自然のチカラ 大事典

サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 30 / 146人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • エッチュウミセバヤ(撮影:2011年10月8日、六甲高山植物園)
    ベンケイソウ科のエッチュウミセバヤ。写真のエッチュウミセバヤの花の径は8mm、雄しべの長さは3mm。 エッチュウミセバヤかミセバヤかは覚えていないが、40年以上前までは私の家は勿論、アチコチのご近所さんでも植えられていたのを覚えている。 …08月26日 09時23分
  • 長崎は今日もオシャレだった
    長崎に行ってきました。ホテルの中華料理を頂きました。(とっても、おしかったです。ありがとうございます。)ナフキンが、船の形です!オシャレですよね。港町 長崎だからできることですよね!長崎ではここに行ってきました!↓開生薬局〒852-810…08月25日 17時07分
  • イワタバコ白花(撮影:2011年10月8日、六甲山高山植物園)
    イワタバコ科のイワタバコ白花。 イワタバコは関西の葛城山や奥香落渓(おくこうちだに)の岩壁では大型の葉が見られる。湧き水か滝の水が滴り落ちるような岩場や土壁で、舌を下向きに垂らすような形で自生していることが多い。 自生地環境の共通点として…08月19日 09時15分
  • 本日より営業いたします。
    夏のお休みも終わり、本日より元気に「漢方薬のきぐすり.com」事務局 営業しております。「漢方薬のきぐすり.com」にて紹介している薬局・薬店様に、夏休みを使って漢方相談に行かれた皆様、いかがでしたか?漢方薬は順調に服用されていますか?一…08月18日 13時47分
  • ホップ
    ビールが美味しい季節です。ビールの原料、ホップはこんな植物です。あっ、CMとかで見たことありますか?ちょっと愛しい植物です。かわいい。関連記事:ホップ草花実樹でした。 08月11日 15時15分
  • 主治医が見つかる診療所
    「主治医が見つかる診療所」を、昨日テレビで見ていましたか?冬瓜梅スイカなど、夏にぴったりの食材が紹介されていました。橋口医師が実践されている薬膳料理美味しそうでした。皆さんもぜひ、身近な食材を使って薬膳料理にチャレンジして下さい。薬膳料理…08月05日 17時20分
  • エッチュウミセバヤ(撮影:2011年10月8日、六甲高山植物園)
    ベンケイソウ科のエッチュウミセバヤ。写真のエッチュウミセバヤの花の径は8mm、雄しべの長さは3mm。 エッチュウミセバヤかミセバヤかは覚えていないが、40年以上前までは私の家は勿論、アチコチのご近所さんでも植えられていたのを覚えている。 …08月05日 11時25分
  • イワタバコ白花(撮影:2011年10月8日、六甲山高山植物園)
    イワタバコ科のイワタバコ白花。 イワタバコは関西の葛城山や奥香落渓(おくこうちだに)の岩壁では大型の葉が見られる。湧き水か滝の水が滴り落ちるような岩場や土壁で、舌を下向きに垂らすような形で自生していることが多い。 自生地環境の共通点として…07月31日 14時00分
  • アイ(撮影:2011年10月1日、京都薬科大学附属薬用植物園)
    タデ科のアイ。 アイと言えば薬用よりも染料としての用途が有名だろう。 染織方法は簡単に言うと、アイの生葉を収穫し、そのままキャベツの千切りのように刻み、10?位のバケツに半量程の水を加えその中に刻んだアイの葉を入れて揉む・揉む。勿論、揉む…07月31日 13時57分
  • ローゼル(撮影:2011年9月25日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    アオイ科のローゼル。写真のローゼルの果実の大きさは、径23mm、長さ32mmあった。花期は未だ続いていた。 ローゼルは熱帯アジアやアフリカが原産である。そのローゼルが関西では真夏の蒸し暑さの中でもよく育つ。しかし、普通に栽培すると花が咲き…07月31日 13時54分
  • ゲンノショウコ桃(撮影:2011年9月25日、滋賀県比良山)
    フウロソウ科のゲンノショウコ桃。 比良山の麓で自生するゲンノショウコは桃色の花が咲く。写真の花は桃色というより白色に見えるかもしれないが、うっすら桃色である。年によってはもっと濃い桃色の花が咲くときもある。 一見、普通に地面を這う桃色ゲン…07月31日 13時51分
  • ヒヨドリバナ(撮影:2011年9月24日、神戸市立森林植物園)
    キク科のヒヨドリバナ。写真のヒヨドリバナの筒状花の径は2mm、見える長さは3mm、萼の長さは5mm。筒状花が5個集った小頭花の径は8.5mm、長さは12mmあった。 揉んだ葉も花も無臭だった。 ヒヨドリバナとフジバカマは外観がよく似ている…07月31日 13時47分
  • ツユクサ(撮影:2011年9月24日、神戸市立森林植物園)
    ツユクサ科のツユクサ。写真のツユクサの花の最大幅は19mm。青い花びら1枚の幅は9.5mm、長さは10mm(花びらの柄の部分は含まない)あった。2本長く伸びた雄しべの長さは12mmあった。 花は無臭だった。 ツユクサは会社の空き地のアチコ…07月31日 13時41分
