古城巡り 写真館

登録ID
1914461
サイト名称
古城巡り 写真館
URL
http://yamashiro2015.blog.fc2.com/
紹介文
関東を中心に、全国の城館をみんなのデジブック広場にて現在又は近年を紹介して行きます。
カテゴリ
  • お城巡り (100%) - 13 / 87人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 比企氏一族史跡巡り 埼玉
    比企一族〜露と消える〜埼玉比企氏は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけて武蔵国比企郡(現在の埼玉県比企郡と東松山市)を領した藤原秀郷の末裔を称する関東の豪族。一族は族滅したため、詳細な史料が残らず、系譜も明らかではないが、一族である比企尼が…05月21日 13時51分
  • 願成寺 栃木県佐野市
    天慶(てんぎょう)元年(938年)に藤原秀郷公が現在地に堂宇を移し開基したといわれています。建長年間(1249〜1255年)に領主となった佐野源左衛門常世は願成寺を菩提寺として、以降佐野家の菩提寺として庇護されました。釈迦堂の附近の高台に常…05月21日 07時40分
  • 大綱山城 栃木県佐野市
    ?イメ−ジ図になります。05月21日 06時31分
  • アド山城(阿土山城) 栃木県佐野市
    ?イメ−ジ図になります。05月21日 06時30分
  • 大綱山城 栃木県佐野市
    大綱山城富士町にある山城跡で、唐沢山城から沢をへだてて1.5kmほど南東の、大網山の山頂に位置しています。佐野氏の家臣の居城と思われますが、築城年代や城主・居住者は分かっていません。築城は古代にさかのぼるとされますが、現在確認できる遺構は戦…05月20日 21時22分
  • アド山城(阿土山城) 栃木県佐野市
    アド山城(阿土山城)豊代城跡の北方に位置する阿土山城跡は、仙波町に残る堅固な山城です。標高371mの山頂からは、仙波や会沢、葛生方面ばかりでなく、唐沢山も望めます。本城跡は、建永元年(1206)安戸氏が築城したとされ、永禄2年(1559)以…05月20日 20時52分
  • 諏訪山砦 栃木県佐野市
    諏訪岳登山口・・・・ここから登って正解、周遊しておりました。田沼工業団地の奥から登山道が整備されており、城址の諏訪岳迄簡単に行く事が出来、多くの方がハイキングを楽しんでいました。しかし、今回は京路公園駐車場から直ぐに在る、旧道でしょうか?諏…05月20日 19時13分
  • 正雲寺城(豊代館) 栃木県佐野市
    正雲寺地区公民館の北西、約18,000?の長方形の敷地に土塁が残されており、築城年代、築城者は不明となっていますが、佐野源左衛門常世の居館であったとされています。佐野源左衛門の位牌の有る公民館・・・ガラス越しに、位牌が見れます正雲寺城(豊代…05月20日 18時54分
  • 屋形山城 栃木県佐野市
    唐沢山南麓山間部の西側で東向きの舌状丘に位置する。しかし、ゴルフ場造成の為すでに遺構は消滅している!!文明2年佐野越前守師綱が築城し、天正年間迄存続した。屋形山城 遠景05月20日 16時42分
  • 大貫氏館 栃木県佐野市
    天正年間(1573〜92)大貫越中守政宗が築城、慶長7年(1612)まで存続したと伝わる堀跡が一部残るとされるが・・・・・解りませんでしたが、南東隅に土塁の痕跡が有ります。南東に在る土塁・・・・ほとんどの遺構は宅地化の為、消滅していると思わ…05月20日 16時32分
  • 小倉城 栃木県佐野市
    山丘西麓台地に位置し、北から西側に堀跡と土塁の一部が残る。堀跡から南側が狭くなり不整長方形状の城域(東西最大50m、南北100m)が推定される。嘉元 元年(1303)に小倉刑部義成が築城し戦国末期迄存続したという。北西の堀跡と土塁北側からの…05月20日 16時28分
  • 鐙塚阿曽沼城 栃木県佐野市
