イキイキと生きる!

登録ID
362063
サイト名称
イキイキと生きる!
URL
http://blog.goo.ne.jp/hiroyuki-mori051201/
紹介文
心の知識で悔いのない人生を! NPO法人で「生き甲斐の心理学」の普及活動中!
カテゴリ
  • 大学教育 (100%) - 7 / 113人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 12,800年前 (愛と親密性と孤立感 8/10)
    最近は飛騨の巨石天文台を見てから、縄文時代も中期ではなく草創期など、旧石器時代あたりにも興味が湧くようになった。そして、ひと昔前に「神々の指紋」で有名になったグラハム・ハンコックの最新版「神々の魔術」を熟読中である。 恐竜が、地球と彗星とぶ…03月28日 11時51分
  • 秩父で巡礼をしてみる・・・(愛と親密性と孤立感 7/10)
    秩父は私にとって遠い世界であった。サラリーマンの悲しい性で勤めている会社方向(つまり都心)についてはいろいろ知っているし、頻繁に訪問したりした。しかし、八王子から都心とさほど変わらない距離の秩父には残念ながら行った記憶がない。 そんな秩父に…03月25日 10時34分
  • 今の世の中でも多様性を認める方向があるのかな (愛と親密性と孤立感 6/10)
    テレビを見ていたら、最近はイスラム女子が増加しているとのこと。特に若い女性に人気があるという。日本社会が従来無視をしていたようにも感じるので、世の中変わって来たなと新鮮な想いが湧き出てきた。私はイスラム教徒ではないがなにか嬉しくなった。 多…03月24日 07時54分
  • ノアの箱舟の中で動物たちはどうしてた?(愛と親密性と孤立感 5/10)
    Youtubeを見ていたら、「貴方は何からできていますか?」という質問が投げかけられ、殆どの日本人がうまく答えられないでいた。確かに、そんな質問を急に投げかけられたら自分でもどうかわからないところがある。ただ、私はオックスフォード仕込みのU…03月22日 13時48分
  • 真善美との出会いと大きな愛(愛と親密性と孤独感 4/10)
    ちょっと照れくさくなるが、「愛」について今日は考えている。なかなか難問なのであるが、ちょっと観点を変えて、どのような時に大きな愛に触れたかと質問を置き換えて考えている。縄文小説を書いたとき、生き甲斐の心理学の論文もちょっと前に完成していて、…03月21日 10時15分
  • 孫娘の書置き・・・(愛と親密性と孤立感 3/10)
    先日、夜遅く仕事から帰宅すると、私の部屋のドアに子供の字で張り紙があった、 「おかえりなさい。おとうさま。おばけやしきは作りおわりましたよ。」 そして、部屋の中に入ると張り紙がいろいろなところにべたべたと貼ってある。怖いお化けの絵も。 その…03月18日 10時01分
  • もういくつ寝ると・・・(愛と親密性と孤立感 2/10)
    昭和30年代のころ。「もういくつ寝るとお正月」という童謡をよく聞いたが実感を伴っていた。普段食べられないご馳走や、家族そろっての団らんは楽しみそのものであった。逆に言うと、正月の前は忙しく粗食の日々だった。そして、それは貧しい時代だったかも…03月16日 14時06分
  • 不思議な愛と親密性と孤独の関係 (愛と親密性と孤立感)
    この2−3日、愛と親密性と孤独という、不思議な関係を味わっている。どういうわけか、その組み合わせがポイントの書き物を2つ続けて読んでいる。 その一つは、折口信夫の「死者の書」である。これは、先日当麻寺に寄ったきっかけで、読み直している。実に…03月14日 22時16分
  • 飛び立つ時・・・オオゴマダラの生態から (自己実現の道の歩み方 10/10)
    先日、孫娘たちと多摩動物公園に行ったのだが、その半分以上の時間を昆虫館で過ごした。夕方だったので象やキリンといった大型の動物はよく見られなかったのだ。 しかし、孫たちには蝶も一頭、二頭と数える動物だよと教えるなど動物園の昆虫を楽しませていた…03月11日 09時22分
  • 当麻寺を通して「こころはどうして元気になるか?」を考える(新春の旅 4)
