言葉の泉

登録ID
1931583
サイト名称
言葉の泉
URL
http://blog.goo.ne.jp/rurou_2005
紹介文
日々の思いや、読書感想を言葉を尽くして綴るブログです。
カテゴリ
  • 日記・雑談(その他) (100%) - 10 / 514人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 彼岸花
    新美南吉著「ごんぎつね」がすんでいた矢勝川の堤防いったいに咲く彼岸花 矢勝川には鴨の家族が羽を休めていた。 「ごんぎつね」が兵十のためにうなぎをとった川。 おひるがすぎると、ごんは、村の墓地へいって六地蔵さんのかげにかくれていました。いいお…09月20日 13時32分
  • 日常と幸せ
    勉強会で誰かが「日常のありふれたものには感動がないのか?」と言い出した。 私は昨日読んだ神吉拓郎の短編集17作がとっさに思い浮かんだ。 彼は「日常のありふれたもの」をさりげなく切り取って直木賞をとった。 庄野潤三の作品もさりげない中にいぶし…09月20日 00時33分
  • 菊とハム
    カラーストッキングがはやっているが、網タイツなんぞをはいている女性もいる。 どっしりと土偶のような立派なあんよに、この網タイツをはいているとまるでボンレスハムにタコ糸を巻きつけたようにみえる。 電車の中でこのボンレスハム状態の女性を見ると、…09月20日 00時03分
  • 正解発表
    皆様、下の記事スレッド「ふしぎ発見」に「爆笑&まじめな お答え」をありがとうございました。 この不思議な「窪み」はすずめが自分の羽根をばたつかせて出来た窪みです。 正解は「ラベンダーおばさん」でした! おめでとうございます。 すずめは砂浴び…09月19日 21時47分
  • 不思議発見!
    我が家の庭に不思議な「くぼみ」がいくつかあります。 そのなかの一つを紹介します。 はたしてこの「くぼみ」は何でしょうか? 不思議発見!「スーパーひとしくん」をかけて答えてみてください(何のこっちゃ?) これは何でしょうか?わかった人!手をあ…09月19日 16時57分
  • 施設で
    老人施設では家族や友人たちの訪問がある人はいいけれど、身寄りのない人はひっそりとしている。 先日、施設に身寄りのない老婦人を訪ねて行った。 右肩から腕にかけて痛むと言って膏薬を貼った手を見せてくれた。 ほっそりと今にも折れそうな手をそっと撫…09月19日 01時27分
  • 書評 『老木(おいき)の花―友枝喜久夫の能』白州 正子著
    老木(おいき)の花―友枝喜久夫の能白州 正子,吉越 立雄,大倉 舜二求龍堂 大正から昭和の中頃へかけて多くの能の名人芸にふれた著者、白州 正子 は、その名人たちの死とともにそれ以降の能に幻滅を感じ遠ざかってしまった。 それが友枝喜久夫(81…09月19日 00時07分
  • 古武士のような君なりき
    きっぱりと大人の断り 古武士の如し 一献献上 秋の日昏るる。 09月18日 21時06分
  • 知多半島ドライブ
    台風一過、からりと晴れた秋の日。 台風で箱根行きがやめになった三連休。 新車に乗って知多半島一周のドライブに出かけることにした。 先ずは愛知県随一の漁獲量を誇る「豊浜漁港」「片名漁港」から数分の好立地を活かし、その日穫れたての魚貝類を穫れた…09月18日 16時04分
  • 外は無風 家の中は暴風
    パトカーがアナウンスをしながら近所を巡回しだした。 耳をそばだてて聞くと、 「大型の動物を警察で保護しています。お心当たりの方は届けてください」 と言っている。 それを聞いた夫が、 「小型の鬼嫁を保護しています。どなたか引き取ってください」…09月18日 02時41分
  • すき焼き事件
