パット上達ブログ

登録ID
400327
サイト名称
パット上達ブログ
URL
http://ameblo.jp/putt-greenkeeper/
紹介文
世界で唯一のパット上達専門ブログ。プロも覗く、上達のヒントを満載しています。
カテゴリ
  • ゴルフ (100%) - 1 / 444人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 脳を騙す?!
    スコアが悪かったり、予定した課題がクリアー出来ないRNDは疲れるのに、パットが冴えたりスコアが良いと疲れを感じないで帰れますね(笑)。 私はテニスで「負け試合は疲れる」をたくさん実感してきました。結果的に勝った試合はどれだけ体力を使っても疲…03月26日 06時15分
  • 意識を中に
    片山晋呉を題材にした江連忠さんの解説記事(週間ゴルフダイジェスト2014年NO.19)から一部引用させて頂きます。 ーーーー(片山晋呉が目を瞑ってパット練習しているので)目を瞑ると自分が無駄な動きをするとすぐにわかるし、体幹を使う感覚も分か…03月25日 06時15分
  • スタンス幅
    不調になるとパットのスタンス幅を変えるというのも、一時的には良くやる方法ですが、長続きはしないですね。人にはそれぞれ合ったスタンスがあるようです。 松山英樹は何年か前のマスターズの不調が原因で帰国後一時スタンスを狭くしましたが直ぐに戻しまし…03月24日 06時15分
  • オープンスタンスかクローズか
    パットのアドレスでオープンとするかクローズにするかという質問に対し、江連忠さんは以下のように答えておられます。週間ゴルフダイジェスト(2015年NO.39)から略して引用させて頂きます。ーーーーオープンに構えれば ・カップが見易くラインが読…03月23日 06時15分
  • 動画を撮る
    ゴルフのスキルを身につけるためにいろいろなことが言われます。パットでストロークするときに「頭を動かすな」がその典型ですね。 でも、どうしたら動かさないように出来るかはなかなか教えてくれません(笑)。ゴルフの指導内容はこの手のことが多いように…03月22日 06時15分
  • パットで体幹を鍛える
    ちょっと変わった体幹強化方法を江連忠さんが記事にされているのが目に留まりましたので、一部を省略して引用させて頂きます(出典:「週間ゴルフダイジェスト」2015年NO.42)。 ーーーー(体幹を鍛えることで飛距離も伸びショットも安定するが、そ…03月21日 06時15分
  • TポイントL最終日
    JLPGA開幕3戦目にして日本人選手の今季初Vは菊地絵理香の完全優勝となりました。 菊地の開幕2戦は奮いませんでしたが、パットは手堅かったのにショットの乱れがあり上位進出を逃して来ましたが、この試合ではそんな印象は全くなかったですね。 最終…03月20日 06時15分
  • カップに入れない
    練習グリーンではカップに入れないという記事が見つかりました。週刊グルフダイジェスト2016年NO.30の江連忠さんの解説記事から一部を引用させて頂きます。ーーーースタート前、パットの上手い選手はカップインに拘らない。カップインばかり意識する…03月19日 06時15分
  • 素振りの目線
    「パット上手は素振り時の目線が違う」という週間ゴルフダイジェスト2016年NO.40の記事から一部を引用させて頂きます。解説は江連忠さんです。 ーーーーパットの上手い選手は素振りの時に打ち出す方向を見ている。どこを見ているかは人それぞれで、…03月18日 06時15分
  • ストロークの難易
    「ストレートにストロークする2」に続きます。 ーーーーところで、ストレートにストロークしやすかったり、しにくかったりするのは、他にも原因がある。 アドレスしたときのグリップの位置によっても影響される。ストレートにストロークしたい場合は、肩の…03月17日 06時15分
  • R&Aセミナー
    (コースやグリーンのことですので、御興味ない方はスルーをお願いいたします) R&A サステイナビリティ・セミナーを国内の専門家≒220名に混ざって、素人の私も受講して来ました(笑)。 アジアでは中国・タイに続き3か国目だそうで、この後韓国で…03月16日 06時15分
  • ストレートにストロークする2
    「ストレートにストロークする1」に続きます。 ーーーーもう一つの説明は、アドレスしたとき誰でも背骨を大なり小なり丸めるものであるが、背中を丸めた人の上体をよく観察すると、腰から胸と胸から肩で二つに折れていることがわかる。 肩に近い胸から首の…03月15日 06時15分
  • ストレートにストロークする1
    「正確なフォワードスイング2」に続きます。 ーーーーアドレスで目標にスクエアに向けたフェイスを、アドレスと同じスクエアに戻すためにはいかにすれば良いかは、ゴルフ発祥以来の永遠のテーマである。このための一つの方法であるパターをストレートにスト…03月14日 06時15分
  • PRGRレディース最終日
    全美貞にはツキがありましたね。 本戦の#18(パー4)では左OBと思われたボールが木に当たり真直ぐ戻って、左ラフ。ここから、右バンカー上のラフへ。このホールをパーとして−7。 後続の藤崎莉歩が何度も難しいパットを決めていましたので、勝機があ…03月13日 06時15分
