地図を楽しむ・古代史の謎

登録ID
1896387
サイト名称
地図を楽しむ・古代史の謎
URL
http://tizudesiru.exblog.jp/
紹介文
古代史を解くひとつの鍵に地図がある。地名や地形、古墳や寺社、道路や湖沼、みんな歴史を背負う。史書を片手に博物館をめぐる旅もなかなか楽しい。
カテゴリ
  • 神社・仏閣 (100%) - 8 / 127人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 蘇我氏の本貫・寺と瓦釜と氏神
    飛鳥寺の近くの窯跡と神社 蘇我氏の宗家の寺は、飛鳥寺でした。この寺は官寺の役目を果たしたようで、公的な行事を寺の傍で行いました。大化改新の事件では、中大兄は飛鳥寺に籠りました。それを甘樫の丘から蘇我蝦夷は見たでしょう。吾子の悲惨な最後はすぐ…06月19日 00時29分
  • 光明皇后の愛と苦悩
    新薬師寺は黙したまま光明皇后の苦悩を伝える 新薬師寺は光明皇后が聖武天皇の病気平癒を祈願して建てた寺院だと云われます。十二神将像で有名です。平安時代末に成立した「東大寺要録」には末寺である新薬師寺について書かれていて、『天平十九年(747)…06月13日 00時08分
  • 瓦に込めた聖武天皇の思い
    瓦に込めた聖武天皇の思い紀伊国分寺の瓦 紀伊国分寺にはどんな瓦がふかれていたのでしょう。資料館に発掘された瓦を重ねて一部を復元(?)していました。こんなに完璧な形で割れなかったものが沢山出土したのですね。大量に瓦が出土したということは、途中…06月07日 11時46分
  • 紀伊国国分寺
    紀伊国分寺跡紀伊国分寺跡に行きました。奥に見えるのは講堂です。 講堂は江戸時代に建てられたもので、本来の講堂のより小さくなっていますが、現代に伝わる仏堂なので文化財として修復されたものです。元の国分寺の礎石が残っているので小さくなったのが分…06月05日 17時22分