映画・つぶやき

登録ID
227361
サイト名称
映画・つぶやき
URL
http://blog.livedoor.jp/t104872/
紹介文
映画・舞台・オペラ・書籍等について
カテゴリ
  • 映画(全般) (100%) - 19 / 239人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    ■The Buzz アメリカンドリーム。 飲食業ではなく、不動産業と考えて、布石を打って 成功。 一に「根気」 二に「根気」 三に「根気」−−−−。 面白い。 ・切れの良い展開 ・主人公を演じるマイケル・キートンの力演、★一つプラス。 ・分…08月20日 04時20分
  • ハガキ道(与太郎だより)
    読書会のTさんより、 与太郎だより 第138号 をいただいた。 今回は 遠く 広島県の尾道にて 「尾道はがきびとの集い」 に参加されたこと、その会の冒頭で、自前の創作新作落語 「買い物ブギ」 を披露されたこと、がコンパクトにまとめられている…08月19日 20時35分
  • 若者のすべて(1960年)
    ■The Buzz 観たかった映画。 帰省途中 京都で下車して鑑賞。 全編160分の大長尺。 ロッコ(アラン・ドロン)の項になると、身を乗り出して鑑賞した。 イタリアの南北格差というのはよく分からないが、 母親を頂点にした兄弟4人が冷たい社…08月18日 03時10分
  • 不尽先生「人生二度なし」を想う
    今日は少し曇っていますが、昨日同様 病院の窓から 富士山が くっきり見えます。 不尽先生 「人生二度なし」 今、この言葉の意味を噛みしめて、今後を考えています。 ーーー。 ここ3か月ほど 持病の発作が連続発生。 ホームドクターに相談し、その…08月17日 04時37分
  • 一宮ますみ読書会
    久しぶりに「一宮ますみ読書会」に出席した。 10名強の出席。(丁度よい人数です) みなさん、お元気そうで、何よりである。 今日は 森信三先生「終身教授録」第二部第18講「忍耐」である。 ・立腰、礼 ・一宮ますみ読書会の歌 合唱 ・輪読 ・感…08月16日 05時30分
  • 森信三先生「一日一語」八月より
    読書会のTさんより、 森信三先生「一日一語」八月より をいただいた。 5項目が記載してある。 うち、やはり、職場の三大再建原理であろうか。 ・礼を正し ・場を清め ・時を守る いつ読んでも、身が引き締まる思い。 毎月、寺田一清先生が編集され…08月15日 19時53分
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
    ■The Buzz ナレーションでは 日本の海沿いの美しい町:杜王町(もりおうちょう)を 舞台にした映画であるが、 本当に日本の町か? と、冒頭から 映像に映し出される街並みに目は奪われた。 スペイン・カルターニャ地方の街で撮影したらしいが…08月12日 02時30分
  • 17年8月夏休み映画時評
    恒例の「17年8月夏休み映画時評」を作成し、 親族と関係者にメールをした。 鑑賞時の印象をブログに綴っているので、時間が経過し、 また、横比較をすると、ずいぶんと歪な評価をしていることが よくわかる。 ましてや、過去の名作と横比較すると、−…08月11日 03時59分
  • ハガキ道(映画・つぶやき)
    過去の名作2本 ・「イヴの総て」(1950年) ・「家族の肖像」(1973年) を題材に、「映画・つぶやき」心書通信を作成し、 親族と知り合いに送付した。 ハガキ作成時 改めて、上記2作品のすばらしさを 思い出した。 お読みいただいて、あり…08月10日 14時13分
  • ハガキ道(縄文だより)
    読書会のIさんから、ハガキをいただいた。 縄文だより 前回に続き、書籍の抜き書きである。 見やすく、読みやすい。 「やるべきことに出会うと、人は「ときめき」を覚える やらずに後悔するより、やってする後悔のほうが数段まし 考えすぎるな 過剰な…08月09日 07時12分
  • トランスフォーマー 最後の騎士王(3D 吹替版)
    ■The Buzz 「アーサー王と円卓の騎士」伝説から始まり、 トランスフォーマーたちの「「アーサー王と円卓の騎士」で、終結する。 全編150分の大長尺。でも、長すぎる。 かつ、何でもありの荒唐無稽な話はいいのだが、何もかも詰め込み過ぎの …08月08日 04時17分
  • 若竹
    読書会のTさんから、「若竹」が届いた。 今回の「若竹」には Tさんの投稿文が掲載されている。 そこには 寺田一清先生の「年がいったら」も 掲載されている。 この歌は初めてみる。 ・年がいったらゆとりもて あせるな ころぶな あわてるな 特に…08月07日 04時01分
  • 東京喰種(トーキョーグール)