    皆さんの家では「すき焼き」はどういう風に作りますか? 我が家は関東風に「わりした」というものをあらかじめ作っておきます。 (わりした:しょうゆ・みりん各1カップ、砂糖3/4カップを合わせてひとにたちさせ、冷ましておく。) ・牛脂を溶かし、そ…09月18日 00時28分
  • 書評『七十七歳 カナダ英語留学日記―たくさんの出会いに支えられて』
    明日は「敬老の日」 77歳でカナダに語学留学した女性の記録です。 あなたも勇気と元気をもらってください。 七十七歳 カナダ英語留学日記―たくさんの出会いに支えられて岡崎 つぎみ川喜多コーポレーション 77歳のおばあちゃまの英語留学記。 著者…09月17日 17時01分
  • 読むと書く
    いつも話題満載などというわけにはいかない。 私書く人、あなた読む人。 そうおいしいことなどあるわけはないのである。 「いつも読んでますよ〜」と言われても「いつも書いてますよ〜」と答えるしかないのである。 例えば、「読書感想文」を書くとしよう…09月17日 12時48分
  • 書評(『生きている人と死んだ人』山本夏彦著(文藝春秋)
    本を立て続けに読み夜更かしが多くなった。 『最後の波の音』山本夏彦著(文藝春秋)、『生きている人と死んだ人』山本夏彦著(文藝春秋)、『漂流』吉村昭著(新潮文庫) 『ハンナ・アーレント』矢野久美子著(中公新書)、『ハンナ・アーレント』杉浦敏子…09月17日 00時25分
  • 「お母さん、わたしは危なくないの?」
    親は子供に対する愛情は公平である。 はずであるが、子供はそう感じないことがある。 私は三姉妹の末っ子。 母が40歳の時、ひょっこり産んだのが私だ。 一番上の姉とは13歳の差がある。 二番目の姉とは3歳の差。 みんな一人っ子の様。 病弱だった…09月16日 19時58分
  • 下の記事の続き「伝説のスピーチ」その後
    下の記事に載せた 当時12歳だったセヴァン・カリス=スズキさんはその後どうしているかというMonaさんご質問にお答えしたいと思います。 当時12歳だったセヴァン・カリス=スズキさんが国連のリオ地球サミットで訴えたのは1992年のことでした。…09月16日 16時35分
  • 人生を肥やす
    たとえば古典を読むとする。 原書を読んで感想を書く。 それはなんら問題はない。 しかし、現代語訳あるいは、自分なりに読み解いて自説をまじえたものの古典解説本の場合はややこしくなる。 曲解にとんだものを原典を知らない読者が読んだ場合、著者を信…09月16日 15時24分
  • セヴァン・カリス=スズキ/リオサミット「伝説のスピーチ」
    セヴァン・カリス=スズキ/リオサミット「伝説のスピーチ」をお聞きください。 リオサミット「伝説のスピーチ」(1992年)です。 セヴァン・カリス=スズキ 1979年カナダ生まれの日系4世。 環境活動家。 9歳でECO(子ども環境NGO)を立…09月16日 09時46分
  • 夫は名シェフ?
    人生には思いがけないことが起きるものだ。 いつも元気印の私が入浴中にくも膜下出血して、浴槽に沈みかけていたところを夫に発見された。 救急車が呼ばれ即手術をした。 後遺症もなく無事退院できたが、入院中は夫が家事をやることとなりてんやわんや。 …09月16日 02時09分
  • 明日という日
    明日は、お墓参りをしに名古屋から新東名を通って東京の西多磨霊園まで行く予定にしていた。 いつもは弾丸日帰りドライブなのだけれど、三連休ということで、帰りに箱根で一泊して、あちこち秋を楽しむ予定だった。 それがどうよ! 台風っていうじゃない!…09月15日 16時32分
  • 宵越しの銭は・・・貯めておこう
    最近ついていいなことが多い。 ガレージのシャッターが壊れて、その修理に100万円かかるといわれて愕然。 モーター部分と巻き取りチェーンを変えるだけにとどめて40万円で収めた。 台所の換気扇を取り換え工事。 食器戸棚の扉が頭上から落下してこれ…09月15日 12時52分
  • 不具合が生じてますか?
