心のコンサルタント あづまやすしのサイコロジーな毎日

登録ID
1930388
サイト名称
心のコンサルタント あづまやすしのサイコロジーな毎日
URL
http://556health.com/consultant/
紹介文
心のコンサルタントであり、恋愛セラピストである、あづまやすしが、セラピースキル、コンサルティングスキル、問題解決スキルを活かした仕事・生活を綴るブログです。
カテゴリ
  • 婚活 (50%) - 173 / 364人中
  • 恋愛相談 (50%) - 35 / 164人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • なつをの夏の物語(16)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「いまやってみたのが、その三点セットです。私から意外な方針を提示された。これが体験。そのあと、色々頭の中で考えた。そして感情が出てきた。今回の場合不安や落ち着かない感じでしたね。」 「はい。」 「こういうことを、日頃から自覚するようにすると…12月08日 19時03分
  • なつをの夏の物語(15)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「理論的には、あとで先生に解説してほしいんだけど、私の実体験をお話ししますね。私の場合、男性の話を色々聞いてあげることをしていたら、自分の話ばかりしたい男性が集まってしまったの。本当は私も、自分の話をしたいのに、男性との関係では、なぜか、聞…12月06日 19時48分
  • なつをの夏の物語(14)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「さて、なつをさん。」 「はい。」 「このイメージの世界の中で、現実の世界では、今まで無かったことや、今まで自分でやっていなかったことを探してみて下さい。何かありますか?」 「あの・・・」イメージしているときに言葉が次々と出てきたのとは対照…11月29日 21時30分
  • なつをの夏の物語(13)|恋愛ドクターの遺産第10話 記憶のないトラウマを癒す
    第五幕 安心と自信と自由 「先生、こんにちは。」なつをが入ってきた。 「なつをさん、こんにちは。」ドクターがにこやかに挨拶した。 今日はなつをのセッションの日だ。(といっても、これはまだ2年前の話) 「前回、トラウマの根っこを見つけて、ある…11月28日 18時08分
  • なつをの夏の物語(12)|恋愛ドクターの遺産第10話 記憶のないトラウマを癒す
    「では、なつをさん。今から、右手の上のそのエネルギーを持ったまま、ビデオのスクリーンの中の世界、過去の世界に入っていきます。湯水ちゃんは連れて行きますか?」 「はい。お願いしたいです。」 「では、湯水ちゃんも一緒に、過去の世界に入っていきま…11月24日 19時00分
  • なつをの夏の物語(11)|恋愛ドクターの遺産第10話 記憶のないトラウマを癒す
    「先ほど出てきた体の感じは、泣いて、吐いて、寝てしまって、という段階の、どの段階だとするとしっくり来るような気がしますか?」 なつをは呼吸が乱れ始めた。でも必死で自分を保ちながら、ドクターの質問に答えた。「ええと、部屋に誰もいなくて、とても…11月21日 18時20分
  • なつをの夏の物語(10)|恋愛ドクターの遺産第10話
    セッションが再開して、ドクターがまず方針を述べた。 「なつをさん。今私が考えている方針を説明させて下さいね。」 「はい、先生。お願いします。」 「実は、なつをさんがまだ物心つく前の時期、たとえば2歳とか、そんな時期に作られたトラウマが、現在…11月20日 22時00分
  • マッチョになりたい焼き(笑) 作ったよ!
    あづまです。 低糖質高タンパクのたい焼きレシピが大体できました\(^o^)/ 試作品がこちら。とりあえずたい焼きっぽい形にはなってます(^_^;) おから粉・小麦タンパク・大豆タンパク・そば粉が主体です。 まだ計算してないけど糖質は80%オ…11月20日 17時13分
  • なつをの夏の物語(9)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「ではまず、普通のフォーカシングから練習していきましょう。」ドクターが言った。 「はい。」 「お店をなつをさんの判断で変更したとき、その彼氏さんに、確か、『何で勝手に変えるわけ?何で勝手に決めるわけ?』って怒られたのでしたよね?」 「はい、…11月17日 16時09分
  • なつをの夏の物語(8)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「いい、ダメ、という話ではないのですが、わりと、自己中心的な人を周りに居着かせやすいタイプではあります。」 「え、それ、嫌です〜。」とても悲しい寂しい調子で、なつをが嘆いた。 ドクターはなつをの嘆きに構わず話を続けた。「湯水ちゃん、なつをさ…11月15日 21時20分
  • なつをの夏の物語(7)|恋愛ドクターの遺産第10話
    「では、なつをさん、こちらの椅子におかけになってください。」ドクターは左手で片方の椅子を示した。 「はい。」なつをは返事をすると、示された椅子に腰かけた。どことなく不安げな様子だ。 「では湯水ちゃんは、こちらの椅子でお願いします。」今度は右…11月14日 19時28分
  • なつをの夏の物語(6)|恋愛ドクターの遺産第10話
    なつをとドクターのセッションは続いている。(といってもこれは2年前の話) 「そうですか、辛いことがあったのですね。厳しくも愛情のあるお友達、ありがたいですね。」 「はい、本当にそう思います。」 「それで、最近はそういう『オレサマ系』の男性は…11月09日 19時33分
  • なつをの夏の物語(5)|恋愛ドクターの遺産第10話
    なつをが恋愛ドクターのことを知るきっかけになったのが、この一件だった。暴君のような彼氏との交際で、日々心労が溜まり、どんどん生気が失われていくなつをを心配してくれた友達に、つい実情を話してしまったのだ。 「あのね、恭子」 「うん」 「私ね、…11月06日 19時51分