  • 正確なフォワードスイング2
    「正確なフォワードスイング1」に続きます。 ーーーーパッティングでは、ショットのようにサイドスピンを利かせて、意図的なフックやスライスを打つことは出来ないので、方向を良くするためには、正しくラインを読んでフェイスを目標に正しく向けることと、…03月12日 06時15分
  • 正確なフォワードスイング1
    良いフォワードスイングをするためには、正しいアドレスとバックスイングが必要であるが、これらを正しく行えば必ず良いフォワードスイングができるかと言えば必ずしもそうではない。 バックスイングのミスは、フォワードスイングで調節出来なくもないが、フ…03月11日 06時15分
  • パター型式は大切
    トルクバランス型パターを試打して大変良い結果だったので、実戦に使ったところ散々な目に逢いました。→「イーデルパター実戦」←36パットでした。 で、私が以前から使用しているマレット型パターを使ってラウンドしたところ、29パット。30を越えたら…03月10日 06時15分
  • スウェイしない
    「パッティングの勝利」(芝草順二著 マサランド刊)(*1)にパッティングのスウェイ防止についての一節があります。 意図した距離が出ないとか、芯を喰わないインパクトと感じてる方は、スウェイしてないか、チェックなさるのが良いかも、です。 要旨を…03月09日 06時15分
  • 10フィート超だったら
    高速グリーンで3パット多発。ショットは良くてもスコアには泣く。こんな経験は誰しもあると思います。 職業柄(笑)申し添えますと、高速グリーンはクォリティーが高いということですから、変な曲がりなどは生じません。高速グリーンをウリにしているゴルフ…03月08日 06時15分
  • フィニッシュを保て
    「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボール・マガジン社刊)の中で、著者はフィニッシュの姿勢を保つことの重要性について述べています。 抜粋して引用させて頂きます。 ーーーーフィニッシュの姿勢を維持するということとは、(ストロ…03月07日 06時15分
  • ダイキン最終日
    最終盤でのどんでん返しでアン・ソンジュが開幕戦を制しました(−6)。 2位は1打差でルーキーの川岸史果。更に1打差の3位にイ・ボミと大城さつき。更に1打差の5位に柏原明日架と李知姫。 難しいセッティングに加え風が選手を苦しめていましたが、ア…03月06日 06時15分
  • なぜショートするか4
    「なぜショートするか3」に続きます。ーーーー最後に、パットをショートするのは、もしかしたら自尊心を守るための巧みな手法なのかもしれないという点を指摘しておきたい。 入るはずのパットがカップをオーバーしてしまった場合、誰もが不愉快になる。オー…03月05日 06時15分
  • ルールの近代化
    R&AとUSGAはゴルフ規則を近代化するための変更案をリリースしました。JGAのHPに和文が掲載されています。→「変更案を発表」 2019.1.1.から施行されるなかで、特に近代化(簡素化も含む)に焦点が当てられれているのは注目され…03月04日 06時15分
  • なぜショートするか3
    「なぜショートするか2」に続きます。 ーーーーショートするもう一つの要素は、3パットを恐れる気持ちだ。 心配性が頭をもたげて、オーバーしすぎた場合の返しのパットのことが打つ前から不安になる。アップヒルでは、オーバーして、大きく切れる下りのパ…03月03日 06時15分
  • なぜショートするか2
    「なぜショートするか1」に続きます。引き続き要旨を引用させて頂きます。 ーーーーショートする最も一般的な原因は、あまりにも完璧で、あまりにも慎重であろうとすることだろう。そうなると体が緊張するから、ストロークの自由な動きが制限される。 何と…03月02日 06時15分
  • なぜショートするか1
    カップに届かなければ入らないことは十分承知しているはずなのに、我々は何故パットをショートするのだろうか。誰もがこの失敗を冒すが、ミスの頻度を減らす方法はある。として、「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボール・マガジン社刊…03月01日 06時15分
  • 目的外グリーンのボールの処置
    4つの競技団体が合議したそうです。旧聞ですがグリーンに関するルールですので遅ればせながら取り上げておきます(笑)。例えば→JGA「『予備グリーン』の取り扱いについての統一」 4団体とはJGA・JPGA・JGTO・JLPGAで、2017年季か…02月28日 06時15分
  • 自分のテンポ
    正しいリズムでストロークすることは大切ですが、自分のテンポでストローク出来ているかって大切なことですね。私(Green Keeper)は重めのパターを使うので、パットのストロークのテンポは遅めです。一般に手で打つと速くなっちゃいますね(笑)…02月27日 06時15分
  • 2mは左に外す?!