    越名沼西岸台地に位置し、佐野工業団地造成前までは土塁や井戸などの遺構を残した。文明3年、阿曽沼弾正が築城し、戦国末期名で存続したという。周辺の風景〜遺構は消滅していると思われる!!・・・・・・すぐ近くの星宮神社の脇の公園に土塁らしき物が有る…05月20日 16時08分
  • 新地館 栃木県那須烏山市
    05月17日 18時31分
  • 根古屋城 栃木県那須烏山市
    ?イメ−ジ図になります(。>ω<。)ノ05月17日 18時01分
  • 大木須城 栃木県那須烏山市
    ?イメ−ジ図になります(。>ω<。)ノ05月16日 18時30分
  • 稲積城 栃木県那須烏山市
    稲積城遺構位置図?現地説明板を参考にしました。05月15日 20時47分
  • 烏山城2018 栃木県那須烏山市
    烏山城 三ノ丸〜古本丸烏山城 古本丸〜厩屋跡烏山城は、町の中心より北西に位置する八高山(206m)に築かれた山城で、山の形が牛の寝ている姿に似ていることから、別名臥牛城-がぎゅうじょう-とも呼ばれています。古記録、系譜等によりますと、沢村五…05月15日 09時09分
  • 稲積城 栃木県那須烏山市
    稲積城天仁2年(1109)那須氏2代資道築城と伝わる。上杉禅秀の乱(1416)の前頃から一族間で争いが起こり、那須家が上下に分裂、弟資重が一時拠るが応永24年(1417)烏山に移り、その後本庄氏が入城した。遺構は断片的で有るが、散策をすると…05月15日 07時21分
  • 大木須城 栃木県那須烏山市
    大木須城明応年間(1492〜1501)頃、那須資實の次男民部大輔頼實が築城。天文20年(1551)千本城で主君高資と共に謀殺され廃城。沢が有り生活水は確保できたのであろうか?麓の「小谷が下」に館が在ったと伝えられている。又山頂の湯殿神社は天…05月15日 06時50分
  • 根古屋城 栃木県那須烏山市
    根古屋城大桶集落の南西にあたり、塩那丘陵東縁の突端とその麓を利用した山城である。複郭で、本丸、二の丸、三の丸、出郭からなり帯郭が巡り、竪堀も確認できる。又この城では地下道が発見されている(雨の為今回は見ていません)この城はゴルフ場造成の為、…05月15日 06時29分
  • 新地館 栃木県那須烏山市
    新地館那珂川の右岸に接しており、北は那珂川の崖、西と南が地続きなので、折れと土塁と堀が確認できる。南が正面で東西約55m、南北約73mあり、単郭の居館である。三嶋神社が新地館となる築城者についての詳細は不明。那珂川の対岸に松のや武茂に対する…05月15日 06時03分
  • 滝田館 栃木県那須烏山市
    那珂川の右岸に位置し、河岸壇上の平地に占地している。東は那珂川の断崖、北は深い赤垂の沢、南と西が地続きで上段二段位に居館と砦が在ったと考えられる。土塁が北側に残るとされるが、確認はできなかった。滝田館標柱 現在は消えて、読み取れません!!築…05月14日 22時02分
  • 杉山城2018 埼玉県嵐山町
    大手口〜井戸郭迄西斜面横堀〜東郭 完市野川左岸の山の上に築かれた山城である。築城主は不明。地元豪族の金子主水の築城によるとの伝承はあるが、文献資料にはあらわれない。従来、城の縄張りの観点から後北条氏の時代に造築されたものではないかとの見方が…05月06日 12時40分
  • 越畑城 埼玉県嵐山町
    越畑城(砦)跡 鎌倉街道を見下ろす、監視の砦。愛宕橋から見た越畑城 左側が郭?で右側が郭?関越自動車道上り線の嵐山パーキングエリアを過ぎて1キロメートルほど練馬方面に走ると、そこに越畑城跡があります。大半は道路の工事で姿を消してしまいました…05月06日 11時07分
  • 井上城 茨城県筑西市
    ?イメ−ジ図になります(=゚ω゚)ノ05月05日 23時26分
  • 最仙上人と生家茶花家 茨城県筑西市
    最仙は天台宗の開祖伝教大師の高弟で常陸国に天台宗を布教する上で大きな役割を果たしました。最仙は現在の筑西市関本中の茶花家に生まれた。長じて仏教に帰依し後に入唐して茶の種を持ち帰り、故郷関本で栽培を始めました。椎尾山薬王院では茶花家の茶畑から…05月05日 21時00分
