哲学はなぜ間違うのか

登録ID
403517
サイト名称
哲学はなぜ間違うのか
URL
http://blog.goo.ne.jp/tsutomui2000
紹介文
why philosophy fails
カテゴリ
  • 自然科学 (100%) - 9 / 180人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 探検する人々 end
    月も探検してしまったし、私たち現代人にはもう未知の地はない。これが事実でしょう。何か閉塞されたような気がしますね。しかしこのような考えそのものがまた、私たち現代人の無知を象徴しているのかもしれません。■ (62 探検する人々 end) 拝読…05月22日 20時55分
  • 現代文明においては
    まあ、現代文明においては、こうして未知は徐々に解明されていく、という流れにあることは確かな事実でしょう。 拝読ブログ: 無名の人生 その7 ? 拝読ブログ: 確率の解釈学について 05月21日 20時36分
  • 不完全性定理の構想
    おもしろいことに、この同じ学会で、当時二四歳だったウィーン大学の博士候補学生クルト・ゲーデル(一九〇六年―一九七八年)が不完全性定理の構想を発表していました。彼はこの翌年に論文を刊行して全世界の数学者や哲学者を驚かせます。この定理によって、…05月20日 21時13分
  • ヒルベルトの引退講演
    一九三〇年、ケーニヒスベルグでのドイツ科学物理学会で数学者ダフィット・ヒルベルト(一八六二年―一九四三年)が行った引退講演で述べた有名な語句が彼の墓碑銘に刻まれています。「我々は知らねばならない。知ることになるだろう(Wir müssen …05月19日 21時51分
  • イグノラビムス論争
    「我々は知らない、知ることはないだろう(Ignoramus et ignorabimus)」は、人間の認識の限界を主張したラテン語の成句です。一八八〇年の講演で生理学者エミール・デュ・ボア‐レーモン(一八一八年―一八九六年)は、「我々には未…05月18日 18時59分
  • 未知の地を探検する必要
    この考えでは、全然、未知の地を探検する必要を認めませんね。 拝読ブログ: 俺はガンダムで行く 拝読ブログ: 「くまのパディントン展」 05月17日 19時18分
  • 窓から覗かなくても空がある
    家を出なくても世の中を知っていることはできる。窓から覗かなくても空があることは分かる。むしろ遠くへ出かけるほど物事を理解することが少なくなる。聖人は何もしないことで何事もなすことができるのである。老子がそう言っています。 不出戸知天下不闚牖…05月16日 10時33分
  • 生まれた町を一歩も出ない
    カント(一七二四年―一八〇四年)のように生まれた町(ケーニヒスベルグ)を一歩も出ないで(一六〇キロ以内なら出かけたとされるが)世界のことはすべて知っている、という生き方がよいのではないでしょうか? 拝読ブログ: 愛と憎しみをこえて、すべてが…05月15日 23時36分
  • 已にして知を為す者は殆きのみ
    昔の賢人はこう言っています。 吾生也有涯而知也無涯以有涯隨無涯殆已已而為知者殆而已矣為善無近名為惡無近刑?督以為經可以保身可以全生可以養親可以盡年(紀元前三〇〇年頃「莊子・内篇・養生主篇」) 有限の人間の分際で、無限の未知を解き明かそうとす…05月14日 21時07分
  • 探検家ではないふつうの人
    世界を発見していった探検家たちは、こういう仕方で未知の地を進んでいきました。 どこまでも未知を解明しようとして、奥へ奥へと進むべきであるのか? どこまでも未知をつきつめてすべてを知り尽くそうとすることはよろしくないのではないか?こういう漠然…05月13日 19時40分
  • 既知の知識を最大に使う
    既知の知識を最大に使うところに未知の世界が開ける。それが探検です。 知っていることを知っていることとして使う。知らないことは知らないことであるから使わない。これが現実を知っているということである。孔子はこう言って弟子の子路を諭した、と論語に…05月12日 21時32分
  • 困難なミッションをこなす
    既知の知識と技術をしっかり組み上げて困難なミッションを確実にこなす。宇宙飛行士にはそういう人が選ばれています。未知の宇宙環境に全身をゆだねながらも、既知の知識を最大に援用して計画的に探査を進める。確かに科学ではあるが、失敗は許されない。二段…05月11日 22時17分
  • シュミットさんの印象