    記事を書いても反映されません。 不具合が生じているのは私だけですか?09月15日 02時21分
  • 秘め事
    生活のありのままや、本音の本音を書くのは「日記」。 でもこれが公の目に触れる「日記」となるとやはり心のど真ん中を書くのは筆が鈍る。 徳富蘆花の「徳富蘆花日記」は夫婦の睦言を赤裸々に書くばかりでなく、寄宿していた親戚の娘との関係まで書いている…09月15日 02時03分
  • おみやげ
    幸福感は、人それぞれだけれど小さなことにも幸せはあるものだ。 母は晴れた日に家中の洗濯物を干し、それを取り入れるとき幸福だと思うといった。 私はそんなささやかな幸福感を不思議に思ったものだ。 しかし自分が病気になって昨日より今日、痛みがとれ…09月14日 18時43分
  • うすべにいろの迷い
    女が女であると意識する時は薄物をはおるときではなかろうか。 肌がすけてみえる瞬間、えもいわれぬ美がかもしだされる。そしてそれを脱ぐときはさらになまめく。 そんな女のナルシズムを歌ったのは松平盟子である。 ・ランジェリーすべりおちゆくたまゆら…09月14日 08時36分
  • 顔の毛布
    我が家は新聞や雑誌などをまたいだり、ぞんざいに扱うと厳しく叱られて育った。 父は威張ったり、家長風をふかせることもなく、亭主関白でもなかったけれど、母が勝手に父親を敬って特別扱いをしていた。 新聞は父が始めに読まない限り誰も読むことはなかっ…09月14日 02時33分
  • 忘れていった本
    高校生の頃、淡い恋をした。 家庭教師の先生に。 先生は東大の理工に通う大学生。 私は好きな科目しか勉強せず、嫌いな授業は勝手に自主早退していた女子高生だった。 そんな私を心配して親が無理やりご近所にお住まいのさる外交官のご子息に家庭教師をお…09月14日 01時02分
  • 天ぷらも心もカラリ秋の空
    元クラスメイトとランチを楽しみました。 目の前で揚げてくれる天ぷらをいただきながら、プロの天ぷらと主婦の天ぷらはこんなにも違うかと感動しながら堪能。 世界的異常気象のためエビの漁獲高が減り、大きなエビが採れなくなったとか。 板前さんに揚げる…09月14日 00時47分
  • 塩ゆで落花生
    実りの秋です。 畑で採れた「落花生」。 今は亡き義父が畑で丹精して、よく塩ゆでして食べておりました。 落花生はこの殻に入ったまま炒って食べても香ばしくておいしいですが、塩茹でにするとちょとしたお酒のおつまみになります。 ビタミンが豊かで美容…09月13日 21時54分
  • 閑話休題
    「いつまでも暑くて秋が来ませんね」 「あきません」 「暑いのはもうあきあきした」 「そんなこというたらあきまへん」 「なんや風がふいてきたなあ」 「さむうなってきたなあ」 「おーたむ」 「なんやオチはそれかいな」 「落ちだけにフォール」09月13日 13時33分
  • 野の花と死
    肉親の死に直面するとそれまでに自分が口にしたり、亡くなった方へのお悔やみの言葉や、漠然とした死に対する気持ちがみな嘘だったように思えた。 実際は嘘でなくみな心よりでた言葉やきもちだったのだけれど、母の死に目、父の死に目にあうと、みなそれらは…09月13日 01時32分
  • 炎の如し曼珠沙華
    「ごん狐」がすんでいた矢勝川の堤防いったいに咲く彼岸花 ・わが想い炎の如し曼珠沙華 天をも焦がそうとするかのような曼珠沙華が咲いた。 この花は不思議でお彼岸にきっちりと咲く。 葉もなく、花だけが炎のように天に向かって咲く。 このはなは田のあ…09月12日 19時59分
  • 書評『四百字のデッサン (1982年) 』
    画家の中には名文を書く人が多い。 それは物や人物をスケッチする眼が鋭いからだろう。 絵筆をペンに持ち替えても、うまい。 その筆頭、画家、野見山暁治の名著を紹介しよう。再掲載である。 四百字のデッサン (1982年) (河出文庫)野見山 暁治…09月12日 11時26分
  • お調子者
    毎日忙しいので、週末が待ち遠しい。 その週末になるとほっと一息つけるけれど、その週末がくせもの。 朝からお茶碗叩いて待っていられるのでこれまた大変。 やっと片付いたと思ったら、昼ごはんのおかずは何?と尋ねられる。 おまけにデザートは?と催促…09月12日 00時15分
  • 明日はきっといいことがある
    いいことばっかりあるわけじゃない。 悪いことばっかりあるわけもない。 元気いっぱいだった私がある晩、お風呂に入っている最中、湯船の中でくも膜下出血になった。 浴槽に沈みかけていたところを夫が発見。救急車が呼ばれ即手術。 頭の中にチタンクリッ…09月11日 20時35分
  • 「書く喜びと、読む楽しさ」
    ブログを書くようになって12年が過ぎ、13年目に入った。 直近の7年間、文章を書いて大賞を受賞し、テレビにも再現シーンとして一文にまつわる映像が流れた。 某新聞の一面全部を使って私のエッセイが載った。 夢のような出来事である。 かつて、父が…09月11日 14時37分
  • 友の情けをたずぬれば義のあるところ 火をも踏む
    友達と云うのは本当にいいものだ。 不実で有言不実行の人もいるなか、ここぞというとき、すっくと立ち上がり、援護射撃してくれる強い味方。 それこそが友だちである。ベクトルが同じ仲間は楽しい。愉快である。 憂き世のしがらみなんぞにしばられず、誠の…09月10日 23時53分
  • ど〜れ?
