ミニマリスト主婦 今までの人生捨てました

登録ID
1926204
サイト名称
ミニマリスト主婦 今までの人生捨てました
URL
http://kanasway.blog.fc2.com/
紹介文
結婚生活に疲れ果てていた時、人生を変えるために、家の中にある色んなものを捨てる事に決めました。
カテゴリ

※最新の記事

  • 私は主人と姑に騙されているのではないか
    私は一階の廊下から食卓で話す主人と姑の会話に耳を傾けました。すると、主人の浮気問題とは全然関係ない話で親子で盛り上がっているのでした。私にはまだ姑の家に暮らしてもらい、姑の面倒を見させると言う話や、私には姑から上手く言っておいてと主人が言う…01月16日 11時30分
  • もう主人の浮気問題には決着がついたのか
    一階へ降りて行くと、食卓の方から主人と姑の声が聞こえてきました。何を話しているのだろう。少しづつ近づきながら耳を済ませて見ると二人の笑い声が聞こえてきたのです。どうして笑っているの・・・。さっきまでは時折、姑の怒鳴り声が聞こえていたのに今で…01月15日 11時30分
  • 主人の浮気問題に関する話し合いの状況が分かりませんでした
    姑と主人の浮気問題に関する話し合いが始まってから三時間近くが過ぎようとしてもいまだに二階に居る私が姑に呼ばれることはありませんでした。いったいどうしたんだろう。さっきまでたまに聞こえていた姑の怒鳴り声もまったく聞こえなくなり、私はだんだん二…01月13日 11時30分
  • 私はこれからずっと姑の召使いになるのか
    姑と主人の話し合いは二時間近く続いていました。その間、私は二階の部屋でじっとしていたのです。これから私たち夫婦はどうなっていくのか。私はいつまでこの姑の家で暮らさなければいけないのか。私はこれからずっと姑の召使いになるのか。そんなことを考え…01月12日 11時30分
  • 姑は自分の息子の不貞を正してくれるはず
    姑の家を訪れた主人は、玄関から入って来るなり神妙な面持ちでした。事前に姑から何か言われ、この家に呼び出された理由を良く分かっているのかも知れません。そして、食卓を囲むように姑と主人は座り私は姑の言いつけで二階へと上がりました。姑は自分の息子…01月11日 11時30分
  • 姑に服従しすべてを委ねました
    どれほど姑の事を疎ましく思っていても主人が浮気している今、彼を正気に戻すために頼れるのは姑しかいませんでした。主人が姑と私が暮らすこの家にやって来る週末まで私は姑に対する服従を怠ることなく姑にすべてを委ねたのです。私はあなたに尽くしますから…01月10日 11時30分
  • 今度こそ主人を正気に戻して!
    私が姑から召使いのように扱われながらも必死に耐えて生活を続けていました。すると、こないだの夜、姑が私の元に来て「今度の週末、息子が来ることになったから」と告げたのです。どうやら姑はそこで主人にもう一度浮気を止めるように叱ってくれるみたいでし…01月09日 11時30分
  • 「面白いことして笑わせて」と無茶ぶりされました
    主人が我が家でどうしているのかも分からないまま私は姑の家で姑の召使いになっていました。姑に言われたことは何でも従い、どんな面倒な要求にも応じたのです。中でも一番つらかったのは、姑にいきなり「面白いことして笑わせて」と無茶ぶりされる時でした。…01月08日 11時30分
  • 主人の浮気に進展は見られず
    姑に服従を誓った私は、それから以前にも増して姑の召使いになったのでした。家事だけでなく、姑のマッサージ、姑が望むなら姑を笑わせるために面白いこともさせられました。私っていったいなんなのだろう。そんなふうに思いながらも、浮気している主人を取り…01月06日 11時30分
  • 姑に服従を誓いました
    泣きじゃくる私に向かって、ふたたび主人の浮気を止めさせてくれると言った姑。私はその言葉をもう一度信じるしかありませんでした。主人を止められるのは、母親である姑しかいないと思えたのです。「時間がかかるかもしれないけど、私があの子を正気に戻すか…01月05日 11時30分
  • 主人はまだ我が家で浮気をしているんです!
