パット上達ブログ

登録ID
400327
サイト名称
パット上達ブログ
URL
http://ameblo.jp/putt-greenkeeper/
紹介文
唯一のパット上達専門ブログ。プロも覗く、世界唯一の転がり理論。上達のヒントを満載。
カテゴリ
  • ゴルフ (100%) - 2 / 353人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • グリップ圧力
    クローグリップ専用のグリップがあれば良いなとつぶやきました。→「専用グリップ」 クローグリップをやってみて、ロングパットでは距離勘が合わないので、今のところ普通(順手)のグリップに戻しています。RND中に戻したのですが、意外な効果が得られま…12月17日 06時15分
  • 専用グリップ
    片山晋呉や宮里優作はクローグリップです。宮里は特にこの1年間で、飛躍的に平均パット数が良くなりました。その理由の一つは「クローグリップにして何か得るものがあったのでは」と丸山茂樹に言わしめています。→「JT杯最終日2017」 であるならば、…12月16日 06時15分
  • 重力波測定の難しさ
    パットとは無縁の記事です。スルーなさって下さい。興味ある方は明日(12/16)の地デジNHK E 12:30〜13:00「ノーベル賞2017重力波が切り開く新天文学」をご覧ください。 TAMA300のレーザー光源の部分レーザービームスプリッ…12月15日 06時15分
  • アドレスの向きの狂い
    ショットの場合、アドレスや肩の向きや腰の向きはボールの方向誤差や球筋に大きく影響するし、見た目に誰でもわかるので、指摘されたりして修正しますが、パットでは殆どの方が指摘しない(私もしません)ので、自分で気を付けるしかないです。 これって不公…12月14日 06時15分
  • センターシャフトは難しい
    芯を捉えることができるようになる(→「芯で捉えるには3」)と、シャープな距離勘も得られるので、自分の感性の通りに転がるパターを手にしたくなりますね。 プロは多くの方がセンターシャフトのパターを使っておられます。 しかし、先週のキム ハヌルの…12月13日 06時15分
  • 芯で捉えるには3
    「芯で捉えるには2」に続きます。 3.芯で捉えていることの検証方法 芯を喰ったパットがなされると、ボールは真っ直ぐに転がります。 打撃条件が少々いい加減であろうが芯を喰っていれば、出球の瞬間か否かに関わらず、いずれ直ぐに順回転がかかったボー…12月12日 06時15分
  • 3ツアーズ選手権
    ツアーの試合に比べると少し興奮度が低いというのが実感ですが、学ぶことが多い1日でした。今回はJGTOが7度目の優勝、9年振りの連覇です。順当ですね、勝って当然だと思います。 ○宮里優作のパット 平均パット数が1年間で格段に良くなった 昨年は…12月11日 06時15分
  • 右足元への視線
    ルックアップしないと習慣化できれば、パットの基本は完成と言えますね。下半身不動とか軸を作ったストロークとかまで一緒に出来てしまうからです。 それだけ大切ですが、習熟したつもりでも、いざ現場では結果が気になり、ボールを追ってしまいます。インパ…12月10日 06時15分
  • 俄かルーティーン
    本打に入る前のルーティーンもその一部だと考えると、ルーティーンまで含めてやるべきことをやってもカップインしなかった場合に、後へ引きずられることがないですね。 プロはそれぞれ独自のルーティーンを持っています。表にそれと分からないでやってるプロ…12月09日 06時15分
  • 芯で捉えるには2
    「芯で捉えるには1」に続きます。 1.転がりの良いインパクト 芯で捉える目的は良い転がりを得ることです。 そのための打撃条件は理論的にこれです。 →「理想の転がりを得るための打撃条件」 しかし、人間の感覚とは恐ろしいもので、これを得ようと考…12月08日 06時15分
  • 芯で捉えるには1
    今季は宮里優作や小平智、金庚泰らは距離勘が良かったですね。距離勘を良くするには、パターのスィートスポット(いわゆる芯)でボールの芯を捉える必要があります。ところが、アマの多くはこれが出来ていないと大本研太郎さんは指摘されています。→「距離勘…12月07日 06時15分