    文字の大きさと、テンプレートを変えてみました。 いかがでしょうか? 前の文字の大きさが良い? 前のテンプレートが良い? どっちも悪い? どれも一緒。 09月10日 22時08分
  • ドヴォルザークの交響曲第9番
    昔の恋人からもらったものを結婚後も持っているというのは夫や妻への背徳のようなきがする。 しかし、私は本だけは捨てられず持っている。 とはいってもお相手は恋人とよべるような類のものでなく、淡い初恋の人である。 しかもお互い「好き」と告白したこ…09月10日 18時27分
  • 友へ
    家族に病気で苦しんでいる人がいると、 わがことのように、みんなの心が痛む。 そんな人が、その気持ちを漏らすとき、 読む者もこころをえぐられる。 父が病に苦しんでいた時、 新幹線の回数券を買って名古屋から東京へ看病に通った。 何もすることがで…09月10日 11時24分
  • 鍋が煮える前に
    家庭内での会話が多かった家で育ったせいか、一日中テレビをつけて会話らしい会話がないという状態は砂漠。 人はそれぞれ育った環境、習慣からぬけだせないものだ。 離婚などという問題は案外つまらないことが原因であることが多いとか。 結婚というものは…09月10日 10時52分
  • 創作詩 「白秋麗々」
    白秋麗々 金風爽籟 菊一輪 (きんぷうそうらい きくいちりん) 素風玲瓏 紅一葉 (そふうれいろう べにひとは) 天空渺々 鳥一羽 (てんくうびょうびょう とりいちわ) 白秋麗々 我一人 (はくしゅうれいれい われひとり) * * * 風も…09月10日 00時01分
  • 危うく台所で即死!
    台所の食器戸棚の扉が頭の上に落ちた! 台所で洗い物をしていたら、後ろにある作り付けの食器吊戸棚の扉が一枚突然、音もなく頭の上近くから落下してきた。 食器戸棚の扉についているガラスはとても厚くて5ミリはあるもの。 ショーウインドーのガラスのよ…09月09日 20時46分
  • 重陽の節句と 「しわとりクリーム」
    九月九日は重陽(ちょうよう)の節句。 陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字9が重なることから「重陽」といわれ、別名「重九(ちょうきゅう)」ともいわれ菊の花が咲く季節なので、「菊の節句」とも呼ばれる。 さて、この重陽の節句に…09月09日 09時25分
  • 古くて新しい『マキアヴェッリ語録 』
    マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)塩野 七生新潮社 「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである」「いかなる手段もその目的にとって有効ならば正当化される」「人間は必要に迫られなければ善を行わない」……。浅薄な倫理や道徳を…09月09日 00時35分
  • 皆様にお礼
    皆様、文字の大きさについてのご意見をありがとうございました。 今まで気づきもせず、大きな文字で書いてまいりましたが、小さめにする事にしました。 ご協力をありがとうございました。 感謝いたします。 また何かお気づきの事がございましたら、お寄せ…09月08日 19時58分
  • 皆さまにお願い
    皆様、こんにちは。 ブログ文字の大きさについてレポートをいただきたいのですが、ご協力お願いいたします。 私のブログ文字は、大変大きいのですが、読みずらいですか? みなさまからのレポートを頂戴できればありがたいです。 スマホでご覧の方、読みず…09月08日 16時11分
  • ふんわり自家製バター
    材料2つで作れる! 濃厚まろやかな「基本の自家製バター」です。 自家製したバターは、なによりも作りたてのフレッシュな味わいが魅力。 しつこさがなく、自然な甘みとコクが感じられるので、さまざまな料理に活用することができる。 材料は生クリームと…09月08日 14時50分
  • 植物の一番の肥料は何?