  • 関本村高札台 茨城県筑西市
    高札とは、江戸時代に法令、禁令などを板札に墨書したもので、それによって地域の人々に公示したものです。この高札を掲げる高札台を設置している場所を高札場(札場ともいう)といい、人目につきやすい四通八達の場所に設けられているのが普通です。ここも、…05月05日 20時38分
  • 井上城 茨城県筑西市
    井上城井上城縄張り図 関城地方の中世城郭跡より多くの中世城郭がそうであったように、城主が誰で在ったか不明であり、また史料上に登場することはない。しかし、その遺構は自然地形を主体にし防御体制を加えただけのきわめて古風なものであり、少なくとも戦…05月05日 19時50分
  • 関本小詰城 茨城県筑西市
    城跡は戦国期の物と判断される。永禄年間(1558〜1568)多賀谷政経が結城亮の関本を奪取し(附城)を築いたという(多賀谷家譜)の記事である。関本小詰城は多賀谷政経により築かれた附城であり、政経はこれにより要地関本を掌握するとともに、西結城…05月05日 18時12分
  • 関本館 茨城県筑西市
    館跡のある関本は、関本群本郷すなわち関本の中心となっていたところである。その地にこのような規模の館を築いた主体としてまず想定されるのは関氏であろう。関氏は赤軍地頭であり、それゆえ群支配のために赤軍の中枢部に予感を構える必然性は十分にあり得た…05月05日 17時17分
  • 江村館 茨城県下妻市
    現在神明社が建つ場所が江村館 遠景舘跡は東西120mの規模をもつ、周辺には外郭の痕跡が確認されていないことから方形単郭の館として存在していたと考えられる。そして、土塁、堀の規模から判断すれば戦国期のものと考えるのが自然で、おそらく多賀谷氏の…05月05日 16時56分
  • 駒城 茨城県黒駒
    東西約120m、南北約180mの城跡の北西部に『駒城址』の碑があります。駒館、駒楯城ともいわれ、大宝城とともに常陸国における南朝方の戦略的拠点として重要な存在でした。在地の武将の名は確定できませんが、中御門(なかみかど)少将実寛(さねひろ)…05月05日 16時30分
  • 水野家墓所〜水野忠邦の墓 茨城県結城市
    水野忠邦(1794〜1851年)は,天保十二(1841)年,11代将軍徳川家斉の死後,老中首座となり,江戸時代の三大改革のひとつ「天保の改革」を行った人物として知られています。 改革は株仲間の解散や上知令など幕府の強化を目指すものであり,あ…05月05日 16時08分
  • 鎌倉史跡を巡る ダイジェスト
    鎌倉史跡を巡る鎌倉史跡を巡るのダイジェスト版になります。05月03日 04時29分
  • 鎌倉史跡碑巡る
    鎌倉史跡碑巡る ?鎌倉史跡碑巡る ?「中世の鎌倉」史蹟保存の運動は、古都鎌倉を深く愛する有志の結晶であります。88箇所の各々の石碑にはその情熱の高さが 伺えます 。今回の石碑巡りは未だ途中ですが、鎌倉と云う町には寺院などの限られた場所以外に…04月30日 17時58分
  • 比企能員邸跡
    比企能員は、源頼朝の乳母であった比企禅尼の養子であり、禅尼と共にこの場所に住んでいました。この土地の名前が、比企ヶ谷というのもこのためです。 能員の娘は頼家の妻になり、 若狭局(わかさのつぼね)とよばれて、一幡という子供を生みました。120…04月30日 17時02分
  • 北条時房邸
    若宮大路をはさんで反対側は、4代将軍の時から幕府が置かれた所で、この辺り一帯は、有力御家人の邸が並んでいたと言うことです。その一人、北条時房は、二代目執権北條義時の弟でいくつかの戦で活躍した豪傑だったようです政治家としても、執権の補佐の連署…04月30日 16時49分
  • 若宮大路幕府
    鎌倉時代の1236年から1333年にかけて98年間、鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)の御所(幕府)が置かれた場所である。若宮大路御所とも言う。その以前は宇都宮辻子に幕府があったが、北条泰時により移された。場所は宇都宮辻子幕府の敷地内の北側もしくは、…04月30日 16時43分
