京都楽蜂庵日記

登録ID
1963292
サイト名称
京都楽蜂庵日記
URL
https://blog.goo.ne.jp/apisceran
紹介文
ミニ里山の観察記録
カテゴリ
  • 環境問題・保護 (100%) - 18 / 125人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ドクダミ(蕺草)
    ドクダミ。学名:Houttuynia cordata。ドクダミ科ドクダミ属の多年草。 半日陰地の住宅周辺や道ばたなどに自生する多年草。白い花弁のように見えるが、これは葉の変形した総苞で花は棒状の花序に密生した淡黄色の小花である。種子はほとん…05月20日 13時12分
  • ギシギシ(羊蹄)
    ギシギシ。Rumex japonicusはタデ科の多年草。体内にタンニンやシュウ酸を含み農家で嫌われる。05月19日 07時21分
  • チチコグサ(父子草)
    ? チチコグサ(父子草)Gnaphalium japonicum)キク科ハハコグサ属。 ハハコグサよりも小さい。雰囲気はハハコグサよりエ−デルワイスに似ている。 ?05月13日 16時31分
  • ツタ(蔦)とタヌキ(狸)
    ? ツタ(蔦)とタヌキ(狸) ? 裏山の石垣で繁茂するツタ(学名:Parthenocissus tricuspidata)。ブドウ科ツタ属。 巻ヒゲの先端が吸盤のようになっている。ほっておくと家が完全に覆われてお化け屋敷のようになるので注意…05月11日 07時35分
  • コメツブツメクサ(米粒詰草):ふる里にかくも小さき野草あり
    コメツブツメクサ(米粒詰草)学名: Trifolium dubium。シャジクソウ属の1年草。 一つの花は3mm程度、総状花序で球状になるが集合しても1cm以下。 都市の裸地にはびこっているが、ほとんどの人はその名を知らない。ヨーロッパ -…05月10日 06時43分
  • ササグモ(笹蜘蛛)
    ? ? ? ササグモの幼体。(Oxyopes sertatus Latrelle)。節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目ササグモ科(Oxyopidae) に属するクモの一種である。徘徊性で歩き回って餌をあさる。外形はややハエトリグモに似ているが、…05月09日 09時24分
  • 首を振る植物マーガレット
    マーガレット(木春菊)。大西洋のカナリア諸島が原産の菊科植物。日本には明治時代に渡来したとされる。戦後どの家でも庭に植えていた記憶がある。バタ臭い名前が時代にマッチしていたせいかも知れないが、白色のマーガレットは今はあまりはやらない。写真は…05月08日 08時00分
  • ニワゼキショウ(庭石菖)
    ? ? ? ニワゼキショウ(Sisyrinchium rosulatum)はアヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。 公園の芝生でネジバナとともによく見かける野草。花色は白のものと赤紫のものがあり、花期は5月から6月で、 直径5mmから6mm程度…05月07日 07時26分
  • ミツバチ研究の歴史
    ミツバチ研究の歴史 ミツバチは自然共生系の中で送粉者として重要な役割を担っている。世界のおおよそ90%の果樹の花がミツバチに依存していると言われており、この種はまた人に蜜やロウ、プロポリスなどを供給してくれる資源昆虫でもある。これが示す謎に…05月05日 07時52分
  • ジシバリ(地縛り)
    ? ? ジシバリ (Ixeris stolonifera) 別名イワニガナ。 キク科ニガナ属の多年草。ジシバリの名前は茎が次々に伸び、地面を覆い尽くしてしまう生活力からきた。葉や茎を傷つけると、苦い味の白い粘液を出す。よく似たものにオオジシ…05月05日 03時47分
  • 鍔の美-名品鑑賞 (3)
