自然のチカラ 大事典

登録ID
337836
サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 30 / 159人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ヤマモモ雄花(撮影:2014年4月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ヤマモモ科のヤマモモ雄花。 ヤマモモは雌雄異株で写真の花は雄花である。毎年この頃になると、雄花が咲き誇っていることは分かっていたが、雌花がどこにも見当たらないことにイライラしていた。なのに、毎年6〜7月頃になると赤い果実が見られる。 5月に…10月19日 09時18分
  • ウメモドキ果実(撮影:2013年11月2日、大阪花の文化園)
    モチノキ科のウメモドキ果実。写真のウメモドキの果実の径は6mm。果柄の長さは3.5mm。果柄の反対側にある残基の径は1mmあった。 ウメモドキは雌雄異株なので、雌株だけ植えても果実はできない。ここには当然、雄株も隣に植えられているので、春に…10月17日 09時08分
  • ヤブラン果実(撮影:2013年11月2日、大阪花の文化園)
    ユリ科のヤブラン果実。 ヤブランは8月頃にピンク色の小さな花が咲く。花の咲き方は花穂の上から下からという規則性は無く、ランダムに咲く。なので、ヤブランの果実も、果穂にできる果実の付き方はランダム状態である。ところが、11月には果柄が果実の1…10月12日 09時13分
  • キンカン果実撮影:2013年11月4日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    ミカン科のキンカン果実。 家にはキンカンの花に似た花を年に2~3回も咲かせる樹高が1m強の木があるが、それには大きな刺が沢山生えている。しかし、果実ができないのでキンカンであるかどうかが分からない。キンカンは一般的にトゲは無いとされている。…10月10日 09時33分
  • ニラ種子撮影:2013年11月4日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    ユリ科のニラ種子。 写真のニラの黒い種子の大きさは長さ4?、幅3?、厚み1.5?。 種子の表面にはブツブツの模様があり、種子の表面からはアニリン臭がした。 昔、ネギの種子とニラの種子を区別するために、ジッと眺めてみたが、結局、外観で区別する…10月05日 09時15分
  • ヒキオコシ撮影:2013年11月4日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    シソ科のヒキオコシ。 ヒキオコシは多年生草本である。と、言いながら地上部の下部は木質化し、根も太く木質化する。只、冬になると地上部が枯れて無くなってしまうので宿根草と分類されているようだ。ひょっとしたら、ヒキオコシを冬に暖かい 地域で栽培す…10月03日 09時25分
  • ドラゴンフルーツ(撮影:2013年11月10日、大阪市咲くやこの花館)
    サボテン科のドラゴンフルーツ。 ドラゴンフルーツの花は月下美人の花の形とよく似ている。普通はどちらも夜に花が咲き、少なくとも家の月下美人の花は咲くと強くてよい香りがする。しかし、ドラゴンフルーツの花は夜に咲くとどんな香りがするのかしないのか…09月28日 09時09分
  • アシタバ果実(撮影:2013年11月16日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    セリ科のアシタバ果実。 アシタバは日本の暖地に自生する大型の多年草である。そんな説明があるアシタバは生長に直射日光が必要と思ったが、私の諸事情により屋外でも全く直射日光が当たらない場所で栽培してみた。9号の植木鉢で1年生の苗を植えたところ、…09月26日 09時19分
  • カワラヨモギ幼苗(撮影:2013年11月16日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    キク科のカワラヨモギ幼苗。カワラヨモギは秋になると地上部は枯れて無くなるが、無くなる前に根出葉の若葉がでてくる。その若葉には白色のやや幅広と針状、白色の幅広+針状の3形態があるが、冬の寒さが厳しいところでは幅広が優先し、冬がそんなに寒くない…09月21日 09時15分
  • サフラン(撮影:2013年11月16日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    アヤメ科のサフラン。 サフランの花は開花直前になると、花びらの先の隙間から赤い雌しべが飛び出してくる。というか、これが全てではないが。丁度この頃の蕾を収穫すると綺麗で大きな雌しべを収穫することができる。ここでいう綺麗な雌しべとは、柱頭に黄色…09月19日 10時47分
  • ヒオウギ果実(撮影:2013年11月16日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    アヤメ科のヒオウギ果実。 写真はヒオウギの種子が果実から素っ裸で飛び出ているように見えるが、本当は果皮が収縮して小さくなり、果実から放り出されたようなものである。 ヒオウギは1〜1.5m位の長さの花茎の先に花を咲かせ、果実を作るので、花茎が…09月14日 09時15分
  • ヒメツルソバ(撮影:2013年11月16日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    タデ科のヒメツルソバ。 ヒメツルソバは匍匐性で普通はベッタリ地表を這っているが、ここのヒメツルソバは石の塀を登って、普通なら10cm足らずの草丈が、1m程になっている。 ここのヒメツルソバの種が靴の底に付いていたのか、数年前から家の駐車場に…09月12日 17時46分
  • ミツバハマゴウ果実(撮影:2013年11月24日、京都府立植物園)
    クマツヅラ科のミツバハマゴウ果実。写真のミツバハマゴウの果実の径は6.5?。 花期が長期に亘って栄養の配布がバラツクためか、果実のできる時期の違いによって径も±1?位のバラツキが見られる。 この時期は一般的には果実の成熟間近にも関わらず、鮮…09月07日 09時13分
  • レンギョウ(撮影:2013年11月24日、京都府立植物園)
    モクセイ科のレンギョウ。 昔はこの時期に咲くレンギョウは紅葉の中の狂い咲きかと思っていたら、ここのレンギョウのこの時期における開花は恒例化していて、毎年同じ場所で見られることが分かっている。さらに、こんな冬間近に咲くレンギョウは珍しいと思っ…09月05日 17時57分