  • 北条執権邸
    北条氏の小町亭がありました。北条義時以後代々の執権はたいていここに住みました。あの北条高時が、朝に夕に宴会をして、ときには田楽法師に対して、列席している重臣と共に、 ひたたれや袴(はかま)を投げ与えて褒美の山を築いたというのもこの場所であり…04月30日 16時40分
  • 土佐防昌俊邸
    土佐坊昌利は、堀川の館にいる源義経を夜におそいましたが、逆に殺されてしまいました。吾妻鑑によると、この事が次のように書かれています。義経を討つ者を募っているとき、みんな辞退したい気持ちであったところに、 この土佐昌俊が進んで引き受ける旨申し…04月30日 16時21分
  • 源義朝屋敷
    現在の寿福寺のある付近は、奥州に向かう源頼義が勝利を祈願したといわれる源氏山を背にした、亀ヶ谷と呼ばれる源氏家父祖伝来の地であり、頼朝の父・源義朝の旧邸もこの地にあった。1180年(治承4年)初めて鎌倉入りした頼朝は、ここに館(幕府)を構え…04月30日 16時15分
  • 大蔵幕府(大蔵御所)
    鎌倉時代に相模国鎌倉大倉郷(現神奈川県鎌倉市二階堂・西御門・雪ノ下3丁目一帯)の地にあった源頼朝の邸宅。大蔵御所、大倉幕府とも。治承4年(1180年)から、承久元年(1219年)まで39年間、鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)の御所であった。大蔵幕府…04月30日 16時01分
  • 杉本城
    鎌倉時代に鎌倉城の防御度を高めるべく、近く朝比奈切通を破った敵を撃滅する目的で築城された。建武四年(1337)後醍醐天皇側の軍勢が鎌倉に攻め入った際、杉本城には斯波三郎家長が守っていたが、一日で落城し、家長は討ち死にしたという。杉山寺は情緒…04月30日 15時54分
  • 足利公方邸
    足利義兼が、源頼朝が幕府を開いた時に、この場所に家を定めました。その後2百数10年間、この地に子孫が代々住みました。足利尊氏が権力を握り、京都に移った後に、その子の義詮が2代将軍となって、京都の家を継ぎました。そして義詮の弟の基氏が関東管領…04月30日 15時38分
  • 新潟県 村上市城館 ダイジェスト
    新潟県 村上市城館 ダイジェスト*村上城、大葉沢城、平林城のダイジェスト版です♪(o・ω・)ノ))村上城 城址碑大葉沢城平林城 城址碑加護山要害主郭江上館 遠景04月23日 16時30分
  • 要害山(加護山要害山) 新潟県村上市
    要害山(加護山要害山)揚北(阿賀北)地方(阿賀野川北岸地域)の有力国人領主の色部氏の居城だった。背後に加護山要害(詰めの城)をもち、殿屋敷、二の丸、三の丸、家老屋敷などのある城域を濠や土塁で囲んだ規模の大きな城郭である。もともとはこの一帯を…04月23日 13時41分
  • 平林城(居館)2018改 新潟県村上市
    平林城(居館)2018改中世北越後(阿賀北)の小泉荘加納を領した色部氏の居城で、室町時代から慶長3年(1598)、同氏が出羽国金山城(山形県南陽市)に移るまで続いた中世の山城および居館跡です。 小泉荘は北部の本庄と南部の加納に分かれていて、…04月23日 13時23分
  • 村上城 2018改 新潟県村上市
    村上城 近世遺構村上城 中世遺構標高135mの臥牛山(がぎゅうさん)に築かれた城で、築城年代は不明ですが、16世紀前期には城が存在していたものと考えられます。戦国時代には本庄氏の本拠地として、永禄11年(1568年)の上杉謙信との篭城戦(ろ…04月23日 13時10分
  • 大葉沢城2018改 新潟県村上市
    大葉沢城2018改 村上城と本庄城の本庄氏と同族です。いつ頃から宗家である本庄氏とわかれたのかはわかりませんが、同じく本庄家から分かれた同族の色部氏(平林城)と同じ位の時代(建永元年=1206)以降に早くも分家したものと考えられています。こ…04月23日 08時53分
  • 江上館 新潟県胎内市
