間違いだらけのマンション管理

登録ID
1910481
サイト名称
間違いだらけのマンション管理
URL
http://courage.wp.xdomain.jp/
紹介文
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイト
カテゴリ
  • マンション管理 (100%) - 2 / 34人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • マンション管理会社の法令違反、依然と続く!
      マンションの管理の適正化に関する法律が平成13年8月に施行され、既に16年の月日が経過しているのだが、マンション管理会社の法令違反が後を絶たない。 この法令違反は、国土交通省が毎年実施し ... Copyright ©…12月14日 08時19分
  • マンションの市場価格について考える!
      マンションは経年とともにその価値が下がっていく。最近はちょっとした不動産のバブル期だから首都圏の人気エリアにおいては、新築価格よりも高い値段で中古マンションが売買され、現世においてはとて ... Copyright ©…12月12日 10時00分
  • 修繕積立基金の間違った理解を正す!
      近年、新築マンションでは入居時に修繕積立基金が徴収されている。これらは、登記費用、ローン事務手数料などの諸費用と併せて徴収されている。今では初回に支払う費用として慣習化されているのだが、 ... Copyright ©…12月11日 08時28分
  • マンションの民泊の是非|管理組合の規約改正はお早めに!
      来年2018年6月15日に住宅宿泊事業法が施行され、同年3月15日から住宅宿泊事業の届け出が開始される。この届出の際に、そのマンションが住宅宿泊事業を許容しているかどうかの項目があり、そ ... Copyright ©…12月10日 06時55分
  • 久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!
      私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい ... Copyright ©…12月08日 04時27分
  • マンションの照明のあれこれ!
      マンションの照明切れのチェックは、月に1回から2回程度、管理会社(現地の管理員)が行っている。 そのときに全ての照明を点灯させ、照明の交換を同時に行っている。白昼に全灯させているから、住 ... Copyright ©…12月05日 08時24分
  • マンション管理会社|月次報告書について
      何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 ... Copyright ©…12月03日 09時04分
  • マンションの民泊に関わる規約改正について
      平成29年6月9日に住宅民泊事業法が成立し、それに合わせて国土交通省のモデル規約「マンション標準管理規約」の一部が同年8月26日に改正された。 今回の改正の趣旨は、分譲マンションにおける ... Copyright ©…11月30日 07時52分
  • 管理組合の備品などの定期チェックについて
      マンションの共用部分の鍵、総会・理事会の議案書・議事録・名簿などの資料、管理に関する契約書、竣工図書、そして備品類、これらは全て管理組合の大切な財産であり、管理を行う上で必要なものとなる ... Copyright ©…11月28日 09時47分
  • マンション管理の予防保全と事後保全について
      マンション管理に「維持保全」という言葉がある。維持保全とは、マンションの安全性を維持する、そんな意味で使用されているのだが、建物や設備の修繕、設備の保守点検、財産管理などがそれに該当する ... Copyright ©…11月27日 07時19分
  • 管理会社変更|その後の良し悪しは?
      マンション管理を見直す際に、マンション管理会社自体を変更するケースもあるだろう。 コストが下がり、以前よりも良くなった。 このような結果が得られれば、きっと苦労した甲斐があると思う。 す ... Copyright ©…11月24日 07時42分
  • マンション管理とは
      何のためにマンション管理を行うのか。 快適な暮らし、安心できる住まい、資産価値を高める、色んな目的がそこにはある。 何のために管理組合は存在するのか。 それを具現化するために存在する。 ... Copyright ©…11月23日 07時07分
  • マンションのクリスマスイベント
      この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ ... Copyright ©…11月22日 10時21分
  • 間違いだらけのマンション大規模修繕!
      これまで大規模修繕に関する記事を書いてきたが、個人ブログだとその記事に対して信憑性を問われてしまう。 当事者となる施工会社、設計コンサルタント、そして管理会社が書いた記事も同じことがいえ ... Copyright ©…11月19日 08時28分
  • 防犯カメラの設置効果について
      防犯カメラが設置しているから安心、この考え方は間違っている! なぜなら、マンション内の自転車やバイクの盗難、住戸内の空き巣犯罪というのは、防犯カメラが設置されているマンションでも起きてい ... Copyright ©…11月16日 09時46分
  • 管理会社の見積書がまかり通る理由!
      マンションに出入りする工事業者に直接見積りを依頼したら断られる。これはよくある話である。そして次に出る言葉… 「工事の見積もりなら管理会社を通してください。」 マンションに出 ... Copyright ©…11月15日 08時05分
  • マンションリノベーションにおける注意点!続編
    ? 前回の記事はこちら   ここ数年、マンションの住戸内におけるリノベーション(スケルトンリフォーム)が盛んに行われている。 時代に見合わなくなった室内を全て取っ払い刷新することについては、 ... Copyright ©…11月14日 08時08分
  • マンションリノベーションにおける注意点!
      私の住んでいるマンションは築20年になるが、今年に入ってリノベーションを行った住戸が2つある。 ちなみにリノベーションとは、日本語に訳すと「刷新」「革新」という意味になるのだが、建築で用 ... Copyright ©…11月13日 06時44分
  • マンションの面格子の白錆について
      経年に伴い、マンションの至るところで劣化現象が起こる。   マンションに使用されている部材の中には、事前に予防することで劣化を防げたり、その進行を遅らせることができるものがある ... Copyright ©…11月11日 09時26分
  • マンションの結露対策について
      夏は窓の外側に、冬は窓の内側に発生するものといえば、そう結露である。     マンションは気密性が高い建物だから結露が発生しやすい。特に冬の結露は室内のいたるところに ... Copyright ©…11月10日 10時16分
  • マンション火災は本当に怖い!
      寒い季節になると増えるもの、それは火災である。     マンションは、鉄筋コンクリートなどの耐火構造で作られているから延焼しづらい、つい最近まで私はそのように感じてい ... Copyright ©…11月08日 09時38分
  • マンションにこんな看板必要ですか?
      マンションの上部に設置されているマンション名入りの看板、中にはマンションデべロッパー名、ロゴマークが刻まれたものがある。 この看板は目立つ場所にあるから、マンションデべロッパーにとっては ... Copyright ©…11月07日 07時58分
  • マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!
      マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 ... Copyright ©…11月04日 06時54分
  • マンションデべロッパーはただの物売り!
      マンションデべロッパーは、事売りではなくただの物売りである。私がマンションデべロッパー時代に悟った悲しい業界体質である。 どんな商売も物売りであってはならないと思う。なぜなら、物の価値を ... Copyright ©…11月03日 08時29分
  • マンション管理会社とマンション管理士の違いについて
      唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。ネットでも見れ ... Copyright ©…11月02日 08時56分
  • 間違いだらけの勘違い?
        世の中には、間違ったことが多く存在する。マンション管理にも当然に存在するのだが、それを間違いだと思うのは主観的な自分の考え方である。 だから、人によってはそれが正しいことで ... Copyright ©…11月01日 04時14分