旅日記

登録ID
1925762
サイト名称
旅日記
URL
http://blog.goo.ne.jp/nakayoshinotabi
紹介文
半世紀前の旅日記です。
カテゴリ
  • 日記・雑談(その他) (100%) - 68 / 505人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • キリスト降誕の地・ベツレヘム訪問〜キブツの生活
    ・昭和43年12月24日(火)晴れ(キリスト降誕の地・ベツレヘム訪問) 今日はクリスマス・イヴであった。所がイスラエルはキリスト誕生の地・聖地にも拘らず、休みどころか普通と変わりなく、我々はジャガイモ収穫作業をしなければならなかった。ガッカ…11月22日 08時40分
  • ジャガイモの収穫作業〜キブツの生活
    ・昭和43年12月15日(日)晴れ〜23日(月)晴れ(ジャガイモの収穫作業) 7時前に起き、食事をしてからジープに乗ってジャガイモの収穫作業に行った。9人も一緒にジープに乗るので、ぎゅうぎゅう詰の状態であった。 ジャガイモ畑は広く、そしてそ…11月21日 07時22分
  • キブツでの初めての農作業とイスラエルの休日の日〜キブツの生活
    ・昭和43年12月13日(金)晴れ(キブツに来て、初めての農作業) キブツの人に6時前、起こされ、食事前から温室内の穴掘り作業であった。久し振りの労働で疲れた。 夜、中近東の本(深田久弥の「中東の砂漠を自動車で走破」)を読んで過ごした。これ…11月20日 16時26分
  • 共に働いたキブツの仲間達の話〜キブツの生活
    *共に働いたキブツの仲間達の話 私の部屋の仲間は2人居た。1人はFrank(フランク)、もう1人はPeder Leif Moll(ピーター)と言う人でした。フランクは、北アイルランド出身の田舎者、髭を生やし、少し太り気味、海賊バイキングに似…11月20日 09時20分
  • ハッゼリム・キブツの話〜キブツの生活
    *ハッゼリム・キブツの話 私は前記の条件を承諾して、テルアビブのキブツ事務所からこのキブツを紹介され、遣って来た。このキブツの周囲は、鉄条網で囲まれていた。1日数回、銃を片手に管理人の方2名が、その鉄条網に沿って巡回、警備をしていた。 私の…11月19日 15時05分
  • キブツ入所条件の話〜キブツの生活
    *キブツ入所条件の話 ? こちらのハッゼリム・キブツに来る前に、テルアビブのキブツ事務所である条件を提示され、それに署名しました。それでこちらのハッゼリム・キブツを紹介され、来られたのでした。 その提示された『キブツ』(日本語にすると「農業…11月19日 07時09分
  • キブツへ行く〜キブツの生活体験 (キリスト降誕の地・ベツレヘム訪問、フランクとの…
    キブツの生活体験 (キリスト降誕の地・ベツレヘム訪問、フランクとの喧嘩、その他の出来事) ・昭和43年12月12日(木)曇り後雨後曇り(キブツへ行く) 長倉はハイファへ旅立った。青山は、2・3日後に何処かのキブツに入ると言う。私もキブツへ行…11月18日 14時20分
  • 第三次中東戦争後のテルアビブの様子〜テルアビブの旅
    ・昭和43年12月10日(火)晴れ(私の誕生日) 午前中、長倉とレストランでお喋りし、午後はボーリング場へ行って過ごした。遊ぶ程の金がある訳ではなかったが、誕生日なのに余りケチるのも虚しいし、彼に付き合った。ボーリング場は空いていた。ワンゲ…11月18日 07時46分
  • 日本の10大ニュースと長倉は強かった〜テルアビブの旅
    ・昭和43年12月9日(月)晴れ(日本の10大ニュースと長倉は強かった) 昨日、キブツで働く所をテルアビブから余り離れてない所を希望していたが、キブツ事務所の係りの方から「そこは一杯で希望に添えませんでした。明日又、来て下さい」と言われ、今…11月17日 15時41分
  • キブツ探し、そして長倉君との再会〜テルアビブの旅
    ・昭和43年12月8日(日)晴れ(キブツ探し、そして長倉君との再会) 今日の未明、雷を伴った凄い雨が降り、目が覚めた。今朝方もヒョウ交じりの物凄い雨が降った。朝食を取ってから主人に、「キブツに入所したいのだが、如何したら良いのか」と尋ねたら…11月17日 07時31分
  • イスラエルの簡単な歴史の話〜テルアビブの旅
    *イスラエルの簡単な歴史の話 イスラエルに滞在するにあたって、この国の歴史について少し記して置く事にした。 そもそもこの国は、4000年の歴史があり、紀元前(BC)のソロモン時代、既に最盛期を迎えた。 [その基礎を作ったのが、BC1020年…11月16日 17時25分