    江上館桓武平氏の一族・城氏が平安末期に奥山荘周辺を支配した。建仁元年(1201)、城資盛が平氏再興を目指し鳥坂城で挙兵したが、佐々木盛綱を越後御家人の総大将とした討伐軍を幕府が派遣し、城氏は滅亡した。その後、木曽義仲追討の恩賞として、幕府は…04月23日 08時45分
  • 小志鳥砦 栃木県那須烏山市
    小志鳥砦那須資房が宇都宮氏・佐竹氏・岩城氏等の侵攻に備えるために作られた城・砦群の一つであると言われています。 那須氏の諸城、上川井城・下川井城・熊田城等から那須氏本城烏山城への迅速なる伝達施設の一つと考えられており、櫓台的要素があったので…04月18日 19時10分
  • 森田城 栃木県那須烏山市
    森田城1187年(文治3)那須資隆の子で与一宗隆の長兄光隆が築いたという。しかし無嗣子のため弟の泰隆(佐久山城主)の子を養子としたが,その子も子宝に恵まれず,わずか二代で森田城は廃城となった。その後天文年間(1532〜1555)に烏山城主那…04月18日 18時40分
  • 入江野城 栃木県那須烏山市
    入江野城永禄6年(1563)佐久山泰秀が築城、入江氏を称し代々拠点とした。天正14年(1586)泰清の時、那須資晴に滅ぼされ廃城。入江のトンネルの左手の尾根が入江野城になります、目標は入江野観音の御堂が目印になり車も止める事が可能です。入り…04月17日 18時47分
  • 下川井城 栃木県那須烏山市
    下川井城?デジブックにしましたが、時期的にか?笹薮が酷く・・・・・・今一の出来です。那須友家築城、下川井氏(川井氏)が代々拠点とした。天正18年(1590)廃城。今回は西側斜面から取り付いたが、東側のとげぬき地蔵からの登山道が有るようでそち…04月17日 18時17分
  • 放下僧館 栃木県那須烏山市
    土地の豪族牧野氏の居館であったという。室町時代初期、城主は牧野左衛門勝重であった。かれはある時、伊香保温泉まで出かけて行ったのだが、そこで相模国住人大膳信俊という者と遊女のことでもめて喧嘩となり、相手に殺されてしまった。そこで、勝重の子次郎…04月16日 16時33分
  • 放下僧館 栃木県那須烏山市
    1600年、大田原城主大田原晴清の弟増清は、関ヶ原の戦いの功によって森田の地1000石を拝領、1602年には500石加増されて1500石となった。増清が交代寄合旗本である森田大田原氏の初代となり、明治維新まで続いた。 なお、1703年に4代…04月16日 16時21分
  • 月次館 栃木県那須烏山市
    那須氏初期に支族が築城。須釜氏などが住し、天正期には月次氏が居住。天正18年(1590)那須氏改易に伴い廃す。遺構は、民家と畑に入り組んで断片的に土塁が残り、近く迄の道が無く遠目からの見学となる・・・・・残念!!月次館 この前方が館跡断片的…04月16日 15時51分
  • 堀之内館(姫屋敷) 栃木県烏山市
    下川井城の前身が付城と考えられる、道路からでも見事な土塁が残るが堀は大夫埋没している!!コミニュイテ−センタ-の自然環境保全地域の看板には、堀之内館の位置が分かる地図が載っています。04月16日 15時31分
  • 上川井館 栃木県那須烏山市
    日光神社の参道から入り、日光神社麓で現在は土塁が残り畑に館内は杉林となっている。那須友家築城、永正13年(1516)頃上川井出雲守資兼が住したと伝わる。大永元年(1521)岩城・結城連合軍が烏山城を攻めた際落城上川井館入り口 日光神社参道舘…04月16日 15時14分
  • 石田堤を巡る2018
    石田堤を巡る2018成田氏代々の居城であった忍城はその周囲に元荒川・星川が流れていて自然の堀をなし、関東七名城の一つに数えられていた。豊臣秀吉は四国征伐や九州征伐で長宗我部氏や島津氏を配下とすると、天下統一に向け今度は関東平野に広大な領土を…04月15日 20時05分
  • 岩村城 岐阜県恵那市
