つくばの街で あれこれ

登録ID
1937701
サイト名称
つくばの街で あれこれ
URL
https://nkgwhiro.blog.fc2.com
紹介文
まだ常磐道のない頃,水戸から東京への帰り道,迷い込んだ所が研究学園都市でした。その街の作り,空気が好きになり,土地を買い,家を建てて、今に至っています。そのつ…
カテゴリ
  • 自分らしさ (30%) - 2 / 306人中
  • 日々の出来事 (70%) - 5 / 569人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • もういくつ寝るとお正月
    摘み取ったラベンダーに朝日が差して、鮮やかに彩りを示しています。ほのかに、香りも伝わって来ます。このラベンダーは、花の色が他のものと違って、鮮やかな色をしています。ですから、今年の冬は、挿し木をして、増やそうと頑張っているのです。 この時期…12月18日 04時45分
  • ああした時代があって、今がある
    母の家からもらって来た水仙でしたが、なかなか咲きませんでした。母の死を契機に、植え替えをしました。もっと、光の当たるところ、暖かいところに。そしたら、一株だけ花をつけました。なんだか、ホッとするような花です。切り花にして、暖かい部屋において…12月17日 05時13分
  • 12月は人の心が穏やかになる月
    元気が無くなった植物の鉢を、書斎の窓辺に移しました。そしたら、暖かいのと、日差しを受けるのとで、元気になりました。花も咲いて来ました。春と勘違いをしたのでしょうか。 この夏、ゴールドコーストでちょい住みをしていた時のことです。 日曜日の朝、…12月16日 04時58分
  • 干渉もせず、無視もせず、そこそこに
    その日は、とても寒い日でしたが、青い空、清々しい空気、それに、山の彩りに促されるように、筑波山の麓までロードバイクを走らせたのです。きっと、曇り空で、山も緑一辺倒であれば、行かなかったと思います。素晴らしい光景の中を疾走するのは実に気持ちが…12月15日 05時04分
  • 年の瀬におけるある種の妄想
    筑波山を背景に、校倉作りで、高床式の三棟の建築物。つくばの平沢というところにある官衙(かんが)を復元したところです。つくばは新しい近代的な街ですが、こうした古い歴史もあります。この官衙で、いろいろな問題が処理されたと思うと、興味津々です。 …12月14日 04時50分
  • 定めなき世の定めかな
    麓まで来ると、神社や旅館がある観光地としての筑波がぐっと迫ってきます。ここは、国定公園になっているんだとふと思います。素晴らしい青い空に筑波の峰が置かれている図はいつ見ても感動します。 私は、早朝、「マイ・チューナー」というアプリを使って、…12月13日 04時52分
  • それは正当なるアンシャンレジームの破壊である
    ロードバイクで出かけたこの日、空はあくまで青く、薄雲がかかり、筑波の峰はくっきりと、風もなく、湿度も適度……、申し分のない環境の中でのライディングでした。どうですか、神郡から観る筑波の峰は、素晴らしいでしょう。 時代が革命的な変貌を遂げる時…12月12日 05時00分
  • Warrior Nation の二つの意味
    筑波山の麓、神郡(かんごおり)あたりを走っていると、茅葺きの屋根が見えてきます。100年ほど前にタイムスリップしたような気分になりますから、不思議です。「神郡」という地名も何かいわくありげに響きます。この道、ロードバイクで走ると気持ちがいい…12月11日 04時21分
  • 「分」というものを知りなさい!
    紅葉する筑波連峰、宝篋山の緑、そして、平沢官衙の丘、先日、ロードバイクで出かけた際、三者三様の発色にバイクを止めて、撮った一枚です。青い空の下、自転車で走る気分は最高です。 「分」というものを知りなさいと、若い教師に苦言を呈したことがありま…12月10日 04時55分
  • 釣れますか?