    ■The Buzz 人気コミックの実写映画化とのこと。 コミックは 未読。 喰種(グール)とは 食物連鎖の頂点とされるヒトを狩るものたちのこと。 半分は人間、半分は喰種(グール)という主人公(窪田正孝)が 人間と喰種(グール)の闘いの中で、…08月05日 04時35分
  • 一宮ますみ読書会
    一宮ますみ読書会のKさんから 会報と読書会のご案内をいただいた。 いつもながら、丁寧な作りで、読みやすい。 終身教授録の「質問」の講の要約が掲載されている。 「野口英世」を例に ・第一は 自分のやりたいことは すぐやる ・第二は 夢中になる…08月04日 13時30分
  • セント・オブ・ウーマン 夢の香り(1992年)
    ■The Buzz 観たかった映画。 東宝シネマ「午前十時の映画祭」で鑑賞。 上映が始まって 10分。 主人公である全盲の退役軍人を演じるアル・パチーノの演技に刮目、 身を乗り出して画面に集中した。 アル・パチーノの見ている様で見ていない目…08月03日 19時21分
  • ザ・マミー 呪われた砂漠の女王
    ■The Buzz 特殊効果にかなりお金を使っていることは 想像できる。 主演(トム・クルーズ)は お尻まで見せて、頑張っている。 古代から現代まで、所狭しとアクションが満載である。 が、意外と面白くない。 平凡。 敵役の王女(ソフィア・ブ…08月01日 20時07分
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走
    ■The Buzz シリーズ3作目。 予告編は何回も鑑賞したが、本編を鑑賞するのは 初めて。 怪盗グルーと怪盗バルタザール・ブラットの戦い。 そこに ミニオンが出てきて、−−−。 M・ジャクソンの「バッド」が流れ、踊りだすシーンには「おっ」…07月31日 20時15分
  • 君の膵臓を食べたい
    ■The Buzz 原作は 未読。 「共病文庫」=「闘病日記」 よくある「難病もの」に一工夫加えて、爽やかにまとめてある。 図書館のシーンは 淡い色調でまとめてあり、好感が持てる。 また、主人公(浜辺美波)が難病ではなく、極めて現代的な死に…07月30日 03時06分
  • 心が叫びたがってるんだ
    ■The Buzz タイトル「心が叫びたがっているんだ」が 良い。 心に響くタイトル名だ。 このタイトル名に引かれて 劇場へ。 少し 大人びた高校生4人の「心の叫び」を聞いて、あの頃を 思い出しつつ、鑑賞しました。 ・中島健人 ・吉根京子 …07月29日 04時43分
  • メアリと魔女の花
    ■The Buzz またまた、魔法かいな、と鑑賞するのをためらっていたが、 シネコンで 一日上映回数がダントツトップという事実を見て、 鑑賞することに。 思った通り、 ・魔法 ・少女 ・ネコ ・魔法学校ーーー が出てきて、以前どこかで観たよ…07月27日 14時29分
  • パワーレンジャー(吹替版)
    ■The Buzz ・選ばれた5人の高校生がパワーレンジャーになるまでと ・パワーレンジャーになった5人が 「悪」と戦い勝利を収めるまで を 特殊効果満載で、描く。 「悪」が意外と平凡、かつ「悪」との戦いに もう一ひねりほしい気がする。 デ…07月26日 08時22分
  • グッド・ウイル・ハンティング 旅立ち(1997年)
    ■The Buzz 東宝シネマ午前十時の映画祭で鑑賞。 ・マット・デイモン 27歳 ・ベン・アフレック 25歳 ・ロビン・ウィリアムズ 46歳 ・ガス・バン・サント監督 45歳 若い才能が結集して作り上げた本作品。 観たかった映画で、内容に…07月23日 14時50分
  • ハガキ道(あおいうみ読書会)
    読書会のKさんから ハガキをいただいた。 集合写真を見て、みなさん お元気そうでなによりである。 長らく、読書会に参加していない。 これは良くない、と思い、 8月は 3か所読書会に参加しようと思う。 日程を調整中で、これまた 楽しい。 お読…07月22日 13時30分
  • カーズ クロスロード(吹替版)
    ■The Buzz 2006年の「カーズ」は本当に面白かった。 期待して劇場に向かうが、ストーリーはすべて忘れたので、新作を観る気分。 アニメの技術を駆使して、主人公(ライトニング・マックィーン)が経験する ・世代交代 ・人生の岐路(クロス…07月22日 03時02分
  • ハガキ道
    読書会のKさんからハガキをいただいた。 裏面に 坂村真民先生の詩「物の数」が掲載してある。 この詩は 初めて読む。 物の数に入らないものとは ・野の人 ・野の草 ・野の鳥 である。 さしずめ、私も 野の人 なんだろうな、と ある感慨を持って…07月19日 21時19分
  • 夜明け告げるルーのうた(2回目鑑賞)
