自然のチカラ 大事典

登録ID
337836
サイト名称
自然のチカラ 大事典
URL
http://kigusuri.blog32.fc2.com/
紹介文
漢方薬・生薬・ハーブに関するブログ。 効能、効果の他、利用法などを解説。 植物のチカラで、心と体を元気にします。
カテゴリ
  • くすり・薬学 (100%) - 31 / 144人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • ニガキ(撮影:2014年5月11日、大阪府寝屋川市)
    ニガキ科のニガキ。 ニガキは日本の山野に自生するらしいが、まだ見たことがない。しかし、横をすり抜けたことはあるかもしれない。というか、ニガキの個性が全く掴めていないのだ。 名札が付いていないと識別ができない。不得意な植物である。 一回見るだ…02月22日 09時07分
  • オタネニンジン(撮影:2014年5月22日、武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園…
    ウコギ科のオタネニンジン。 最近は生薬の栽培を始めたいという人の声が大きくなってきている。しかし、大抵の薬草はいろんな視点から見ると栽培は難しい。 中でもオタネニンジンの栽培は難しい。オタネニンジンの栽培は発芽できる種子を自分で作らなければ…02月20日 09時03分
  • フナバラソウ(撮影:2014年5月24日、大阪花の文化園)
    ガガイモ科のフナバラソウ。トウワタ科と標記されている文献も見られる。写真のフナバラソウの花の径は21?、花のロート部の長さは8mm。花は無臭だった。 写真のように、茎は直立し、葉は対生し、葉腋に固まって花が咲く。 日本を含む東アジアに分布す…02月15日 09時55分
  • コリアンダー果実撮影:2014年6月15日、大阪服部緑地都市緑化植物園)
    セリ科のコリアンダー果実。写真のコリアンダーの果実の径は3.5mmあった。 コリアンダーの葉はカメムシのような悪臭(芳香)があるが、成熟した果実にはリナロールやリモネンなどが含まれ、良い香りがするので香辛料として広く使われている。 但し、若…02月13日 09時22分
  • ウツボグサ(撮影:2014年5月21日、千葉県東邦大学薬用植物園)
    シソ科のウツボグサ。 ウツボグサの花は花穂の下部から順次咲く。咲いた先からその花の上に新たに蕾が形成され、まもなく開花を繰り返し、花穂の長さが徐々に長くなっていく。 最終の花が咲き終わると、割と短時間(数日?)の間に花穂から葉緑素が抜けて?…02月08日 09時21分
  • サジオモダカ(撮影:2014年5月21日、千葉県東邦大学薬用植物園)
    タデ科のサジオモダカ。 サジオモダカの花は小さいが、写真に撮ればどの花も同じ大きさに収まる。 かつて、福建省のサジオモダカの栽培の視察に行ったことがある。 生薬沢瀉には福建沢瀉と四川沢潟の2種があるが、外観形態は見れば簡単に区別ができる。し…02月06日 09時16分
  • インドジャボク(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    キョウチクトウ科のインドジャボク。 インドジャボクは中国雲南省やタイ、インド、ビルマなどで自生していて、日本には自生していない。が、関西の温室で稀に見ることができる。 印度蛇木(インドジャボク)の名前の由来の一つに根の形がヘビに似ているため…02月01日 09時27分
  • エンジュ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    マメ科のエンジュ。 エンジュは中国原産で日本には古く伝来したと言われている。 エンジュは種子を蒔いてから約20年まではよく生長するが、その後は生長が鈍るらしい。また、幹の下方からの枝が出にくいので、街路樹として適しているという。ニセアカシア…01月30日 09時19分
  • オグルマ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    キク科のオグルマ。 オグルマは日本、韓国、中国に広く分布している。しかし、日本には日本産の旋覆花はなく、全て中国から輸入されている。さらに、同じ中国産であっても産地が変わると形状も変わる。 かつて、旋覆花の生薬サンプルを中国の3省から各1種…01月25日 09時06分
  • オニユリ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    ユリ科のオニユリ。 オニユリの葉腋には黒色に輝くムカゴができる。花を咲かせない小株でもムカゴが出来ることがある。ムカゴは開花後自然落下し、翌春には長さ10cm程の葉を出して夏には枯れてしまう。ただそのムカゴ(鱗茎)が十分太く生長できていれば…01月23日 10時31分
  • キバナオウギ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    キバナオウギ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園) マメ科のキバナオウギ。 キバナオウギを初めて見た時は、日本のアチコチに自生しているクララの緑色の株を黄緑色にしたようなイメージを持ち、今も持ち続けている。 キバナオウギ…01月18日 10時00分
  • キビ(撮影:2014年7月19日、大阪薬科大学附属薬用植物園)
    イネ科のキビ。 キビダンゴのキビ。桃太朗が鬼退治に出かけるときに、犬・キジ・猿の家来に報酬として与えたキビダンゴの材料のキビである。キビダンゴは当時、相当貴重品だったのかもしれない。そのキビダンゴは花の文化園へ行く途中にあるキビダンゴ屋さん…01月16日 09時18分
  • サルトリイバラ果実(撮影:2013年12月1日、兵庫県姫路市碇岩)
    ユリ科のサルトリイバラ果実。 サルトリイバラは山で見るが、家の庭でも1本見ている。実は家の1本はここの1本を家に持ち帰って、移植したものである。根茎部はほとんど残っていなかったが、簡単に根が付いて今がある。 家に持ち帰って10年以上になるが…01月09日 09時23分
  • ハス(撮影:2013年12月7日、大阪花の文化園)
    スイレン科のハス。 関西では、ハスの花が6月頃から咲き始め、8月頃から果実ができ始める。花托は花の咲き始めから存在感を主張し、花の後は花托の内部で果実が作られていくのが何となく想像できる。 果実が黒く成熟し、落果する時期になると、花托の役目…01月04日 10時59分