  • 宮里優作のパット&パター2
    「宮里優作のパット&パター1」に続きます。 ーーーーボクは基本、マレット型とブレード型の2本のパターを持ってコースに入り、練ランでどちらのパターがそのグリーンに有効かを試して試合に臨む。 グリーンの目が強いコースなどではブレード型をチョイス…12月06日 06時15分
  • 宮里優作のパット&パター1
    選手会長として初の賞金王に輝いた宮里優作。 昨日も書きましたが昨年に比べて劇的に平均パット数が良くなっています。昨年は 1.8065 73位今季は 1.7420 1位 「JTカップ2017」の4日間の平均パット数は1.8305でこの試合での…12月05日 06時15分
  • JTカップ最終日
    首位Tで出た宮里優作が完璧なゴルフ。1◎6○ノー△と8打伸ばし楽々の今季4勝目を挙げました(-15)。「中日クラウンズ」、「日本プロカップヌードル杯」、「ツアーワールド杯」も今回も高額賞金レースに勝って、この日は逆転での賞金王をもぎ取ってい…12月04日 06時15分
  • LHLグリップの注意2
    「LHLグリップの注意1」に続きます。 ーーーー1.グリップはパームで握る ロボットのようにストロークするなら、フィンガーでなく掌でしっかり握る。(左)親指の膨らみにグリップを添わせるように当てて握ることでクロスハンドの効果がしっかり得られ…12月03日 06時15分
  • LHLグリップの注意1
    LHLブリップ(クロスハンドグリップ)を使う場合の注意事項ということもありました。「クロスハンドにする理由3」に続きます。解説はティーチング・プロの星野豪史さんです。要旨を引用させて頂きます。ーーーークロスハンドでプレーするツアー選手には、…12月02日 06時15分
  • 鈴木愛の笑顔
    今季最終戦(→「リコーカップ2017」)で、自力で賞金女王を手にした鈴木愛。 特に最終日は「自分が良いゴルフができれば」実現できるという意識でプレーに臨んだせいか、笑顔が絶えなかったですね。 従来は、ミスしたり不運に逢うと膨れっ面も出ていま…12月01日 06時15分
  • しゃんめえ
    青木功の言葉でおなじみですね。ご本人がメンタルコントロールと仰ってる記事がありましたので、「週刊パーゴルフ」(2017年NO.25)から一部を引用させて頂きます。 ーーーーラウンド中にキレることが悪いとは思わない。何を隠そう、自分も何度切れ…11月30日 06時15分
  • プラム・ボッビング5
    この方法はパッティングだけでなく、広く応用できます。 乗らなかったけれどもカラーの近くからのアプローチ。あわよくばチップ・インしたいと誰もが思います。 番手選定はそのゴルファーの腕前を表すそうですが、入れるためには(少なくともカップ手前から…11月29日 06時15分
  • カシオワールドOPEN最終日
    首位と4打差の4位で出たS・ハンが逆転で混戦のこの試合を制しました。この日7〇1△(66)で通算-13。 ハンはツアー初Vです。1打差の2位は、これまたこの日8〇ノー△でこの日のベストスコアのB・ジョーンズと石川遼、金庚泰、時松隆光。ジョー…11月28日 06時15分
  • リコーカップ最終日
    テレサ・ルーの完全優勝で幕を閉じました(-15)。2位はイ・ミニョンで-12。3位は申ジエ(-10)。4位は李知姫(-9)。5位はアン・ソンジュ(-7)。6位はキム・ハヌル(-6)。7位に鈴木愛と上田桃子(-5)でした。 テレサは今季「スタ…11月27日 06時15分
  • プラム・ボッビング4
    プラム・ボッビングについては誤解もあります。 1.正しく定規線を鉛直に向けなければならない。 青木功や片山晋吾のやり方を見ると、いとも無造作にパターを吊り下げていますが、彼らはパターを回転させて、正しく定規線が鉛直線を指すような使い方はして…11月26日 06時15分
  • プラム・ボッビング3
    (ブログ人2007.05.23.の再録ですが追記してます) パターはその構造から、目の前で吊り下げても正しく鉛直線を示す訳ではありません。その理由は?パターの重心はシャフトの中心軸を通っていない?シャフトには一般にテーパーが付いている、から…11月25日 06時15分