    コーヒーを沸かして、その隙に、玄関の階段を降りて、新聞を取りに行きます。外は、霧が立ち込めています。いつもなら、新聞をとって、すぐに二階に上がるのですが、この日は、ちょっと、玄関先の道路に出てみました。何かもがうっすらとグラデーションがかか…12月09日 04時52分
  • 武器を使う前に頭を使え
    朝霧が立ち込める早朝、公園のそばを歩いていたら、こんな光景に出くわしました。まるで、ロビーナだと、ついこの間まで、チョイ住みしていたゴールドコーストの街を思い出したのです。そういえば、つくばもロビーナも似ているところがあるんです。道や公園の…12月08日 05時37分
  • ケチなのか。気前がいいのか。わからない。
    夜が明けてすぐ、街灯が物寂しげに、淡い光を放っています。偉大な太陽の光に、それまで暗闇を圧していた街灯の光も参ったと言う感じの淡い光です。道端からその様子を見ていると、なんだか、人生が見えているような気がしてしまったのです。ちょっと、さびし…12月07日 04時53分
  • 師走の炎灯
    いい雲です。彩りがあります。まるで、炎のような雲でした。自然は、時折、こうした美しい光景を見せてくれます。 その日の夕方、まだ、明るさが残っている頃合い、私は、バルコニーに出て、自宅に設置した青色のイルミネーションにスイッチを入れました。 …12月06日 04時55分
  • 君が代や三十一度の初暦
    曇天の中で、銀杏の木が染まります。これもまた、秋の風情です。 今月1日、皇室会議が召集され、2019(平成31)年4月30日ご退位、翌5月1日、新天皇ご即位が決まりました。 これにより、平成の御世は、30年と4ヶ月で終わりを告げることになり…12月05日 04時53分
  • AI時代を生き抜く極秘の力
    季節は秋がよろし。春のように、風も強くなく、何よりも、かような色合いを目にすることができるからに。 私は国語の教師をしていました。 大学に進学する生徒が多い学校でしたので、現代文、古文という科目の授業より、<受験国語>ともいうべき科目での授…12月04日 04時55分
  • キャベツの葉っぱにされてたまるか
    工業団地なる場所が、つくばにはあります。前日、ロードバイクで出かけ、あまりに紅葉が綺麗だからと、我が家のワンちゃんを連れて出かけて行きました。ちょうど昼休みで、作業服姿の方々が、昼の散歩を楽しんでいました。その中を、我が家のコーギーちゃんは…12月03日 04時53分
  • 国技館に、ワクワク、ゾクゾクした思いで通えるように
    寒空に、花崗岩の石像が、より一層寒さを際立たせています。その側では、紅葉が今を盛りに美しく公園の光景を一変させています。このような中を歩くことに、幸福感を感じて居るのです。 ドルゴルスレン・ダグワドルジ、愛称ドルジ。 この名の人物こそ、初場…12月02日 05時11分
  • 北の漂流者は何を思う
    筑波山の東の方角から、見てごらん、夜が開けてきたよ。四本杉も、連なる山も、陽の光を浴びて、輝きだしたよ。今日も、いい朝がめくってきた! 今、私の船は、霞ヶ浦の一角、土浦駅から徒歩1分の港に静かに係留されています。 この時期、ヨットはいい風を…12月01日 04時59分
  • ニューヨーク、ニューヨーク
    朝、鳥たちが寝床から飛び立ち、仲間が集まって、何やら会話をしては、一斉に飛び立ちます。鳥たちは腹をすかし、めぼしいえさを見つけてはついばむのです。鳥たちが、最も活気ある時間帯です。 私はヤンキースファンなのです。 松井秀喜選手が、ヤンキース…11月30日 05時06分
  • 神仏に許しを請おうと思っているのです
    つくばには、東西に大きな道が通っています。ここは東大通り、並木も空も秋の風情がたっぷりです。いつまでも走っていたい気分になります。 エジプトで、300人以上が命を奪われるテロ攻撃が発生しました。 これまでは、外国人、もしくは、キリスト教会な…11月29日 04時50分
  • 僕たちはもっともっとやれるんだ
    朝霧がかかる日の多い秋のつくば、見慣れた街の風景が、白いレースをまとい、おめかしをしています。 いつものように、裏道を歩いていると、突然、ある歌の詞が心に響き渡りました。 懐かしい、そして、かつて、私に力を与えてくれた言葉の羅列が心にこだま…11月28日 04時57分
  • 毒とエビとピコ太郎
    今、つくばは紅葉の真っ盛りです。自宅の周りも、公園も、木々が装いを改めて、美しく輝いています。テレビなどで、素晴らしい紅葉を見ますが、どこもかしこも多くの人で賑わっています。つくばは本当に静かに、素晴らしい紅葉を見れるのです。今年、公園を綺…11月27日 04時44分
  • 待ち合わせの時迄
    オーストラリアのT2で買ったハーブティー。フルーツの香りが満ち満ちて、ちょっと酸っぱい香りもそこに混じり、左ぁ、仕事を始めるぞと言う時にぴったりです。湯を注ぎ、窓に面した出窓に置いておいて、太陽の光を背に、ガラスポットをみると、エキスが遂げ…11月26日 04時35分
