どーか誰にも見つかりませんようにブログ

登録ID
300758
サイト名称
どーか誰にも見つかりませんようにブログ
URL
http://blog.livedoor.jp/ussyassya/
紹介文
日々の所感を時事に絡めてずばばばーん、と 多様な価値観を認め、異端な視点も展開してます。
カテゴリ
  • ニュース全般 (100%) - 17 / 203人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 「海と毒薬」にみる人間の認識
    先日放送されたNHK特集「731部隊の真実」の内容がフェイクであるとされたり、反日だと批判されたり、或いは日本テレビが放送した南京事件のドキュメンタリーに産経新聞が紙面を割いて疑義を指摘するというような状況となり、情報自体に対しての信憑性が…08月21日 13時56分
  • 高校野球の不思議
    大阪桐蔭対仙台育英、視てましたが、あんな試合の幕切れというのがあるのだなと痛感しました。高校野球というのは、19日は第一試合も延長戦で、最終的には延長戦12回に盛岡大附属が一挙に5点を取って勝敗を決しましたが、総じて、終盤に試合がもつれるよ…08月19日 23時40分
  • 【終末期覚醒】!?
    週刊文春8月17日・24日夏の特大号にはジャーナリストの梨本恵理子さんによる『「死の瞬間」に奇跡が起こる』というルポが掲載されていました。つまり、死の直前に、急に元気になったり、気性が穏やかになったりするのは何故か?――という事柄についての…08月18日 12時06分
  • NHK特集「731部隊の真実」視聴の記
    NHK特集「731部隊の真実」は、戦争の狂気を如実に抉り出したと思う。 中学生の頃に目を通して、非常に衝撃を受けた一冊というのが、当時、話題であった森村誠一著『続・悪魔の飽食』でしたかね。本編は読んでおらず、続編の方だけ読んだのだったかな。…08月16日 22時15分
  • 旅館宿泊前日の夢
    明日は旅館に泊まるのだという前夜に気持ち悪い夢を。 誰かの話し声が聞こえている。はっきり聞き取れないが「転がしておく」とか「引き摺ればいい」とか、そんな内容が聞こえている。 目の前にはテーブルの脚があって、自分はそこで横臥して寝入ってしまっ…08月15日 23時27分
  • ホントにギャップを感じること
    ナルホドと思い直したのは、ウーマンラッシュアワー村本さんの「朝生」を回想しながらでした。やはり、否定できないレベルでジェネレーションギャップのようなものがあるよなぁ。オリエンタルラジオの中田敦彦さんとダウンタウン松本さんとの間のスキマ風であ…08月13日 10時00分
  • 安倍政権の捉え方の差異
    昨夜というか今朝方というべきか、久しぶりにテレ朝「朝まで生テレビ」をうつらうつらと視聴しましたが、その感想です。先ず、ウーマンラッシュアワー村本さんでしょうかねぇ。出演にも意表をつかれましたが、どこか番組を左右するかのような意見を陳列されて…08月12日 21時22分
  • 歴史が消える〜3
    引き続き、「表現者79号」から富岡幸一郎さんの『保守思想の「反乱」とは何か』から。 一九八九年にフランシス・フクヤマが「歴史の終わり?」という論文を発表し、歴史は新たな段階に突入したというヴィジョンを提示し、話題となった。 自由主義は、二十…08月12日 00時40分
  • 歴史が消える〜2
    続いて、同じく表現者73号に掲載されている佐伯啓思さんの「貨幣の独裁」では、ドイツの哲学者・シュペングラー(生年1880〜1936年)の『西洋の没落』と現在のマネー資本主義とを重ね見ている。 貨幣は、あらゆる価値を単純な数字(価格)に解消し…08月11日 00時49分
  • 歴史が消える〜1
    ここのところ、時事問題の取扱いようがないなと感じる事があるんですが、やはり、情報渦と関係していそうなんですよねぇ。 新聞やテレビ、或いはインターネット上の情報というのは情報の洪水状態であり、しかもスピードが速い。北朝鮮情勢なんてのは、常に厳…08月10日 12時05分
  • アムウェイ編〜政治とカネ