    子供の頃「あなたって、なんて可愛いんでしょう!」 の声に目覚めることがあった。 それは庭にいる母の声だった。 母は、庭の草花に声をかけていたのだ。 自分が育てた花に一つ一つ声をかける。 「きれいね、可愛いわね、立派に茂ったわね。あら、元気が…09月08日 01時28分
  • 夕焼け
    間一髪のところで直通電車に間にあった。 これを逃がすと30分後。 田舎には住みたくないとつくづく思うとき。 ローカル線は本数が少なくて遅い。 引っ越してすぐにこのローカル線に乗ったら、座席におばあさんが靴を脱いで座席の上にちんまりと正座して…09月07日 22時58分
  • 秋の七草
    9月7日は二十四節気の「白露」。 秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃という意味です。 七十二候では「草露白(くさのつゆしろし)」となり、草に降りた露が白く光って見える頃で、朝夕の涼しさが際立ってきます。 本格的な秋の到来です。 「秋の七…09月07日 13時12分
  • ブログについて思うこと
    ブログを初めて12年になる。 独りよがりの、世間の皆様には何一つ役に立たないような記事を書き続けてきた。 初めはコメントを下さる人も少なかった。今でもそうだけれど。 だれもきっと読んでいないのだろうと思っていた。 通りすがりに、気まぐれで立…09月07日 02時40分
  • あ、ありがとう!
    ある人の「言葉」に震えた。 ありがとう!!!!!!!!!! あんな応援をしてもらえて、私はうれしくて震えました。 あなたをリスペクトしています。 ありがとう。 励ましとまっすぐな心を頂きました。 頑張って書いていきますね。 ありがとう。 ブ…09月07日 00時11分
  • 言葉で表せない言葉の存在
    親子でも夫婦でも日ごろ毎日顔を突き合わせているとどうでもよいことは嫌になるほどしゃべりあうのに、肝心な感謝の気持とか、愛情表現をまっすぐに伝えることはあまりない。 大学時代に知り合った私たち夫婦は同士でもあり戦友でもあり兄妹のようでもあった…09月06日 21時41分
  • ポテトサラダ
    おなじみのポテトサラダです。 3〜4人分 じゃがいも(男爵) 4個 水でよく洗う にんじん 1/2本 いちょう切り、やわらかくゆでる 玉ねぎ 1/2個 薄切り ゆで卵 1個 粗いみじん切り パセリ 少々 みじん切り きゅうり 1本 うす切り…09月06日 16時20分
  • 秋刀魚と心意気
    大根おろしで作った猫ちゃん!! 「はい!焼けたわよ!」 秋の夕暮れ。おいしい匂いとけむりの中、母が七輪から皿に移したのは「さんま」 皿の上では、さんまがジュージュー音を立てている。 焼けた順に食べるのが、我が家のさんまを食べるルールだ。 家…09月06日 01時25分
  • よろいも兜も脱いで
    2年前論文コンクールで大賞を受賞して、授賞式がホテルオークラであった。 その前日、小学校時代のクラスメイトの有志が集まってお祝いの会を開いてくれた。 受賞したことはたった一人だけに漏らしたのに、それが広まってしまって、心優しい友人たちが集ま…09月05日 13時29分
  • 病名は?
    昨日は夜中に寒気がしてお風呂に入りなおした。 湯船につかりながらも、わなわな震えていた。 喉が痛む。 どうやら風邪をひいたようだ。 何か尋ねられてもろくろく返事をしなかったばちがあたったのかもしれない。 ん?病名はって? 病名は『返答せん』…09月05日 00時25分
  • 葉っぱの化石
    野山や森にキノコを「観察」しに行くのは楽しそう。 キノコ観察のあれやこれやの記事を読むのは楽しい。 話の間に挟まれるエピソードに、一人にんまりしてしまう。 野山で○○をたすときは、、○○の葉がよいなど、 と書かれた記事を読むと思わず頬がゆる…09月05日 00時02分