  • 歴史小説は政治家の失敗をどう描くか
    西の空が紅に染まり、地球上で最も素晴らしい光景を見せています。初冬の西の空はこの星が素晴らしい星であることを示して疑いがありません。今日も、素晴らしい1日を過ごせてことに感謝です。 その顛末がわかっていても、歴史小説を手にするのは、作家の歴…11月25日 04時57分
  • 毅然とした文学者たち
    朝霧を全身にまとった小菊の群れ。なんだか、犯してはいけない花園に踏み込んでしまったような気持ちになるくらいの美しさでありました。 和田竜さんと言う作家が、新聞に書いていた文章を読みました。 あの歴史小説の大家、海音寺潮五郎の若き日の逸話です…11月24日 04時35分
  • ムラ社会的なせせこましさがそこここに
    P" border="0" width="4032" height="3024" />朝の街灯が白々とした光を路面に照らす向こうに、月が、いや、6機の何やら整然とした編隊が見えたのです。地球のパトロールを終えて、月の裏面にあるという基地にで…11月23日 04時44分
  • 絶対的価値なるもの
    つくばの山の麓に、稲わらが帽子を作って、刈り取られた田んぼに立っています。今時、農家は夜なべでもして稲わらでわらじを作ろうはずもなし、果てと思案。そうか、これを売るんだ。そういえば、私も買ったことがある。厳しい冬の間、これを引いておくと、バ…11月22日 05時00分
  • 人はいつも一艘の帆船に乗っている
    寒さの中、朝日を浴びて、健気にも、花を咲かせています。さくらも、うめも、おうともばいとも読めますが、きくはそのような読み方があるのかしらと思いながら、この花を眺めたのです。 今、豪華客船の旅が<豊かな自由人>の間で人気を博しているといいます…11月21日 04時40分
  • それこそが働く理由
    掃き溜めに鶴とか、泥中の蓮など昔の人は、とんでもないところに美しいもの、似合わぬもの、そぐわないものがあることに、美の極致、在りどころの素晴らしさを愛でててきました。いつかの朝、私も、ドブに映る月を見ました。天空に浮かぶ美しい月を見ながら歩…11月20日 04時51分
  • 算数とじいじ馬鹿
    夜明けの月。松の枝葉の向こう、西の空に、浮かんでいます。十五夜の月もいいですが、夜明けの月もまた美しいものです。でも、どこかに冷たさを感じるのは、冬の朝を思わせる寒さからでしょうか。 小学生になったばかりの、忘れ物が多く、先生に注意されてば…11月19日 05時07分
  • 「きのえうま」の年のこと
    ある日の夕方、羽田に向かう飛行機が大きな飛行機雲を残して飛び去って行きました。そして、その向こうには、パリに行く飛行機が新潟を目指して飛行していました。そこから日本海を越えて、北極海に出て、パリまで飛ぶのです。ある日の夕暮れの一瞬のことでし…11月18日 04時54分
  • <フレネミー>では行こうではありませんか
    その日は、淡く霞がかかった朝でした。筑波山の方角を見ると、水彩画で描いたような光景が広がっていました。水を落として、そこに絵の具をそっと置いたような静かな光景でした。 銀行が大変なようです。 実質業務純益が40パーセント以上も減ったというの…11月17日 05時04分
  • 騙されるのも愉快なり
    大輪の菊も素晴らしいですが、道端に群れて咲く小さな菊の花も、秋を堪能させてくれます。いつも歩く裏道には、農家の方が、畑と道の境に、菊を植えて、歩く人の目を和ませてくれているのです。 私の趣味の一つに、マジックがあります。 私の机の一番下の引…11月16日 04時42分
  • 太平洋のヒコーキ野郎
    前日の雨、そして、翌朝は霧のかかる朝を迎えました。いつの季節も雨の日は嫌なものです。しかし、霧は天気の回復の兆し、きっと、このような青空と初冬の雲が見られるのではないかと期待しているのです。 朝方から、めまいが甚だしく、港に行く予定をキャン…11月15日 04時44分
  • 厄介なやつらをなんとかせにゃいかん
    近所のお宅の庭先にあったムラサキシキブ。名前もいいですが、このありようもいいですね。我が家にもあったのですが、あまりにいじりすぎて、いつのまにか消えて無くなってしまいました。 『武徳九(六二六)年六月四日早朝、大唐帝国皇帝李淵の息子達が争い…11月14日 04時39分
  • 品のある良い文化を背負って
    6月ごろでしたか、大輪の青紫の花を咲かせたテッセンですが、今は、こんな姿になっています。これはこれでとても美しいと思います。花の盛りを過ぎても、宇宙の広大さを見せるかのようなありように、かくありたしと思うのです。 フタズミカイの岡田さんから…11月13日 04時25分
  • なかなか「乙」なものでしょう!