    3年前の春。早朝に大阪のアベノハルカスからの素晴らしい眺望から二上山をみつけ、一人旅であったので、その日のうちに二上山の麓の当麻寺に行き、お寺の方に教えてもらって二上山の頂まで行ってしまった。 万葉集で有名な大津皇子の悲劇が当時こころに浮か…03月09日 11時58分
  • 女帝を生む時代を飛鳥の南端で考える・・・(新春の旅 3)
    若いころ何回か飛鳥を訪れたが、お決まりのコースで猿石や亀石などを見て、日本にこのような文化があったことに驚嘆した。それから何十年かして飛鳥を何回も訪れるようになったが、不思議なほど猿石などの現物を見に行くことはなかった。 しかし、この半年、…03月07日 05時42分
  • 草壁皇子に会いに行く!(新春の旅 2)
    3月1日の早朝、やっと草壁皇子の古墳に出会えた。昨年、推古天皇陵や孝徳天皇陵、牽牛子塚古墳(斉明天皇の御陵と言われている)に行けたものの、草壁皇子の御陵といわれている束明神古墳にはたどり着けなかったからだ。 今回は、ネットでしっかりと調べて…03月05日 08時52分
  • 縄文時代の大遺跡が飛騨にあるとは! (新春の旅 1)
    ? 2月28日より3月2日の昨日まで、小旅行に行ってきた。行先は縄文小説を書いているときから訪れたかった、縄文時代の天文台ともいえる飛騨の金山巨石群。さらに、今年のテーマ「持統天皇」に関係する飛鳥南方の壷阪寺と草壁皇子の墓と言われる束明神古…03月03日 10時21分
  • 本当に元気になる元は真善美との出会いかな?(自己実現の道の歩み方 9/10)
    今日は、一つ自分なりに発見したことがあった。この2月は特に冬至でもなく春分でもない平凡な季節と思っていたが、特別な意味があることを感じたのだ。 それは、2月28日の後に29日がうるう年には追加されることもある月(季節)ということだ。年に一度…02月25日 09時04分
  • 受け入れること (自己実現の道の歩み方 8/10)
    会社勤めをしていた若いころは、問題があればそれを潰すということが自然であった。営業の仕事をしていたら、売れなければ少しでも出かけて活動をしたり、競合との戦いに頭をひねったりした。 そうしたことは、何か0か1の世界に似ている。グレーということ…02月24日 08時03分
  • 男性と女性 (自己実現の道の歩み方 7/10)
    写真は、雄のカワセミが雌のカワセミのために餌をとりに飛び立つときのショットである。 さて、愛を総合的に考察するときに、男性と女性のことも考えることは重要だと思う。 実際、一神教では雅歌が、仏教でも理趣経もあり、男女の世界は古代よりまじめに研…02月23日 09時18分
  • 嫌なことを体験する・・・(自己実現の道の歩み方 5/10)
    自己実現などとやや非日常的な香りのすることを考えていても、容赦なく時間と共にいろいろなことが起こる。 そんな時、眼が点になるとか、いろいろな表現ができるのだと思うが、それをうまくこなす方法を自分なりに習熟することは大切なのだろう。それには、…02月22日 14時05分
  • 今は集中の時なのか、分散の時なのか? (自己実現の道の歩み方 4/10)
    もうグローバル化しかないと思っていたら、世界の政治の世界は何か反転してきた。 コンピュータの世界も集中からパソコンなどの分散化と思っていたら、クラウドとかで集中化という見方もある。 自己実現の世界も、一見集中が大事なように見えて、煮詰まって…02月21日 19時52分
  • 自己実現をどう考えるか?(自己実現の道の歩み方 3/10)
    自己実現をどう思うか?急に訊かれたら、皆さまどのように答えられるだろうか。バリバリのビジネスマン、高齢者として残りの人生を考えてる人、まだ、小学生の人。主婦。宗教をもっている人、そうでない人。人それぞれ、立場、立場でいろいろな答えが戻ってく…02月20日 14時25分
  • 自分の内の感情を意識してみる・・・(自己実現の道の歩み方 2/10)
    昨日は四ツ谷で「生き甲斐の心理学」の勉強会があり、幕末に徳川幕府の中枢で活躍した高須四兄弟(松平容保他)の生誕の地、高須松平藩四ツ谷邸跡の津の上弁天と金丸稲荷神社に寄ってみた。 幼いころから荒木町は家の近くだったので何回か行ったと思うが、詳…02月19日 14時10分
