この本読んどく?

登録ID
1911057
サイト名称
この本読んどく?
URL
http://kore-yondoku.blog.jp/
紹介文
オススメの小説や書籍、簡単料理のアレンジレシピまで幅広く紹介!
カテゴリ
  • 本・書籍 (90%) - 29 / 337人中
  • 簡単料理 (10%) - 38 / 133人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 悪夢の先にあるものは……!?道尾秀介「貘の檻」
    心の闇、というものは中々消えるものではない。それを心因として「トラウマ」が生まれることもあるようだ。それはしばしば私たちに悪夢を見せる。そんな暗い雰囲気の小説を得意とする作家に道尾秀介氏がいる。今回は今年の一月新潮社から文庫化された「貘の檻…06月23日 23時09分
  • これであなたも森見通!?森見登美彦「京都ぐるぐる案内」
    自分の好きな小説や漫画、映画の世界に入り込みたいと願ったことはないだろうか?しかし、二次元の世界には現代の技術をもってしても入り込むことはできない。その結果として、そしてその願望の現われとして所謂「聖地巡礼」が活発になっているようだ。今回は…06月22日 21時26分
  • 絶対的権力は絶対に腐敗する。ジョージ・オーウェル「動物農場」
    国会が閉会した。マスコミの報道を含めここまで腐っていたのはなかなかお目にかかれない。ニュースを通じて我々に伝えられる報道と言えば「加計学園」や「森友学園」の報道ばかりだ。しかもそこに汚職が絡んでいるのならまだしも、あたかも違法性があったかの…06月20日 22時27分
  • 日本お祭り紀行番外編 佐渡ご当地グルメ編
    旅行といえば「ご当地グルメ」も魅力の一つ。せっかくだからその土地、その地域でしか食べられないものを食べてみたい!そんなわけで今日は番外編として中々行く機会が少ないであろう佐渡のご当地グルメをご紹介!〈関連記事はこちら〉・日本お祭り紀行その?…06月19日 23時35分
  • 日本お祭り紀行その? 佐渡「大道芸人と二ツ岩大明神」編
    今回の記事は佐渡「つぶろさし」編の関連記事となっております!・日本お祭り紀行その? 佐渡「つぶろさし」〜Part1〜・日本お祭り紀行その? 佐渡「つぶろさし」〜Part2〜羽茂祭りでは神社行事の他にも、地区内イベントとして小学生みこしや幼児…06月18日 22時56分
  • 日本お祭り紀行その? 佐渡「つぶろさし」〜Part2〜
    今回の記事は佐渡「つぶろさし」編のパート2となっております。ぜひパート1からご覧くださいませ!そんなわけでパート2は残る二つの「つぶろさし」を御紹介しようと思う。それぞれ微妙に違っているのが見どころだ。 目次 二人の鬼が舞う! 鬼舞つぶろさ…06月17日 22時28分
  • 日本お祭り紀行その? 佐渡「つぶろさし」〜Part1〜
    日本各地の祭を回ってみようと思い、その第一回となったのが佐渡「つぶろさし」だ。近くに住んでいながら佐渡のことはほとんど知らないのが実情である。すぐに思いつくのは「金山・トキ・たらい舟」ぐらいなものだ。そんなわけで今回は上の「羽茂(はもち)祭…06月16日 22時09分
  • カスタードアップルパイが食べたくなったので自作する
    ふと何かが食べたくなる、そんなことはないだろうか?しかし、もう夜も遅いし、ケーキ屋も閉まっている。開いていても売りきれていたらどうしよう?と不安がよぎる。でしたら作ってしまいましょう! 目次 パイ生地作り パイの中身〜リンゴとカスタード〜 …06月15日 21時00分
  • 誰でも簡単!バナナのパウンドケーキ