    二〇〇五年、筑波宇宙センター所長をしていた筆者は、訪日中のシュミットに依頼して講演してもらい宇宙センターを案内しましたが、そのとき土産にもらった月面でのシュミットのパノラマ写真を我が家の家宝にしています。学者でもあるけれども、実に実務家的な…05月10日 08時58分
  • 上院議員に選出される
    地球に帰還したシュミットはアポロの宇宙飛行士としての人気に支えられて上院議員に選出されました。 拝読ブログ: トランプ大統領の下のCFPB 拝読ブログ: プーチン大統領、恒例のメディアに対する記者会見 05月09日 21時29分
  • 太陽系形成の秘密
    月の表面はクレーターだらけです。真空であるがゆえに隕石の衝突が激しく、その痕跡は永久に残っています。地球の周りが、かつて激烈な隕石の雨にさらされていたとすれば、地球の地質もその影響によって形成されていたはずです。地球の形成、月の形成、太陽系…05月08日 22時37分
  • ハリソン・シュミット
    一九七二年一二月一一日、アポロ一七号の月着陸船が月面に着陸しました。着陸船操縦士のハリソン・シュミット(一九三五年― )は米地質調査所(USGS)出身の地質学者でした。彼は、アポロ一七号船長のユージン・サーナン(一九三四年―二〇一七年)とと…05月06日 14時59分
  • アポロ一七号、月面に着陸
    一九七二年一二月一一日、アポロ一七号の月着陸船が月面に着陸しました。着陸船操縦士のハリソン・シュミット(一九三五年― )は米地質調査所(USGS)出身の地質学者でした。彼は、アポロ一七号船長のユージン・サーナン(一九三四年―二〇一七年)とと…05月06日 07時38分
  • 未開ゆえに野蛮
    この未知の世界、日本の奥地はエキゾチックではあるが、別に不可解なものは何もない。文明人の目で見れば、この野蛮な人々は未開であるがゆえにこのように野蛮なのである、と思ったのでしょう。 拝読ブログ: 日本の人口 拝読ブログ: カレンが逝った 05月05日 15時54分
  • まっすぐな探検精神
    アジアの新興国の日本が懸命に西洋文明を模倣しようとしているが、時代に取り残された日本奥地にはまだ珍奇な風物、風習が残っているはずであるからそこを踏破して記録しておくことは意義がある。その進路に困難な障害があればあるほどバードの闘志は高まりま…05月03日 15時17分
  • 外国人への村人の反応
    峠を越えて村落に足を踏み入れるたびに未知の光景が広がる。幼児を背負った少女の表情、外国人を恐れたり恐れなかったりする村人の反応、村長の饗応のおかしさ。宴会でふるまわれる日本酒の匂い。 拝読ブログ: 日本にあるこの村は人工的ではない(海外の反…05月02日 15時33分
  • 世界に冠たる英国の視点
    むしろ鳥の目線というか、神様の目線というか、すべては初めから見通している、という態度です。彼女は当時のヨーロッパの優位、その最高地点に位置する世界に冠たる英国の視点の正しさを全く疑わず、絶対不動の立ち位置として日本を俯瞰しています。 拝読ブ…05月02日 14時56分
  • 不可解はない
    目の前に展開する未知の光景を、この人はどう思ってみていたのでしょうか?文章を読むと、不可解とか、理解できない、とかいう記述はほとんど出てきません。風景や住民の風俗について、素晴らしいとか、味気ないとか、気持ち悪い、とかけっこう感情的な描写は…05月01日 19時58分
  • 野蛮な侍の国
    それにしても、この英国婦人もまた腰が落ちついています。当時の西洋人からみて野蛮な侍の国の、しかも奥地の奥地に通訳の男一人だけを連れてどんどん入っていきます。不安と警戒心で緊張しているかと想像すると、野蛮な奥地の風習に取り囲まれてもまったく平…04月30日 19時42分
  • アジアの優等生
    日本はアジアの優等生として西洋、英国に近づこうと懸命に努力している途上国であるがヨーロッパ諸国の現状に比べると大きく見劣りする。いたずらに洋服を着ようとしているが容貌が劣るので全く似合わない。劣る原因はまず知性でありまた精神である、と繰り返…04月29日 19時24分
  • 当時の英国の価値観
    閑話休題、バードの記述は、まったく公平な観察者に徹する方針を守っているつもりらしく、貧民村落の不潔さ猥雑さを遠慮なく指摘している一方、庶民の親切と寛容を美点とし、風景や寺社建築の美しさを絶賛しています。彼女の立脚点は、もちろん、世界に冠たる…04月28日 18時03分
  • 上杉鷹山