  • シーラおばさんと出逢う〜テルアビブの旅
    テルアビブの旅 ・昭和43年12月7日(土)曇り後晴れ後雨(シーラおばさんと出逢う) *参考=イスラエルの1ポンドは、約86円(1アゴロは、約86銭)。 アテネを去る日が来た。出発まで私は、和田とあるインテリーの日本人と共にアラブ大使館(現…11月16日 08時51分
  • アテネの人々の話(古代文明の栄光とあの美男美女は何処へ)〜アテネで思った事、感じ…
    *アテネの人々の話(古代文明の栄光とあの美男美女は何処へ) ギリシャは、スペインやイタリアと同様に『シェスター』があり、12時から午後の4時頃まで店を閉めていた。アテネの街を歩いていると、する事も無い男性市民の多くの人は何の為なのか、数珠を…11月15日 15時40分
  • 美術品の話〜アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実)
    *美術品の話 ギリシャはアテネのみならず国中に、又エーゲ海の島々や地中海のクレタ島に数多く遺跡があり、まさに遺跡と美術の宝庫なのだ。それにも拘わらず、その方面の知識も関心も無く、私が尋ねたのはアクロポリスの丘とアテネの国立博物館だけであった…11月15日 09時08分
  • ギリシャ、アテネの印象の話〜アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実…
    *ギリシャ、アテネの印象の話 ユーゴスラビアからアテネへ来る途中の車の中から、或はアテネに滞在してギリシャ人の着ている物、生活実態、道路、交通事情、街の商業・経済の様子等を見て、先ず感じた事は想像していたより人々の暮らしは、貧しそうであった…11月15日 07時24分
  • アクロポリスの丘とパルテノン神殿の話〜アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の…
    アテネで思った事、感じた事の話(古代文明の栄光と現実) *アクロポリスの丘とパルテノン神殿の話 私はアテネに着いた翌日の11月29日、市内地図を片手に持ち、1人パルテノン神殿を見にユースを出た。アテネは、ロンドンやパリの様な大都会でなかった…11月14日 17時02分
  • 堤康次郎と後藤慶太の裏話〜ギリシャ・ヒッチの旅(古代文明の栄光と現実)
    ・昭和43年11月29日(金)〜12月6日(金)(堤康次郎と後藤慶太の裏話) 昨日、イスラエル大使館へ行って査証申請したが、旅券の渡航先にイスラエルが未記入の為、出来なかった。今日12月2日、日本大使館へ渡航先追加記入をして貰いに、ユースで…11月14日 09時06分
  • アテネ滞在と今後の旅〜ギリシャ・ヒッチの旅(古代文明の栄光と現実)
    ・昭和43年11月29日(金)〜12月6日(金)(アテネ滞在と今後の旅) 私は今後の旅について、来た道を戻ってテッサロニキからトルコ、イラン、アフガニスタン、パキスタン、インド、マレーシア、タイを経由してシンガポールへ旅立つべきか、寄り道し…11月13日 17時47分
  • 国境から一気にアテネへ〜ギリシャ・ヒッチの旅(古代文明の栄光と現実)
    ギリシャ・ヒッチの旅(古代文明の栄光と現実)・昭和43年11月28日(木)晴後曇り(国境から一気にアテネへ) *参考=ギリシャの1ドラクマは、約10円(10レプタは、1円)。 昨夜泊まった場所はゲヴゲリヤ(マケドニア共和国のユーゴの国境の町…11月13日 08時49分
  • 昼食抜きの理由の話〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    *昼食抜きの理由の話 ? 前に書いた様な気がするが、何故昼食を食べずに旅をしているのか、その理由は・・・。 ヒッチ・ハイクは基本的に食べたくても食べられなかった。誰かに乗せて貰っている間はお昼だからと言って、レストランや食料品店へ寄って貰う…11月12日 14時06分
  • 「おばさんの家に泊めて」と懇願〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越…
    ・昭和43年11月27日(水)晴(「おばさんの家に泊めて」と懇願) 昨夜泊った所は、Leskovac(レスコヴァツ)と言う地方都市の郊外であった。此処に来る時に遠く右方向高い位置に幾つも灯が見えたのはこの町の夜景であった。このレストラン兼キ…11月12日 07時12分