    ■The Buzz 上映終了と聞いて、もう一度 鑑賞することに。 キャラクター、映像、音楽の調和が見事で、独創性あふれ、実に楽しい 作品に仕上がっている。 詳細は 6月27日付け 当ブログ「夜明け告げるルーのうた」を ご確認願います。 でも…07月18日 13時59分
  • ちょっと今から会社やめてくる
    ■The Buzz 原作は 第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した 北川恵海氏の小説。 未読。 観終わって、本当にすがすがしい気持ちになり、映画館を後にした。 ・私は とにかく内定だけがほしくて、企業の中身を調べなかったのです…07月17日 04時04分
  • 銀魂
    ■The Buzz コミックの映画化。 大ヒットしているというコミックは未読。 一言で、言えば、特殊効果てんこ盛りで魅せる若手俳優オールスターの 時代劇風、無国籍風、幕末風、ファンタジーコメディーか。 大げさな衣装、大声のキメゼリフ、激しい…07月14日 23時52分
  • アラン・ドロン氏(81歳)引退
    いささか旧聞に属するが、アラン・ドロンが引退するという記事を読んだ。 アラン・ドロン。 私も小学生のころから知っているし、日本でも最も人気のあった俳優では なかったかと思う。 私が 観た作品、観ていない作品で、主な作品を下記に並べてみる。 …07月13日 04時19分
  • 120歳通信
    読書会のYさんから 120歳通信 をいただいた。 120歳、細胞学から人間が生きられる最高年齢であったと記憶するが、 それを何気なく タイトルにしておられるところが凄い。 その手段の主なものは 笑いヨガ である。 以前 一度来ていただいて、…07月11日 21時42分
  • 忍びの国
    ■The Buzz 原作は 和田竜の小説「のぼうの城」。 発売時、即 購入し、ワクワクして読んだのを覚えている。 今では 主人公:無門やストーリーは ほとんど忘れてしまったが。 本作品は ワクワクして、鑑賞する、という訳にはいかなかった。 …07月10日 13時30分
  • ハガキ道(縄文だより)
    読書会のIさんから、ハガキが届いた。 縄文だより 「ビリが先頭になる時代に」 不登校生の塾経営をなりわいとする方の著作から、抜き書きを しておられるようだ。 ・心を変えたかったら、体から変えよ が持論 ・素質に恵まれている故に、せわしない時…07月10日 02時11分
  • パイレーツ オブ カビリアン 最後の海賊
    ■The Buzz 敵役が名優(ハビエル・バルデム)ということで、ワクワクして、 劇場に出かけたのであるが、期待は裏切られた。 その要因は ・本シリーズ、主人公ジャック・スパロウを演じる(ジョニー・デップ)の コミカルな味が身上であるのに、…07月09日 01時32分
  • ハガキ道(映画・つぶやき心書通信)
    映画「わたしは ダニエル・ブレイク」と「追憶」をベースに 「映画・つぶやき」心書通信を作成し、親族と知人に発送した。 4月頃から 印刷機が不調になり、ハガキ作成が 困難になっていたので、 ハガキの作成は 本当に 久しぶり。 これからは 1か…07月08日 03時49分
  • ジョン・ウイック:チャプター2
    ■The Buzz チャプター1は面白かった。それから2年。 よりスケールをアップして、チャプター2が公開された。 ストーリーは ごくごく シンプル。 バンバンバン、殺して殺して殺しまくる。 NY中の暗殺者を敵に回して、−−−。 その数 1…07月07日 14時54分
  • 帰省
    今月初旬、兄と共に あわただしく帰省した。 3月に植えたジャガイモの収穫が 気になっていたからである。 今年は マルチをかけるのをやめて、草をひき、肥料も2回した。 少し 遅めの収穫ということで、7月初旬に クワをいれた。 収穫は上々、今ま…07月06日 21時10分
  • レイルロード・タイガー
    ■The Buzz ジャッキー・チェン主演の、特殊効果をふんだんに使った痛快アクションコメディー。 痛快、と書いたが、セリフ、ギャグ、アクション、等 新鮮味に欠け、序盤から中盤は 観ていて眠くなった。 終盤、日本軍の鉄道を追いかけだしてから…07月05日 05時06分
  • 一宮ますみ読書会会報
    一宮ますみ読書会のKさんから 会報をいただいた。 いつもながら、見やすく 丁寧な作りである。 今回は 第16講「良寛戒語」。 良寛さんが自分自身にあてた「戒めのことば」で、 森信三先生も 当時の生徒に戒め言葉として紹介されたのであろう。 ざ…07月04日 13時30分
  • ハクソー・リッジ
    ■The Buzz 真実の物語、とある。 現実にこのような人物が第二次世界対戦:沖縄戦線(1945年5月)にいたのか? ・銃を持たない、という強固な信念を持ち、衛生兵として志願した。 ・訓練中、銃を持つことをずっと拒否したために、仲間のいじ…07月03日 20時45分