自然のチカラ 大事典

登録ID
337836
サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 25 / 117人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • オウザンモクレン(撮影:2013年3月30日、神戸市立森林植物園)
    モクレン科のオウザンモクレン。中国の安徽省、浙江省に分布。花期は5月とあった。 中国の植物を日本に持ってくると、たいてい花は現地より早く咲く。 オウザンモクレンの花はハクモクレンの花を少し小さくして、写真のように花びらに赤紫色の柄が入ってい…08月25日 09時10分
  • ウチワノキ(撮影:2013年3月30日、神戸市立森林植物園)
    モクセイ科のウチワノキ。 一見して、白花のレンギョウかと思った。それは車で行って、入園料を払って、すぐ左方向へ曲がる際の左側に数株植えられていた。私はここへ来るようになってから25年以上が経つが本日初めて存在に気が付いた。 花の形や大きさ、…08月23日 09時14分
  • ムラサキハナナ(撮影:2013年3月24日、広島市植物公園)
    アブラナ科のムラサキハナナ。 ムラサキハナナの花を初めて見たのは、25年位前、葛城山の麓にあるロープウェイの乗り場近辺だった。誰かがプランターに植栽したものと、道路のわきに野生化したものが混在していた。この場所は葛城山の東部にあたるので午前…08月18日 09時14分
  • タムシバ(撮影:2013年3月24日、広島市植物公園)
    モクレン科のタムシバ。関西では春になると山間で見られる白い花はサクラかタムシバと言われている。実際、タムシバらしき白い花は確認できるが、傍まで寄って確認をしたことがない。というか、低い山でも山道は険しく簡単に傍まで寄っていけるものではない。…08月16日 09時50分
  • フキタンポポ(撮影:2013年2月17日、京都府立植物園)
    キク科のフキタンポポ。写真のフキタンポポの花の径は25mm、管状花群の径は12mm、管状花の径は2mmあった。 約20年前に初めてフキタンポポを見たとき、フキタンポポという名前から、フキに似たタンポポと思っていたら、調べるとフキタンポポ属と…08月09日 09時30分
  • タツノオトシゴ(撮影:2013年2月3日、大阪海遊館)
    ヨウジウオ科のタツノオトシゴ。 タツノオトシゴが魚の仲間であるということは、なかなか理解できない。その第一の原因が首部の存在である。体を上下に立てると、全ての魚の口は上を向くものと、思い続けてきた。しかし、タツノオトシゴの場合は首を前に曲げ…08月04日 09時21分
  • マメガキ蔕(撮影:2013年1月4日、神戸市立森林植物園)
    カキノキ科のマメガキ蔕。 マメガキの果実は秋になると熟し、冬に完熟して落果または鳥の餌になって、写真の様に枝に沢山の蒂だけが残る。マメガキの場合は蒂にも柿の葉特有の朱色と黒色の曼陀羅模様が付く。そして、蒂が落ちる。但し、いつ蒂が落ちるのかは…08月02日 10時10分
  • マンサク(撮影:2013年1月26日、宇治市植物公園)
    マンサク科のマンサク。写真のマンサクの花の径は9mm、長さは8mm、花梗の長さは9mmあった。 マンサクの花は萼片が4枚で小形、外面には密毛を有し、花びら4枚は細長く、線状。これからこの4枚の花びらが伸びてくるというか、成長?を始める。この…07月28日 09時31分
  • サネカズラ果托(撮影:2013年1月26日、宇治市植物公園)
    モクレン科のサネカズラ果托。写真のサネカズラの花托の大きさは、径12mm、長さ17mmの長楕円形。花梗の長さは50mmあった。 サネカズラの花期には球形だった花托は長く伸び、果実(漿果)が付いていた跡はやや膨らみが残っていた。漿果は20〜3…07月26日 09時22分
  • ローズマリー白(撮影:2013年1月13日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    シソ科のローズマリー白。写真の白いローズマリーの花の大きさは幅7mm、上から下までの長さは9.5mm。下先の受け口の深さは2mm、下の受け口から萼端までの長さは8mm、萼端から上部の雌しべの先まで12mmあった。 花は無臭だった。 シソ科と…07月21日 09時24分
  • ジャノヒゲ果実(撮影:2013年1月6日、京都府立植物園)
    ユリ科のジャノヒゲ果実。写真のジャノヒゲの果実の大きさは、幅8mm、長さ9mmのややフットボール状だった。味は無味だった。 ジャノヒゲは花も果実も、普段は細い葉の下に隠れているので、その前を通る多く人に素通りされてしまいがちな地味な存在であ…07月19日 10時12分
  • クサボケ果実(撮影:2013年1月6日、京都府立植物園)
    バラ科のクサボケ果実。クサボケは日本固有種なので中国の漢方では使われていない。しかし、中国の漢方には木瓜又は皺皮木瓜というものがある。これには中国にもあるボケの果実が使われている。 中国に行った時、1本の幹が上に伸びたボケを見たことがある。…07月15日 09時19分
  • ヤドリギ(撮影:2013年1月5日、大阪市咲くやこの花館)
    ヤドリギ科のヤドリギ。写真のヤドリギの花の径は5mm、高さは3mmあった。 果実の大きさは径9mmあった。ここのヤドリギの花は3個でワンセットのものが多く、果実も3個でワンセットになったものが多かった。 通常、咲くやこの花館ではヤドリギの展…07月12日 09時15分
  • マメキンカン果実(撮影:2013年1月5日、大阪市咲くやこの花館)
    ミカン科のマメキンカン果実。写真のマメキンカンの果実の径は11mm。 マメキンカンの皮は薄そうに見えたが、果実は固く、シッカリしていて、果実が小さいこともあって、皮を剥くのは難しそうだった。 一般的にキンカンには刺が無い、又はあってもごく…07月07日 14時09分
  • ゲッカビジン果実(撮影:2013年1月5日、大阪市咲くやこの花館)
    サボテン科のゲッカビジン果実。 この日、生まれて初めてゲッカビジンの果実を見せてもらった。 家では20年以上前からゲッカビジンを植え、今までに多くの花を咲かせてきたが果実は一度も稔らなかった。一方、4〜5年前にゲッカビジンの茎葉・花がよく…07月05日 13時39分