創作活動の記録(音楽・DTM)

登録ID
1897758
サイト名称
創作活動の記録(音楽・DTM)
URL
https://sounddtm.blogspot.jp/
紹介文
ライフワークの一環としてDTMによる曲を作曲。ほとんどの曲が映画対象。映画音楽を猛勉強中!ジェリー・ゴールドスミスは神!と思う^^
カテゴリ
  • 作曲 (50%) - 21 / 139人中
  • DTM (50%) - 23 / 162人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 7-1「メイン・テーマ(ロングヴァージョン)」
    メイン・テーマのやり直しである。先に作ったメイン・テーマはどうも納得がいかなかった。生楽器対象でオーケストラ曲を作る場合、本当にごまかしが効かないと思う。音が厚かろうが薄かろうが、「1音の持つ重み」を常に意識しないと、何となくオーケストラっ…09月22日 15時47分
  • 7-5「ネルウィンの村祭り」 映画「WILLOW」が題材
    ネルウィンの村祭りの背景音楽。村祭りの活気のある雰囲気が伝われば^^と思う。もう少し泥臭い感じにしたかったのだが、なかなかそういうのも難しい・・・。 打楽器はかなり使用しているが、いわゆる本来のドラムキットは一切使っていない。民族音楽的な音…09月19日 19時55分
  • 7-4「ウィローと家族」 映画「WILLOW」が題材
    ウィローと彼の家族・・・その絆や愛情などを表現した音楽。メイン・テーマのアレンジ変えである。メイン・テーマは主人公であるウィローの様々なものを表現しているので、こういったアレンジはさほど難しいものではない。しかし、主人公とその家族のシーンに…09月17日 16時24分
  • 7-3「アクション1」 映画「WILLOW」が題材
    「アクション1」というタイトルの音楽だが、どこのシーンという明確なものはない。「女王バブモルダ」のモチーフを使って、あるアクションシーンに対応するような音楽にしてみた。作り手の趣味・指向があるわけで、けっして万人が納得するような音楽ではない…09月15日 18時11分
  • 7-2「女王バブモルダ」 映画「WILLOW」が題材
    悪の女王バブモルダのテーマ曲。通常、一つのメイン・テーマからいろいろ挿入曲を作る。しかし今回は、ウィローの対極にある女王バルモアダのテーマ曲を作った。もしかしたら、マッド・マーディガンのテーマ曲も必要なのかもしれないが、とりあえず核となる2…09月13日 20時03分
  • 7-1「メイン・テーマ(勇気ある者)」映画「Willow」が題材
    ロン・ハワード氏が監督を務めたアメリカのファンタジー映画「Willow」(1988年制作)を題材にした私のオリジナル曲。核となる「メイン・テーマ」。タイトルは「勇気ある者」。小人族(ネルウィン)で、農夫であり魔術師見習い(?)のウィローが予…09月10日 19時03分
  • 6-11「レクイエム(エキストラ2)」スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした11曲目。「レクイエム」と題されたこの曲は、タイトルの通り死者への「鎮魂歌」である。当初、こういったアレンジの曲は必要ないだろう〜と思ったのだが、コーラスをメインにして1曲作ってみた。もちろ…09月06日 14時25分
  • 6-10「絶望の果てに・・・」スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした10曲目。小説では、未来がどうなっていくのかという部分は描かれていない。個人的には「希望」があれば良いとは思うのだが、どう考えても明るい未来はなさそうだ・・・。異次元の怪物たちがうようよ闊歩…09月03日 16時27分
  • 6-9「エキストラ1」 スティーブン・キングの小説より
    メイン・テーマの断片を用いてある種の音楽にしてみた。音楽としては非常に簡素なものである。基本的に映像をサポートする音楽として作られている。先にUPした「モンスターの襲撃その一」と同じようなコンセプトで作られているが、編曲の方法は異なる・・・…09月01日 12時36分
  • 6-7&6-8 スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作「Mist」を題材にした8&9曲目★ 6-8「妄信」 現実が見えない、というより「認めることができない」人々は、心のよりどころを何かに求める。それは「神」であるかもしれないし、別の何かかもしれない。不安定な感情の元で…08月23日 15時15分
  • 6-6「モンスターの襲撃その一」スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした6曲目。異次元のモンスターに襲われる人々・・・そんなシーンを想定して作った音楽だ。出だしの数小節はよくあるパターン。アクションシーンに入る前のある種の緊張感を出すものだ。この曲もメイン・テー…08月20日 22時52分
  • 6-5「認めたくない現実」 スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした5曲目。「霧の中に何かがいる!」という現実をなかなか認められない人々。あまりにも人知を超えるような「何か」に遭遇した時、人は事実を素直に受け入れることができない。そして、最終的には事実を受け…08月19日 19時54分
