タラコ色の夢

登録ID
1933486
サイト名称
タラコ色の夢
URL
http://dreamjournal.jugem.jp
紹介文
朝起きたときに記憶に残っていた夢を記録しています。夢はいつも色付き。奇想天外な夢を見られた日はうれしいです。
カテゴリ
  • 夢日記 (100%) - 16 / 196人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 親戚の持ち家
    わたしたち夫婦は郊外の一戸建て住宅に住んでいる。新しいが小さな家。その近くに、夫の親戚が住んでいたという空き家がある。わたしたちの家よりも少し大きく、古いけれど落ち着ける良い雰囲気。 わたしには、この家に住めたらいいな...続きを読む &g…02月22日 17時35分
  • 犬が逃走
    愛犬が逃走。いろいろと手を尽くすが、なかなか捕まえられない。心配でたまらなく、胸が苦しい。 続きを読む >> 02月22日 12時45分
  • 寄生虫屋敷と猫トンネル
    何かの展示をしている場所に夫とやってきた。博物館などではなく普通の家庭で、ただし昭和の文豪が住んでいたような立派な木造屋敷。やさしそうな老夫婦が出迎えてくれる。 展示物があるという8畳ほどの和室に通された。部屋の中...続きを読む >…02月17日 08時36分
  • ぐねぐね風呂
    見たいと思っていた草津の湯畑に夫とやってきた。想像していたよりもずっと面白い。見たことがないお風呂だ。(「湯畑」がお風呂の一種だということになっている。実際に子どものころは、そう勘違いしてた) ゆるやかな傾斜地に大きな...続きを読む &g…02月15日 09時31分
  • 歯医者に間に合わない
    木曜日の朝。歯医者の予約をしていたはずだが、その時間まであと20分くらいしかない。歯医者まで行くのに40分くらいかかるのに。先生に迷惑のかかるドタキャンだけはしたくない。絶望的な気分になるが、ふと、予約が午後だったような気がしてきて、ひとま…02月15日 09時30分
  • 金縛り
    何年も前の話。 寝ていた夫が奇妙なうめき声をあげた。聞いたことがないおかしな声だったので、わたしは思わず声を出して笑ってしまった。 しかし、その声がずっと続くので、だんだん怖くなってきて、夫を...続きを読む >> 02月11日 08時16分
  • ヘビの予言
    自宅玄関の横にある植栽から、大きなヘビが出現。 ヘビは「1年後にもう一度、この夢を見るだろう」と言った。 続きを読む >> 02月11日 07時58分
  • 夢遊状態で玄関に立つ
    子どものころ、たぶん幼稚園生だったころの話。 夜中に目を覚ますと、なぜか私は玄関に泣きながら立っていた。父親は私にビンタしており、母親は心配そうにのぞき込んでいる。私は目が覚めた瞬間に泣き止み、布団に戻ってまた寝た。02月11日 07時51分
  • 不審者
    自宅前に愛犬と立っていたら、30代ぐらいの男性が道を歩いてきた。身長170cm前後、小ぎれいな服装で、首からは大手IT企業のIDカードらしきものを下げている。その男性が向かいの家の鍵を開けて、中へ入っていく。見たことのない人だが、鍵を持って…02月11日 07時34分
  • 組織からの脱出
    内戦のような状況にあり、敵地がすぐ近くにある。しかし戦闘に巻き込まれることはなく、夫と共に味方組織の中で日々を送っている。 味方組織の中に私の幼なじみがいる。妹キャラで守りたくなるタイプの女性。彼女は離ればなれになって...続きを読む &g…02月09日 18時32分
  • 火穴
    続きを読む >> 01月31日 09時28分
  • 湧いて出る蟻を捕獲
    夫と同じ会社に勤め始めた。ずっと自分の席にいて、緊張しながら仕事を続ける。それが一段落したところで、何となく楽しそうな下のフロアへ行ってみることにした。 下のフロアでは人に会ったりしたが、いつの間にか1人でゲームを始めてい...続きを読む …01月31日 09時17分
  • 山梨から帰れない
    夫と休日の散歩を楽しんでいたら、いつの間にか知らない場所まで来てしまった。スマホで地図を見ると「山梨」という文字が見え、目を疑う。我々は首都圏に住んでいるのに。 01月12日 17時44分
  • みんなブツブツ
    母と会話していると、母の首にたくさんの水泡ができているのに気付いた。父や弟も最近、同じ水泡ができているのだという。 母に「それって水疱瘡じゃない?」と言いながら、自分の体にも赤い発疹が出ていることを思い出す。かぶれだと...続きを読む &g…01月11日 21時40分
  • スパイに転職?
    公園のような場所で転職エージェントに会っている。紹介されたのはスパイの仕事だった。見せられた求人票はごく普通。外資系企業はスパイを抱えていることが珍しくなく、こうやって普通の求人票で募集しているそうだ。〇〇社(日本でも名の知れた外資コンサル…01月08日 12時49分
  • みんな消えた
    海外のSFドラマのような設定。周囲の人が目の前で消滅していく。世界が週末を迎えようとしているらしい。大切な人たちがみんな消えてしまい、わたしは生きる気力をなくしている。 どこかの建物の中にいるとき、まぶしい光が降り注ぐ場所を見つ...続きを…01月07日 10時27分
  • 夫と再会
    学校か会社の団体旅行なのだが、夫と一緒に参加している。自由行動の時間に、郊外の里山みたいな雑木林と畑が広がっている場所を2人で歩いている。 ドロドロの舗装されていない坂道を懸命に下っていき、一息ついて我に返ると、夫とは...続きを読む &g…01月05日 08時54分
  • スパイのお誘い
    モノレールらしき乗り物のボックス席に同年代の女性2人と一緒に座っている。友達ではないけれど、知っている人たち。たとえば、お互いの子どもが学校で同じクラス、とか。1人は普通に明るくて感じのいい人。もう1人はわりと美人な落ち着いた人で、あたたか…01月05日 08時48分
  • 知人が豹変
    最近仲良くなった知人女性の家に泊めてもらうことになった。2〜3階建てくらいのマンションの1室。 なぜか自転車を2台持ってきている。1台は気持ちいいほどスリムに折りたたむことができるため、もう1台のカゴに入れておいた。友人宅へ入って...続き…01月02日 21時55分
  • レストランでピアノ演奏
    窓の大きな明るいレストランのような場所でピアノを弾くことになっている。 グランドピアノに近づき、客席のほうを見てお辞儀をする。緊張をやわらげるためにわざと、ゆっくり深々と。 観客が拍手してくれるが、ニコニコしている...続きを読む >…01月01日 09時24分
  • 電源交換プロジェクト
    お客さんの設備の電源系統を交換するプロジェクトのリーダーになっているが、進め方がわからず途方に暮れている。投げやりな気持ちになっており、部下の心も離れつつある。 しかし、ふと気づく。我々はソフトウェアエンジニアなの...続きを読む >…01月01日 09時13分