    姑のマッサージをきっぱりと断った私に姑は真顔で説教を始めました。「あなたが私の言う事を何でも聞けば、私が息子の浮気を止めさせてあげる、その約束を忘れたの」と姑はまた同じ事を言うのでした。「主人はまだ我が家で浮気をしているんです!」ついに感情…01月04日 11時30分
  • もう姑の言いなりになるわけにはいきません
    仕方なく姑の家に戻った私は、もう姑の召使いになることは止めようと思っていました。結局、主人はまだ浮気相手と同棲していてなにも変わっていなかったのです。姑は主人の浮気を止められずにいたのです。そうであるなら、私が姑の言いなりになるわけにはいき…01月03日 11時30分
  • この扉の向こうには主人の浮気相手がいる
    鍵が変えられて開かなくなった我が家の扉を私は何度もドンドンと叩いていました。この扉の向こうには主人の浮気相手がいるに違いない。そうであるなら私の前に出てくればいい。そして二人で決着をつければいい。そう思ったのです。しかし、何度扉を叩いても中…01月02日 11時30分
  • どうして私がこんな目に遭わなきゃいけないの
    我が家の扉の前で考え込んでいた私はふつふつと姑と主人に対する怒りがこみ上げてくるのを感じました。どうして私がこんな目に遭わなきゃいけないの。あまりに理不尽な現実に自分の精神が耐えられなくなっていったのでした。そして気がつけば、我が家の扉をド…01月01日 11時30分
  • 主人も姑も私を騙しているんだわ
    恐る恐る我が家の扉の鍵穴に鍵を差し込んでみるとやはりこないだと同じで、鍵は奥まで入りませんでした。扉の鍵は変えられたままだったのです。私が突然帰って来ても中にはいられないようにしたままだったのです。ひどい、ひどすぎる・・・。主人も姑も私を騙…12月30日 11時30分
  • 主人はまだ浮気相手と別れていませんでした
    主人はまだ我が家で浮気相手の女性と暮らしているみたいでした。主人は別れてなどいなかったのです。私は姑の召使いになっている自分が虚しく感じました。あの日、泣きそうな顔で姑の家を出て行った主人は何の反省もしていなのだろうか。あの日、姑は本当に主…12月29日 11時30分
  • 主人の浮気調査に帰りました
    姑が本当に主人の浮気を止めさせてくれたのか、それを確かめるために、私は平日の午後に姑の家から我が家に向かいました。もし、主人が本当に別れてくれているなら私は早く姑の家を出て我が家に戻ってきたかったのです。もう正直、姑の召使いをするのは精神的…12月28日 11時30分
  • 主人は本当に浮気相手と別れたのか
    主人が姑の家に来て、泣きそうな顔で帰ってから数日が過ぎても、私は姑の家で家政婦のように扱われるだけで主人から何の連絡もなく、夫婦関係に進展はありませんでした。主人は本当に浮気相手と別れたのか・・・。私が姑の家で召使い扱いされることに耐えてい…12月27日 11時30分
  • 主人が浮気相手と別れるのは時間の問題
    主人の泣きそうな顔を見ると、姑が主人に浮気の事をしっかりと注意してくれたのだということはなんとなく分かりました。そうであれば、主人が浮気相手と別れて私の元に戻って来るのはきっと時間の問題のように思えました。「マッサージお願いできるかしら?」…12月26日 11時30分
  • 姑は主人に浮気を注意したみたいです
    まるで母親に叱られた子供のように泣きそうな顔をして家を出て行った主人を見送ると私は姑に呼ばれたのです。「あの子には浮気相手とすぐに別れなさいと言ったわ」姑は誇らしげにそう告げたのです。「じゃあ、もう大丈夫なんですか?」私の問いかけに姑は大き…12月25日 11時30分
  • お願い、主人の浮気を止めさせて
