ぱこぺら 映画批評

登録ID
1922174
サイト名称
ぱこぺら 映画批評
URL
http://pakopera.blog.fc2.com/
紹介文
映画の批評・評論・考察など
カテゴリ
  • 映画評論・レビュー (100%) - 31 / 294人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ノスタルジア
    監督 アンドレイ・タルコフスキー 1983年 イタリア・ソ連合作映画 描写が素晴らしい。しかし冗長さも伴っている。そして物語は特異だ。ロシアの詩人アンドレイが取材のためにイタリアを巡り、少し俗っぽい通訳の女性や狂信的キリスト教徒のドメニコと…09月07日 22時23分
  • サクリファイス
    監督 アンドレイ・タルコフスキー 1986年 スウェーデン映画 この映画はキリスト教的な世界観、表象、物語…つまり何もかもがキリスト教的だが、キリスト教礼賛ではない。人類が持っている宗教的な心情、信仰や迷信への心的傾向がこの映画においてはキ…09月02日 22時09分
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
    監督 ロバート・ゼメキス 1985年 アメリカ映画 最初から最後までとにかく楽しいコメディ映画。娯楽と銘打った映画が実際はちっとも面白くないことも多く、「娯楽映画」と聞くと「またどうせつまらない映画だろう」などと考えてしまいがちだが、この映…09月02日 14時25分
  • スターウォーズ
    監督 ジョージ・ルーカス 1977年 アメリカ映画 有名な映画だがシリーズでジャンルのようなものを形成してしまって、ちょっとした閉鎖性を感じさせるとともに映画としての正当な評価を阻んでいるような雰囲気も漂っている。しかし、SFという分野を代…08月31日 17時10分
  • 妻よ薔薇のやうに
    監督 成瀬巳喜男 1935年 1935年当時の現代劇。物語の本筋はちょっと悲しい話でもあるが、君子のキャラクターをはじめ楽しい要素も多い。登場人物は皆、理性的に振る舞い、描写は心理に深入りしない。カットはリズミカルで、あくまで軽く、深刻にな…08月26日 19時47分
  • 人情紙風船
    監督 山中貞雄 1937年 江戸時代、江戸の町を舞台に社会や経済など状況に制限された中に人間が描かれる。世界観は基本的に『丹下左膳余話 百万両の壺』と同じだ。違うのは『人情紙風船』が意図的な喜劇を目指していないことだ。音楽も抑制されている……08月24日 00時01分
  • 丹下左膳余話 百萬両の壺
    監督 山中貞雄 1935年 1935年公開の楽しい喜劇映画。古い映画が時々、現代の映画より現代的だったり、ずっと出来もよかったりすることがあるが、これもそんな1本。現代の作り手は過去の文化遺産から出発できるのだから、理屈の上ではそんなことは…08月22日 22時42分
  • 8月21日頃まで休みます
    08月11日 10時57分