地図を楽しむ・古代史の謎

登録ID
1896387
サイト名称
地図を楽しむ・古代史の謎
URL
http://tizudesiru.exblog.jp/
紹介文
古代史を解くひとつの鍵に地図がある。地名や地形、古墳や寺社、道路や湖沼、みんな歴史を背負う。史書を片手に博物館をめぐる旅もなかなか楽しい。
カテゴリ
  • 神社・仏閣 (100%) - 6 / 127人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 黒塚古墳の三角縁神獣鏡
    黒塚古墳に行きました 三角縁神獣鏡を見ました 資料館では黒塚古墳の竪穴式石室を再現していました。正面からも上からものぞくことができます。三角縁神獣鏡が棺外に並べられていたことがわかりますね。 ここは写真撮影はOKでしたよ。 18号を写してい…10月18日 14時46分
  • 黒塚古墳の三角縁神獣鏡の出自は何処か
    黒塚古墳に行きました 春に行ったときは資料館が閉館していましたので、再度、夏に行きました。 後世に城が造られているので、元々どんな古墳だったのか分からないのです。 後円部の縁を廻って前方部から墳丘の上に登りました。 墳丘の頂上は平らになって…10月17日 12時28分
  • 柿本人麻呂は舎人皇子に警告した!危機が迫っている!
    柿本人麻呂は舎人皇子に警鐘の歌を献上 ご用心召され、皇子は狙われておいでです! 天武帝にとって草壁皇子と大津皇子と、壬申の乱後に生まれた天武帝の皇子の中で天智帝の皇女を母に持つ男子が特別でした。 天武帝は近江朝の後宮の女性を外に出しませんで…10月15日 11時59分
  • 柿本人麻呂は長皇子を皇太子のごとく歌に詠んだ!何故?
    人麻呂が称えた長皇子 持統天皇の即位は、将来的に孫の軽皇子(文武天皇)に譲位するためだったと、史家は語ります。事実、歴史はそのように動きました。 万葉集も確かに歴史書の通りに読めますが、ところどころに「おや? なぜ?」と歴史の流れと反すると…10月15日 01時10分
  • 聖徳太子の存在は証明できたのか?ヒストリア
    NHK歴史ヒストリアは、聖徳太子の実在を証明したのか? (最近、教科書ではこの画像を聖徳太子と教えていません) 聖徳太子は実在しなかったという説もあります。 また、隋書のアメノタリシホコは奈良の聖徳太子ではないという説もあります。 だって、…10月14日 01時09分
  • 神鉾神社の祭神は八千矛神(大国主命)
    神鉾神社の御祭神は八千矛神 竹野の森山地区の神鉾神社も長い階段を上らねばなりません。南は耳納山地、北には筑紫平野を望みます。三郡山地と筑豊三山が見えます。ここ神鉾神社が、江戸時代の農民一揆で生葉と共に久留米藩に立ち向かった地区の守り神です。…10月11日 01時13分
  • 月岡古墳・若宮八幡神社の古墳群
    若宮八幡神社の若宮古墳群若宮八幡のある吉井町は水上交通で栄えた町でした。若宮八幡は此処に有ります。 吉井町の若宮八幡は、久留米藩の享保一揆の寄り合いが持たれた場所でした。月ノ岡古墳と日ノ岡古墳は、ここにあります。では、月の岡古墳を見に行きま…10月09日 17時30分
  • 田主丸の阿蘇神社は橘の紋
    なぜか、阿蘇神社に橘の紋・ 久留米市田主丸町地徳(善院、ぜい)2808 田主丸の阿蘇神社は、大クスが知られています。祭殿の後ろに樟があります。拝殿には橘の紋がありました。よく見ると、あちこちに橘の紋がありました。 阿蘇神社はほとんどタカノハ…10月05日 14時48分
  • ヒキガエルが守る姥ヶ城の天満神社
    ここには八幡宮はない! って、どういうこと?? 不思議な天満宮だらけ 「南無八万大菩薩!」と弓をきりりと絞ったのは、平家物語の那須与一でしたね。武士は八幡神を信仰しました。八幡神は応神天皇で、武人の神なのでしょう。八幡神は神功皇后と一緒に祭…10月04日 10時42分
  • 八代龍王(豊玉彦)が祭られた円墳と石室
    八代龍王は個人宅にひっそりと…八代龍王社 田主丸町善院(ぜい)の八代龍王社の御祭神は豊玉彦 ごめんください、お邪魔しますと路地を抜けると八代龍王社が古墳の上に鎮座されていました。もともと辺りには古墳が沢山あったのでしょうね。後世、すっかり庭…10月03日 14時49分
  • 井樋権現は天武大地震を証明する
    森影に井樋(いび)神宮 田主丸町大字地徳(ちとく) 井樋宮の御祭神は、天穂日命・伊弉諾尊・伊弉冉尊です。そして、ここは下宮です。中宮は此処から横の道を上っていけますが、上宮には別の道を使って登らなくてはなりません。 上宮=井樋権現は上の写真…10月03日 01時07分
  • 古代の祭祀場なのか、明見社は
    古代の祭祀場 磐座と明見社 明見社は小さな石祠でした。石祠の北には筑紫平野が広がり、明見社は北斗をここから眺めています。砥上山、宮地岳、大根地山、三郡山、宝満山、大城山という信仰の対象となった山々がここからは見えるのです。実は、この石祠の横…10月01日 21時06分
  • 謡曲「竹生島」と田主丸にあった地獄神社?
