ロボットビジネス勉強会(交流会)

登録ID
1930982
サイト名称
ロボットビジネス勉強会(交流会)
URL
http://robot-business.net
紹介文
だれでもできる「ロボットビジネス」にフォーカスし、新事業と新会社の可能性を模索します。
カテゴリ
  • マーケティング・経営 (100%) - 8 / 342人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • IoTのセキュリティリスク
    IoTは、あらゆるものがインターネットにつながることを指す言葉です。 センサーによって、今まで情報化の対象とされなかった世界をデジタル化し、データとして蓄積する。 そして、データを分析して現実世界へとフィードバックするという流れの繰り返しに…11月24日 14時58分
  • ITを活用した靴屋さん
    ITを活用して、自分の足に合った靴がつくれる靴屋があります。 「ShoesCafe」というお店で、フルオーダーメイドとなっています。 大量生産でつくられる靴は平均的な足のサイズを基にします。 実際には足の形状は様々で、靴が合わないという女性…11月23日 18時04分
  • 銀行が従業員を大幅に削減
    昨日、「三菱東京UFJ銀行が2023年度末をめどに6000人の従業員を削減する」という内容のニュースを目にしました。 店舗の約2割を機械化し、少数で運営できる体制にする予定とのこと。 また、採用も抑制していく方針だそうです。 三菱東京UFJ…11月22日 09時01分
  • 建築設計の一部をAIで自動化
    建築ができるまでには、多くの工程があります。 構造や寸法、素材など細かなところまで決めないといけません。 広い意味での建築設計も分業して行われる場合がほとんどです。 意匠を担当する人、構造を担当する人、屋内環境を担当する人など。 また、これ…11月21日 09時05分
  • ロボットが接客するカフェがオープン
    昨日、ロボットが接客するカフェが期間限定でオープンするというニュースを目にしました。 11月16から26日の期間に原宿でオープンしており、「未来の接客業」をコンセプトにしているそうです。 「Pepper」に好みのコーヒーを注文するとドリップ…11月17日 13時20分
  • スマートスピーカーは普及するのか
    スマートスピーカーは性能の向上と機能の充実で、普及が進んでいく可能性があります。 性能面では、AIがユーザーの求めている情報をしっかりと読み取ることができるかどうかが重要です。 例えば、「今日って雨降るの?」と「今日って傘必要?」は実質同じ…11月15日 07時59分
  • スマートスピーカーの発売が始まった
    最近、声で操作でき様々なサービスを受けられる「スマートスピーカー」が話題となっています。 国内の企業も開発を進めていますが、現時点で優勢に感じるのが、グーグルの「Google Home」とアマゾンの「Echo」です。 スマートスピーカーは様…11月14日 07時19分
  • 自動運転技術が実用レベルに近づいている
    自動運転車が実用化されたときのインパクトはすさまじいと思います。 一方、現実には技術面の問題だけでなく、意識面、法律面の問題があるため、簡単に普及するとは思えません。 それでも、実証実験は海外で盛んに行われており、高速道路と比べて複雑な環境…11月10日 17時13分
  • 折り曲げ可能なディスプレイ
    ディスプレイは硬いイメージがありましたが、最近では折り曲げ可能なものも開発されました。 非常に薄いディスプレイで、丸めることもできます。 メリットとしてあるのが、有機ELと比べて製造コストを約半減できることや、落としても割れないこと、消費電…11月09日 08時51分
  • 素材の開発は新たな時代を築く
    素材の開発は社会や生活を大きく変えてきたと思います。 身近な例だと、プラスチック容器が開発されなかったら、今とは違う生活になりそうです。 加えて、素材は新たなビジネスを生んできました。 大げさかもしれませんが、素材の開発が時代を築いてきたと…11月07日 07時00分
  • 「月刊ロボットビジネス」執筆のお願い
    「月刊ロボットビジネス」執筆のお願い 「月刊ロボットビジネス」はボランティアが編集しており、当面はロボットビジネス勉強会のブログ記事を転載するに留まります。 徐々に誌面の拡充を図っていくに当たり、皆さまのご協力を必要としています。 つきまし…11月06日 07時41分
  • 3Dプリントの事例(2)
    3Dプリントは規模の大きいものをつくる際にも使われるようになりました。 簡易的なものですが、コンクリートを使った家もつくられています。 例えば、使われる素材に金属が加わると、構造的により強固にすることができ、大規模なものがつくれるようになり…11月03日 19時37分
  • 「月刊ロボットビジネス」発行の趣旨
    「月刊ロボットビジネス」発行の趣旨 このたび日本ロボコム株式会社とロボットビジネス勉強会が協力し、「月刊ロボットビジネス」の発行にこぎ着けることができました。 本誌では、ハードのみならず、アプリケーションソフトやクラウドサービスなど、そして…11月03日 19時35分
  • 3Dプリントの事例(1)
    ここ数年で3Dプリントが驚くほどのスピードで進化している気がします。 簡易的なプリンターなら価格も数万円で手に入れられるようになり、素材の幅も増えています。 材料として使われる素材はプラスチックだけでなく、金属、食べ物、コンクリートなど様々…11月02日 11時46分