  • ヤンキー・スピリットの話〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    *ヤンキー・スピリットの話 今朝、共にユースを出たアメリカ人は、インドやパキスタンをヒッチした、大ベテランの旅人であった。その彼は5年間、世界中旅をしているとの事であった。それにしても男女問わずアメリカ人は、何処へ行っても気後れせず旅をして…11月11日 21時01分
  • 寒風吹く中のパンク事故〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    ・昭和43年11月26日(火)晴後曇(寒風吹く中のパンク事故) 昨日、共に観光したカナダ人のヘンリーは「もう一泊する」と言うので彼と別れた。そして私は昨夜遅くユースに到着した5年間も世界中を旅しているアメリカの旅人と共にユースを去り、ベオグ…11月11日 08時05分
  • ベオグラード観光と盗難事件〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて…
    ・昭和43年11月25日(月)晴れ後曇り(ベオグラード観光と盗難事件) 今日、昨晩知り会った感じの良いカナダ人(『ヘンリー』と言って、私と同じヒッチ・ハイカーの旅人)と共に市内そして古城見物に行った。その古城は、市の北端ドナウ川とサヴァ川の…11月10日 08時01分
  • 旅人の話〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    *旅人の話 ヨーロッパのユース、或いは、その他の所で各国の多くの旅人と出逢って来た。一番見かけたのがアメリカ人、その次にカナダ人、イギリス人、オーストラリア人と、如何してか英語を母国語としている国が目立った。そして次にドイツ人、フランス人、…11月09日 20時43分
  • ユーゴスラヴィアの話〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    *ユーゴスラヴィアの話 ?ユーゴは、複雑な国家なのだ。その理由は一つの国家であるが、2つのアルファベット文字を持ち、3つの宗教があり、4つの言葉があり、5つの民族が共存し、そして共和国が6つもあるからであった。『バルカン半島は、世界の火薬庫…11月09日 20時15分
  • ピーチカと美味しいワイン〜ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて)
    ・昭和43年11月24日(日)曇り(ピーチカと美味しいワイン) 中年のおばさんが起こしに来た。時計を見ると、まだ5時半前であった。いくらなんでも起きるにはまだ早過ぎた。早く起こされたので、『ブゥブゥ』独り言を言いながら、又ベッドへ潜ってしま…11月09日 10時10分
  • 社会主義国・ユーゴスラビアに入る〜ユーゴスラヴィアのヒッチの旅(荒涼とした原野を…
    ユーゴスラヴィア・ヒッチの旅(荒涼とした原野を越えて) ・昭和43年11月23日(土)晴れ(社会主義国・ユーゴスラビアに入る) *参考=ユーゴスラビアの1Dinar(1ディナール)は25円、1Para(1パラ)は25銭 歴史あるトリエステの…11月08日 08時41分
  • イタリア国境の町にやっと辿り着く〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなあ)
    ・昭和43年11月22日(金)晴れ(イタリア国境の町にやっと辿り着く) 日高と共にユースを去り、乗合舟に乗った。我々は鉄道のサンタ・ルチア駅近くの乗合船の駅で下船しなければならないのに、駅を間違えて3駅乗り越し、50リラ又払って戻った。その…11月07日 08時59分
  • ヴェネチア観光で旅情を楽しむ〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなぁ)
    ・昭和43年11月21日(木)晴れ(ヴェネチア観光で旅情を楽しむ) 昨夜知り会った髭を生やしている鈴木、そしてカナダ人のアーロンと共に3人でヴェネチア観光をする事になった。 所で、Venice(ヴェニス)をイタリア語でVenezia(ヴェネ…11月07日 08時49分
  • ヴェネチア観光で旅情を楽しむ〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなぁ)
    ・昭和43年11月21日(木)晴れ(ヴェネチア観光で旅情を楽しむ) 昨夜知り会った髭を生やしている鈴木、そしてカナダ人のアーロンと共に3人でヴェネチア観光をする事になった。 “所で、“Venice”(ヴェニス)をイタリア語で“Venezia…11月06日 06時30分
