悔い改めなければダメかしら?

登録ID
1931018
サイト名称
悔い改めなければダメかしら?
URL
http://kuiaratame.blog.jp/
紹介文
私の男性遍歴あるいは「私を通り過ぎた男たち」のお話です。お口に合わない方はご遠慮ください。
カテゴリ

※最新の記事

  • 【過去】飼育と脱出 vol.10
    事務所の呼び鈴が鳴りますインターフォン越しの声が室内に響きます「ゆきちゃんを迎えにきました」迎えにきたのは明日香さんでした。私と明日香さんはワゴン車の後ろに乗り込みます。「これをしてて」私が車内を見渡していると、明日香さんがアイマスクを手渡…11月03日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.9
    1ヶ月後…私は再び、その男の人のところに行く日です。この日は、相手の指定で日曜日の午後からその男の人のところに行くことになっています。まずは、午前中に義父の事務所へ義父は、私にシャワーを浴びさせて全裸のままマットの上にそして、器用に恥毛を剃…11月02日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.8
    男の人が私の腰を前後に動かすスピードを早くします。明日香さんの舌が、私の乳房や乳首を優しく舐めまわしています。やがて、男の人が身体を硬直させたかと思うと、私の中に挿っている肉の塊が脈打つのが伝わってきます。私は、ようやく男の人の上から解放さ…11月01日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.7
    「明日香、アレを取ってくれ」私は膝を開いて、男の人の顔を跨いだまま、男の人のアレを口に含んでいます。明日香さんが何かを持ってきます。そして、明日香さんの指で私のアソコと膣の中にひんやりとしたものが塗られていきます。「これで、滑りが良くなるだ…10月31日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.6
    明日香さんの舌と指の愛撫は、とてもソフト。そして丹念に私の固く閉ざされた蕾みを開こうとしています。でも、私の反応はとても鈍いみたい。「本当にこの娘、何も感じてないみたいよ」明日香さんの声は優しいけど、とても残酷に響きました。「俺が変わろう」…10月30日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.5
    やがて明日香さんはぐったりと崩れ落ちました。男の人は、ガウンを着ると私に「今度は見せてもらおう」と言い、ベッドに行くように促されました。私はベッドサイドで明日香さんに着ていたものを丁寧に脱がされます。そしてベッドに横たわるように言われました…10月29日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.4
    「そこで見ていなさい、明日香おいで」男の人が私にベッドサイドの椅子を示しました。明日香と呼ばれた女性は、着ていたガウンを脱ぎ男の人のガウンも脱がせ、男の人のアレを口に含みます。やがて、明日香さんは男の人をアレを咥えたまま、身体を入れ替えます…10月28日 12時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.3
    私が連れて行かれたのは、市の中心部にある大きなホテルでした。義父は、ホテルのロビーから何処かに電話をしています。電話が終わると、部屋番号を告げられます。「終わったら、家に帰って良いからな」義父は、エレベータホールで私に言い残し、私がエレベー…10月23日 14時12分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.2
    数日後、私が義父の事務所に行くと、次回はホテルに行くから、と叔父に告げられました。「何があるのですか?」私が恐る恐る尋ねると、「お前のことをある人に話したら、興味を持ってくれてな。それで、お前に会いたいと言ってるんだ。お前はその人の部屋に行…10月22日 00時00分
  • 【過去】飼育と脱出 vol.1
    高校2年の秋も終わりの頃から始まった義父との関係は、約1年続くことになります。そして、亮君との関係は自然消滅のような感じ…亮君は私が避けたと思ったでしょうし、私は亮君に少し避けられていたように感じていました。でも、亮君に迫られていても、アソ…10月21日 00時00分
  • 【追憶】ココロとカラダ… vol.7
    義父にアソコの毛を剃られた日、浴室で義父が求めてきた時に義父のアレが私の中に入らなかったことで、私は少しだけ救われていました…亮君のは受け入れなくて、義父のだけ受け入れる…このことに少なからずショックを受けていたのですが、何もしなければ義父…10月20日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.10
    義父は、そのまま私の口に放出しました。「上手くなったな」義父がそう言い、ようやく私は解放されました。口を漱ぎ、シャワーを浴び、身体を洗うときにアソコに毛が無いことを実感しました。これで、亮君には会えなくなる…私は胸の奥が締め付けられるような…10月19日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.9
    義父は私の恥毛を全て剃り落とすと、そこに頬ずりをしました。やがて、舌で毛が生えていたところを舐め出します。「すべすべで、綺麗だ」同じ言葉を義父は繰り返しています。どの位経ってからでしょうか…ようやく私は脚を吊っていた縛めが外されました。それ…10月18日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.8
    私は、50cmくらいの高さにあったロープの輪に左足首を括られ、義父はロープを引き上げました。Y字バランスのような格好で私は足を広げたまま、そして全裸のまま片足立ちになりました。広げられた股の部分は、何も覆い隠すものはなく、義父の方に向けられ…10月17日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.7