  • 6-3「霧がやってきた」スティブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした3曲目。やってきた霧が人々の目に触れる・・・そんなシーンに対応した曲。曲はF音が基音であり、この上にF-E-Eb-E-FとC-Bという音列が重なり、8小説単位でアレンジが少しずつ変化していく…08月17日 16時45分
  • 6-2「アローヘッド計画(始まり」スティブン・キングの小説より
    スティーブン・キング原作の「Mist」を題材にした2曲目。この話しの原因となる「アローヘッド計画」をモチーフに作った曲。ただし、アローヘッド計画そのものの表現ではなく、この計画における事故がごく普通の一般庶民に与える影響を人々の視点で表現し…08月15日 21時39分
  • 「Mist」の指針
    Mist対応の曲を何曲作るのかは未定だが、今回のシリーズの作曲は「人間感情」の表現にあると私は考えている。デパートに閉じ込められた人々の中に渦巻く様々な「感情」を音楽で表現することが目標の一つといってもよい。サスペンス系だから、ホラー系だか…08月14日 22時11分
  • Mist/Main Theme スティーブン・キングの小説より
    スティーブン・キングといえば、「モダンホラーの帝王」などと言われるくらいその小説は有名。今回UPした曲は「Mist」という彼の小説を題材にしたものだ。この手の小説の音楽はどうしたらいいものか、イヤになるくらい悩んだ。最初はシンセサイザーでの…08月13日 21時43分
  • 基本的なオーケストラサウンドを考える
    DTMで自作曲を作っている方はたくさんいる。また、オーケストラ的サウンドに興味を持っている方もたくさんいるだろう。夏休み期間である今、私の知っているDTMにおけるオーケストラ的サウンドの指針とてもいうべきものを示してみたい。1.オーケストラ…08月11日 15時04分
  • 5-15オリジナル曲「CONGO」(マイケル・クライトンの小説が題材)のダウンロ…
    マイケル・クライトンの「失われた黄金都市(CONGO)」を題材に作った14曲のダウンロードができるようにしました。ただし、すべての曲が1:00という短縮ヴァージョンです。私も一応DTMを教える者。一生懸命オリジナル曲を作ろうと頑張っているア…08月10日 02時02分
  • 5-14「さようならエイミー」マイケル・クライトンの小説より
    今回のシリーズ「コンゴ」の最後の曲。この曲は映画「コンゴ」のラストシーンに対応した曲だ。映像のタイム、抑揚などに合わせて音楽も作ってある。「さようならエイミー」という曲なので、メロディは「エイミー」のメロディを用いている。ただし、画面上盛り…08月09日 23時04分
  • 5-13「お前たちを見ているぞ!(エキストラ3)」マイケル・クライトンの小説より
    この曲も映像を補完するような音楽だ。このシリーズで作った曲を振り返ってみると、音的に厚い感じのするものが多い。そこで、音を少し減らした上で「ジンジのモチーフ」を使って簡素な曲を作ってみた。 聴きごたえのある音楽ではなく、ある種の雰囲気を前面…08月08日 15時52分
  • 5-12「ジャングル全景・エキストラ2」マイケル・クライトンの小説より
    この曲もある種の背景音楽。メイン・テーマのメロディを使って軽い感じの曲に仕上げた。昔からあるDTM音楽の一番オーソドックスなスタイルだ。要するに、ある一定のリズムにメロディを乗っけるやり方。簡単な手法ではあるが、使い方一つで効果を発揮する場…08月07日 22時50分
  • 5-11「犠牲者(エキストラ1)マイケル・クライトンの小説より
    最後の曲を作る前に、映像を補完する意味で何曲か作ってみたい。掲載した曲は「犠牲者」というタイトルだ。映像的には、その道の勉強をしている方はある程度予想がつくのではないだろうか?音楽として完成させた曲ではない。たぶんに試験的、実験的なものだ。…08月07日 17時04分
  • 5-10「襲撃その二」マイケル・クライトンの小説より
    5-4「国境を越えて」の中間部で使用したモチーフ、音列で新たな曲を作ってみた。いわゆる「アクション・シーン」を想定して作った音楽だ。映画「CONGO」の方を見てみると、後半、ジンジでの灰色ゴリラの襲撃、ムケンコ山の噴火による遺跡の崩壊や地震…08月05日 18時18分
  • 5-9「襲撃その一」 マイケル・クライトンの小説より
    「襲撃その一」はある緊迫感、緊張感を出した音楽だ。出だしは非常に静かであり、途中からいきなりリズミックな激しいものに変わる。この二つのパターンは共にある種の緊張感を醸し出している。 音楽において、シンメトリー、あるいはシンメトリックな要素を…08月03日 18時31分
  • 5-8「失われた黄金都市 ジンジ」マイケル・クライトンの小説より
    黄金都市ジンジをイメージして作った曲。この曲のメロディなどは、メインテーマ曲「骨の地」の中間部で用いられた音列だ。もしかしたら、メインテーマそのもののアレンジを変えて作った方がいいのかもしれない・・・。 ある緊張感や緊迫感などを出しているが…08月02日 12時01分