    食器棚を整理していたら、中から100均で買った紙の型が出てきた。そして目の前にはホットケーキミックス。これはもう作るしかない。そんなわけで簡単に出来るパウンドケーキを作ってみた。 目次 簡単にできるその理由! バナナのパウンドケーキを作る!…06月14日 21時30分
  • スーパーで季節外れのイチゴを発見したのでラッシー作る+チャイ
    スーパーをふらふらして気分転換していると、ついつい見てしまうのがおつとめ品のコーナーである。そこでなんと「越後姫」を発見。ブランドのイチゴがシーズン外の痛みかけとはいえ200円とは安いじゃないか!本来であればそのまま食べたいところだが、いけ…06月13日 22時29分
  • 偉大なる落伍者の偉大な傑作! 坂口安吾「不連続殺人事件」
    純文学畑にいながらも推理小説を書いた作家は意外と多い。中でも有名なものが坂口安吾の「不連続殺人事件」だろう。今日は破天荒な人生を送った安吾が書いたこの「不連続殺人事件」を読んでみようと思う。 目次 破天荒な人・坂口安吾 「不連続殺人事件」を…06月12日 21時02分
  • KFCに行きたくなったからビスケットを作った
    時々無性に食べたくなるのがあのKFCのビスケット。サクッ、ふわの食感が堪らない。だが近くに無かったりすると「あのビスケットのためだけにわざわざ……」と思ってしまうのもまた事実である。そんなわけで今回は自宅でKFC風ビスケットを作ってみる。 …06月10日 15時00分
  • 家康好きなのに「焼き味噌」を食べたことがなかったので作る
    当時、陣中食として重宝された「味噌」最近では美容や病気予防に味噌が良いという話もあり、その力が再注目されている。そんなわけで今日は焼き味噌を作ってみようと思う。 目次 「家康」と「焼き味噌」の真実 焼き味噌を作ってみる! 実食 「家康」と「…06月10日 07時00分
  • 余った蕎麦粉でガレットを作ったらこうなった
    先日「兵糧丸」を作るために蕎麦粉もろもろを買ってきたが、やはり余った。そこで蕎麦粉を何に使うか検討した結果過去にうまくできなかった「ガレット」に再挑戦ということに決まったのである。今回は「蕎麦粉のガレット」を作ってみた。 目次 ガレットとは…06月09日 20時42分
  • 毎日の生活に疲れれたから兵糧丸を食べて回復を試みる
    なんだか最近寝ても疲れが取れない。集中力も続かない。そんなこと、ありませんか?そんなときにはこれ!そう、兵糧丸だね! そんなわけで今日は戦国の携帯食である兵糧丸を作ってみようと思う。※兵糧丸はあくまでも携帯食ですので、食べた途端元気になるわ…06月08日 18時32分
  • ネタかガチか!?奥井真司「毒草大百科 愛蔵版」
    書店をふらふら歩いていると、偶然思わぬ発見をすることがある。その本が当たりであれば得した気分にもなれるものだ。今回紹介したい本はそんな偶然から発見した本「毒草大百科」である。名前からして怪しげな本を今日は見てみようと思う。 目次 「人を死に…06月06日 23時54分
  • 恐怖の女子会!秋吉理香子「暗黒女子」
    御嬢様学校というものは今も昔も羨望の的なのだろうか?実際の御嬢様学校の実態などはまったく私はわからないが、少なくともこの「暗黒女子」の世界においては生半可な覚悟では生き残れない苛酷な世界のようである。今日は現在映画公開中でもある「暗黒女子」…06月05日 21時58分
  • だって貴族だから! 麻耶雄嵩「貴族探偵」
    平安貴族や武家貴族、公家や華族など日本にも様々な貴族階級の人間がいた。そんな貴族たちについて私たちはどんなイメージを持っているだろうか?今日はおよそ貴族らしい探偵が登場する「貴族探偵」を見てみようと思う。 目次 麻耶雄嵩ってどんな人? 「貴…06月03日 23時42分
