今日から、本読みます | 読書が苦手だった私が本好きになった

登録ID
1932125
サイト名称
今日から、本読みます | 読書が苦手だった私が本好きになった
URL
https://honyomo.net/
紹介文
読んでも忘れない読書日記を書こう!
カテゴリ
  • 読書日記 (100%) - 15 / 178人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 誰からも「できる!」と思われる大人の語彙力ノート
    齋藤先生の本は何冊も持っていますが、いったいどれだけ出すんだ?と不思議に思えてならないですね。 一般人の私からすると、一冊本を出版するって、ものすごい時間と労力がかかっていそうなイメージがあるのですが、齋藤先生のように、当たり前のようにポン…09月23日 10時15分
  • 『語彙力こそが教養である』もう”ヤバイ”は使えない
    語彙力の無い私にこそ必要な本 『語彙力こそが教養である』はこれも、ほぼタイトル買い。 著者は「声に出して読みたい日本語」で一大ムーブメントを起こした、齋藤孝さんです。 確かに、本著でも音読の重要性が説かれています。 「声に出して読みたい日本…09月22日 09時36分
  • 夏目漱石『吾輩は猫である』の猫は最後に
    吾輩は猫である感想 「これってなんで猫なの?」 こんなシンプルな自分の中の疑問が、意外と深い問いかけだと思うのです。 なぜ、猫なのか。そこを掘り下げていくと、この小説を様々な角度から楽しめると思いました。 猫が見ている人間達は、まさに漱石が…09月21日 10時43分
  • 『本のない人生なんて』クロワッサン 2017年 8/25号
    雑誌類は、たまに買います。『クロワッサンのNo.955』はタイトル買いですね。 立ち読みするのはもったいないって思いました。 著名人はどんな本を読んで、どんなことを感じているのか? とても興味がありますもの。 お家かカフェで座ってじっくり読…09月21日 09時39分
  • 三国志 〜おすすめの歴史小説
    フィクションの小説も面白いけど、たまには違う雰囲気のものを読んでみたい…そんな方におすすめなのが、歴史小説です。 歴史上の事件や人物について描かれた小説は、昔は小難しく長いというマイナスイメージを持たれがちでしたが、近年では読みやすい文章や…09月20日 10時29分
  • 身近な人が亡くなった後の手続のすべて〜一家に一冊あれば
    「一家に一冊、置いておくべき本」としてオススメ 実はこの本、父が入院した時に買ったのです。 もう、長くはないと医者からも言われていましたから。 母も高齢、脚も弱っているし、身内で両親の近くに住んでいるのは私だけだし、もしもの時は私が仕切らな…09月19日 10時45分
  • 運命の恋を叶えるスタンダールで恋愛初心者を卒業しよう!
    本を出してはヒットを飛ばし続ける水野啓也。 この本を読んでますます好きになりましたね。 どんだけ私を感動させてくれるんだ〜でもありがとう! この本を読むきっかけになったのは、新聞の広告です。 新聞の下の方に書籍の新刊広告があるじゃないですか…09月18日 09時38分
  • 九十歳。何がめでたい
    私の感想 攻めたタイトルがいいですね^ ^ この本を書いたおばあちゃんも、さぞやとんがったおばあちゃんなんだろうなと、パッと見でわかりますね。 内容も「最近も若者は〜」「昔はよかった〜」的な愚痴の寄せ集めとはわかったんですけど、では、なぜそ…09月17日 10時22分
  • 『走れメロス』を大人になって読んでみた
    ■この本を読むことになったきっかけ 初めて読んだのは中学校2年生の頃の国語の授業でした。教科書に掲載されていたのですが、実はこの時。私は授業中寝てばかりで全然読んでいませんでした…。 そのせいで、当然ながら期末テストでは悲惨な点数になりまし…09月16日 10時16分
  • 鴻池剛と猫のぽんた?ニャアアアン!
