現役古本屋による読書感想ブログ

登録ID
1898689
サイト名称
現役古本屋による読書感想ブログ
URL
http://ryuunosukebook.com/
紹介文
現役古本屋の店長が読んだ本の感想や作家紹介をツラツラと書いていきます。
カテゴリ
  • 読書日記 (100%) - 4 / 169人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【感想・ネタバレ】少女は夜を綴らない 作:逸木裕
    君との時間だけが私の居場所になっていた。 ”人を傷付けてしまう”という強迫観念に囚われている、中学三年生の理子。 ”夜の日記”と名付けたノートに”殺人計画”を綴ることで心を落ち着け、どうにか学校生活を送っていた。 しかし突然、理子の秘密を握…08月17日 16時58分
  • 【感想・ネタバレ】陽気な死体は、ぼくの知らない空を見ていた 作:田中静人
    彼女の言葉の真実は、”死体”だけが知っていた 小学5年生の夏、死者と会話できる大地の前に一人の霊が現れた。 彼の名は悟。 大地の大好きな幼馴染・空の兄で、悟は父とともに、彼女によって殺された。 悟は殺された理由を探るべく、この世に留まったと…08月16日 18時25分
  • 【感想・ネタバレ】僕が殺された未来 作:春畑行成
    60年後の未来から、少女は時をかけたー嘘でしょ!? ミスキャンパスの小田美沙希が誘拐された。 一方、彼女に思いを寄せていた高木の前に、六十年後の未来からやってきた少女・ハナが現れた。 高木と小田美沙希は誘拐犯に殺され、事件は迷宮入りするとい…08月15日 21時05分
  • 作者紹介&著書まとめ:皆藤黒助
    皆藤黒助 プロフィール 名前:皆藤黒助(かいとう くろすけ) 生年:1987年 出身:鳥取県 代表作:『ようするに、怪異ではない』シリーズ ※pixivより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■「飛火夏虫」シリーズ 『飛火夏虫』 201…08月14日 15時58分
  • 作者紹介&著書まとめ:蒼月海里
    蒼月海里 プロフィール 名前:蒼月海里(あおつき かいり) 出身:宮城県 代表作:『幽落町おばけ駄菓子屋』シリーズ ※pixivより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■「幽落町おばけ駄菓子屋」シリーズ 『幽落町おばけ駄菓子屋』 201…08月14日 15時44分
  • 【感想・ネタバレ】やはり雨は嘘をつかない 作:皆藤黒助
    伝えられない想いを雨にたくして。 私の誕生日の前日、おじいちゃんは危篤に陥った。 肌身離さず持っていた写真は、私の生まれた日に撮影された心霊写真めいたものだった。 しかしも「五色の雨の降る朝に」という謎の書き込みが。 かわいがられた記憶はな…08月14日 15時42分
  • 【感想・ネタバレ】夜と会う〜放課後の僕と廃墟の死神〜 作:蒼月海里
    どうかこの夜を恐れないでほしい。 親に抑圧されて育った無気力な高校生・有森澪音(れいん)は、喫茶カグヤのマスター・小野寺豪から奇妙な忠告を受けた晩、<夜>と呼ばれる異形が跋扈する廃墟に迷い込んでしまう。 そこで澪音は、自分を一方的に知る謎の…08月12日 23時02分
  • 作者紹介&著書まとめ:佐藤正午
    佐藤正午 プロフィール 名前:佐藤正午(さとう しょうご) 生年:1955年生まれ 代表作:『月の満ち欠け』直木賞受賞 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『永遠の1/2』 1984年1月 発刊 文庫化済 『王様の結婚』 …08月11日 22時54分
  • 【感想・ネタバレ】月の満ち欠け 作:佐藤正午
    第157回 直木賞受賞!途惑いと戦慄の果てに知る、運命の愛。 この娘が、いまは亡き我が子?いまは亡き妻?いまは亡き恋人? そうでないなら、はたしてこの子は何者なのか? 自分が命を落とすようなことがあったら、もういちど生まれ変わる。 月のよう…08月11日 22時18分
  • 【感想・ネタバレ】影裏(えいり) 作:沼田真佑