  • プラム・ボッビング2
    (ブログ人←現在はサービス停止、の過去ログ2007.05.22の再掲です) 「プラム・ボッビング1」に続きます。 ボールとカップが同一斜面上の真横に並んだ場合は、パターの鉛直線はボールの中心とカップの中心を通りますね。ですからあたかもボール…11月24日 06時15分
  • プラム・ボッビング1
    (同じタイトルで「ブログ人」(現在はサービス停止)にUPした記事2007.05.21の再録です) パターを目の前で吊り下げて傾斜を読む方法をプラム・ボッビング(Plumb Bobbing)と言います(青木功フや片山晋吾フがやってるアレです)…11月23日 06時15分
  • クロスハンドにする理由3
    「クロスハンドにする理由2」に続きます。 6.川崎志穂 「アドレスでの違和感がぬぐえなくて、イップスのような状態になった時にコーチから勧められた。左腕からパターが1本になっているイメージで右手首の角度を変えないようにすることで体とパターの一…11月22日 06時15分
  • ダンロップフェニックス最終日
    圧巻と言うしかないですね、B・ケプカ(−20)。2位を9打も引き離して(*1)の優勝。尤も昨年は-21でした。昨年(→「ダンロップフェニックス2016」このときは池田勇太の追撃をかわしてのV)に次ぐ連覇です。2位(-11)はP・マークセン、…11月21日 06時15分
  • エリエールL最終日
    首位の全美貞を2打差で追う同組の申ジエが逆転でこの試合を制しました(-17)。2打差の2位は鈴木愛。更に1打差の3位には森田遥と東浩子。 首位で出た全美貞は2打落とし6位。申ジエと並び2位で出た上田桃子は1打しか伸ばせず5位。 申は「ニトリ…11月20日 06時15分
  • クロスハンドにする理由2
    「クロスハンドにする理由1」に続きます。 3.セキ ユウティン 「安定感アップのために5年前からクロスハンド。ノーマルな握り方だと距離勘(原文は感)を出しやすいし、クロスハンドだと方向性が安定する。それぞれ良いところがあるので、コースによっ…11月19日 06時15分
  • クロスハンドにする理由1
    クロスハンド(Left Hand Kow←江連忠さんの言い方)で握る選手が多い女子プロゴルフ界。「女子プロたちがクロスハンドにする理由」という記事が「週刊パーゴルフ」(2017年NO.17)にありましたので、要点のみ引用させて頂きます。 1…11月18日 06時15分
  • 福田真未のパット
    今季開幕戦からパットが好調の福田真未。先週はツアー7年目にしての初Vでした。 →「伊藤園L2017」 現時点での平均パット数は1.800でランク13位です。開幕から6週はランク首位にいたんですよね。 その福田ご本人がパットについて語っていま…11月17日 06時15分
  • 小平智のパット
    「太平洋マスターズ」で今季2Vの小平智。平均パット数ランクは現時点で2位です。 パットの特徴は1.プラムボッビング 顔の前にパターを立てて傾斜を見るやり方です。 青木功がやるので、有名ですね。 ただし、使い方を間違えると意味を成しません。 …11月16日 06時15分
  • 加速しながらインパクト
    ショットは加速しながらインパクトを迎えますが、パットも同じです。 振り子式という言葉があるので、このイメージを持たない方がいらっしゃいますが、、、。 鈴木愛は振り幅をテークバック1:フォロー2のストロークと言います。→「鈴木愛流ストローク」…11月15日 06時15分
  • 太平洋マスターズ最終日
    小平智。今、一番安定した強い選手ではないでしょうか。 当たり前のこと言うな、とお叱りを受けそうですが、、(笑)。 #13(パー3)で奥に外し、パターで寄せたパーパット。≒1mの上りでしたが、これを決めることができず△。 普通、プロでもV争い…11月14日 06時15分
  • 伊藤園L最終日
    ツアー7年目の福田真未が初優勝です(-11)。完全Vで初Vというのは珍しいのではないでしょうか。1打差の2位はアン ソンジュ。更に2打差の3位には全美貞、上田桃子、金田久美子、フェービーヤオ、川岸史果でした。 この日も手堅く伸ばし、一時は2…11月13日 06時15分
  • 鈴木愛流ストローク
