理刹主義-躁鬱病と診断された女-

登録ID
1912046
サイト名称
理刹主義-躁鬱病と診断された女-
URL
http://risetsu.hatenadiary.com
紹介文
30代、闘病約10年。私は医者にも治すことが出来ない躁鬱病なのだと胸を張れる時期すらあった、病的被害者ではない、社会的加害者の偏屈な自白。
カテゴリ

※最新の記事

  • 人格肯定
    性格、人格を不特定多数の人間に認めてもらいたいと強く思った。 今の私はおそらく躁状態に近く、しかし誇大妄想もない。 非人道的なことを考えるわけでもない。 「なんとなく元気で楽しい人(ただし少し抜けている)」であるだけのような気がする。 正直…07月19日 23時29分
  • 対人輪廻
    また考えている。 私は、過去に私をさげすんだ人たちを強く憎んでいる。 憎み続けている。 その思考を無視することができない。 反して彼らの中ではキッチリと、私の存在など遠い過去のものになっていることに腹が立つ。 連絡先などはこちらからもかなり…07月17日 10時03分
  • ベルギー行こう
    安楽死を目的に生きることが悪くないような気がした。 その過程で、おそらくとても重要な別の目的ではなく、目標に気がつくことがおおいに予想されるからだ。 片道だけで構わない、しかしプランとして出るものは2泊5日の旅、安くて10万円ほどからである…07月13日 23時09分
  • 拝啓 今を存在することが苦痛な私
    ? つい一刹那前の私は安定していました。 それは、事業所の方々との交流があるおかげです。 とても素敵な方々です。 どんな時も、私は環境には恵まれています。 夏がこんなに暑いことも久しぶりに知りました。 十年前の品川の夏とは違うとは思いますけ…07月12日 15時47分
  • 陰口の善意
    インターネットは嫌いだと過去に記した。 それでも、百科事典を引きに図書館へ足を運ぶより、パソコンやスマートフォンで検索をする方が一般的だ。 ? 先ほど、不意に、生きたままの臓器提供が可能であれば何らかの行動を起こしたいと思いついた。 前提と…07月05日 14時47分
  • 妄想や幻覚ではないらしい
    線路に入る 高所から落ちる 首を吊る 胸を包丁で刺す などの図、または映像が鮮明に浮かぶことがある。浮かび続けることがある。一度も浮かばない日はここ何年も、ほぼないような気がする。 これらは一体何だ。 そうしなければならないような気になる。…07月04日 18時38分
  • 不安感疲労感
    体力がもたない。 10年近く社会的な生活から離れ、閉鎖病棟と自宅を行き来し、突然(表現によってはようやく)、ほんの少しではあるものの生活に規則性が生じたのだ。 たった2ヶ月の継続である。 2ヶ月経過しようとも、社会的な生活の何たるかを思い出…07月01日 05時52分
  • 同居と「唄」
    寝付けない時、早朝に目が覚めた時、 1人でいる時、やることが何も見当たらない時、 外から通行人の声が聞こえる時、 自然音さえ耳障りに感じる時、 テレビ報道が聞こえる時、 過去の出来事が脳裏をよぎる時、 生きるために必要ではない買い物をした後…06月25日 05時54分
  • 通常の抑制力(通院日)
    7年ほど診ていただいている、主治医の見解である。 どうやら、私はほぼ「通常の人」に近くなりつつあるらしい。 どれだけの誇大妄想があろうとも、希死念慮が根強くあろうとも、多かれ少なかれそれらは元来、18歳頃までに形成された心が持ち合わせている…06月22日 12時48分
  • 不満足な愚者
    「満足な豚であるより、不満足な人間である方が良い。同じく、満足な愚者であるより、不満足なソクラテスである方が良い。 そして、その豚もしくは愚者の意見がこれと違えば、それはその者が自分の主張しか出来ないからである。 」 ? 倫理社会の授業で衝…06月20日 00時37分
  • 最も強い野望
    もしも、の話である。 一種の誇大妄想を現実的な野望に変えてみるとする。 そうすると、かねてより私が最もやりたいことは「芝居」だということが、自分の中でかなり明白になってきている。 舞台に立ちたい。 自分を使って人前で表現をしたい。 私を見た…06月16日 01時25分
  • 障害理屈
    誰もが性格と緊張という障害を持っている。 ただし、それを障害と認識するか否かは個人の自由な決断だ。 ? 昨今の報道は障害者と健常者の派閥を強める傾向があるように感じる。 健常者は障害者を生産性がないと見下し、障害者ないし親族は理解が足りない…06月13日 23時36分
  • 隠し事
    日毎、時間毎に気分の波が小刻みである。 少し前、ただひたすらに落ち着いていて、落ち着いていながら、高所から飛び降りる鮮明な幻覚のようなものが頭から離れなかった。 それが耐え難くなり横になり、天井を見ればそこから首を吊る幻想が浮かぶ。 落ち着…06月11日 06時01分
  • 穏やかな希死念慮
    おそらく、生活は充実している。 何も考えずに勉強をしていただけの中学時代よりも充実している。 福祉サービスが充実しているためだ。 ? 一般社会からみる精神障害者への本心、偏見や差別に対し、穏やかでいられる。 どれだけ迷惑しているのか知りたい…06月07日 06時00分
  • 病的な性格の境界
    学生時代のアルバイト仲間と久しぶりに集まる機会があった。 とても環境の良い勤め先で、それぞれが違う職場や家庭に進んでから10年以上経つにも関わらずスマートフォンの普及で近年連絡を取り合うようになった。 私自身、そこのアルバイト先には高校時代…06月03日 15時19分