Para Bellum

登録ID
257739
サイト名称
Para Bellum
URL
http://murakumo1868.blog3.fc2.com/
紹介文
明治大正の人物、政治・軍事に関する話が多め。江戸中後期幕末も
カテゴリ
  • 日本史 (100%) - 26 / 137人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 保護されていない
    (題…)先週末頃からサイトとブログに関してあれこれと調べていまして、結局どないせえっちゅうねんという結論に達した日曜日。今までの例から言って、サイト裏方の話なのでご覧になって下さっている方には関係ない話ですってなりそうなところでしょ?私だけ…06月27日 23時00分
  • 読書つれづれ*『私の江戸-東京学』
    引き続いて読書感想。笑『私の江戸-東京学』30年ほど前の本。流し読みで読んだ程度だけれど、結構面白かったです。そうなんだと思ったことがちらほら…幡随院長兵衛と水野十郎左衛門が実は仲が良かったという話に、えっそうなの?(幡随院長兵衛…分かる?…06月25日 20時32分
  • 読書徒然
    ダイバーシティの続きはサイトの方に載せようと思ったのですが、余りにブログに穴が開いてしまいそうなのでこちらで書こうと思い、書きかけてやっぱりサイトの方にしようと06月21日 00時00分
  • 撒饌
    広瀬神社から撒饌を送っていただきました。毎年ありがとうございます。来年は行けると思うんです…(涙今年は軍神せんべいを頂いた!と思いきや…あらーん… 軍神せ06月19日 22時10分
  • Sweet Home
    本の返却の関係でダイバーシティの続きをそろそろ書かねば…と思った矢先に予約していた本がやって来るという罠。海兵17期、秋山真之と同期同郷の山路一善の娘さんの本を06月15日 22時08分
  • ノスタルジア
    肌寒いわー…皆さんのお住まいの所でも同じなのでしょうか。ジンジャーエール用にジンジャーシロップを作ったのですが、お湯で割って飲む羽目に。笑新生姜が出ている間にも06月12日 22時12分
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛(完)
    ■近代 【 火焔燃ゆ 6-7/完 】6話と7話で、今回でこの連載は終了。「バトン」の改訂になりますが、かなり書き加えております。昨年書いた時は西郷隆盛→上村彦之丞→06月09日 21時50分
  • 道頓堀
    道頓堀に行ってきた。用事があったのは難波だったのだけれど、なんとなくぶらぶら…いかにもーという感じ。ひっかけ橋でごわす。カールなくなったらここのおじさんリストラ06月04日 22時35分
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛(2)
    サイト更新のおしらせです。■近代 【 火焔燃ゆ 4-5 】今回は4話と5話になります。久々に初出の文章。題して山本権兵衛編。笑とはいえ半分ほどは上村彦之丞との話に06月02日 22時24分
  • サイト* iOSの文字化け
    とりあえず連絡だけ。先日の文字化けが気になって少し調べたのですが、iOS10.3以降で引き続き文字化けが出ております。どのページがという規模ではなく、ほぼ全部です。笑05月30日 22時54分
  • サイト更新 上村彦之丞と山本権兵衛
    サイト更新のお知らせでっす。■近代 【 火焔燃ゆ 】5月を丸々費やした感がある(感ではなく事実である)上村彦之丞の話です。来る日も来る日も上村と山本権兵衛の事を05月28日 20時45分
  • 徒然
    ふざーいごめーん!上村さま中々終わらん…!ブログと両方するのは無理だし、あれこれ読んでいる内に寝落ちしちまうんだよ!(笑しかし流石に仕事中にうっかり上村さまの妄05月21日 15時42分
  • つれづれ
    皇国の興廃なうって見えて思わず笑ったんだけどよく見たら皇国の興廃を担うだった加藤友三郎の伝記小説。東郷吉太郎が蔚山沖海戦の批判じみたことを上村彦之丞に面と向かっ05月14日 22時16分
  • サイト更新(近代*2)
    サイト更新 2件近代:ふりさけ見れば春日なる近代:追い手に帆かけて前者は戦艦三笠の話です。話と言うか、これぞつれづれという感じですが、ブログに掲載した時よりは写05月13日 22時14分
  • 準備中
    机の周りが荒れて参りました。山本信次郎の話の途中ですが違う山本の方が終わりません。信次郎さんの話は続きはWebでならぬ続きはサイトで、になりそう。ヘンな所で切れて05月11日 07時53分
  • ダイバーシティ(4)
    日露開戦後、山本は仮想水雷母艦日光丸の水雷長兼分隊長でした。何をしていたかと言うと、駆逐艦や水雷艦隊への魚雷等の供給、機雷の組立と補給という後方支援。当時の機雷05月08日 20時37分
  • 山路一善の本
    梅田に行ってきた。キタの方はここ数年で本当に激変しましたな。古本屋街が以前より便利な所に移動しており、更に駅チカになったので私にとっては大変キケンな場所に…吸い05月06日 08時16分
  • ダイバーシティ(3)
    日本海海戦後、降伏の軍師としてロシアの旗艦ニコライ一世に向かった秋山真之に随行した山本信次郎。この時には東郷平八郎とだけではなく、秋山とも結構な面識があったよう05月04日 08時37分
  • ダイバーシティ(2)
    海兵26期、日露戦争当時大尉であった山本信次郎ですが、明治10年の生まれになります。明治29年に海兵に入って31年に卒業、少尉任官が明治33年1月。明治38年の05月02日 07時50分