  • 外国で初めての高速道路〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなぁ)
    ・昭和43年11月20日(水)晴れ(外国で初めての高速道路) 今日も良く晴れていて、ヒッチには最高の天気であった。しかしそれに反してヒッチ率は、駄目であった。と言うのは、パルマからVerona(ベローナ)迄の100キロ強を、朝から午後の4時…11月05日 07時45分
  • アペニン山脈を越えて〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなあ)
    ▲パルマ郊外からアペニン山脈を望む Copy from the net. ・昭和43年11月19日(火)晴れ後雪後曇り(アペニン山脈を越えて) ジェノヴァのユースは高台にあった。直ぐ前が道路、それを挟んでその向こうが何処までも見渡せる海岸、…11月04日 08時30分
  • ユース・ホステルの話〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなァ)
    *ユース・ホステルの話 “ユース”(『Youth Hostel』ユース・ホステル)に泊まるには、財団法人ユース・ホステル協会の会員にならなければならない。諸事情によりヨーロッパでは極力ユースに泊まるように、私は出国前の昭和43年5月14日に…11月03日 10時06分
  • コート・ダジュールの素晴らしい景色〜イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなぁ)
    イタリア・ヒッチの旅(旅は良いなぁ) ・昭和43年11月18日(月)晴れ(コート・ダジュールの素晴らしい景色) フランスは寒かったが、ここニースは温暖で、本当に気持が良かった。日中、ジャンバーを着ていると、暑いぐらいであった。ニースはCot…11月03日 08時24分
  • こんな嫌な感じは初めて〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月17日(日)雪のち晴れ(こんな嫌な感じは初めて) 起きたら雪は、まだ降っていてガッカリであった。今日の天候はヒッチするのに最悪の状態を予測して、ユースを出た。リックを背負い、片手にバッグを持った手は、非常に冷たかった。こん…11月02日 10時40分
  • バランスのヒッピーとダンスをする〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    昭和43年11月16日(土)曇り後雪(バランスのヒッピーとダンスをする) 昨日と同様に今日もまた日高君と共にバスに乗り郊外に出た。バスの中にユースで会った他の国のヒッチ・ハイカー達も乗っていた。その内のカナダ人男女2人と11月22日、再びヴ…11月02日 08時40分
  • 最長距離ヒッチと日高君〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月15日(金)曇りのち雨(最長距離ヒッチと日高君) 同じ方向(マルセイユ方面)へヒッチする日高と共にバスに乗り、郊外に出た。あちこちの道路上にある水溜りには氷が張っていた。今日は一段と寒かった。 郊外の街道に出たら直ぐ、彼は…11月01日 08時25分
  • 3度目のパリ〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月14日(木)晴れ(3度目のパリ) 1度目と2度目に訪れた時のパリは夏、観光客で賑わっていた。今は落ち着きを取り戻した様であるが、晩秋のパリはなんとなく寂しい感じがしてならなかった。落ち葉が舞い、行き交う人々はコートの襟を立…11月01日 07時18分
  • 最初で最後の若い女性の車をヒッチ〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月13日(水)晴れ(最初で最後の若い女性の車をヒッチ) ロンドンに滞在していた時は、毎日曇りか小雨の日が続いて、部屋にいると居たたまれない気分であったが、フランスに渡ってから3日間、連続して晴れの日が続いた。天気が良いと、そ…10月31日 17時21分