    第157回 芥川賞受賞!大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。交差する追憶と現実。 北緯39度。 会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。 ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ いつしか疎遠になった男…08月10日 01時16分
  • 【感想・ネタバレ】恋する寄生虫 作:三秋縋
    何から何までまともでなくて、しかし、紛れもなくそれは恋だった。 「ねえ、高坂さんは、こんな風に考えたこと無い?自分はこのまま、誰とも愛し合うこともなく死んでいくんじゃないか。」 「自分が死んだとき、涙を流してくれる人間は一人もいないんじゃな…08月09日 21時36分
  • 【シリーズまとめ・時系列】<物語>シリーズ
    <物語>シリーズとは? 主人公・阿良々木暦と彼に関わった少女たちが”怪異”に巻き込まれる物語。 刊行されたシリーズは20冊を超える人気シリーズである。 TVアニメ化も数度、アニメーション映画化も行われている。 作品は時系列に刊行された訳では…08月09日 12時08分
  • 【感想・ストーリー】忍物語 作:西尾維新
    <物語>シリーズモンスターシーズン、開幕! ”たまには縁もゆかりもない女子を助けてみるのも乙だろう” 直江津高校の女子生徒が、相次いで失踪する事件が発生した。 ミイラ化した状態で発見された少女達の首筋には、特徴的な傷痕があって? 大学一年生…08月09日 11時20分
  • 【シリーズまとめ】天久鷹央の推理カルテシリーズ
    天久鷹央の推理カルテシリーズとは? 空気が読めず、外見は中高生のような天才女医・天久鷹央。 そんな鷹央に振り回される部下の小鳥遊優。 舞台は天医会総合病院、統括診断部。 常人では解き明かせない病状、事件を鷹央が鮮やかに解決する。 解決への過…08月04日 21時52分
  • 【感想・ネタバレ】幻影の手術室〜天久鷹央の事件カルテ〜 作:知念実希人
    手術室での不可能犯罪。なぜ麻酔医は死んだのか。 手術後のオペ室で起きた医師死亡事件。 記録用のビデオに録画されていたのは、一人の麻酔医が「見えない誰か」と必死に格闘し、その末に絶命する場面だった。 手術室は密室。 容疑者は全身麻酔で身動きの…08月04日 21時29分
  • 【感想・ネタバレ】スフィアの死天使〜天久鷹央の事件カルテ〜 作:知念実希人
    私に解けない病気(ナゾ)はない。天才女医の名推理、開幕。 外科医を辞め、内科医としての修行を積むべく、天医会総合病院の門を叩いた小鳥遊優は、そこで運命的な出会いを果たす。 天久鷹央。 空気を読めず、人とのコミュニケーションに難がある彼女は、…08月04日 21時29分
  • 作者紹介&著書まとめ:長江俊和
    長江俊和 プロフィール 名前:長江俊和(ながえ としかず) 生年:1966年生まれ 出身:大阪府 代表作:『放送禁止』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『ゴーストシステム』 2002年11月発刊 『放送禁止』 2009…08月03日 20時23分
  • 【感想・ネタバレ】出版禁止 作:長江俊和
    なぜ「心中事件」のルポは闇に葬られたのか? 著者・長江俊和が手にしたのは、いわくつきの原稿だった。 題名は「カミュの刺客」、執筆者はライター若橋呉成。 内容は、有名なドキュメンタリー作家と心中し、生き残った新藤七緒への独占インタビューだった…08月03日 20時05分
  • 【感想・ネタバレ】君が電話をかけていた場所 作:三秋縋
    受話器を取ってしまったその瞬間、不思議な夏が始まる。 「賭けをしませんか?」 受話器の向こうの女は言った。 「十歳の夏、あなたは初鹿野さんに恋をしました。しかし、当時のあなたにとって、彼女はあまりに遠い存在でした。」 「自分には、彼女に恋す…08月01日 23時57分
  • 【感想・ネタバレ】僕が電話をかけていた場所 作:三秋縋
    もう一度、あの恋に賭けてみようと思った。 ずっと、思っていた。 この醜い痣さえなければ、初鹿野唯の心を射止める事ができるかもしれないと。 「電話の女」の持ちかけた賭けに乗ったことで、僕の顔の痣は消えた。 理想の姿を手に入れた僕は、その夜初鹿…08月01日 23時55分
  • 【2017/7 20冊】今月読んだ本まとめ!一番のオススメはこれ!
