
    中上健次「紀伊物語」 「大島」「聖餐」の2部構成。物語としては一続きだが、発表時期は5年ほど離れており、作品の手触りも大きく異なる。中上の長編の中では、“路地”の最後という決定的な場面を描きながら、あまり読まれることも語られることも少ない作…09月16日 23時27分
  • 海も暮れきる
    吉村昭「海も暮れきる」 「こんなよい月を一人で見て寝る」 「咳をしても一人」 東京帝大を卒業し、大手保険会社のエリートコースを歩みながら、酒におぼれ、仕事を捨て、家族に捨てられ、小豆島の小さな庵で最期を迎えた尾崎放哉。 種田山頭火と並ぶ自由…09月14日 13時17分
  • 洞窟オジさん
    加村一馬「洞窟オジさん」 著者の加村一馬氏は1946年、群馬県生まれ。13歳の時に、両親の虐待から逃れて足尾銅山の廃坑に住み着き、その後も富士の樹海や川辺を転々として、ホームレスとして半世紀近くを生きてきた。 ヘビやネズミ、カタツムリ、カエ…09月13日 00時26分
  • ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー
    山田詠美「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」 著者の初期の代表作で、直木賞受賞作。ソウル・ミュージックをBGMに、黒人社会の恋愛を描く。小洒落た雑誌に載っていそうな翻訳小説の雰囲気だが、性を描写しつつ透明感のある洒脱な文章に著者の作…09月13日 00時24分
  • 廃市
    福永武彦「廃市」 ひと夏、親戚の紹介で旧家の世話になることになった語り手の青年。そこで美しい姉妹と、姉の夫を巡る複雑な人間関係に触れることになる。水路が縦横に巡らされた、美しく、どこか退廃的な雰囲気が漂う田舎町を舞台とした名品。ノスタルジッ…09月06日 00時13分
  • 戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇
    堀川惠子「戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と『桜隊』の悲劇」 広島で被爆し、全滅した劇団「桜隊」は、井上ひさしの「紙屋町さくらホテル」や新藤兼人監督の映画で取り上げられてきたが、いずれも原爆の悲劇としての側面が強く、なぜ彼らが広島に…09月06日 00時09分
  • 小説「聖書」
    ウォルター・ワンゲリン 小説「聖書」旧約篇上・下、新約篇 神学者でもあり、作家でもある著者が、聖書の膨大なテキストを小説の文体で書き下ろした。 天地創造、神とアブラハムの契約、モーセの出エジプト、ダビデとソロモンの時代、バビロン捕囚。旧約聖…08月29日 23時43分
  • 迷路館の殺人
    綾辻行人「迷路館の殺人」 館シリーズの第3作。二重に仕掛けがあって遊び心に富んだ作品。 大御所作家の館に若手作家4人が集められ、5日間で最も優れた作品を書いた者に遺産の半分を与えるとの遺言が示される。 ミステリー本編が作中作という構成を取り…08月12日 20時51分
  • 砂のクロニクル
    船戸与一「砂のクロニクル」 イスラム革命後のイラン北西部マハバードを舞台に、独立を求めて戦うクルド人ゲリラと、ハジ(巡礼者)と呼ばれた日本人二人の物語。著者の代表作とされる長編であり、スケールの大きさとフィクションとは思えない緻密な描写に圧…08月11日 12時30分
  • 言い寄る
    田辺聖子「言い寄る」 恋愛小説の大家の70年代の作品。当時はこれが自立した新しいヒロイン像だったのかもしれないけど、今読むとどうだろう。小説や物語の受け止めに性差はあまり無いと思いたいけど、この作品は男女や過去の恋愛経験で感じ方が大きく変わ…08月04日 00時01分
  • すべてがFになる
    森博嗣「すべてがFになる」 20年ほど前のベストセラーを今さらながら。 舞台は孤島の研究所。幼少期に両親を殺し、隔離されたまま研究を続ける天才少女と、その突然の死を巡って物語は進む。プログラミングや理系の学問の素養のある人は、タイトルや序盤…08月03日 23時58分