  • ヒッチの効率の悪さ〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月12日(火)晴れ(ヒッチの効率の悪さ) イギリス人の彼と共にユースを去り、ヒッチし易いブローニュの郊外の街道に出て、そこで左右に別れた。 1台目は1時間半ぐらいしてやっと釣り上げた。2台目をゲットしても直ぐ逃げられてしまっ…10月31日 06時47分
  • 腹ペコのイギリス人と出会う〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    ・昭和43年11月11日(月)晴れ(腹ペコのイギリス人と出会う) イギリスのドーバーから船で、フランスのカレーへ渡った。4度目の船旅、そして遂にイギリスを離れた。11時頃出航、私はデッキでイギリス本土が見えなくなるまで眺めていた。イギリスは…10月30日 11時16分
  • これからの旅とイスタンブールからシンガポールまでのルートの話〜フランスヒッチの旅
    *これからの旅とイスタンブールからシンガポールまでのルートの話 今、私が持っている旅費は、“トラヴェラーズ・チェック230ドル”(1ドル360円、海外持ち出せる最高額500ドルで。ソ連滞在費、観光代等はドル建てで70ドル分少なかった。したが…10月30日 08時59分
  • 惜別の情でロンドンを去る〜フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から)
    第7章 ロンドン〜アテネ間ヒッチの旅 ? ? ?フランス・ヒッチの旅(千里の道も一歩から) ・昭和43年(1968年)11月10日(日)曇り後晴れ(惜別の情でロンドンを去る) 明日、ロンドンを去る予定であったが、何もする事が既に無い状態で部…10月29日 06時54分
  • 旅に想いを巡らす〜間もなくしてロンドンを去るその日々
    ・昭和43年11月9日(土)晴れ(旅に想いを巡らす) ▲ロンドン市長の行列 copy from the net. ? ?今日は、Lord Mayor’s show(ロンドン市長就任披露行列の日)でした。そして11月4日に晴れて、今日も晴れた…10月28日 12時58分
  • コレラ予防接種〜間もなくしてロンドンを去るその日々
    ・昭和43年11月8日(金)曇り(コレラ予防接種) 今日、再び“Marble Arch”(マービル・アーチ)の病院へ行き、コレラの予防接種をして貰った。マービル・アーチから通い慣れたボンド・ストリート駅まで歩いて戻って見た。ボンド・ストリー…10月28日 06時26分
  • 2階のマリアンと知り合う〜ロンドンを間もなくして去る、その日々
    ・昭和43年11月7日(木)雨後曇り(2階のマリアンと知り合う) ? ▲二階に住んでいたMarian Watts(マリアン・ワッツ) 昨夜、私はシーラ、そしてシーラの友達のジャネットと別れて来た。真っ直ぐにアパートへ帰れない状況であったので…10月27日 07時04分
  • 火事騒動とおばさんの喧嘩〜ロンドンを間もなくして去るその日々
    ・昭和43年11月6日(水)曇り(火事騒動とおばさんの喧嘩) ? ▲私の部屋の上、四階の火事騒動 朝の5時頃か、はっきりは分らないが、「ファイアー、ファイアー(火事だー、火事だー)」と家主のおばさんの悲鳴に近い声と同時に、ドアを激しく叩く音…10月26日 09時03分
  • 査証を取るのも国際情勢が大いに関係〜ロンドンを間もなくして去るその日々
    ・昭和43年11月5日(火)曇り(査証を取るのも国際情勢が大いに関係) 今日は“Guy Fawkes Day”(ガイ・フォークスの日=子供たちが花火をならし 、かがり火をたく風習)であった。イラク大使館へ行って、査証を取得した。イラクまで行…10月25日 06時59分
  • 査証の取得等、旅への準備〜ロンドンを間もなくして去るその日々
    ロンドンを間もなくして去るその日々 ・昭和43年11月4日(月)晴れ(査証の取得等、旅への準備) 今日、珍しく晴れた。その前はいつ晴れたのか、分らない程だ。多分、私がウェールズから帰って来て以来ではないか。念の為、日記を調べたら9月20日以…10月24日 07時24分
  • 詩?題名「旅」〜シーラとの日々、そして、別れ
    ?詩 題名「旅」 旅は、人生に生き甲斐を与える。 旅は、楽しい、それは春の訪れのように。 旅は、寂しい、それは落葉が舞う晩秋のように。 旅は、出逢いであり、又別れである。 旅は、人生であり、人生は又、旅である。 人生は、旅で始まり、そして旅…10月23日 06時22分
  • シーラ、ジャネットとの永遠の別れ〜シーラとの日々、そして別れ(その2)
