自然のチカラ 大事典

登録ID
337836
サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 27 / 132人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • カラタチ果実(撮影:2012年10月20日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ミカン科のカラタチ果実。カラタチの果実は誰も食べられるものではないと思っているに違いない。そこで、写真の完熟果実を試食してみた。ナイフで半分に切ると、内部は薄い黄色で、特に瑞々しさは無く、舐めてみても酸っぱさ甘さがほとんど無かった淡泊さが…04月28日 11時33分
  • アシタバ(撮影:2012年10月20日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    セリ科のアシタバ。 私の知るアシタバは、一般的に種子から発芽して幼苗時代を数年過ごし、ある年の初夏に花茎を伸ばし、無数の花を咲かせ、十二分の種子を残して、一生を終えるタイプの多年草と言える。 アシタバのようなタイプは、開花と結実へのエネル…04月21日 09時24分
  • アイ(撮影:2012年10月20日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    タデ科のアイ。アイの種をもらったので4月に蒔いてみた。先ず、土を掘り上げ元肥として鶏糞を加え、平たい畝を作り、種を万遍なく蒔いて、種が見えなくなる程度に薄く土をかぶせ、ジョロでタップリ水を遣って種蒔きを完了とした。 種を蒔いてから1週間後…04月14日 09時46分
  • レイジンソウ(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    キンポウゲ科のレイジンソウ。写真のレイジンソウの果実(袋果)は、長さ12mm、径3.5mmの円筒形で、先に長さ3.5mmの毛条突起1本上向きに出したものを2〜3本束ねたような形をしている。 ここ4〜5年、六甲高山植物園ではレイジンソウが急…04月12日 10時27分
  • キクバヤマボクチ(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    キク科のキクバヤマボクチ。写真のキクバヤマボクチの花の径は43mm、花の長さは37mm。 花は薄いキク風の匂いがした。 総包片の刺は多数あるが固くないので、触っても大丈夫。 キクバヤマボクチの葉はヤマボクチの葉に大きな切れ込みを入れたよう…04月07日 09時27分
  • ノコンギク(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    キク科のノコンギク。写真のノコンギクの花の径は34mm、集合する管状花の径は8mmあった。 ノコンギクの花は無臭だった。 ノコンギクは毎年同じ場所で咲くのが見られるので宿根性の多年草だと思っていたら、本で調べてみると地下茎を伸ばして増える…04月05日 10時03分
  • ナギナタコウジュ(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    シソ科のナギナタコウジュ。 ナギナタコウジュは関西の山の道の脇でよく見かける。平地で自生するものは見たことがない。 私の感覚的にはナギナタコウジュは夏の花なので、8月から意識して探し回るが見つからない。実際は10月に入ってから見ている。同…03月29日 09時15分
  • サラシナショウマ果実(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    キンポウゲ科のサラシナショウマ果実。写真のサラシナショウマの青い果実の長さは7.5mm、幅5mm、厚みは2.5mmあった。果柄の長さは3.5mmあった。 サラシナショウマの果実は、花穂の1カ所から1〜3個がセットになって出ていた。しかし、…03月24日 10時54分
  • キイトラッキョウ(撮影:2012年10月14日、六甲高山植物園)
    ユリ科のキイトラッキョウ。写真のキイトラッキョウの花の径5mm、長さは5mm、花から飛び出している雄しべの長さは6mmあった。雄しべの先の開いた幅は7mmあった。 花は飴の匂いがすると思ったら、横にカツラの葉が落ちていた。なので匂いは分ら…03月17日 09時37分
  • ローゼル(撮影:2012年10月8日、京都府立植物園)
    アオイ科のローゼル。写真のローゼルの花の径は50mm。花びらの内側の赤色部の径は17mm。雄しべ群(花芯)の径は7mm、雌しべの径は2mmあった。花の厚さは40mmあった。 花は無臭だった。 ローゼルの果実は商品名ハイビスカスとしてハーブ…03月15日 09時41分
  • ヒキオコシ(撮影:2012年10月8日、京都府立植物園)
    シソ科のヒキオコシ。写真のヒキオコシの花の上唇の幅は4mm、下唇の幅は2.5mmあった。下唇から上唇までの高さは3,5mmあった。下唇から萼の端までの長さは8,5mmあった。 花は無臭だった。 関西ではヒキオコシは植物園以外で、めったに見…03月10日 11時35分
  • ツリフネソウ白(撮影:2012年10月8日、京都府立植物園)
    ツリフネソウ科のツリフネソウ白。写真のツリフネソウの花の幅は25mm、長さは45mm、花梗の長さは13mm。 花は無臭だった。 ツリフネソウと言えば、近畿の自然界ではほとんどが赤花で、さらに山奥に行くと黄花も見ることがある。しかし、白花は…03月08日 09時47分
  • スイフヨウ(撮影:2012年10月8日、京都府立植物園)
    アオイ科のスイフヨウ。写真のスイフヨウの花の径は11?、雄しべ雌しべにあたる部分の径は2?あった。雄しべ群から突出した雌しべの長さは12mm、雌しべの先の5裂部の1個の径は3.5mmあった。 雄しべ群(花芯)の長さは20mmあった。花糸の…03月03日 09時22分
  • シシユズ(撮影:2012年10月8日、京都府立植物園)
    ミカン科のシシユズ。写真のシシユズの果実を手の平でそっと持ち上げたらズッシリと重かった。その時、何年か前の冬に黄色く熟して、落果していたシシユズを持ち上げた時は意外に軽かったのを思い出した。それはシシユズの果実は水分が飛びやすいためなんだ…03月01日 09時39分