    2mの真っ直ぐなパットは(100人のアマチュアを調べたら)、7:3で左へ外すミスの方が多かったそうです(「週間ゴルフダイジェスト」江連忠さんのレッスン記事「ヒット&リッスン」2015年NO.10)。省略して引用させて頂きます。ーーーー原因は…02月26日 06時15分
  • ミスの軽重
    同じ1打でスコア上は重さは同じですが、精神的にはミスの軽重ってありますよね。はい、そうです。もうお分かりの通り、短いパットを外したら重いですよね。10mのパットは外しても心理的な負担は感じません。 尤も、入ると思っていないから、と言うことも…02月25日 06時15分
  • 自分に合ったフォロー
    「パット不調の修正」に続きます。 ーーーー自分に合ったフォローを見つけるには、まずは何も考えずに自分が気持ちよく打てる距離を打ってそのリズムを覚える。このとき目をつぶるとより自然なリズムをつかめる。 次に重いボール(*1)を打って加速しなが…02月24日 06時15分
  • 片手打ちの効果
    片手打ちのドリルを3年以上続けておられるmizu-toshiさんが、その動画でご自身のストロークについてUPされましたので、リブログさせて頂きました。一部を紹介させて頂きますと1.右手方手打ちが一番不安定 右利きですから、器用すぎて手先で動…02月23日 06時15分
  • パット不調の修正
    36もパットしたので、不調修正について調べてみました。今回の事例には直接関係ないかもですが、江連忠さんの記事が見つかりました。「週間ゴルフダイジェスト」(2015年NO.45)「パットが不調の原因は」から略して引用させて頂きます。ーーーーパ…02月22日 06時15分
  • イーデルパター実戦
    練習グリーンでの試打結果が良かったので、ラウンドに使ってみました。結果はボロボロでしたが、これはパターのせいではありません。腕のせいです。もう一つの理由は、長年マレット型を使ってきたので、そのストロークが染み込んでいるので、ブレード型には最…02月21日 06時15分
  • パットはハンディなし
    ドライバーでより遠くに飛ばすのと、パッティングでより確実にカップに入れるのと、どちらが難しいかと問われれば答は決まっています。即答で、入れるより飛ばすほうが難しい。これは動かしようにない心理です。岡本綾子はこのように仰ってます。「週間ゴルフ…02月20日 06時15分
  • 得意な距離
    アヤコさんこと岡本綾子は、パッティングで「得意な距離を作れ」と指導なさってます。このことはいろいろな紙誌で紹介されていますが、「週刊ゴルフダイジェスト」(2015年8月)には、その解説として次のように紹介されています。 ーーーーパッティング…02月19日 06時15分
  • ショットに影響なし
    「右脳のストローク」に続きます。 ーーーーパッティングは、頑固に自分の方法に固執したほうが、いつも試行錯誤して迷っている人よりも良い結果を生むが、しかし、ゴルフというものは、誰でもこれまで技術を向上させてきた過程で、試行錯誤を繰り返さない人…02月18日 06時15分
  • 右脳のストローク
    「理論より再現性」に続きます。 ーーーー自分のストロークをしっかり身につけることが大切であるが、しっかり身に付くと、体、つまり、筋肉を動かした時のフィーリングが頭にはっきり焼き付き、フィーリングを頼りに身体を動かすことが出来る。よくこのこと…02月17日 06時15分
  • トップで止める
    今、改めて杉原輝雄の偉大さに敬服しているところです。原記事の意味がますます大切だと思うので、自分の記事をリブログさせて頂きます。私は4スタンス理論のB2なので、杉原(あるサイトによるとB2)の指摘が合っているのかも知れません。ですから、この…02月16日 06時15分
  • 理論より再現性
    古いですが「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)という本があります。パットがどうしようもなく下手だった私は、これをバイブルとしていたので、今は綴じ部分がばらばらになるくらい熟読しました。 今でも下手でしょうと言う突っ込みはこの…02月15日 06時15分
  • 打点と転がり比較
    「順回転は蹴られない」の中で、アヤコさんの「赤道のやや上を(パターの)スィートスポットで打てば順回転がかかる」という記事を引用させて頂き、「赤道のやや上」と言うところに私(Green Keeper)は疑問を持っていると申し上げました。 実は…02月14日 06時15分