  • 京都の街を妄想が走り抜ける!森見登美彦「太陽の塔」
    大阪万博から数十年経った今でも尚多くの人に愛されている「太陽の塔」そんな「太陽の塔」に魅せられた女性が、森見氏デビュー作の「太陽の塔」に登場する。今回はそんな「太陽の塔」に魅せられた女性とその女性を研究する男の物語を見てみようと思う。 目次…06月02日 22時20分
  • あなたも知らないうちに呪われてる!? 豊島泰国「日本呪術全書」
    現代はストレス社会である。ふとした拍子に自分の口から「毒」が漏れていないだろうか?ネットを見れば、知名人から一般人まで呪詛の言葉を吐かれていない人間はおよそいないのではないかとも思えてしまう。が、「呪い」というのは今に始まったことではない。…06月01日 22時35分
  • 大坂の陣の隠れた主役!?仁木英之「真田を云て、毛利を云わず」
    昨今の戦国熱はとどまるところをしらない。一昔前まではマイナーだった武将も今ではゲームや大河の影響で一躍人気者となっている。しかしながら有名な武将の影に隠れ、自身の手柄が他の武将のもののように語られていたり、存在さえ知られていない武将もまた多…05月31日 22時53分
  • 主従の逆転!? ニコルソン・ベイカー「中二階」
    本を買うときに自分の中で決めている基準はないだろうか?私はそうなのだが、自分の基準に基づいて本を買っていくと、次第に同じような本が増えていく。その結果マンネリに陥ってしまう。何か変わった本、それもうんと変わったものが読みたい。そんな人にオス…05月30日 21時38分
  • あなたの隣人はどんな人? 前川裕「クリーピー」
    辞書を引くと「クリーピー」とは「身の毛がよだつような、気味の悪い」という意味だと教えてくれる。本書もそのタイトル通り、どうも気味の悪い内容となっている。サスペンスホラーよりの本書を今日は見てみようと思う。 目次 作者の前川裕ってどんな人? …05月29日 23時39分
  • 今日もどこかで開催中!?万城目学「鴨川ホルモー」
    変わったタイトルは一度聞くと中々頭から出ていかないものだ。「鴨川ホルモー」もそうだろう。鴨川はわかるとしても、「ホルモー」って何なんだ? 変わったタイトルには、どこか人を惹きつける魅力もある。そんな「鴨川ホルモー」を今日は見てみようと思う。…05月27日 23時20分
  • 日本各地の季節の祭 〜奇妙なものから笑えるものまで〜
    今後行ってみようと思う各地の祭を今現在私が知っているものだけまとめてみた。今後随時追加予定。奇祭でなくとも各地のお祭り・伝統行事もここに追加していきます。行ったものに関しては後々記事に起す予定。なお今回は「奇祭・杉岡幸徳」「日本の奇祭・合田…05月25日 22時06分
  • 変貌する日本の今昔 芳賀日出男「日本の民俗」/みうらじゅん「とんまつりJAPAN…
    日本人は無宗教と言われることが多い。実際「あなたはどの宗教を信仰していますか?」なんて聞かれてたらはっきりと答えられる人は少ないだろう。だが、はたしてそうだろうか? 本当に日本人は無宗教なのだろうか?そんなわけで今日は「日本の民俗」という本…05月24日 23時55分
  • どんでん返しの波状攻撃! 三津田信三「首無の如き祟るもの」
    その小説内に書かれていることほぼ全てが伏線であり、またメタ的要素を多分に含んでいる小説があっただろうか?今日紹介する「首無の如き祟るもの」はそんな小説の一つだろう。これを読めばあなたもきっとミステリー、いや読書が好きになるはずだ。あなたをき…05月23日 23時38分
  • あなたも作家になれるかも!? オススメ指南書5選!