    「立場が分かってないようだな。教えてやらないとダメだな」義父は私に向かって言い、私にシャワーを浴びてくるように促しました。私は、モッサリとした動作で服を脱ぎ浴室に入ります。そして、シャワーをひねりシャワーを浴びます。あふれていた涙は止まって…10月16日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.6
    翌週、義父の事務所に行く約束の日がやってきました。私は、義父の事務所の前で深呼吸をしてから呼び鈴を押します。「では、社長私はこれで失礼します」義父が扉を開けたとき、中からそう言って知らない人が出ていきました。「さぁ、入って」義父は、出ていっ…10月15日 00時00分
  • 【追憶】コロとカラダ… vol.6
    このとき亮君は、私が初めてではないことを気にしていたようでした。亮君のが先っぽしか挿らなかったことよりも、私が色んなことに慣れていたことに、それを受け入れつつも驚いていたようでした。でも、亮君もたぶん初めてではなかったみたい。だから本当はお…10月14日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.5
    亮君は、私をベッドに降ろすと、唇から首筋、胸からお腹、そしてアソコや太股に舌を這わせます。二回放出したからなのか、それとも場数を踏んでいるのか、先ほどまでの亮君とは違って、ゆっくりと私の身体を楽しんでいるようでした。そして、アソコは念入りに…10月13日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.4
    亮君がシャワーから戻ると、テレビ画面では女の人が男の人のものを口に含んでいました。「あれをして欲しい」亮君は、テレビ画面を見ながら言いました。「分かったわ、ベッドに寝て」私はそう言うと、亮君が腰に巻いていたバスタオルを外しました。私の目の前…10月12日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.3
    私の太股に亮君が放出した白濁した液体がびっしりついています。亮君は、落ち込んでいるみたいですが、私はキスをして「シャワー浴びてくるね」と行って浴室に行きました。浴室から戻ると、テレビからは艶かしい声がしています。男の人と女の人が絡み合ってい…10月11日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.2
    亮君は、驚いたような顔をしましたが、うなづくと私の手を引いてラブホテルに入って行きました。写真パネルで表示された部屋を見るでもなく、亮君は適当に部屋を選び、エレベーターに乗りました。エレベーターの中で、亮君はいきなり私の口を貪るように吸いま…10月10日 00時00分
  • 【過去】カゴの中の… vol.1
    祖母が亡くなってから慌ただしい日々を過ごしていたのですが、義父とあのようなことがあった次の日曜日は、久しぶりに亮君とデートの約束をしていました。義父が持っている兄との痴態を映したビデオや写真を、いつばら撒かれるのではないか?という恐怖心や、…10月09日 00時00分
  • 【追憶】ココロとカラダ… vol.5
    義父に初めてを奪われたことで、男の人が「抱きたい」と意思表示をすれば「抱けば良いじゃない」っていう感覚が芽生えたことは確かです。好きとか嫌いとかいう感情の前に、性欲の捌け口として処理したいならどうぞ、というような投げやりな感覚とでも言うので…10月08日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.10
    その時がやってきました。私の口からアレを外すと、義父は私のアソコに何かを塗りました。そして、私を一気に貫いたのです。それと同時に私は悲鳴を上げました。義父の腰が上下する度に、私は股が割けそうになるような痛みを感じていました。部屋の中に、私の…10月07日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.9
    義父の手が、ブラジャーのホックを探り器用に外される。その間も、義父の唇は首筋や乳房に湿り気を与えています。そして、義父は私をソファから抱え上げ、隣の部屋へ。そこには、昨日は気づかなかったマットが敷かれ、私はその上に下ろされた。私が身につけて…10月06日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.8
    マンションの一室にある義父の事務所の前で、私は深呼吸をする。今なら、逃げられるかもしれない…たぶん、逃げられない…そんな思いが交錯し、呼び鈴まで伸ばした指が躊躇いがちになる。私は、思いきって呼び鈴を押した。鍵を開け、扉が開く。「さぁ、入って…10月05日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.7
    その日、私は義父の事務所からどうやって家に帰ったのか覚えていません。気がついたら自分の部屋のベッドに横になったいました。私は、何も結論が出せないままに母に相談しようと思っていました。「お母さん、お義父さんのこと嫌いだったって言っていけど、学…10月04日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.6
    部屋に入ると、室内は暗く壁に何かが映し出されているようでした。「どうして…」私は思わず息を飲みました。そこには、私と兄の痴態が映し出されていたのです。私は、しばらく状況が理解できませんでした。でも突然、足元から震えが襲ってきて、全身に鳥肌が…10月03日 00時00分
  • 【過去】兄と義父… vol.5
    「1週間に一度くらい俺の仕事を手伝ってくれないか?」祖母が亡くなった慌ただしさから落ちつきを取り戻しつつあった頃、そう、私が高校2年の11月の終わりの頃、夕食の席で、義父がいきなり切り出しました。私が答えに戸惑っていると、「志保も賛成だろ?…10月02日 00時00分
  • 【追憶】ココロとカラダ… vol.4
    兄に下からヒダを押し広げられ舐められていたとき、私は性的には何も感じてはいなかったと思います。この時抱いていた感覚は…「早く終わって欲しい」と「恥ずかしい」の2つだけこの後、しばらく男の人のアレが私の中に挿いっても、何処を触られても、何処を…10月01日 00時00分