    「2017年7月に読んだ本 20冊」の紹介(一言コメント付) 1冊目:『プラットホームの彼女』 7月4日 読了 コメント:人生の大事なものを教えてくれるプラットホームの幽霊。彼女の正体は・・・ 「プラットホームの彼女」の感想ページはこちら!…08月01日 19時48分
  • 【感想・内容】もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか 作:金沢優
    「もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか」のあらすじ 中学校英語教師の桜木真穂は受験英語やTOEICなどでは点は取れるが、実際の英会話が苦手で日々、頭を悩ませていた。 2020年に向けての英語教育の変革において、中学校でも英語…07月30日 12時38分
  • 【感想・ネタバレ】雨の降る日は学校に行かない 作:相沢沙呼
    揺れ動く六人の中学生の心を綴るストーリー 保健室登校しているナツとサエ。 二人の平和な楽園はサエが”自分のクラスに戻る”と言い出したことで、不意に終焉を迎える。 学校生活に息苦しさを感じている女子中学生の憂鬱と、かすかな希望を描き出す6つの…07月27日 22時32分
  • 【感想・ネタバレ】人生相談。 作:真梨幸子
    一通の新聞投書からはじまる、悲劇。ー 父が遺してくれた家に、見知らぬ家族が住み着いた。 しかも我が物顔で 「居候の女性が出て行ってくれません」。 悩める十六歳から太陽新聞の「よろず相談室」に届いた一通の人生相談。 掲載された回答から導かれた…07月27日 00時54分
  • 作者紹介&著書まとめ:川上弘美
    川上弘美 プロフィール 名前:川上弘美(かわかみ ひろみ) 生年:1958年生まれ 出身:東京都 代表作:『蛇を踏む』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『物語が、始まる』 1996年 文庫化済み 『蛇を踏む』 1996…07月27日 00時53分
  • 作者紹介&著書まとめ:真梨幸子
    真梨幸子 プロフィール 名前:真梨幸子(まり ゆきこ) 生年:1964年生まれ 出身:宮崎県 代表作:『殺人鬼フジコの衝動』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『孤虫症』 2005年3月発刊 文庫化済み 『えんじ色心中』…07月27日 00時52分
  • 【感想・ネタバレ】水声 作:川上弘美
    人生の最も謎めいた部分に迫る静かな衝撃作 1996年、わたしと弟の陵はこの家に二人で戻ってきた。 ママが死んだ部屋と、手をふれてはならないと決めて南京錠をかけた部屋のある古い家に。 夢に現れたママに、わたしは呼びかける。 「ママはどうしてパ…07月25日 21時05分
  • 作者紹介&著書まとめ:市川拓司
    市川拓司 プロフィール 名前:市川拓司(いちかわ たくじ) 生年:1962年生まれ 出身:東京都 代表作:『いま、会いにゆきます』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『Separation』 2002年1月発刊 文庫化済…07月23日 21時56分
  • 【感想・ネタバレ】MM 作:市川拓司
    心に鳥肌が立つ純愛小説 ぼくたちは、誰かに止めてもらうのを、 待っていたのかもしれない。 大ベストセラー坂による、まったく新しい「ぼくときみの物語」。 以下、ネタバレ含みます。 スポンサーリンク ? 「MM」のストーリー(ネタバレ含) ハリ…07月23日 21時28分
  • 【感想・ネタバレ】かわいそうだね? 作:綿矢りさ
    同情は美しい、それとも卑しい? 「許せないなら別れる」 恋人の隆大が休職中の元彼女・アキヨを居候させると言い出した。 百貨店勤めの樹理恵は、勤務中も隆大とアキヨとの関係に思いを巡らせ落ち着かない。 以下、ネタバレ含みます。 スポンサーリンク…07月22日 23時33分
  • 【感想・ネタバレ】君にさよならを言わない 作:七月隆文
    魂を救おうと奔走するー 「明くんと久しぶりに話せた・・・」 事故がきっかけで幽霊が見えるようになったぼくは、六年前に死んだ初恋の幼馴染、桃香と再会する。 昔と変わらぬ笑顔をぼくに見せる。 桃香は、ある未練を残してこの世に留まっていた・ それ…07月22日 12時14分
  • 作者紹介&著書まとめ:米澤穂信
    米澤穂信 プロフィール 名前:米澤 穂信(よねざわ ほのぶ) 生年:1978年生まれ 出身:岐阜県 代表作:『古典部』シリーズ ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■「<古典部>」シリーズ 『氷菓』 2001年11月発刊 …07月20日 23時14分
  • 作者紹介&著書まとめ:相沢沙呼