    ?・昭和43年11月6日(水)曇り(シーラ、ジャネットとの永遠の別れ)その2(終り) ▲23歳のシーラ ▲15歳のシーラと6歳の弟ケネフー自宅にて シーラの所へ行ったら、ジャネットも来ていて、3人で最後の食事となった。最後の食事の他、今日も…10月22日 12時40分
  • シーラ、ジャネットとの永遠の別れ〜シーラとの日々、そして別れ
    ・昭和43年11月6日(水)曇り(シーラ、ジャネットとの永遠の別れ)その1 イランの査証が出来ているので、大使館へ取りに行った。その帰りに誰もいないHyde Park(ハイド・パーク)を散策した。この公園は、日比谷公園の何十倍もある広さがあ…10月22日 07時21分
  • 日本食レストランで食事を楽しむ〜シーラとの日々、そして、別れ
    ・昭和43年9月30日(月)曇り(日本食レストランで食事を楽しむ) 今日、レストランの仕事は休みの日であった。午後7時、ボンド・ストリート駅でシーラと待ち合わせをして、日本レストランへ行った。金が無い私であったが、『いつもご馳走になって申し…10月21日 07時23分
  • シーラの寂しそうな顔〜シーラとの日々、そして、別れ
    シーラとの日々、そして、別れ ▲ウェールズのニースの海岸にての?Sheila Morgan 23歳 ? ▲1960年文通を始めた頃のSheila Morgan 15歳 ・昭和43年9月23日(月)曇り(シーラの寂しそうな顔) レストランの仕…10月20日 07時22分
  • My life in London(私のロンドン生活)
    *私の部屋の話 ? 1968年9月21日の深夜、アルベート・ミルスさんに出逢えたお陰で翌日、彼は週3ポンドの部屋(5 Arvon Road Highbury London N5)を探してくれた。その場所は、地下鉄ピカデリー・ラインのHoll…10月19日 12時36分
  • ミルスおじさんの話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *ミルスおじさんの話 あの日の深夜(1968/9/21)、泊まる所が無く困り果てて通りを歩いていた時、ミルスさんに会わなかったら、今頃どうなっていたか、分らなかった。彼はシングル・ベッド一つにも拘らず私を泊め、朝食を作ってくれて、直ぐに今の…10月19日 07時57分
  • 暇な時の話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *暇な時の話 ? ウィンピー・ハウス・レストランで働いていた時の私の休みの日(毎週月曜日)は、近所の公園やロンドン中央へ、よく散策に出掛けた。陰うつな天候で暗い部屋に居ると、余計に寂しさを感じたので、外出したのもその為であった。 外へ出掛け…10月18日 15時39分
  • 買い物の話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *買い物の話 八百屋、魚屋、そして、雑貨屋も近くのHighbury Street(ハイバリー通り)にあるので、買物は不便でなかった。しかし、野菜や魚の種類は日本より少なかった。特に、野菜の種類は顕著であった。イギリスは、アメリカ式ストアの近…10月18日 08時18分
  • 食事作りの話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *食事作りの話 1人生活では何と言っても億劫なのが、食事作りであった。オックスフォード・ストリートのレストランで働いていた時は、夕食が食べられたので、朝昼兼用の食事を作って済ませていた。又、ボンド・ストリートのレストランの時は、昼食と夕食が…10月17日 16時02分
  • 寂しさの話〜My life in London (私のロンドン生活)
    *寂しさの話 私のロンドンでの生活の中で、話し相手がシーラ以外、誰も友人・知人が居なかったので、孤独であり、寂しさもあった。又、必要最低限以外、お金を使えないので娯楽や食事も楽しめず、おまけにテレビやラジオも無いので、生活は虚しかった。それ…10月17日 08時49分
  • 『霧の都ロンドン』の話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *『霧の都ロンドン』の話 ロンドンの天候は毎日、どんよりした曇りの日が多く、時々、小雨(時には霧雨)が降った。晴れた日は、私がロンドンに滞在するようになってから1・2度だけであった。毎日毎日、曇りか小雨では憂鬱(ゆううつ)で、心も晴れなかっ…10月17日 06時52分