    鈴木愛は手元が浮くとパットを外へ外すので、手元を体の近くに置き、体の回転で打つと言います。→「ハンドダウンに構える」 そんな鈴木のパットのストロークが「週刊パーゴルフ」(2016年NO.32)にありましたので、該当部のみ引用させて頂きます。…11月12日 06時15分
  • ハンドダウンに構える
    「保険の窓口L2017」で勝った鈴木愛。 このときはショートパットを外す場面が何度かありましたが、ここぞという時のミドルパットをしっかりと決めていました。 その時の鈴木のコメントが「週刊パーゴルフ」(2017年NO.19)に載ってましたので…11月11日 06時15分
  • 右肘・脇を大切に
    現在賞金ランク1位を走る鈴木愛。 毎日のように日没までパット練習という熱心さが、平均パット数ランク1位という結果につながっています。 で、鈴木のパット、変則的とも言える特徴がありますね。 テークバックではインサイドに引いてゆき、インパクトま…11月10日 06時15分
  • パットの分厚いインパクト
    パット功者の谷口徹。練習も試合と同じに取り組んでいます。→「練習でもガッツポーズ」 ↑最近、RND中に集中力が続かないGreen Keeperには耳の痛い話です(笑)。 谷口が語るパットについて「週間ゴルフダイジェスト」(2012年NO.4…11月09日 06時15分
  • ”高速グリーン、チェックすべきポイント”
    日頃は9feet前後のグリーンが多いですね。慣れたスピードよりも遅いと「遅い、遅い!」と不満を口にしますが、速いと不満は出ませんが、対処に戸惑います。 そんな時のために「クレンショー」さんの記事をリブログさせて頂きました。1:グリーンの全体…11月08日 06時15分
  • HEIWA・PGM最終日
    3打差の2位から出たC・キムがこの日1◎3○3△と2打伸ばして逆転V(-6)。キムは「ミズノOPEN2017」、「セガサミー2017」に次ぐ3勝目です。これで賞金レースの首位に立ちました。 首位から出た宋永漢は#16(パー3)でティーショッ…11月07日 06時15分
  • TOTOclassic最終日
    昨年「TOTOclassic2017」に続いてフォンシャンシャンの連覇でした(-19)。連覇はA・ソレンスタムの2001年からの5連覇に次ぐそうです。 2位は2打差で鈴木愛。更に2打差の3位にA・ノードクイスト。比嘉真美子と渡邉彩香が5位T…11月06日 06時15分
  • 練習でもガッツポーズ
    バーディーパットを決めたときの谷口徹のガッツポーズって大袈裟ですよね。ところがこれが試合で勝つためには効果があるようです。 ーーーー「谷口さんは技術的にも精神的にも凄いけど、際立っているのは『ここ一番』の勝負強さだと思う」と仰るのは松村道央…11月05日 06時15分
  • 芝刈りルンバと・・・
    1.芝刈りルンバ 1&2年生が大勢集まって芝刈りしてくれるというので、その前に芝刈りルンバ(←これ私の命名、正式名称は「オートモアラ」)のデモをやって喜ばれました。これを機会に更に芝管理に興味を持ってくれそうです。刈りっ放しですので、校庭芝…11月04日 06時15分
  • 半ノールックパット
    今季パナソニックOPENに勝った久保谷健一(→「パナソニック2017」)。最終日に7打伸ばした上、プレーオフを制しています。この試合、長いパットもたくさん決めていましたが、その秘訣はどうやら「半ノールックのストローク」(*1)にあるようです…11月03日 06時15分
  • ボール凝視必要時間
    タイトルがややこしいですが、ボールを凝視するのではなく、ボールの位置を見続けるの意味です(笑)。 「一点凝視の効果」で、ボール位置を見続けることで方向再現性が高まるとUPしました。 ではインパクトの後、どのくらいの時間経ってから(或いはボー…11月02日 06時15分
  • Japan Turf Show2017
    ジャパンターフショー2017(芝草管理機械・資材の展示と芝関係セミナー)がフクダ電子アリーナで開催されました(10/25、26)。 私の目的は?ゴルフ場グリーン用の新芝種の情報収集?校庭芝管理用機械・機材の情報収集です。 ?グリーン用芝種は…11月01日 06時15分