    鍔の美-名品鑑賞 (3) ? ? 写真6.「月下孤狼図」江戸後期 写真(6)この鉄鍔の箱書きには「寒月荒陵之狼金銀彫刻」とある。会津正阿弥派の一柳斎正光の作かと思われる。鍔形は長丸で、鉄地はねっとりとした黒褐色、耳は丁寧に打ち返えされており…05月04日 06時30分
  • 鍔の美ー名品鑑賞 (2)
    鍔の美-名品鑑賞 ?(2) ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?写真3.「菊花赤銅地鍔」室町時代 ? 写真(3) 美濃鍔の一枚である。美濃派は足利時代の後藤祐乗を祖としている…05月03日 07時21分
  • 鍔の美鑑賞 (1)
    鍔の美ー名品鑑賞 ?(1) ? 鍔は刀の防具であるが、風景や動物植物を図柄として、平面に一つの世界を繰切り出している。庵主は長年、鍔の鑑賞を趣味として多数の作品をみてきたが、ここでは蘭亭コレクションの中のいくつかの名品をシリーズで紹介したい…05月02日 19時54分
  • 芭蕉と蕪村の俳句にでてくる獺(かわうそ)
    芭蕉と蕪村の俳句にでてくる獺 昨年の夏(2017年8月)、対馬で琉球大のチームがカワウソの撮影に成功し、絶滅したとされるニホンカワウソの再発見と騒がれたが、糞のDNA分析などから大陸のユーラシアカワウソと分かった。海を渡ってきたものが住み着…04月27日 05時35分
  • ハハコグサ(母子草)
    ? ハハコグサ(母子草)Gnaphalium affine。やさしい名前と外見を備えている越年草である。春の七草の「御形(ごぎょう、おぎょう)」で、若い茎をお粥にいれて食べる。冬の間はロゼッタ型の葉で地面にへばりついている。 路傍に生えてい…04月22日 02時02分
  • モクレン(木蓮)
    ? モクレン(木蓮)Magnolia quinquepeta。 ? 中国南西部(雲南省、四川省)が原産地とされる。単にモクレンといえばシモクレンを指す。春を運ぶ花樹の代表の一つで、清楚な美女を思わせる。薬用材としてかなり古い頃に渡来したらし…04月21日 10時17分
  • ハラゲチビエダシャク
    ? ? ハラゲチビエダシャク:Satoblephara parvularia parvularia (Leech, 1891)『Cyber幼虫図鑑?シャクトリムシ図鑑(シャクガの幼虫図鑑(http://www.insects.jp/kony…04月20日 09時29分
  • ニホンミツバチが京都市内で見当たらない!
    ニホンミツバチが京都市内で見当たらない! ? ? ?最近、京都市内(左京区北白川近辺)ではニホンミツバチの姿をめっきりみかけない。庭の巣箱に毎年来ていた自然分蜂群も来なくなった。一昨年ぐらいから、野外での観察が少ないと感じていたが、ちょっと…04月17日 07時10分
  • 囲碁の中押しと言う事について
    囲碁の中押しと言う事について ? 打そむる碁の一目や今日の春 掲句は、戦国時代の武将で織田信長や豊臣秀吉につかえたと言われる斉藤徳元が碁の正月での打初を詠んだものである。徳元は関ヶ原の戦いのあとは浪人となり江戸に出て俳諧で身をたて、日本で最…04月09日 08時42分
  • クロマルハナバチ(黒丸花蜂)
    ? ? クロマルハナバチ(学名:Bombus ignitus) 多くは平野部の里山に生息する。良く似たコマルハナバチと比べて、体毛は短く整っておりボサボサとならない。マルハナバチの中でも舌が短く、花筒が短い花を好み、花筒に穴をあける盗蜜を行…04月04日 17時25分
  • リキュウバイ(利休梅)
    ? ? リキュウバイ(Exochorda racemosa)。中国原産のバラ科n落葉低木で、別名はウメザキウツギ。明治末期に日本に入ったと言われている。花期は4〜5月頃で、千利休との謂れはなく(そらそうだろう)、お茶花によく使われるので、こ…04月03日 20時00分