    岩村城大和の高取城(奈良県)備中の松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城です。城は江戸諸藩の府城の中でも最も高い所(標高717m)に築かれ、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、霧の湧き易い気象までも…04月15日 09時33分
  • 苗木城 岐阜県中津川市
    苗木城中津川市内を東西に貫流する木曽川の右岸に一段と高くそびえる城山(432m)に築かれていました。木曽川から山頂の天守跡までの標高差は約170mあります。岩山の上で利用できる土地の確保が困難であったため,建物の構築方法に懸造(かけづくり)…04月15日 09時17分
  • 岩崎観世音 栃木県日光市
    岩崎観世音(日光市岩崎)は、弘仁十一年(820年)に弘法大師がひらいたとされています。本堂は馬頭観音でかつては多くの馬方が、遠方からも訪れていた。山の中腹の岩洞窟の中に奥の院「鶴の子観音」があり、子授け観音としてご利益は、関東各地に広がって…04月10日 18時51分
  • 岩崎城 栃木県日光市
    岩崎城岩崎観世音、今から1880年くらい前に弘法太師が開いたとされる岩崎観世音は70段の階段を上がっていくと、精巧な獅子や鶴などのすばらしい彫刻と極彩色で描かれた天井画を持つ本堂があります。また、奥の院の小さな祠には、高さ1m程の浮き彫りの…04月10日 13時01分
  • 猪倉城 栃木県日光市
    猪倉城猪倉城の築城については2説あります。(1) 1290(天応年間)頃、鹿沼権三郎入道教阿という説(2) 1520(大永年間)頃、鹿沼右衛門という説 1576(天正4)年、壬生徳節斉周長は壬生家の内紛に際して壬生家家臣の猪倉城 主鹿沼右衛…04月10日 12時35分
  • 寅巳城 栃木県宇都宮市
    寅巳城歴史的詳細は不明だが、この山はハイキングコ−スとなる西側の団地(住宅地)奥に寅巳山への登山口が有ります・・・・・しかし道は不明瞭で、山の経験が少ないとチョイ厳しいかもしれません!!*詳細はデジブックを、ご覧ください(´・Д・)」寅巳城…04月09日 20時44分
  • 長野県上田市 城館
    長野県上田市 城館*中山城、鳥屋城、根羽城、丸子城のダイジェスト版になります中山城 遠景鳥屋城 主郭根羽城 石積(東側)丸子城 主郭04月08日 20時49分
  • 根羽城 長野県上田市
    根羽城詳細は不明、1585年の徳川対真田の第一次上田合戦の時に真田方支城として使われた記録があり真田氏による改修がなされたと思われる城址へは小屋坂峠から尾根道1本で城址迄辿り着くので間違える事は無いと思います。小屋坂峠から根羽城へ入り口根羽…04月02日 16時13分
  • 鳥屋城 長野県上田市
    鳥屋城歴史について詳細は不明、『高白斎記』の天文22年8月1日の条に「八月朔日乙亥、長窪へ御陣居られる。和田城を攻め為され、城主其外、悉く打ち取り為され、3日、高鳥屋へ見物に登り、4日戌寅、高鳥屋籠城衆、悉く打ち取り、同内村落居、申の刻勝利…04月02日 16時01分
  • 丸子城 長野県上田市
    丸子城築城時期は不明である。丸子城(依田城と呼ばれた時代もあった)は戦国時代の山城で、「丸子表の戦い」で有名である。天正十三年(1585年)八月二日、真田昌幸は沼田城の明け渡しを拒み、徳川家康の軍と神川辺りで合戦し、撃退した。その後、徳川軍…04月02日 15時51分
  • 中山城 長野県上田市
    中山城石川と小沢根川に挟まれた東西に長い小沢根の山尾根の先端部に位置する。城主は大井氏の大井大和守で、平時の武石城に対し、戦時の山城として用いられたと考えられる。かつて城址より鉄製の刀柄・鍬などが発掘されたという(大正十一年『小県郡誌』)。…04月01日 20時50分
  • 古城巡り 写真館 ホーム
    ホーム 登城記録 城館リスト イメ−ジ図城館地図 かつて日本には二万五千以上もの城が存在したと言われる。実際にはただ柵で囲われただけの砦のようなものもあり、文書に残っているのみでその存在が証されたのではないものも含まれるが、それでも相当数存…04月01日 18時00分