    アムウェイという会社がありますよね。リチャード・デヴォス・シニアとジェイ・ヴァン・アンデルは少年時代からの友人であったという。二人は1959年に、ミシガン州のとある町で、日用品の訪問販売会社を旗揚げした。 デヴォス一族はカルヴァン主義から分…08月09日 13時51分
  • 自己開発とか自己啓発とか
    ゼリア新薬工業の新入社員が研修を委託されていたビジネスグランドワークス社の研修中に自殺したという。意識行動改革研修なる研修の途中に精神疾患となって自殺したと、このほど、労災が認定された――と。 2013年の話だそうだけれども、相変わらず、や…08月09日 12時05分
  • 「黒い雨」の感想
    チャンネルNECOにて今村昌平監督の「黒い雨」を放送していたので視聴。興味深い事に本編ではカットされたという幻の未公開ラストシーン(しかもカラー)も、オマケで放送されていました。原作は井伏鱒二。 これは粗筋に触れてネタバレします。北村和夫と…08月08日 11時53分
  • 魂のない時代に
    久しぶりに西部邁事務所編集の『表現者73号』に目を通したのですが、やはり、そんな風に展開されているのだなぁ…と痛感させられました。もっとも顧問になっている佐伯啓思さんの書籍などに影響を受けているだろうから当たり前といえば当たり前なのですが……08月07日 14時02分
  • 【テクノマネーマニアック】
    西部邁氏による造語【テクノマネーマニアック】について、以下、要約してみる。 【フェティシズム】というのは、いわゆる【フェチ】であり、例えば女性性の象徴物であるハイヒールであればハイヒールに異常な執着を示す。それは性的倒錯の一種とされているが…08月06日 23時11分
  • 「エロスの支配力」の考察
    中村うさぎさんは女性が性的魅力を以って、その場を支配する力を「エロスの支配力」と表現したことがありました。記憶では、女性が有しているものという前提で「エロスの支配力」という表現であったと思いますが、個人的には男性でも女性ほど露骨ではないにし…08月05日 10時21分
  • 石田純一が語る「不倫と文化」
    俳優の石田純一さんは迷言の誉れ高い「不倫は文化だ」と主張したという風に流布している、もしくは流布したいたワケですが、事実関係として、本人は「不倫は文化だ」とは発言していない。しかしながら、延々と「石田純一は不倫は文化だ言った人である」という…08月04日 01時40分
  • フェイクニュースあれこれ
    「米国は1952年にひそかにイスラム教を禁止していた」と、とあるインターネットサイトでニュースを装うような記事があったとして、それを信じるか信じないか? 7月28日付の読売新聞の国際面には、そんな記事が掲載されていました。ニュース・リテラシ…08月03日 11時25分
  • 「ムコ入り考」だって
    テレビの影響なのか何なのか、「不倫」でホントに世論が動いてしまうようになりましたが、そんな中で、柳田邦男の【聟入考】(ムコイリ考)なるものが、週刊文春8月3日号の鹿島茂さんの「私の読書日記」で取り上げられていました。『婚姻の話』(岩波文庫)…08月01日 11時58分
  • 神々の分岐点
    定説でも何でもないのですが、やはり、非常に引っ掛かる問題を自分なりに――。 インドに南下したアーリア人はインダス文明を征服し、そこでヴェーダ思想を経てバラモン教となり、その後にゴータマ・ブッダの仏教が興る。ペルシャへと向かったアーリア人の中…07月31日 01時45分
  • 「一線を越えていない」問答集
    「一線は越えていません」という。じゃ、一線は越えてないんだよ。では、この越えたのか越えていないのかの【一線】とは具体的に何を指しているのか? 性交渉及び類似行為の事を指して【一線】だという。他局も似たようなもので、「一線を越えたとか越えてい…07月28日 23時07分
  • 【アヒンサー】について
    なかなか説明が難しい【慈悲】という言葉がありますが、それは漢字を分解すると【慈しむ】と【悲しむ】から形成さていると、生前の中村元はEテレ「こころの時代」の中で解説している。 漢語になると【慈悲】であるが、元々は【マイトリーカルナー】であり、…07月28日 11時59分
  • 叡智の波及