  • パットは転がす
    ボールを打つ? ”ボールを転がす”がパッティングだと考えている。と仰るのは岡本綾子。「週間ゴルフダイジェスト」(2015年NO.43)から、要旨を引用させて頂きます。 ーーーーパッティングはボールを空中に飛ばすことなく地面の上に「転がす」行…02月13日 06時15分
  • 順回転は蹴られない
    入ったと思ったボールがカップのリップ(円周部)をくるっと回って外れる場面、悔しいですね。?こういう場面は「カップに蹴られた」と表現されますが、外れるには外れる理由があると仰るのはアヤコさんこと岡本綾子。「週間ゴルフダイジェスト」(2015年…02月12日 06時15分
  • ラインを読めてますか
    「パッティングは上手いほうだと自負してきたし、実績としても合格点に値すると思っている」と仰るのは岡本綾子。「週間ゴルフダイジェスト」(ゴルフの、ほんとう2014年NO.22)から要約して引用させて頂きます。ーーーー自信を持って打ったパットが…02月11日 06時15分
  • グラブしたまま
    ショットではグラブをして、パットではグラブを脱いでる方が一般的ですね、プロでもアマでも。 アヤコさんこと岡本綾子はグラブをしたままパッティングしていました。その理由は「微妙な感覚を出すのは右手だから」(左手にグラブしてても関係ない、の意)と…02月10日 06時15分
  • 肩と胸の力
    パターはショットが出来ないくらいの幼少なころからストローク出来ます。人間は手が器用なので、幼児でも軽いパターを手で操ることが出来ます。これがパットの手打ちの原因で、ゆくゆくイップスになる原因の一つにもなっていると思います。 昨日「ヘッドの動…02月09日 06時15分
  • ヘッドの動きを良くする
    「身体の力みがとれればとれるほどヘッドの動きが良くなる」 これは3年前に永眠されたB・トーランスさんのパッティングへの心得を述べたものです。P・ハリントン、L・ウエストウッド、I・ウーズナム等欧州の名選手を育てたスコットランドの伝説的コーチ…02月08日 06時15分
  • フェニックスOPN最終日
    やってくれました!!W・シンプソンとのプレーオフは4ホールに及びましたが、#17(パー4)を〇として決着(-17)。 この試合2連覇ですね。PGAtourの同一試合連覇記録はA・パーマーの3連覇ですが、松山の3連覇も期待しちゃいましょう! …02月07日 06時15分
  • 止まりません
    (今週はスマホ生活なので「いいね!」は出来ますが「ペタ」出来ません<m(__)m>) 専門的なので、どうぞスルーなさって、最後のひろしさんの記事へ飛んでください(笑)。 JTカップ会場の最終ホールのグリーンの傾斜は半端じゃないで…02月06日 06時15分
  • イーデルパター試打
    前回記事「トルクバランスパター」以来、使いたくても使えなかったのですが、存分に試打することが出来ました。 と言っても実戦投入ではなく、練習場での試打です。モデルはE−2というブレード型。 スティンプ値不明ですが≒9〜9.5feetの速さのグ…02月05日 06時15分
  • パットが命
    ゴルフはパットが命と思ってる、と仰るのはアヤコさんこと岡本綾子。冷静に見つめれば、誰でもそういう見方が出来るわけですが、飛ばしの醍醐味に休日を楽しむのもゴルフ(笑)。アヤコさんの言葉に耳を傾けてみましょう。少し古いですが2013年No.33…02月04日 06時15分
  • イップス克服
    この言葉を聞くだけで忌まわしく感じる方、はいあなたはイップスです(笑)。笑いごとでは済まされないですよね、これ(*1)。 私もそうでした。でも10年近くかかってどうにか這い上がりつつあります。私の場合はパットではなくアプローチでですが、パッ…02月03日 06時15分
  • 重心位置2
    「重心位置1」に続きます。 何故今更パットのアドレスで重心位置に拘ったかと言うと、日経新聞「マイゴルフ」で崎山武志(シニアツアー2015/2016年賞金ランク2位)がアドレスについて書いてました(2017.01.26.)。部分的に引用させて…02月02日 06時15分
  • 重心位置1
    アドレスに入るときに、パットでは足裏全体に体重をかけていましたが、違ったやり方を試したところ良さそうなので、紹介させて頂きます。 ショットでは?両脚付け根に五寸釘を打ちこんで固定するイメージ(岡本綾子)?両脚母指球に体重を乗せる(中嶋常幸)…02月01日 06時15分