    相沢沙呼 プロフィール 名前:相沢沙呼(あいざわ さこ) 生年:1983年生まれ 出身:埼玉県 代表作:『午前零時のサンドリヨン』シリーズ ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■「酉乃初の事件簿」シリーズ 『午前零時のサン…07月20日 23時13分
  • 【感想・ネタバレ】小説の神様 作:相沢沙呼
    わたしには、小説の神様が見えるからー 僕は小説の主人公になり得ない人間だ。 学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売上も振るわない・・・。 物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。 二人で小説を合…07月20日 22時51分
  • 【感想・ネタバレ】拝啓、十年後の君へ。 作:天沢夏月
    「タイムカプセル」によって繋がる迷える高校生6人の青春物語 十年前に埋めたタイムカプセル。 忘れていたのは、離ればなれになるなんて想像もしなかった頃に交わした将来の約束。 そして一つの後悔。 嫌いじゃないけどドキドキしない、そんな曖昧な恋愛…07月20日 12時08分
  • 作者紹介&著書まとめ:青崎有吾
    青崎有吾 プロフィール 名前:青崎有吾(あおさき ゆうご) 生年:1991年生まれ 出身:神奈川県 代表作:『体育館の殺人』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■「裏染天馬」シリーズ 『体育館の殺人』 2012年10月発…07月19日 11時39分
  • 【感想・ネタバレ】神様の定食屋 作:中村颯希
    思い出の味あります。 妹とともに、両親の遺した定食屋を継ぐことになった高坂哲史。 ところが哲史は料理がまったくできず、妹に怒られてばかり。 ふと立ち寄った神社で「誰かに料理を教えてもらいたい」と愚痴をこぼしたところ、なんと神様に、この世に未…07月19日 11時20分
  • 作者紹介&著書まとめ:綿矢りさ
    綿矢りさ プロフィール 名前:綿矢りさ(わたや りさ) 生年:1984年生まれ 出身:京都府 ジャンル:小説 代表作:『蹴りたい背中』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ ■一般文芸 『インストール』 2001年11月 発…07月17日 11時43分
  • 【感想・ネタバレ】勝手にふるえてろ 作:綿矢りさ
    片思い以外経験ナシの26歳女子が、時に悩み時に暴走しつつ「現実の扉を開けてゆくキュートで奇妙な恋愛小説。 江藤良香、26歳。 中学時代の同級生への片思い以外恋愛経験ナシ。 おたく期が長かったせいで現実世界にうまく順応できないヨシカだったが、…07月17日 11時16分
  • 【感想・ストーリーまとめ】彼女はもどらない 作:降田天
    彼女とはいったい誰なのか。匿名の悪意が連鎖した果てに巻き受ける、衝撃の結末。 雑誌編集者の楓は、娘の衣装を自作する人気ブロガーい批判的なコメントをしたことから、自身の過去のブログを匿名掲示板で晒され、陰湿なストーカー被害に遭うようになった。…07月13日 22時17分
  • 【感想・ネタバレ】僕はまだ、君の名前を呼んでいない 作:小野崎まち
    あなたの胸を締め付ける、軽快だが息が詰まる青春ストーリー 大学を卒業し、就職することなく何となくラノベ作家になった久太と、マンガ家になった漆は、久太の母・涼花と3人で奇妙な”同居”生活を送っている。 2人は恋人同士ではなく、親友とも違った関…07月13日 12時02分
  • 【感想・ネタバレ】ラプラスの魔女 作:東野圭吾
    「ラプラスの魔女」のあらすじ 北海道の祖母の家を訪ねる。 その日、少女は竜巻で母を失った。 同日、少年は体を取り戻す。 温泉地に連続で起きた事故としか思えない中毒死。 事故現場で目撃された少女と少年の正体は・・・ 以下、ネタバレ含みます。 …07月11日 21時02分
  • 【感想・ストーリーまとめ】風と共にゆとりぬ 作:朝井リョウ
    電車のなかで読めない本№1!ー 1冊で100回笑える、復帰崩壊エッセイ! 目をみはるほどのしゅうもなさ!! 読んで得るもの特にナシ!! ひたすら楽しいだけの読書体験をあなたに。 以下、ネタバレ含みます。 スポンサーリンク ? 「風と共にゆと…07月10日 12時21分
  • 【感想・ネタバレ】君に恋するなんて、ありえないはずだった〜そして、卒業〜 作:筏…
    「すれ違い恋物語、完結!」 普通に過ごしていれば、接点なんかなかったはずの飯島靖貴と北岡恵麻。 徐々に仲良くなり、「好き」という気持ちが芽生え始めていたところで、恵麻が友達に放った陰口を靖貴は耳にしていしまう。 すれ違ったまま迎えた一月、大…07月10日 12時00分
  • 【2017年上半期(1〜6月)】読んで良かった本ベスト5!!