    感想 まず、読む前の情報として「鴻池さんがぽんたに対して愛情なく接している」という感想を見掛けたのですが、もしそうだとしたら、この作品はこんなに多くの人に受け入れられていないと思います。 結論…、私は決して「愛がない」とは感じませんでした。…09月15日 18時07分
  • そして生活はつづく 星野源さん初エッセイ
    そして生活はつづくを読んだ感想 ドラマ『逃げ恥』で大ブレイク。今をときめく、星野源さんの初エッセイです。 ミュージシャンでありながら、本もお書きになるんですね。 失礼ながら、私は『逃げ恥』まで存じ上げませんでした。 『そして生活はつづく』の…09月15日 09時56分
  • 置かれた場所で咲きなさい 咲けなくても根を張ることは出来るかも
    置かれた場所で咲きなさいを読んだ感想 こういう人生のアドバイス的な本を読むと大体「そうは言われても…」と、自分の中のあまのじゃくが顔を出すのですが…。 今回、とりあえず最後まで読めましたが、人によってはマイナスの捉え方になってしまう内容では…09月14日 22時00分
  • 『服を買うなら、捨てなさい』
    『服を買うなら、捨てなさい』と一緒に『50歳、おしゃれ元年。』も読んでる方も多いのではないでしょうか。もちろん私も読みました。 刺激受けますよね。 この本がこれほどまでに多くの人の心を打つ理由…。 それは第一に、「読みやすさ」かな、と思いま…09月14日 09時41分
  • 『夢を叶えるゾウ』水野敬也
    ついつい手にとってしまう水野敬也の本 この本が話題になっている頃、私はまだ読書に親しんでなかったので(汗 読んだのは出版されてから5年後でした。 ふざけているようで、実は人生の大切なことを再認識させてくれる要素が埋め込まれていて、フンフンと…09月13日 10時35分
  • 『もものかんづめ』で分かった友蔵の真実に衝撃・・
    さくら家に本当にあったお話 ちびまる子ちゃんで有名なさくらももこさんの作家デビュー作です。 発行は1991年ということで、時代はまさにちびまる子ちゃんブームの渦中だったと思います。 内容としては、作者の子供時代の話からOLをしていたころの話…09月12日 10時18分
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 断捨離からミニマリストへ
    私の感想 この本を読んでみようと思ったのは、お友達の影響を受けて、私もなんとなく「断捨離」に興味を持ったからです。 追々出していきますが、この本の他にも断捨離本や、片づけ本はいろいろ漁ってます。 昨今、お片付け本は星の数ほど出ていますが、こ…09月11日 20時27分
  • 『最後だとわかっていたなら』
    私の感想 10歳の息子さんを亡くされた経験を持つ、お母様が書かれた詩です。 その詩が時を経て、9.11同時テロのご遺族の悲しみに寄り添ったというエピソードが反響を呼び、改めて注目されることとなりました。 一冊の本に、一篇の詩だけが掲載されて…09月11日 09時49分
  • 犬神家の一族
    ■この本を読むことになったきっかけ かつて少年マガジンで連載していた『金田一少年の事件簿』という漫画にのめり込んで、この作品を読み始めました。 なぜかと言うと、『金田一少年の事件簿』の主人公、金田一一(はじめ)は、連載当初は金田一耕助の孫と…09月10日 20時00分
  • 『50歳、おしゃれ元年。』クローゼットの断捨離から
    私の感想 この本を読んで焦りました! 私も50代に入ってはや数年、ただでさえオシャレ難民の私。 自分に合ったオシャレというものを勉強するために、もう若くはない自分自身にガッツリ向き合わないといけないみたいです。 50代に突入すると顔のくすみ…09月10日 10時45分
  • 「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! どうやって起きるかが問題・・
    朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!感想 「朝4時」と言われるとちょっとハードルが高いイメージかも? でも、魅力的なタイトルです。 すべてがうまく回りだすのなら、早起きにも意欲が湧きます。 但し、筆者も断っている通り、どうやって早く起き…09月09日 18時22分
  • 『あの日』から小保方さん今どうしているんでしょうか・・
    私の感想 この本は電子本で読みました。 いつも利用しているジュンク堂の本屋サイト「hont」では、時々電子本の30%OFFセールをやってるんですね。小説と違ってパラパラと読めそうなものは電子本は、お得だし便利です。 読んだ感想はと言うと、こ…09月08日 09時42分
  • ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
    私の感想 この方、いつ見ても変わらないですよね。 いつ見ても、いつも「ホリエモン」。いつも「堀江貴文」。 他人の顔色を気にしたり、嫌われないように自分を抑えたりする自分としては、もう本当にすごいとしか思えません。 頭の悪い言い方ですが「頭が…09月07日 18時40分
  • 『十角館の殺人』綾辻行人〜変な館が舞台
    ■この本を読むことになったきっかけ ミステリが読みたくてしょうがなかった頃、何を読めば良いか分からず「とりあえず、なんとかの殺人とか、何々殺人事件ってタイトルのものを読もう」と思って手に取った作品のうちの一つです。 同時期に読んだもので『オ…09月07日 10時42分
  • オリエント急行の殺人〜容疑者全員が犯人という結末
    ■この本を読むことになったきっかけ まだミステリを読み始めたばかりだったので、誰がどんな作品を書いているのか皆目分からない状態でした。 図書館に行って「とりあえず、何々殺人事件とか何々の殺人ってタイトルの本を読もう!」という行き当たりばった…09月06日 10時33分
  • 『そして誰もいなくなった』衝撃的な結末
    ■この本を読むことになったきっかけ ミステリに目覚めた際に手に取りました。「ミステリといったらアガサ・クリスティ!」というなんとも単純な理由です。 クリスティ作品は他にも『オリエント急行の殺人』『アクロイド殺し』『ABC殺人事件』など名作揃…09月05日 20時22分
  • All You Need Is Kill 殺すしかない
    ■この本を読むことになったきっかけ 私が高校生の頃、なんとなくなんでも読みたい時期があり、表紙に惹かれて購入しました。この時、ライトノベルが読みたかったのですが、どれも巻数が多かったり、表紙があまりにも美少女アニメっぽすぎたりして、購入意欲…09月05日 10時22分
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』第一巻
    私の感想 大人気「ビブリア古書堂」シリーズの第一巻です。 どれくらい売れているかと言いますと…。 まず2012年の本屋大賞にノミネート。(すごいのは文庫本で初という快挙) そして、漫画化の後に、2013年には剛力彩芽さん主演でドラマ化されま…09月04日 09時41分
  • 『燃えつきるまで』を読んだら別の意味で燃え尽きてしまった!
    燃え尽きるまでを読んだ感想 この本を読むきかっけになったのは、本好きのお友達に「恋愛小説」でおすすめの本はないか?と聞いたところ、『燃えつきるまで』を勧められました。 唯川恵さんの小説を読むのはこの本が初めてです。 読み終わった後はタイトル…09月03日 21時23分
  • 人生がときめく片づけの魔法〜こんまり流は世界へ
    読んだ感想 断捨離が流行るちょっと前の片付け本でしょうか。 中居君がMCをしている「金曜日のスマたちへ」を見て買った本だったと思う。 あれから、断捨離や片づけの本もたくさん増えたので、そろそろこんまりさんとは、お別れしようと、段ボールに入れ…09月03日 10時00分
  • ツナグ
    ■この本を読むことになったきっかけ かなりミーハーな理由で読み始めた小説です。2012年公開の映画版の主演が若手俳優の松坂桃李なのですが、一時期私は彼にものすごくハマっており、映画版を見る前に…と思って手に取ったのがきっかけです。 普段ミス…09月02日 22時24分