    バードが見た米沢平野の豊穣は、名藩主として名高い上杉鷹山治憲(一七五一年―一八八二年)の農業振興策の成功を示しているのかもしれません。ちなみに、小惑星探査機はやぶさプロジェクトを企画し実現した宇宙工学者であり筆者が現役時代おおいに薫陶を受け…04月27日 17時53分
  • 米沢平野はエデンの園
    暑さはあるが気持ちの良い夏の日だった。会津山の頂上に少し残っている雪が涼しさを感じさせる。南に繁華な米沢市街があり北に湯治客の集まる赤湯温泉を有する米沢平野は完璧なエデンの園である。豊富な農産物には、米、綿、トウモロコシ、タバコ、麻、藍、大…04月26日 17時28分
  • 世界旅行家イザベラ・バード
    玉虫左太夫の渡米から一八年後、一八七八年夏、世界旅行家イザベラ・バード(一八三一年―一九〇四年)は北関東から東北、北海道の奥地を踏破しました。その旅行記で特に賞賛している土地の一つが米沢の農村です。 拝読ブログ: 栃木「かな半旅館」で昼酒で…04月25日 20時50分
  • 幕府高官は権威主義的で尊大
    アメリカのエリート層は民主的で紳士的でかつ勇敢でもある、と賛美しています。引き換え、日本の幕府高官は権威主義的で尊大で虚栄と保身が強すぎて国威を損なっている、とまるで現代の評論家のような記述を残しています。 拝読ブログ: 財務次官セクハラ、…04月24日 14時44分
  • 民主的空気に感心
    大統領が町を散歩して道行く人と気軽にあいさつを交わすらしい、など民主的空気に感心してもいます。婦人が教養高く、立派な意見を述べるなど高い女性の地位にも正確な理解を示しています。一方、黒人は下流で姿が醜く、白人が上流で姿も優美である、など白人…04月23日 11時12分
  • 漢文筆談で通じる
    左太夫は、未知の新世界を理解する場合であっても、自分の知識、教養に大きな不足があるとは思っていません。英語はまったく分からないが、中国人商人と漢文筆談で通じるのであまり不便していません。この後、アメリカ本土で中国人と交流し、アメリカ政府の外…04月22日 11時05分
  • 新たなものなどなし
    この世に真に新たなものなどなし(nihil novi sub sole)と、旧約聖書にあります。未知なものなどない、知っていることから類推すればすべては理解できる、という態度です。 拝読ブログ: 将来的な子ども部屋の仕切り方 拝読ブログ: …04月21日 10時59分
  • 侍の初体験
    現代人の私たちの感覚では、アメリカ人の町での日本の侍の初体験がこのように日常的な買い物風景であったことが逆に驚異です。現代人の私たちでも初めて訪れた言葉の分からない国の店に入って一人で買い物をするときはもう少し不安を持つでしょう。左太夫は自…04月20日 10時53分
  • ネイルクリッパー
    筆者は一九八五年、学会参加のためホノルルに滞在しましたが、爪切りを買うために町に出たところドラッグストアのおばさんに「ネイルカッターはないがネイルクリッパーならあるよ」と言われてそれを買ったらふつうの爪切りだった、という経験を覚えています。…04月19日 10時28分
  • 原文墨書
    「十五日此処ハ晴雨定マラズ晴天ニシテ忽チ雨来リ道路常ニ湿ス予靴ヲ持タス歩行甚ダ難渋ス午後靴ヲ求メント市街ニ出テ旅館ヨリ二丁許行キ支那店アリ靴ヲ商キノフ其価ヲ問フ大円銀一個半ト云フ予国ノ方銀ヲ以テ買ントス彼筆ヲトリ此国不用方銀ト書ス予亦筆ヲ取…04月18日 09時56分
  • ホノルルに初上陸
    たとえばホノルルに初上陸した翌日一八六〇年三月六日の日記には以下のように書いています。 拝読ブログ: ハワイ上陸記念日 拝読ブログ: 造幣局の桜の通り抜け 04月17日 09時40分
  • 玉虫左太夫仙台藩士
    玉虫左太夫という人は当時三六歳の仙台藩士で渡米団員として個人的な日誌を書き残しました。 拝読ブログ: 4月11日の幕末ニュース 拝読ブログ: 〜ダンサー鈴木竜の挑戦〜 04月16日 20時54分
  • 玉虫左太夫「航米日録」
    ペリーが去って数年後、一八六〇年、日米修好通商条約(日本國亞米利加合衆國修好通商条約 Treaty of Amity and Commerce Between the United States and the Empire of Japa…04月15日 21時01分
  • その知性は現代人より高い
    ペリーは未知の日本について事前に徹底的に調べ上げて、その知識に自信をもって江戸湾に進入しました。香山栄左衛門は、当時の日本人としての知識を総動員してペリーに対応し、穏便に退去させることに成功しました。双方とも未知の事態に対して冷静で知的な対…04月14日 18時03分