  • ロボットビジネス勉強会 月刊ロボットビジネス
    「ロボットビジネス勉強会」の第1回を開催する運びとなりました。 合わせて、『月刊ロボットビジネス(PDF版)』を創刊しました。 ロボットビジネス勉強会では毎回(毎月)メーカーをお呼びし、アプリケーションソフトやクラウドサービスを含めた広義の…11月01日 13時30分
  • 建築設計を考える
    ここのところ大学の建築課題に追われ、更新がなかなかできていませんでした。 課題で大変なのは設計課題なのですが、やり方をもっと考えなければいけないと思っています。 今回は、私が建築設計にあったらいいなと思うものについて紹介します。 個人的に一…11月01日 08時57分
  • 遠隔地とのコミュニケーション技術
    遠隔地とのコミュニケーション方法は多く存在します。 相手の顔を見ることができるやり方に絞ると、画面に相手の顔が映し出されるものが一般的です。 最近では、企業の業務改善の一環として「テレビ会議」や「ビデオ面接」というものが出てきていますが、こ…10月26日 12時07分
  • AIブームに取り残される
    AIは人工知能と呼ばれるくらいですから、元は人間の知能を再現しようとする試みでした。 実際には人間の知能の仕組みを完全に紐解くのは難しく、現在に至るまで再現できていない状況です。 AIが人間の知能に近づけない理由に身体を伴っていないことがあ…10月24日 08時20分
  • AIの表情解析
    AIが得意とする画像認識の事例がニュースとして取り上げられていました。 日銀の黒田総裁の記者会見の映像を解析したところ、表情と金融政策の変更に相関関係があることが確認されたというものでした。 今回使われた技術は、画像から「怒り・軽蔑・不愉快…10月23日 11時27分
  • ロボット社会におけるプライバシーの問題
    ロボット社会が進む上で問題となってくるのがプライバシーの境界だと思います。 インターネットが普及した現在でも、「何が個人情報でどこまでを扱ってよいのか」ということはさかんに議論されてきました。 自分に関する情報が、AIの学習に必要なビッグデ…10月19日 11時04分
  • インターネット社会におけるプライバシーの問題
    昔からインターネット上でユーザー情報をどこまで利用していいかという問題はありました。 個人を特定する「個人情報」はもちろんのこと、個人を識別できないが私的な情報である「パーソナルデータ」の扱いです。 その扱いを示したのが利用規約で、私を含め…10月17日 07時15分
  • AIによるテレビの番組制作
    AIがテレビ番組の制作に関わる例としては、ニュースの原稿生成があります。 天気予報の原稿に関しては、降水量や気温などのデータを使ってAIが文章におこしてくれます。 最終的には人のチェックが入りますが、データを原稿に打ち込む作業がなくなりまし…10月13日 09時31分
  • AIが偏見と差別を人から学習する可能性
    最近では、AIに文書を読み込ませて学習させることがあります。 読み込ませる文書は人間が作ったものです。 よってこの場合、AIは人間から学習するということになります。 ここで問題になるのが、偏見や差別を含んだ文書をAIがそのまま学習するため、…10月12日 11時53分
  • 自動翻訳の精度が向上
    自動翻訳はAIによって精度が向上しました。 余談ですが、私が始めて翻訳サービスを使ったのは中学生の時です。 英語の宿題で分からないところがあったのですが、文字通りそのまま訳されて、日本語は滅茶苦茶で、文構造を把握できているとは思えませんでし…10月10日 07時57分
  • 進むウェアラブル端末の開発
    「Apple Watch」などで知られるウェアラブル端末の開発は年々進んでいます。 端末が小型・軽量になったことと、他の機器との連動が可能になったことが影響しています。 ウェアラブル端末とは体や衣服に装着する端末のことで、スマホやPCなど携…10月09日 11時39分
  • アパレル業界における「ロボット」活用(1)
    服は実店舗で購入する場合が多いと思います。 実際にアパレルショップというのは街中にたくさんあるはずです。 オンライン上で服を買わない理由の一つに、「実際に目で見て、生地を触って、試着してみないと判断できない。」というものがあるはずです。 ま…10月05日 12時00分
  • IT関連の展示会「CEATEC」へ行く
    10月6日(金)まで、IT関係の技術の展示会「CEATEC(シーテック)JAPAN 2017」が千葉幕張メッセで開催されています。 ロボット、AI、IoTなど注目を集める技術が社会に普及し始めているのだと改めて実感させられる展示会でした。 …10月04日 21時41分
  • AIのパスワード推測
    今回はAIの悪用にもつながる事例です。 AIがパスワードを推測することで、特定がはやくなり、その確率が上がったという実験データがあります。 従来の特定の仕方は、片っ端から文字を並び替えていく方法と、過去に流出したパスワードからつくり方を推測…10月03日 09時00分
  • AI同士で経験を共有
    最近のAIは膨大なデータを解析することで、精度の高いモデルをつくります。 学習のためのデータ量が少ないと、例えば、人から見て間違った分析結果を示してしまうことがあります。 AIの間でデータを共有することで、従来より少量のデータからでも十分な…10月02日 10時00分