    姑の家の二階の部屋から階下で話し合いをする二人の様子を窺っていると時折、姑の大きな声が聞こえてきました。どうやら姑は主人を叱ってくれているみたいでした。きっと主人が私に内緒で浮気していることを注意しているに違いないと思いました。これでどうに…12月23日 11時30分
  • 主人との一カ月ぶりの再会
    姑に呼び出された主人は、およそ一カ月ぶりに姑に家に顔を出しました。私の顔を見ると、すこしばつが悪そうにしていてきっと一緒に暮らす謎の女性から私が浮気に感づいていることを聞かされたに違いないと分かりました。そして閑散とした部屋の中に残された食…12月22日 11時30分
  • 私は姑に騙されているのか
    姑と屈辱の取引をしてから、私は朝から晩まで姑にこき使われました。麻の食事の用意から洗濯、掃除、買い物、姑のマッサージまでとにかく姑の命令に従わざるを得なかったのです。すべては我が家で謎の女性と浮気している主人を姑に取り返してもらうためでした…12月21日 11時30分
  • 姑の召使いになりました
    私が姑に頭を下げてお願いをすると「分かったわ。それじゃあこれから私の言う事を何でも聞いてくれるなら、息子の浮気をどうにかしてあげる」そう言い放ったのです。頭を上げて姑の顔を見ると、勝ち誇ったようにこれからあなたは私の奴隷なのよ、と言わんばか…12月20日 11時30分
  • 姑に頭を下げてお願いしました
    私が苦しむ姿を喜んでいるはずの姑が私に持ちかけてきたおもがけない提案。それは私が姑の言う事をこれからなんでも聞くなら主人と浮気相手を別れさせてくれるというものでした。姑にそんなことができるのか、そういう疑念はありましたが、それでも主人をなん…12月19日 11時30分
  • 姑から取引を持ちかけられました
    主人に裏切られたという絶望感を抱きながら姑の家で姑と二人で暮らす事は私にとって苦痛以外の何ものでもありませんでした。主人に対する怒りや憎しみは必然的に姑へと向かったのです。そして姑の私をどこか嘲笑うような表情がたまらなく私の心をざわつかせる…12月18日 11時30分
  • 主人と別れる選択肢はありませんでした
    主人に対するどうしようもない絶望感を抱きながら姑の家に戻った私は、何もない部屋でしばらく呆然と座り込んでいました。これからどうするのか、主人と別れるのか、強引にでも我が家に押し掛けて、主人と謎の女性を別れさせるのか。色んなシチュエーションを…12月16日 11時30分
  • 姑は本当は主人の浮気を放任しています
    主人と姑は二人して私を騙すために演技をしていただけかも知れない。私は二人の会話を聞いた時に直感したのです。さっきまで時折聞こえてきた姑の怒鳴り声ももしかしたら親子で申し合わせて叱る演技をしていただけではないか、そんな風に感じたのでした。もし…12月15日 18時16分
  • 主人に対する絶望
    平日の午後、我が家のベランダに干されている女性の衣類。そして部屋の中から私のことを観ている女性。変えられていた我が家の鍵。もう疑う余地はありませんでした。私が姑の家で暮らしている間に、我が家で何が起きていたのか、主人は私を裏切り、あの謎の女…12月15日 11時30分
  • 我が家の中から私を観ている女性
    我が家の部屋の扉の向こうに人の気配を感じた私はドアスコープから覗かれているようでなんとなく恐くなり、そのまま小走りでエレベーターに向かいとりあえずマンションの外に出たのです。どうして私が逃げなきゃいけないんだろうと思いながらも、なぜか恐くな…12月14日 11時30分
  • 我が家に主人ではない誰かがいる
    我が家で暮らすために意を決して帰ってきたはずなのに部屋の前でまさかの鍵が入らないという事態に遭遇した私は戸惑いました。どうしよう・・・。この扉の向こうに誰かいるのだろうか。私は思い切って部屋の扉をドンドンと叩いてみました。しかし、やはり誰も…12月13日 11時30分