  • 私の部屋の話〜My life in London(私のロンドン生活)
    *私の部屋の話 1968年9月21日の深夜、アルベート・ミルスさんに出逢えたお陰で翌日、彼は週3ポンドの部屋(5 Arvon Road Highbury London N5)を探してくれた。その場所は、地下鉄ピカデリー・ラインのHollow…10月16日 16時07分
  • 私が見た事・感じた事 in London
    *パブの話 ? パブ(Public Houseの意味)には、Public Bar(パブリック・バー)、Lounge Bar(ラウンジ・バー)、そしてSalon Bar(サロン・バー)があった。ただ単に「パブ」と言った場合は、パブリック・バー…10月16日 10時07分
  • 私の部屋の話〜My life in London(私のロンドン生活)
    My life in London(私のロンドン生活) *私の部屋の話 ? 1968年9月21日の深夜、アルベート・ミルスさんに出逢えたお陰で翌日、彼は週3ポンドの部屋(5 Arvon Road Highbury London N5)を探し…10月16日 06時56分
  • 最近のイギリスの社会情勢の話〜私が見た事、感じた事 in London
    *最近のイギリスの社会情勢の話? “今日”(1968年10月25日)のDaily Mirror(大衆紙)の紙面は、『学生達がLSE(London School of Economicsロンドン経済大学)を解放』と大きな見出しでトップを飾って…10月15日 15時42分
  • 制服とイギリス紳士の話〜私が見た事、感じた事 in London
    *制服とイギリス紳士の話 ? イギリス人は、制服好きな国民の様であった。学生、衛兵、警官、鉄道・バスの運転士(手)・車掌を始め、ウェイトレスから“無断駐車を取り締まる婦人係員”(女警察官ではない。無断駐車をしている車に違反切符を発行している…10月15日 12時02分
  • イギリス人の質素・経済的(ケチ)な話〜私の見た事、感じた事 in London
    *イギリス人の質素・経済的(ケチ)な話 イギリス人は経済的(ケチ)と感じた。パブでの彼等は、ビールを飲むのではなく、時間をかけて舐めるように少しずつ飲んでいた。彼等はビールを飲みに来るのではなく、安く時間を潰せてお喋りしに来ていると私は悟っ…10月15日 06時37分
  • 『私はイギリス人か』の話〜私が見た事、感じた事 in London
    *『私はイギリス人か』の話 日本での異国人(この場合、白人を指す)は、見立つ存在であった。しかし、ロンドンに於けるアジアの日本人である私は、そんなに目立つ存在に感じられなかった。 ロンドンには、色々な人種が住んでいた。特に目立ったのが黒人(…10月14日 15時15分
  • 酒場の種類の話〜私の見た事、感じた事 in London
    *酒場の種類の話 ? ロンドンには、飲み屋が“パブ”(パブリック・バー、ラウンジ・バーとサロン・バー)しかないが、東京には養老の滝の様な大衆居酒屋から、赤提灯、小料理屋、割烹料理屋、バー、サロン、キャバレー、スナック等色々な店がたくさんある…10月14日 13時47分
  • テレビの話〜私が見た事、感じた事 in London
    *テレビの話 ?イギリスのテレビ(TV)は、3チャンネルしかなかった。その内の2チャンネルは国営放送、民間放送は1チャンネルだけであった。 それに引き換え日本は、1〜12までの間に6〜8チャンネルもある。選択の幅が出来て見たい番組が多くなっ…10月14日 07時48分
  • ダブル・デッカー・バス(ロンドンのバス)の話〜私が見た事、感じた事 in Lon…
    *ダブル・デッカー・バス(ロンドンのバス)の話 ロンドンにはもう一つ足の便がある。それは例の『ダブル・デッカー・バス』と言って、赤い二階建てのバスの事です。古い歴史的な建造物の間を縫うように走る赤いバスは一際目立ち、正に絵になる様な光景であ…10月13日 08時11分
  • アンダーグランド(ロンドンの地下鉄)の話〜私が見た事・感じた事 in Londo…
    *アンダーグランド(ロンドンの地下鉄)の話 ?ロンドンに来た日、シーラの案内で初めて乗った地下鉄の第一印象は、『車内の内装は茶色、しかも車内灯は電球の玉で、車内は薄暗かった。車内でタバコを吸って良いのか、吸殻が床に捨ててあるので汚かった』と…10月12日 08時50分
  • パブの話〜私が見た事・感じた事 in London
