5年間カウンセリングした経験

登録ID
1961994
サイト名称
5年間カウンセリングした経験
URL
http://blog.livedoor.jp/counselordiary/
紹介文
5年間相談や就労支援をやりました。「ひきこもり」って言葉好きじゃないけど、こもっている人もたくさんいました
カテゴリ
  • カウンセラー (100%) - 17 / 59人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 相談に来る人たちはどんな人が嫌いか?
    相談に来る人は自己肯定感がない人が多いって言いましたが、と同時にストレスが多い人たちです。 そういった人たちは一体どういう時にストレスが強くなり、どんな人が嫌いでなのでしょうか? 以前聞いたことがあります。 Aさん・・・一方的な人 Bさん・…04月21日 06時30分
  • カウンセリングの最年少は15歳でした
    今まで相談にのったことがある子は中卒の15歳でした。 何人かいましたが、全員就職させることができました。 全員、それぞれ家庭内の理由がありました。 学校もトラブルで辞めた子 ゲーム好きが不登校になりなんとなく辞めた子 親の不祥事で働かなくて…04月20日 05時29分
  • どこの家庭も父親の存在が大事かも知れません
    5年にわたりカウンセリングをしてきましたが、親御さんが相談に来るときはほとんどお母さんです。 時々、お父さんがついてくるときもありますが、それは未成年の場合が多いですね。 中学を不登校で過ごした子も数人いましたが、その時にはお父さんも来た家…04月19日 06時04分
  • 相談にくる多くの若者は「自己肯定感」がない人が多いです
    今まで多くの若い人と会ってきましたが、男子も、女子もわりとおとなしく、人と関わるのが苦手な人がほとんどでした。そして、多くの人が「自己肯定感」がなく、自分を主張できない人が多かったですね。だけどその反面、自己主張と言うのは難しということも教…04月18日 07時40分
  • 今日心配していたもとクライアントにハローワークで会いました
    3月31日で終えた就労支援も考えてみると、その段階で仕事に就けてない子も多くいました。今日、ハローワークに行って帰る時に、偶然、ひとりのクライアントに会ったのです。ロービーで少し話をしました。今現在、(たぶん取れたと思いますが)障害者手帳を…04月17日 00時11分
  • 何がやりたいかが分からない若い人が多くいる
    仕事をしたい、就職したいって相談に来る人の中にはよく口くせにする言葉があります。「なにをやっていいかわからない!」自分はどんな仕事があっているか分からないといいます。たしかにそうですね。ほとんどの若い人は当然ですが、仕事の経験年数が短いので…04月14日 17時54分
  • 昨日知り合いの方からLineが入って相談が・・・
    すでに3月31日で相談業務は終えていましたが、久しぶりに知り合いのお母さんからLineが入っていました。相談はやはり仕事のことでした。3/31までに辞めることは伝えてなかったので「ご相談が」といわれましたが、事情が事情であすお会いすることと…04月13日 02時08分
  • 相談にのることって責任があるってことです
    5年間就労支援をしてきた間にはいろんな人たちと時間を過ごしてきました。ブログに書き込むだけでは収まりません。もちろん、誰だかわかってしまう表現はできません。口がさけても!そこで、相談をするってそもそも何なんなのか?って考えてみると生活の場面…04月12日 00時42分
  • 最近の若い人はグレーというけれど
    我が家の庭にきためじろです相談にきていた若い人たちは、9割は自ら話しかける人ではありません。こっちから声をかけないと口を開けることはまずないです。それは、男でも、女でも。中にはメンタルクリニックにかかりお薬を飲んでいる子もいます。ほとんどの…04月10日 01時01分
  • 相談する勇気も大切ですね
    我が家の庭にくるすずめです今まで5年間若い人の就労の相談を聞いてきていろんなことがありました。いろいろな方とお話しましたが、みんな本当に悩んでいます。本人もそうですが、お父さん、お母さんも・・・特に引きこもりのお子さんをお持ちのご家族は、深…04月09日 08時25分