    地獄(じごく)神社?と読んでしまった神社しかし、宮地嶽神社と読むとわかりました 筑後川流域田主丸天満神社 福岡県久留米市田主丸町竹野にあります。耳納山地の北側には古墳が集中しますが、古い神社も集中しています。 鳥居の額には天満宮と書かれてい…10月01日 01時48分
  • 穂波川流域に栄えた土師氏
    狭い所に前方後円墳が集中・桂川町 古墳が集中するのは、穂波川と泉河内川の間です。川の氾濫原から一段高くなった丘陵の上に前方後円墳があるのです。 右端に王塚古墳の墳丘が見えているはずですが、確認しにくいでしょうね。王塚古墳館の桂川町紹介(古墳…09月25日 15時47分
  • 初めて見た突堤の溝・天神山古墳現地説明会
    (上の写真は桂川町の王塚古墳です。奥の森の中にも古墳群があります) 筑前王塚古墳近くに天神山古墳があり、その墳丘の見学会がありました。 大きく削られていますが、そこに豆田八幡神社があります。この神社は江戸時代に土師地区から遷されたものだそう…09月24日 00時07分
  • 香具山を詠んだ三人の天皇(2)
    吾は山常の大王であるぞ 舒明天皇が香具山を詠んで主張したのは「香具山に降り立ったぞ。これからは私がヤマトの大王であるぞ」ということでした。 万葉集の巻一の冒頭は雄略ですが、二番歌に舒明天皇の歌が置かれています。それは、明日香に入った初めての…09月22日 11時15分
  • 天の香具山を詠んだ三人の天皇(1)
    衣干したり天香具山 飛鳥の天香具山を訪ねましたが、草が多くてちょっと登れませんでした。でも、少し紹介しましょうね。 案内板に従って天香具山に向かって少し歩きます。152mほどの山ですが、一人で上るのはやめました。山頂への登山口が見えています…09月21日 15時12分
  • 檜隈寺跡は天皇の宮跡
    キトラ古墳のすぐそばに檜隈寺跡 中央の小高い丘にキトラ古墳があります。 振り返るとくぼ地があり、坂道をのぼると森があります。中央の森が檜隈寺跡です。 森の中に於美阿志(おみあし)神社があります。 「檜隈は百済から渡来した阿智使主が居住したと…09月19日 23時48分
  • 呉音と漢音で「倭人伝」の役職名・人名を読む
    初めて接した漢字の発音 倭国が初めて接した漢字の発音は、今日、呉音・対馬音とか呼ばれるものだったそうです。 万葉集は万葉仮名と呼ばれる漢字で書かれています。 やはり、多くは呉音の発音で読むようです。漢音と呼ばれる今日ではよく使われる発音は、…09月18日 16時23分
  • キトラ古墳の主は星空と四神と十二支神に囲まれた
    キトラ古墳の被葬者は誰 キトラ古墳の被葬者として、歴史に名が残されている人を当てようとするのは、仕方がありませんね。何処の誰かが分かると、古墳の意味と時代の様相が格段に理解しやすくなりますからね。 道の奥の斜面の木の間にキトラ古墳が見えてい…09月14日 15時40分
  • 明治まで石室内を見られた聖徳太子の陵墓
    上之太子叡福寺の聖徳太子御廟 叡福寺に太子の御廟があります。 明治の初めの頃までは、この御廟の石室内に入ることができたそうです。 御陵内を実検せり。即ち隧道の口を開くれば、 大沢清臣の実検記「…御陵内を実検せり。即ち隧道の口を開くればその高…09月07日 17時03分
  • 聖徳太子の陵墓は、三骨一廟
    聖徳太子が眠るのは叡福寺この夏、叡福寺を訪ねました。磯長山叡福寺は聖徳太子の御墓がある寺院です。 「河内国 上之太子 磯長山叡福寺縁起」には次のようにかかれています。叡福寺は聖徳太子の墓前に営まれた寺院で磯長山と号する。この寺は戦後単立寺院…09月06日 23時39分
  • 無理が通れば道理(土塁)ひっこむ・小水城の不思議な版築
    無理が通れば土塁(道理)ひっこむ? 小水城って何でしょう? 大宰府を守る水城と同じでしょうか? 大野城市教育委員会の「上大利小水城跡」の現地説明会に行ってきました。 天智天皇の治世につくられたという大野城(朝鮮式古代山城)から長く延びる土塁…09月03日 01時31分
  • 西原村は旧石器と縄文のタイムカプセル
    西原村は旧石器と縄文の タイムカプセル 八月の白川。熊本県大津町の橋から東を見ると阿蘇が」見えます。橋を渡ると、やがて西原村の入り口です。 白川の水はくすんでいます。火山灰が混じっているのでしょう。 上流の阿蘇方面は、珍しくはっきり見えまし…09月01日 17時39分