    ガラス玉の向こうに映るセカイ。リアルなセカイなのに、そうではない、まったく真逆のセカイがそこに展開されています。私たちはそんな得体の知れないセカイの中で生きているのかもしれません。 散歩をしていて、こんな光景に、出くわしてしまって困惑してし…11月12日 04時47分
  • MoleskineとMont Blancか、iPad ProとApple Pen…
    西日が、裏庭に差し込んで来ます。昼間の太陽が作る影と違い、西日は輪郭がはっきりとし、力強い影を作ります。ですから、陰翳礼讃とはいきません。あまりに強烈なものは、なんでもそうですが、受け入れ難くなるのです。 教員をしている時、とんでもない時間…11月11日 04時52分
  • メニューも看板も料理の味
    今を盛りとランラナの色とりどりの小さな花が咲いています。水を切らさないよう、太陽の光をたっぷりと与え、夜の冷気にも晒さないよう、気遣いをして、この花は咲いているのです。 ちょっとした一人旅の時でも、東京に用事があって出かけた時も、大抵お昼は…11月10日 04時28分
  • 静かに節度のある生活
    ロンドンで買ってきた地下鉄路線図のタペストリー、今でもこうして飾っています。たまに、お茶を飲みながら、今度はここへ言ってみようと夢想するのです。これもまた、ささやかな旅であるのです。 猪苗代湖のほとりの街に、野口英世を記念する建物があります…11月09日 04時57分
  • 国歌に背を向けるとは
    光があれば影もある、これが世の常です。光ばかり見ていても、本質は見えませんし、影ばかりでは実態もわかりません。今朝、朝日ば書斎に差し込んで来て、私のデスクの横に、こんな光と影を落としました。私の手元を照らすスタンドと私の背にある花瓶と花の影…11月08日 05時01分
  • 新種ヒト科の未来
    太陽の高度が、季節をめぐるごとに、低くなります。キッチンの端にある柱に、朝の日差しが差し込むまでになりました。いい具合に陽が差し込み、目にも鮮やかな光景を見せてくれています。 幼児を見ていると、これは変異した新種の人類ではないかと思う時があ…11月07日 04時56分
  • 魂と神の力
    朝の日差しを浴びて、ランタナの花が玄関を彩ります。一つの木で、なぜ、こうも色の異なる花を咲かせるのか、不思議に思うと同時に、なんだか、なんでも手を出したがる自分に似ているようで、好きな花なのです。 アメリカ人というのは、ダンスばかりし、女性…11月06日 04時45分
  • いいね!の心
    ?+L" border="0" width="4032" height="3024" />朝日に、先だっての嵐で、鐘の取れた、南部鉄器の風鈴が、照らされています。 SNSがあちらこちらで槍玉にあがっています。 アメリカでは、ロシアのアメリカ…11月05日 04時47分
  • 正々堂々プレーすることを誓います
    まだ、暗い朝の刻に、東の空がほんのり色をさした頃、散歩に出ました。こんな刻の空気も新鮮に感じ、こんな刻の色合いもと感動して歩きました。夜明けとは、新たなことが始まる予感を感じる刻でありました。 運動が取り立てて得意ではない私が偉そうなことは…11月04日 05時07分
  • 分離独立の風はどこへ吹く
    何かを思う時に必要なのは、知恵でも、知識でも、記憶でもないのです。いっぱいのお茶があればいいのです。 このところ、分離独立運動があちらでも、こちらでも見られ、不思議な気分でいるのです。 かつて、帝国主義真っ盛りの時代、フランス植民地のベトナ…11月03日 04時42分
  • 女か男ーそれが問題だ!
    柿は、秋を彩る色だと思っています。菊の花が色とりどりの花をあちらこちらに咲かせる中で、地味ではありますが、濃い緑の幾分殺風景な木々の中に風情を与えています。近くで畑をやっている方から、次郎柿をいただきました。さっぱりとした甘味が秋の味です。…11月02日 04時42分
  • 漂流ー風の島
    寒さが増す秋の日の明け方のグラデーションは素敵です。なんだか、古代人の、自然への畏敬の念さえも感じることができるのです。 アメリカ海軍の船が、ハワイから出港し、5ヶ月間漂流していたヨットから2人の女性と犬1匹を救助しました。 彼女らは、1年…11月01日 04時51分