  • 知らない間に我が家の鍵が変えられてました
    平日の午後に姑の家を後にした私は我が家に帰りました。主人に何を言われようと、もう姑の家で暮らす事は止めて、我が家で暮らすことに決めていました。マンションのエントランスを抜けてエレベーターに乗り、部屋の扉に鍵を差し込みました。すると、鍵が何度…12月12日 11時30分
  • 主人と知らない女性の愛の棲家になっている我が家
    主人の浮気を確信した私は、いつまでも姑の家で姑と二人で暮らしているわけにはいきませんでした。私が今いるべき場所はここじゃない!早く自分の家に帰らなければ・・・。主人と知らない女性の愛の棲家になっている我が家に帰って、主人を取り戻さなくてはな…12月11日 11時30分
  • 主人の浮気は、姑の復讐
    私に毎日のように「アンタには罰が当たる」と唱え続けている姑は、もしかしたら主人の浮気をなんとなく察していたのかも知れません。あるいは、この家に主人が来た時に主人に浮気を勧めたのかも知れないとさえ思えました。この家にあった姑のガラクタを処分し…12月09日 11時30分
  • 姑と二人で暮らす虚しさを感じています
    姑の家のリビングはこれでほとんどモノがなくなりました。食卓テーブルのセットとテレビと小さなテーブルとキャビネットが置いてあるだけでした。部屋がスッキリして心も落ち着くはずなのになぜか私の心はざわついていたのです。むしろ、私の心の中もこの部屋…12月08日 11時30分
  • 主人の背信行為
    主人が浮気している相手の全貌がだんだん垣間見えてくると私は日に日に主人に対する憎しみが湧いてきました。私を姑の家に送りこみ、さも最もな口実で姑の面倒を見させておいて、その間に自分は他の女性と好きな事をしている。それは許しがたい私に対する背信…12月07日 11時30分
  • 主人が浮気している相手は誰?
    それから私は平日の午後、毎日のように自分の家に戻り部屋の中の様子を確かめました。主人がこの家でどんな女と暮らしているのか、その痕跡を探しました。すると、クローゼットの中の私の僅かな衣類が収納してあった場所のすぐ横に大きな収納ケースが二つ置か…12月06日 11時30分
  • 姑の家で一人泣きました
    姑の家に戻った私は、姑と特に会話する事もなく淡々と食事を作り、淡々と炊事洗濯をして過ごしました。頭の中では主人の浮気の事と、変貌した我が家の事で一杯で、姑が私の近くでいつものように「アンタにはいつか罰が当たる」と独り言を言ってるとそれが現実…12月05日 11時30分
  • 主人はこの家で知らない女性と楽しい思いをしていたのか
    久しぶりに帰った我が家で主人の浮気を確信した私は悔しくて溜まりませんでした。私が姑のゴミ屋敷で一人戦っている間に主人はこの家で知らない女性と楽しい思いをしていたのかと思うと、やるせませんでした。主人はもしかしたら最初からそのつもりで私を姑の…12月04日 11時30分
  • やはり主人は浮気をしていました
    一ヵ月半ぶりに帰った自宅はあまりにも変貌していました。ミニマリストだった主人がいったいなぜこんなにもモノを部屋の中に置いたのか。観葉植物や椅子や置物はどれも新しく購入したものに違いなく、なぜそんなものを買ったのかさえ私には理解できませんでし…12月02日 11時30分
  • 私が不在の間に激変していた我が家
    平日の午後、私は姑の家を出て自分の家へと向かいました。いったい私がいなくなってから家の中がどうなっているのか、主人がどんな生活を送っているのか、それを確かめたかったのです。そして一ヵ月半ぶりくらいに自分の家へ戻った私はそこで驚くべき光景を目…12月01日 11時30分