  • 江戸幕府の脆弱性
    ペリーの行動によって露呈された江戸幕府の脆弱性は、維新勢力の台頭を招き、日本の歴史を動かしていきます。 拝読ブログ: 社会人1年目の総括 ―「物語」について考えた1年― 拝読ブログ: 西郷隆盛 その9 僧月照との入水事件 04月13日 21時11分
  • 軍事的威嚇の政治的効果
    「米国艦隊遠征記」の記述を見ると、ペリーが、出島のオランダ商館の記録などを詳細に調べ、遠征の計画段階から日本の内情を分析し、軍事能力を的確に把握し、日本政府(江戸幕府)の権力構造と官僚機構を熟知していたことがよく分かります。江戸湾への米国軍…04月12日 11時11分
  • ペリーの戦略
    それが一貫したペリーのポリシーであったことは、艦隊編成の企画段階から最新型蒸気エンジンを装備した重厚な大型戦闘艦数隻以上の投入を海軍長官に上申していたことからも明らかです。黒船騒動としてこれに反応した江戸幕府は見事にペリーの戦略にはめられた…04月11日 10時43分
  • 武力による恐怖を示唆する必要
    自分は、来日前から日本人と日本政府の内部構造を深く研究し、この人たちには紳士的友好的なアプローチが適当であるが、それだけでなくそれと並行して武力による恐怖を示唆する必要があることを見抜いていた、と語っています。 拝読ブログ: 今週の読書は印…04月10日 10時27分
  • 世界的懸案の日本開国に成功
    前述の遠征記で、「かくして日本は自己中心的な鎖国方針から解き放たれ互恵的な世界法則にしたがうこととなるのである」とペリーは語っています。イギリス、オランダ、ロシア、フランスを出し抜いて成り上がりのアメリカが世界的懸案の日本開国に成功したとい…04月09日 14時18分
  • 日米和親条約
    次年一八五四年春に再来航したペリーは日米和親条約(日本國米利堅合衆國和親條約 Convention of Peace and Amity between the United States of America and the Empire…04月08日 14時01分
  • 魔術のような最新兵器
    栄左衛門は当時のインテリ武士の典型だったようです。のちに幕府の国産第一号洋式軍艦開発プロジェクトに参加しています。アメリカ側は日本人に魔術のような最新兵器を見せつけて威嚇するつもりだったようですが、栄左衛門は冷静に観察してそれが魔法でも何で…04月07日 13時51分
  • 軍艦搭載の蒸気エンジン
    この後、栄左衛門は軍艦搭載の蒸気エンジンが稼働するところを見学します。彼は熱心に各部品の運動を観察し知的興味と好奇心を示したが恐れは見せず、この機械を初めて見たものがふつうは抱くはずの驚嘆の様子もなかった、とあります。 拝読ブログ: 新刊の…04月06日 13時46分
  • ペリー日本遠征記
    栄左衛門:蒸気船は一時間に何里進めますか? コンテ大尉:無風時の蒸気エンジン推進だけで日本の八(?)、アメリカの一三マイルです。合衆国には河川用の非常に軽量の蒸気船がありまして、それらは時速一八マイルで進みます。 栄左衛門:どこで蒸気船は初…04月05日 13時37分
  • ペリーから将軍?へのプレゼント
    栄左衛門:公式的に言えば、今日中にお別れしたいのです。あなた方が出て行く前に私たちが帰るわけにはいかないので。 ブキャナン艦長:何か月もたたないうちにまたお目にかかれるとうれしいです。ペリー提督は今回皇帝陛下へのプレゼントを持ってきませんで…04月04日 13時30分
  • 偽奉行と艦長の会話
    栄左衛門:(親書受領式が)すべて無事にすんでよかった。 ブキャナン艦長:日本と米国とはいつまでも友人でありたいですね。 栄左衛門:いつお立ちになるのですか? ブキャナン艦長:二、三日くらいあとです。提督は湾を上って良い投錨地を探したいとおっ…04月03日 20時42分
  • ペリーの威嚇
    ペリーは、来年返事を受け取りに来る、と言い、帰り際に江戸湾の奥まで(威嚇のため)軍艦を進めます。そのとき旗艦サスケハナに招待され乗船していた香山栄左衛門は米士官と(たぶんオランダ語通訳を挟んで)以下の問答をしています。 拝読ブログ: 威嚇す…04月02日 20時59分
  • ペリー一行の上陸
    奉行所応接掛与力香山栄左衛門が浦賀奉行と称して旗艦サスケハナに乗船しましたが、ペリーは会ってくれず上位者を呼べと言います。数日後、幕府の指示を受けて本物の浦賀奉行はペリー一行の上陸を許可し、久里浜海岸に会場を設営して儀式的に大統領親書を受け…04月01日 21時22分