    アレクサンドロス大王は紀元前323年に没し、その後、マケドニアの諸将がギリシャ語で「後継者」を意味するディアドコイとなり、各地で統治と戦闘とを競い始める。セレウコス1世(生没年:紀元前358〜前281年)はディアドコイの一人で、やはり、ディ…07月27日 11時49分
  • コガネムシはカネ持ちで羨ましい。
    埼玉の片田舎で生活しているんですが、やはり、基本的に高齢者ほどカネ持ちが多いという印象を持っている。で、一言で?金持ち?という風に述べても、色々とあるワケですが、やはり、明らかに余裕があって羨ましいと感じる人たちですかねぇ。 土地持ちという…07月26日 11時41分
  • アメリカじゃないからなぁ…
    お笑いタレントの厚切りジェイソンさんが 「アメリカならクビ」 という具合の発言をして、それがメディアを駆け巡る。 しかし、ここはアメリカじゃないからなぁ…。メディアが、それをピックアップしてしまうのは、何なんだでしょ。やはり、アメリカを先進…07月25日 12時06分
  • 中学生との向き合い方
    口が達者な中学生、よりズバッと述べると生意気全開状態の中学生との接し方というものは、中々に、厄介な問題だよな、と。 基本的に最近の男子中学生というのは10年前、20年前と比較すれば全体的にはおとなしく、「いい子」になっていると思う。ところが…07月24日 12時08分
  • 加計学園問題は決定打が出たかな…
    いわゆる加計学園問題では、前川喜平氏が証言した 「初めから加計学園に決まっているようにみえた」 という文言があり、その「加計ありき」で国家戦略特区が進められたのではないかという疑惑があったワケですが、どうも週刊文春7月27日号の内容というの…07月22日 02時32分
  • 「ソロモンの偽証」の感想
    「ソロモンの偽証」の前編&後編を視聴終えました。まぁ、往年の「中学生日記」のような内面の葛藤が濃密であったという意味で、その内面の葛藤劇として飽きさせない出来であったとは思うのですが、傑作なのか傑作という程ではなかったのかと言われてしまうと…07月21日 12時07分
  • 「ソロモンの偽証」にみる「偽善」
    連休中に見はぐってしまった「ソロモンの偽証〜前編」を視聴し終えたところなのですが、思いの外、取り上げている問題がヘビーだなぁ、と。 やはり、いじめの現場を目撃していながら仲裁に入らない主人公に対して、発せられる「偽善だよ」という言葉は強烈で…07月20日 12時11分
  • 続・「叡智」の普及
    キュロス大王に始まるアケメネス朝ペルシャは、キュロス大王(大王はキュロス2世である。)の代に新バビロニア王国を滅ぼし、次のカンビュセス2世の頃にはエジプトを征服し、ダレイオス1世の代に最盛期を迎えたという。その版図は東はインダス川、西はエー…07月19日 12時09分
  • 「叡智」の普及
    通説を踏襲すると、アーリア人にはインドとペルシャとに向かった。インドに向かったアーリア人はドラヴィダ人が構築していたインダス文明を破壊、征服した。ペルシャへ向かったアーリア人はイラン高原を目指し、ペルシャ(イラン)へ到った、と。 このアーリ…07月18日 12時01分
  • あんまり関心がない二重国籍問題
    民進党の蓮舫代表が戸籍謄本だかを提示する提示しないという問題は、よう分からんなぁ。本人が民進党内部からの批判を受けて、「提示する」と言っていたのだから、本人の意志による提示だったのではなかったか。その後、複数の論者から「提示したら後進する」…07月17日 11時53分
  • 目眩し状態のまま、監視強化へ
    既に、テロ等準備罪(共謀罪)がスタートしたというのですが、今のような状態で大丈夫なんだろか。例えばですよ、オリンピック招致やワールドカップ招致の下で行われる賄賂は賄賂として認定されない。贈り物を渡したのは確かであるが、その渡した者は相手の素…07月16日 11時22分
  • 「ホエールズ」の残像
    赤坂英一著『最後のクジラ〜大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』(講談社)は、万年Bクラス球団であった80年代の大洋ホエールズに関する記述が感慨深い一冊でした。特に、やはり、「ホームランバッター・田代富雄」なんてのは、もう、どうしようもなく味…07月15日 00時05分
  • 分断リスクは減退した?