  • チャノキ(撮影:2011年9月24日、神戸市立森林植物園)
    ツバキ科のチャノキ。チャノキの果実は不定球形をしていて、大きさは径約25mm前後ある。始めは薄い緑色をしているが、12月になると茶色く完熟し、果皮が三つに割れて、中から褐色で径10mmの球形の種子が地面に溢れ落ちる。種が落ちた後に、暫くし…07月31日 13時15分
  • ススキ(撮影:2011年9月24日、神戸市立森林植物園)
    イネ科のススキ。秋の七草では尾花(おばな)とも呼ばれている。都会からチョット離れた平地や山地の乾燥した道路の脇で見かけるメジャーな雑草である。しかし、只の雑草ではない。 私の場合、ススキと言えば、先ず「十五夜お月さん」の名脇役を思いつく。…07月29日 09時40分
  • 本日、メールマガジン発行日です。
    今号は、冬瓜について書いています。良かったら見てくださいね!メルマガ草花実樹でした。 07月26日 19時17分
  • タラヨウ果実(撮影:2011年9月23日、宇治市植物公園)
    モチノキ科のタラヨウ果実。タラヨウは世界で苦丁茶と呼ばれている苦いお茶の原料の一つである。中国で一般的に売られている苦丁茶はタラヨウの近縁種と言われている。ところで、タラヨウと言えは「葉書の木」とも呼ばれているように、葉の裏に黒い文字が書…07月24日 09時43分
  • ツルニンジン(撮影:2011年9月19日、六甲高山植物園)
    キキョウ科のツルニンジン。写真のツルニンジンの花の径は37mm、長さは30mm。萼の大きさは付け根の広い場所で幅13mm、長さ29mm。花梗は蕾の時は短く、開花後に伸び始め、果実期には長いもので10?以上あるものもあった。これは蔓だから伸…07月23日 09時24分
  • アセロラの花が可愛すぎる!
    アセロラの花が咲いていたので、写真で撮りました。可愛くないですか?アセロラドリンクで有名なアセロラです。小さくて可愛いお花ですが、ほぼ知られていません。こんな可愛いお花を見つけると、自分だけが気づいている気がして、ちょっと内緒にしたくなり…07月17日 18時52分
  • モロヘイヤ(撮影:2011年9月17日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    シナノキ科のモロヘイヤ。別名はタイワンツナソ。 モロヘイヤは20〜30年前に、ホウレンソウに近い栄養価の高い野菜であると聞いたのが最初の出会いだったと思う。当時は当然漢方薬に使われない植物なので、ハーブの一種だと思っていた。 意外だがアオ…07月17日 09時49分
  • ニラ(撮影:2011年9月17日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ユリ科のニラ。近年、関西のアチコチでニラの花を普通に見られるようになった。どこかの畑の種が飛び散って野生化したのかもしれない。そんなニラは道路の中央分離帯でも見かける。普通の植物なら、立ち枯れしてしまうような過酷な場所である。 そこで砂漠…07月15日 10時07分
  • ナガイモ・ムカゴ(撮影:2011年9月17日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ヤマノイモ科のナガイモ・ムカゴ。 ムカゴは春に見ない。夏の終わり頃から見始める。初冬で寒くなり、葉が茶色く枯れ落ちる頃ムカゴも落ち始める。それでも更に長く茎にへばり付いているムカゴをよく見かけるが、触れるだけで簡単にポロッと取れる。 ヤマ…07月12日 14時25分
  • 和光漢方薬局さまに行ってきました。
    和光漢方薬局さまに行ってきました。千葉市若葉区小倉台にある和光漢方薬局さんに、初めて訪問。恐ろしく、道に迷って、徒歩3分から5分くらいで行けそうなところを、30分以上かけて行きました。その道に迷った理由はこのモノレール。頭の中の東西南北が…07月10日 09時52分
  • ジュズダマ果実(撮影:2011年9月17日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    イネ科のジュズダマ果実。 ジュズダマを初めて見たのは中学時代の耐寒遠足で、大阪と奈良の県境にある金剛山に登った時のことだ。 狭い小川の縁に小川の存在を隠すようにジュズダマがビッシリ生茂っていた。その時、友達がその果実を集めているのに気付い…07月08日 09時17分
  • エゴマ(撮影:2011年9月17日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    シソ科のエゴマ。 エゴマは帰化植物であるが、日本の植物図鑑に収載されている。シソもアオジソも載っていないのに。(大井次三郎先生の新日本植物誌にはエゴマだけが収載されています。) エゴマとアオジソの葉は薄い緑色で、花の形も似ているので外観区…07月03日 17時32分
  • ヤマボウシ果実(撮影:2011年9月11日、大阪花の文化園)
    ミズキ科のヤマボウシ果実。写真のヤマボウシの赤い果実の大きさは径20mm。多分花の数だけクレーターがあるのだと思う。赤い果実は少し甘いので、食べられるが、フニャフニャして歯ごたえがないので、私はあまり好きでない。 ヤマボウシの果実の色は始…07月01日 14時20分