  • 自分の内の感情を意識してみる・・・(自己実現の道の歩み方 2/10)
    昨日は四ツ谷で「生き甲斐の心理学」の勉強会があり、幕末に徳川幕府の中枢で活躍した高須四兄弟(松平容保他)の生誕の地、高須松平藩四ツ谷邸跡の津の上弁天と金丸稲荷神社に寄ってみた。 幼いころから荒木町は家の近くだったので何回か行ったと思うが、詳…02月19日 13時17分
  • 自分の中の野生と理性・・・(自己実現の道の歩み方 1/10)
    昨晩遅く、家に帰るとおいしいお饅頭が二つリビングの机の上に置いてあって、一人食べたのだが、一つ食べてもう一つというところで、理性が働いて家内のために残した。朝、家内から褒められた。以前、皆食べてしまい顰蹙をかったことがあった。今回は野生の私…02月17日 07時36分
  • 生育史を受け入れると・・・(生育史を楽しむ 10/10)
    高須四兄弟も、同じ四ツ谷で育ったとはいえ、幕末では各々の立場を背負い敵対したこともあったように思う。江戸城開城の前には武闘派の若い松平容保や松平定敬は、兄たちから登城禁止の処分をうけることも。 それが、十年後に兄弟一緒に記念写真を撮る仲にな…02月15日 08時47分
  • 生き延びる力の源泉!(生育史を楽しむ 9/10)
    幕末を生きた有名人は様々な人によって語られるが、東京の四ツ谷に高須四兄弟がいる。私もつい最近まで知らないでいたが、四ツ谷荒木町あたりに尾張藩の分家高須藩四ツ谷邸があった。そして幕末に藩主松平義建の息子として10男9女が誕生するが、その中に高…02月14日 10時28分
  • クラス会のむかし話の効用!(生育史を楽しむ 8/10)
    ?昨日は、四ツ谷で小学校、中学校をともに過ごした友達と再会し、夜は昔話を楽しんだ。 かつて若いころは、同窓会誌などを見ると、年取った先輩が同窓会で楽しむ写真などを見ると、懐古趣味というか隠居後のたのしみ、そして非生産的なもののように感じたも…02月10日 13時57分
  • 歴史を勉強するとリアリティが深まる (生育史を楽しむ 7/10)
    石川啄木ではないが、故郷というと五感体感を使って、故郷を味わいたくなる。 さて、私にとっての第一の故郷は新宿区の四ツ谷なのであるが、この15年くらい四ツ谷から離れて暮らしているが、その知覚は刻々と変わってきているようだ。 五感そのものは衰え…02月09日 12時24分
  • 身近なアースフィーリングを楽しむ! (生育史を楽しむ 6/10)
    U先生の「生き甲斐の心理学」を学ぶ中で史跡をめぐり、そこで五感・体感を通して感じたことを大切にする、ある種の感受性訓練を学んだ。当初は奈良とか有名な寺社仏閣が中心であったが、私の場合は地元の史跡巡りや、生育史上の大切な場所訪問に広がってきた…02月07日 09時36分
  • 立春の大栗川!
    今まで出不精でしたが、今日は立春、素晴らしい天気なので、近くの大栗川を散策しました。 02月04日 10時07分
  • 生育史からくる感情生活の傾向を変える・・・(生育史を楽しむ 5/10)
    今日は節分。いつも何となく過ぎるのが節分だったが、今日は恵方巻を子供や孫たちと楽しみつつ、節分を味わった。大寒が今日で終わり、明日から立春。太陽の動きは冬至から変化し、日は確実に長くなったものの、実感できる季節感は今は、それこそ大寒。花粉は…02月03日 14時19分
  • 自分の部屋をもつこと・・・(生育史を楽しむ 4/10)
    この一週間で必要な机なども揃え、私は約30年ぶりに部屋というか書斎というかを楽しめるようになった。子供の巣立ち等で部屋が空き、完全な個室を手に入れた。そうすると、妻をはじめ今までの他者との距離感が変わってきて、何か自分の本音に向きやすくなっ…02月02日 13時45分
  • のうてんき!(生育史を楽しむ 3/10)
    18日に四ツ谷で勉強会があるので、その準備として、半藤一利氏の幕末史(新潮社2009年)を読み返していた。 この本は、自分の生育史を考える上でもとても参考になる。というのは、影響を受けた私の母方の祖父は江戸時代からの江戸っ子で、戦前からの薩…02月01日 11時52分