杵屋徳桜の「お稽古のツボ」

登録ID
1897556
サイト名称
杵屋徳桜の「お稽古のツボ」
URL
http://blog.goo.ne.jp/nagauta-shamisen/
紹介文
激烈な天変地異を避けられない列島の宿命を抱きながら、四季折々の雪月花を愛で愉しみ、心豊かに朗らかに生きる術を持つ日本文化。三味線の音色とともにその魅力を綴ります
カテゴリ

※最新の記事

  • インセクタ派
    昨日今日の暑さはなんとしたことか。私の半世紀ほどの記憶の蓄積によれば、今朝は7月になったんだなぁ…と思える体感である。 移りゆく季節の中で、春を愉しませてくれた株1号の旭山桜は、青い子房を太らせ、このままいけば初めてサクランボが実るのではな…05月16日 11時17分
  • ウラシマソウ
    地球の磁極が転換した証拠ともなるチバニアンという地層が発見された、という昨年のニュースは、隠れ地学女子には胸躍るものであった。同じ関東平野の太平洋沿岸北岸には浸食された白亜紀層があり、もう60年ほど以前、地質学を学ぶ地元I大学の学生が新種の…05月08日 01時51分
  • なにかしら趣味人。
    “謎のアンケート結果により日本で一番○○な…と持ち上げられ俗な狂騒の巷と化した吉祥寺の街に、風前の灯火となった文化の炎は、今でも燃えているか?” 表題というものは、記事の内容を簡潔かつインパクトのある言葉選びで、誤解の無いよう分かりやすく表…05月05日 12時30分
  • 糸を残して
    平成卅年の桜があまりにも早かったので、鉄道の窓を流れゆく花の群れさえ堪能するいとまもなく、車窓は緑に変わっていた。花房の開き初めたるかぐわしき藤の香も、先週のこととなった。 平成初年ごろからの通勤電車の…都下西域からお濠端を通って東京駅へ至…04月15日 15時21分