    フランス大統領選挙の結果は、ブレグジット、トランプ旋風という分断の風を断ち切ったという見方があるみたい。その後のトランプ米大統領の状況というのが宙に浮いている感じになっている事と併せてみると、そういう指摘がなされていることにも合点がいくのか…07月13日 11時27分
  • 人間関係断絶社会
    介護施設でクルマで帰宅する気に入らない同僚に事故を起こさせる為に睡眠導入剤入りの御茶を飲ませていたという事件は、その内容に色々と考えさせられますね。 先ず、睡眠導入剤入りの御茶を飲まされた被害者夫婦が実際に睡眠導入剤の効果であったのでしょう…07月12日 11時56分
  • 辻潤(つじ・じゅん)
    杏&長谷川博己のコンビが演じたテレビドラマ「デート〜恋とはどんなものかしら」の第一話で、ニート状態の長谷川演じる主人公が自らを語って【高等遊民】というシーンがあったんですね。つまり、 「ボクはニートじゃない。高等遊民と言ってくれ!」 という…07月11日 12時04分
  • 死ぬまでの暇つぶし
    暑さで撹乱気味なのか、何の話を何処で耳目にしたのか忘れっぽくて困る。ここのところ、ふわふわと考えていたものをド忘れして、思い出せなくなったりね。 週刊文春の文春図書館から、なんとなく内田樹さんの書評の一部を。 「アンダークラス」という言葉を…07月10日 00時17分
  • 「女囚さそり」シリーズの凄味
    日本映画の中で好きな映画を挙げてみろと言われて「女囚さそり」と答えてしまったら、きっと良識を疑われてしまう。でも、多分、ホントに。 先ず、第一弾「女囚701号 さそり」は、破格の扱いをすべきですかねぇ。これほどまでとは思って居なかったという…07月09日 00時00分
  • 取り乱す事が多いのは…
    生物学的な分類としてオスとメスとがあるように、ヒトの場合にも男性と女性とがある。そこには当然、身体的な差異であるとか、或いは器質的な差異なんてものある。「平等だ!」という気持ちが強まり過ぎると基本的な差異に触れただけでも言葉狩りに遭ってしま…07月08日 15時02分
  • 【国家主権】について
    【主権国家】ではなく【国家主権】という言葉を新聞で発見し、先ず、その用語の解釈から。 先ず、【主権】の話というのは排他的支配権を指している。マックス・ウェーバーが引用される、アレですね。 で、その基礎を踏まえた上で【国家主権】という用語の一…07月07日 09時40分
  • 暑さのせいで
    今年はどういうワケか「ありゃ。この人は精神を病まれているな」と思う御婦人を多く見掛けている。 一人目は中国地方に嫁いでいたが死別して埼玉に戻ってきたという60歳前後の方で、 「久しぶりですゥ〜、はじめまして」 と登場。なんだ、御近所さんかと…07月06日 12時05分
  • 魂に法則性は通用しないのでは?
    ここのところ、ヨガがブームなのだそうで、Eテレ「こころの時代」でも小野文江アナが瞑想に挑戦するという主旨のそれを視聴していたのですが、あのテの?無の境地?というものに対して疑念を持っている。 瞑想やヨガによって?無?を体感せよという風に説明…07月06日 00時08分
  • 賄賂だけど賄賂にしない回路
    6月29日付の読売新聞36面から、「ブラッター氏らに高級品」という記事をスクラップ。 国際サッカー連盟は27日、2018、22年ワールドカップ(W杯)招致を巡る不正疑惑について倫理委員会の調査部門が14年にまとめた報告書の全文を公開した。2…07月05日 01時51分
  • 日比谷焼き討ち事件
    日比谷焼き討ち事件とは、日露戦争講和条約(ポーツマス条約)に反対した民衆らが締結反対を掲げ、1905年(明治38年)9月5日に発生した暴動事件のこと。 日露講和については1905年8月10日よりアメリカ北東部のポーツマス軍港で開催され、日本…07月04日 12時11分
  • フェイクなニュース
    森達也監督のドキュメンタリー映画「Fake」を視聴したのは偶然と言えば偶然なのですが、奇しくも森達也監督自身が放送後のインタビューで、それについて言及していました。要旨は、以下のような感じでしたかね。 「2014年に佐村河内さんに200時間…07月04日 10時11分
  • 「Fake」視聴の記
    2014年に日本中を驚かせたゴーストライター騒動、その後の佐村河内守氏に密着してみせたドキュメント映画が、この「Fake」でした。ディレクターズカット版なるものが日本映画専門チャンネルで放送されていたので視聴、その感想です。 先ず、佐村河内…07月03日 11時32分
  • 【叡智】を考える
    ゾロアスター教の話で思いがけず、【叡智】という単語を使用してしまったのですが、そもそもからして、この【叡智】という言葉をきちんと我々は説明できるだろうか。 「叡智とは最上の知性である」という風に説明したところで、どうもしっくりしないんですよ…07月02日 00時18分
  • 東芝危機問題
    29日付の読売新聞では、あちらこちらで東芝問題に触れられており、主に株主総会で揉めている状況についてと、ウェスタンデジタル社との間で起こっている訴訟合戦について述べられていました。 文藝春秋七月号にはジャーナリスト大西康之さんによる『東芝「…07月01日 10時30分