    昨今誰もが気軽に小説を書ける時代になった。ネット上にも小説やSSが溢れ、さらにはそこから商業作家へとデビューしていく人もいる。だが小説を書こうと思っても、何を書けばいいのかわからない、どう書いたらいいのかわからない、そんな人も多いのではない…05月22日 23時09分
  • これであなたもモリミスト!? 森見登美彦「ぐるぐる問答」
    夜は短し歩けよ乙女が現在大ヒット上映中である。モリミストとしては大変喜ばしいことだ。どうやら「詭弁踊り」がヤバイということで各所で話題になっているようだ。そんなわけで今日はアニメ映画の大ヒットを祝して、森見氏最初で最後の対談集「ぐるぐる問答…05月21日 23時31分
  • 異次元級のブッ飛び度! 平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」
    数多くの小説が毎年出版される中、かつてここまで狂ってる小説があっただろうか?2006年に出版されるやいなや様々な方面で物議を醸し出したこの「独白するユニバーサル横メルカトル」そんな本を今日は見ていこうと思う。 目次 怪人・平山夢明 そして被…05月20日 23時44分
  • 気づいた時にはもう遅い!? 小野不由実「残穢」
    科学文明が進んだとはいえ、未だに解明できない謎・不思議な現象が多くある。そんな現象に自分が遭遇したらどうだろう?怖いと感じるだろうか? それとも何も気にせず普段通りに行動するだろうか?では「自分は普段通りの行動をしているのに、自分の知らない…05月19日 20時22分
  • そして因果は逆転する! 湊かなえ「リバース」
    4月14日からTBSにて連続ドラマ化された「リバース」放送元のTBS系列ではすでに「夜行観覧者」「Nのために」「往復書簡」がドラマ化されている。制作陣も変わっていないようすだ。これだけドラマ化されるのはおそらく視聴率がとれるのだろう。今日は…05月18日 20時43分
  • 日本の美の再認識! 角川ソフィア文庫発「ジャパノロジー・コレクション」
    我々日本人は日本に住んでいながらも、日本の文化をほとんど知らないのではないだろうか?例えば「和菓子」だ。季節によって販売されているものが変わるが、その菓子が持つ意味を外国人に訊ねられて答えることができるだろうか。急激な欧米化が進み、その過程…05月17日 00時12分
  • タンドリーチキンはじめてガイド
    他のインド料理はこちら・チキン65地獄へようこそ 〜ハマるインド料理〜そんなわけで前回はチキン65(シックスティファイブ)を作った。今回はインド料理といえばやっぱりコレだ!という「タンドリーチキン」を作ってみようと思う。もちろん、タンドール…05月15日 21時50分
  • 国内ミステリーの頂点! 横溝正史「獄門島」
    週刊文春によって実施された「東西ミステリーベスト100」という、推理作家や愛好家らが選んだランキングがある。これは過去に二度行われている。1985年版・2012年版だ。そして過去のランキングでどちらも1位に選出されたのが横溝正史の獄門島であ…05月15日 00時34分
  • 虫の声を聴く女! 川瀬七緒「法医昆虫学捜査官」
    「法医昆虫学」と聞いてどんなことを想像するだろうか?普段、何事にも巻き込まれずに生活していればまず聞くことはない言葉だろう。日本国内では特にそうだ。今日紹介する本はそんな「法医昆虫学者」が主人公の本である。今私の手元にある文庫の帯には「『聴…05月13日 06時37分
  • きっと勉強が楽しくなる!サンキュータツオ「国語辞典の遊び方」
    今現在、自分の家、もしくは自分の部屋に何冊の辞典があるだろう。 まだ捨てていないという人はおそらく三冊、国語辞典・英和辞典・古語辞典ではないだろうか? そもそも現在ではネットで調べればすぐ単語の意味は出てくる。持ち運ぶんだったら電子辞書。そ…05月12日 21時24分
  • レジェンド達の夢の共演! 合作探偵小説「江川蘭子」
    小説講座などでは合作小説、いわゆるリレー小説などを課題として出されることがあるようだ。しかしながら最近では、アンソロジーやオムニバス形式の書籍はあっても、「合作小説」というものはほとんど見ない。だが、過去には探偵小説界のレジェンド達が多くの…05月12日 00時12分
  • 黒髪の乙女を探しに行こう!森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
    京都を舞台にした小説は多々あるが、最近勢いがあるのはやはり森見氏に違いない。彼の作り出す京都をベースとした奇妙な舞台を覗くには、アニメ映画化もされた「夜は短し歩けよ乙女」が最適だろう。森見入門にも持って来いな本書を今日は見てみよう。目次そも…05月10日 20時01分
  • チキン65地獄へようこそ 〜ハマるインド料理〜
    インド料理には美味しいおかずがたくさんある。シークカバーブやプロウンマサラ、そして一番有名なものがタンドリーチキンだろう。しかしながら「チキン65」という名の料理があることをご存じだろうか?この「65」まで含めて正式名称となるこの不思議な名…05月09日 20時01分