自然のチカラ 大事典

登録ID
337836
サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 29 / 156人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • サンシュユ果実(撮影:2013年12月21日、宇治市植物公園)
    ミズキ科のサンシュユ果実。 ここの植物園では数箇所でサンシュユが植えられている。基本的にはどの場所のサンシュユも果実が沢山できる。 しかし、出来た果実の成熟速度や成熟して落果してしまうものと、成熟してもほとんど落果せずに乾燥して黒くなってし…12月12日 09時33分
  • コールラビ(撮影:2013年12月22日、京都府立植物園)
    アブラナ科のコールラビ。 コールラビは地中海北岸が原産地である。 初めてコールラビを見た時は食用野菜の一つなのか、観賞用植物なのか分からなかった。その為、私の場合、戴いたコールラビの苗は、後に丸く大きく生長した観賞用だった。 コールラビとい…12月07日 11時18分
  • デリス(撮影:2014年4月6日、大阪市咲くやこの花館)
    マメ科のデリス。写真のデリスの蝶形花の幅は上部は16mm、下部は8mm。上部の長さは21mm、下部の長さは18mm。全体の長さは35mm。花柄の長さは6mmあった。 花からは微香が出ていた。デリスは一見花の少ないフジのようだった。 そんなデ…12月05日 09時21分
  • カロライナジャスミン(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料…
    マチン科のカロライナジャスミン。 カロライナジャスミンはアメリカからグアテマラに分布している。 身近で見られるジャスミンやソケイと名の付くハゴロモジャスミンなどはモクセイ科であるが、カロライナジャスミンはジャスミンの名が含まれるがマチン科で…11月30日 09時57分
  • ゲッケイジュ(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料館)
    クスノキ科のゲッケイジュ。 地中海を原産とする常緑高木。日本へは1905年頃、日露戦争の勝利の記念として全国に植えられたそうで、これが今の日本各地で見られる理由である。 5年くらい前まで会社にあった1本のゲッケイジュは約5mの樹高で毎年雄花…11月28日 09時08分
  • チョウセンゴミシ(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料館)
    マツブサ科のチョウセンゴミシ。 チョウセンゴミシは雌雄異株で、写真は雌花である。同科のサネカズラの雌花とソックリだったのには今更ながら驚いた。また、果実は共に赤く、形が丸いせいか、サネカズラの乾燥した果実は南五味子(ナンゴミシ)と呼ばれ区別…11月24日 16時25分
  • テンチャ(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料館)
    バラ科のテンチャ。 テンチャの木を見ていると、モミジイチゴやキイチゴなどの木を思い出す。 しかし、ここの露地栽培されているテンチャは2m以上の樹高があり、数本ある幹も太く、シッカリとした木になっている。 テンチャは栽培していると、何かのタイ…11月21日 12時11分
  • ヒメウイキョウ(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料館)
    セリ科のヒメウイキョウ。別名はキャラウェイ。 和名ヒメウイキョウは名前は、ウイキョウを小さく可愛らしくというイメージだが、ウイキョウの花は黄色いし、葉は細いしと、それ程似ているとは思えないので、ヒメウイキョウの名前は適当ではないと思う。 そ…11月16日 09時13分
  • フウトウカズラ(撮影:2014年4月16日、日本新薬株式会社 山科植物資料館)
    コショウ科のフウトウカズラ。 こちらの資料館(植物園)では多くの珍種の植物を見せて頂けるがゆえに、新しい発見をできることが、非常に楽しい。しかし、植物は年間を通して見ていかないと、花期や果期だけを見ていても意義がない。もう少し自由に見学 で…11月14日 09時37分
  • カラナデシコ(撮影:2014年4月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ナデシコ科のカラナデシコ。 以前、中国産のカワラナデシコの種子(瞿麦子クバクシ)を入手し、蒔いたところ、非常に発芽率が高かったのを覚えている。しかも、生育は順調で色んな色・柄の花が咲いた。花の形や大きさはここのカラナデシコとほぼ同じであった…11月09日 09時22分
  • クサノオウ(撮影:2014年4月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ケシ科のクサノオウ。 街中ではほとんど見かけることは無くなったが、日当たりの良い山道や山間部まで出かけると、今でもこの時期よく見かける。 茎葉を切ると白い汁が出てくるが、すぐに酸化して褐色になる。この液は有毒であることが昔から知られているせ…11月07日 09時00分
  • クサボケ(撮影:2014年4月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    バラ科のクサボケ。写真のクサボケの花の径は大きくても25?ほど。葉も同様に小ぶりである。果実の径も2cmほどしかない。但し、花や果実、葉の大きさは気候風土の要因で、違ってくることはよくあることである。(六甲高山植物園にある赤花のもこのクサボ…11月02日 09時12分