    私が見た事・感じた事 in London *パブの話 ?パブ(Public Houseの意味)には、Public Bar(パブリック・バー)、Lounge Bar(ラウンジ・バー)、そしてSalon Bar(サロン・バー)があった。ただ単に…10月11日 07時01分
  • ウィンピー・ハウスの労働明細と生活費の収支決算の話〜ウィンピー・ハウス・レストラ…
    ・ウィンピー・ハウスの労働明細と生活費の収支決算の話 オックスフォード店〜9月21日から10月2日まで計10日間、労働時間午後4時から11時まで、9月23日30日は月曜日で休み、週6ポンド。 ヴィクトリア店〜10月4日の1日のみだが正確の労…10月10日 09時35分
  • ボンド・ストリートのウッドストック店の話〜ウィンピー・ハウス・レストランの仕事
    *ボンド・ストリートのウッドストック店の話・10月8日(火)〜久し振りにオックスフォード店へ午前9時に行った。マ ネージャーから、「本社の方へ行ってくれ」と言われた。私は、『何であろうか』とチョット不安を感じながら、通りの向こう側にある事務…10月09日 07時34分
  • オックスフォード・ストリート店の話〜ウィンピー・ハウス・レストランの仕事
    *オックスフォード・ストリート店の話〜ウィンピー・ハウス・レストランの仕事の前投稿記事からの続き ?・10月4日(金)〜いつもの様に午後4時にレストランへ行った。マネー ジャーから、「昨日、どうして休んだのだ」と言われた。「頭が痛かった」と…10月08日 06時33分
  • オックスフォード・ストリート店の話〜ウィンピー・ハウス・レストランの仕事
    ウィンピー・ハウス・レストランの仕事 *オックスフォード・ストリート店の話 9月21日に色々あったが、結局、仕事に就いた。最初の話の中で労働時間は、午後の5時から11時まで、1日1ポンド4シリングと言う条件であった。しかし、最初の出勤日に、…10月07日 07時09分
  • ミルスおじさんのお陰で部屋が見付かる〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月22日(日)曇り(ミルスおじさんのお陰で部屋が見付かる) 恐怖の一夜が明けたが、何も起こらなかった。2人とも同時に起きた。彼は尿瓶を持ってトイレへ行き、その排尿を流した。昨夜の『チュル、チュル』と言う異様な音は、トイレが家の…10月06日 08時17分
  • 深夜の街を彷徨、ミルスさんと出会う〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月21日(土)曇り(深夜の街を彷徨、ミルスさんと出会う) ユースを去り、トランクを提げてアーチウェイ駅近くのrent room( 貸し部屋)を訪ねた。家主が出て来て色々と説明してくれた。部屋代は週7ポンドであるが、レストランの…10月05日 07時53分
  • 自分で仕事を探す〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月20日(金)晴れ(自分で仕事を探す) また今日も昨日行った例のスタッフ・エイジェンスィへ行ったが、返って来る言葉は、「仕事は無い」であった。受付係は、「午後、又来なさい」と言ってくれたが、イギリスは経済不況の為、イギリス人さ…10月04日 09時08分
  • ホテルの仕事を断られる〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月19日(木)晴れ(ホテルの仕事を断られる) 今日、体調がかんばしくなかった。微熱があるようで、しかも寒気も少し感じ、気分は冴えなかった。これは多分、ウェールズからロンドンに戻ってここ2日間、昼食を取らず緊張の中、職業斡旋所(…10月03日 07時58分
  • 仕事、滞在期間延長と労働許可証〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月18日(水)曇時々雨(仕事、滞在期間延長と労働許可証) 昨日、カナダ人に教えて貰ったスタッフ・エイジェンシィ(職業斡旋所)を探したが見付からなかった。しかし、今日は直ぐに見付かった。外国人である私が、労働許可証が無くても仕事…10月02日 08時07分
  • 日本大使館は行き辛い所だ〜仕事と部屋探し
    ・昭和43年9月17日(火)曇り(日本大使館は行き辛い所だ) ウェールズ滞在中、ダディに「ワーク・パミッション(労働許可証)の取得や滞在期間延長をしてもらうには如何したらよいか」と尋ねたら、「日本大使館へ行ったら良いのでは」と言った。私は両…10月01日 06時45分