絵本の教育学的解釈

登録ID
1922109
サイト名称
絵本の教育学的解釈
URL
http://blog.livedoor.jp/ehon_education/
紹介文
絵本をながめて教育を考えます
カテゴリ
  • 絵本 (50%) - 36 / 170人中
  • 幼児教育 (50%) - 40 / 108人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 『けっしてそうではありません』解釈
    他者を理解するということ『けっしてそうではありません』(作・絵:五味 太郎、教育画劇、二〇〇七年) 絵本は、1月から12月までの風景がそれぞれ描かれています。連続した物語ではなく、それぞれが独立した物語の一部だけを描いているようです。せっか…05月01日 00時39分
  • 自己紹介&目次
    私は、小さな大学で教育学を教えています。かわのてつやと申します。よろしくお願いします。仕事の関係で絵本を見る機会が多く、いろいろと考えたことを整理してみようと思いました。 なお、本ブログで取り上げる絵本は全てネタバレです。絵本の結末を楽しみ…04月14日 22時52分
  • 『たいせつなきみ』解釈
    他者からの言葉を無価値にできるか 『たいせつなきみ』 (作・絵:マックス・ルケード、訳:ホーバード豊子、いのちのことば社、一九九八年) ウィミックスという木の小人たちの話。それはエリという彫刻家(人間)が彫った人形の世界でした。彼が作った人…04月14日 22時41分
  • 『ぼくは くまのままで いたかったのに……』解釈
    アイデンティティはどうやって獲得するか 『ぼくは くまのままで いたかったのに……』 (作:イエルク・シュタイナー、絵:イエルク・ミュラー、訳:おおしまかおり、ほるぷ出版、一九七八年) 熊は、体格は大きく、人間と同じかそれ以上に大きいので、…04月08日 00時46分