    今年ももう半分経過!上半期の読んで良かった本を選んでみます!! 早いものでもう7月。 2017年ももう半分が終わりました。 ブログを始めたのは2月の終わりですが、6月30日までに読んだ本は109冊ありました。 その中で2017年に出版(20…07月08日 23時07分
  • 【感想・ネタバレ】サマー・ランサー 作:天沢夏月
    「夏の風を感じる爽やかな青春ストーリー!」 剣道界で神童と呼ばれながら、師である祖父の死をキッカケに竹刀を握れなくなった天智。 彼の運命を変えたのは、一人の少女との出会いだった。 高校に入学したある日、天智は体育館の前にで不思議な音を耳にす…07月08日 21時25分
  • 【感想・ネタバレ】思春期テレパス 作:天沢夏月
    「ずっと三人でさ、変わらないでいようね」 学校で話題になった一つの噂。 「そのサイトに空メールを送ると、友達の”本音”を教えてくれるんだって」 秀才の大地、お調子者の学、そしてさばさば女子の翼は、帰宅部の3人組。 自然と集まってダラダラ時間…07月08日 00時21分
  • 【感想・ネタバレ】つれづれ、北野坂探偵舎〜感情を売る非常な職業〜 作:河野裕
    推理しない探偵コンビの語られなかった過去が今明らかに! 若き編集者佐々波は、時代遅れになった文学賞の運営を担当していた。 胡散臭い上司、口うるさい後輩、再デビューを目論む作家の思惑が絡み合い、賞の選考は進む。 そんな中、佐々波は優秀な校正者…07月06日 14時02分
  • 作者紹介&著書まとめ:水沢秋生
    水沢秋生 プロフィール 名前:水沢秋生(みずさわ あきお) 生年:????年生まれ 出身:兵庫県 ジャンル:ライトノベル、小説 代表作:『ゴールデンラッキービートルの伝説』 ライトノベルの名義は、「波乃歌」として活動。 ※wikiより一部抜…07月06日 12時50分
  • 【感想・ネタバレ】プラットホームの彼女 作:水沢秋生
    本当に後悔していることは、そのことじゃないでしょう?ー 駅のホームの端に立ち、風にスカートを翻す少女。 彼女は、まっすぐにこちらを見ていた。 喧嘩していた親友に転校を告げぬまま夏休みを迎えてしまった少年。 地味な同級生がバンドをやっていると…07月05日 00時00分
  • 【雑談回】本の思い出:夏の庭〜夏休みの読書感想文で読んだ本〜
    夏休みには読書感想文がつきものですが。 4回目の「雑談回」です。 7月に入って暑い日が続きますね。 夏休みも近づいてきました。 今回は読書感想文の思い出です。 スポンサーリンク ? 「夏の庭」を見るたび、小学校時代を思い出す。 夏の庭を読ん…07月03日 20時21分
  • 【2017/6 20冊】今月読んだ本まとめ!一番のオススメはこれ!
    「2017年6月に読んだ本 20冊」の紹介(一言コメント付) 1冊目:『スターティング・オーヴァー』 6月2日 読了 コメント:三秋さんの第一作! 「スターティング・オーヴァー」の感想ページはこちら! 2冊目:『国道沿いのファミレス』 6月…07月03日 19時56分
  • 作者紹介&著書まとめ:阿川大樹
    阿川大樹 プロフィール 名前:阿川大樹(あがわ たいじゅ) 生年:1954年生まれ 出身:福東京都 代表作:『天使の漂流』 ※wikiより一部抜粋 スポンサーリンク 著書まとめ 『ワールドカップは終わらない』 2002年発売 『覇権の標的』…07月03日 18時20分