感じるということ。

登録ID
418474
サイト名称
感じるということ。
URL
http://normalsense.blog84.fc2.com/
紹介文
1つの気づき、実践が、人生をかえます。 5分の読書、その積み重ねで自分の意識、そして人生が変わってきます。
カテゴリ
  • 転職・キャリア (100%) - 34 / 375人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【気づき2015】〔挨拶をして、運を開く〕
    ◆先日の月曜日の朝、 自動販売機に飲み物を補充している飲料会社の社員の方に 「おようございます」と挨拶をしました。 しかし、作業中であり、 体を動かしている最中であったから声に気づいてもらえませんでした。 ◆そのときにふと思いました。 「自…08月23日 06時28分
  • 【気づき2012】〔一日読まざれば、一日衰える〕
    ◆成長するということは、 成長する前より後で重さや能力が増すということです。 つまり、成長する過程は、 引き算や割り算ではなく、 足し算や掛け算で表すことができるといえます。 ただし、この足し算と掛け算では大きな差があります。 ◆足し算だと…08月22日 05時24分
  • 【気づき2013】〔心に栄養を補給することの意味〕
    ◆人間は、食物を体に取り入れないと命を維持することができません。 だから、毎日食事をしますし、 生活の糧を得るために仕事をするという面もあります。 しかし、人間には心と体があるという割には、 明らかに心に栄養分を補給するという考え方はあまり…08月21日 05時56分
  • 【気づき2012】〔祈ることの意味〕
    ◆祈るとは神様や仏様にお願いごとをすることをいいますが、 信仰をもっていなくても私たちは祈ります。 合格祈願や必勝祈願という言葉もありますし、 実際に神社にお詣りに行くこともあります。 自分が困ったとき、人を助けたいときなど、 祈る気持ちに…08月20日 06時37分
  • 【気づき2011】〔職場での無愛想は得策か〕
    ◆わたしたちは生身の人間ですから、体調が悪い時もあります。 つらいことがあって、気持ちが萎えているときだってあります。 しかし、事情があったとしても、 不機嫌であったり、無愛想であるということは、 客商売でないとしてもやはりマイナスを背負う…08月19日 07時08分
  • 【気づき2010】〔先人の視点を、自ら確かめる〕
    ◆人のことを利用しても平気な人がいます。 人のことを何気なく、蔑ろにしたり踏みつけにする人がいます。 そのような傾向のある人が近くにいるばかりに嫌な思いをすることもあるでしょう。 ◆そんな人と付き合いたくなくても、 事情がそれを許さないこと…08月18日 06時18分
  • 【気づき2009】〔学ぶことにより、自分を維持する〕
    ◆昔より言い伝えられている言葉は、 必要なことを今の世に伝えてくれていると思います。 しかし、よく耳にして知っている言葉であるばかりに、 さほど深く考えたりすることがありません。 結局、心に留まっていないことが多いように思います。 ◆それと…08月17日 11時34分
  • 【気づき2008】〔『待つ』ことで、スムーズで平穏な時を迎える〕
    ◆狭い路地で車がすれ違うには、 すれ違うことのできる道幅のある場所で 先に着いた車が対向車を待ち受けることでうまくいきます。 しかし、そんなことを考えることなく前に進むことしか頭にないと、 必要以上に時間がかかり、 無駄な時間を過ごすことに…08月16日 06時05分
  • 【気づき2007】〔求めれば、与えられる〕
    ◆ふだんわたしたちは、 仕事に対する思い、家族に対する思い、生きるということへの思いなど、 いろんな課題を抱えています。 けっこう奥行きのふかいテーマがいくつもあるので、 自分でも気がつかないうちに いつも考え事をしているようなことが当たり…08月15日 06時24分
  • 【気づき2006】〔人を磨くとは、そしてその意味とは〕
    ◆目に見えないところで多くの方が働いていただいているおかげで、 わたしたちの生活は成り立っています。 働くことにより、世の中の一端を担うことになり、 それが世の役に立っているのです。 そういう意味で、人は支え合っているといえますし、 世の中…08月14日 06時37分
  • 【気づき2005】〔仕事に行きたくないのは、なぜ?〕
    ◆仕事をするときには、けっこうなエネルギーを使うものです。 約30年間仕事をしてきてもそう思います。 とくに、若い頃は、精神的なきつさを今より強く受けていたと感じます。 ◆そのつらさを拭い去りたくて、 もっと楽になりたいと思った記憶がはっき…08月13日 06時21分
  • 【気づき2004】〔『年のわりには若い』と言われるための秘訣〕
    ◆年をとっていくということは、 命の限られた生き物である私たちは避けることができません。 だから、年を取っていくことは仕方がないことなのですが、 老けているよりは若々しくいたいと思うのは自然な気持ちです。 ◆だからこそ、老けこんでしまわない…08月12日 06時08分
  • 【気づき2003】〔腰をすえて取りこぼしのない仕事をするための条件〕
    ◆仕事のスケジュールを立て、 「いつ、何をするか」を確認して実行することで、 事はスムーズに進みます。 準備が必要なことは、 抜け落ちている点がないように表や文字にして、 順次進行状況をチェックすることで失敗は防げます。 ◆しかし、列挙して…08月11日 22時08分
  • 【気づき2002】〔受動喫煙条例を機に、心の持ち様も考える〕
    ◆東京都の都民ファーストの会が、 子どもの受動喫煙を防ぐための条例案を 9月の都議会に提出する方針を表明しました。 健康について、 様々な視点から論議が飛び交うきっかけになることが予想されます。 ◆この条例案には、 「こどもを受動喫煙から守…08月10日 08時08分
  • 【気づき2001】〔人とつながり、より良い人生を送るための条件〕
    ◆人と人がつながるには、過酷な状況を共に過ごしたり、 共通の目標達成をめざすなどの条件が前提になることが多いです。 加えて、相性とか出会うタイミングや顔を合わせる回数なども関係してきます。 ◆そして、それ以上に、 お互いの人間性というものが…08月09日 21時49分
  • 【気づき2000】〔時間に追われたままの人生を良しとするか〕
    ◆これまでの人生を振り返って、55歳のいま、強く感じることがあります。 それは、「いつも時間に追われているような気がする」ということです。 ◆そのはじまりは、中学や高校のときの受験からではないでしょうか。 「なぜ勉強するのか」「将来どうなり…08月08日 20時50分
  • 【気づき1999】〔心のもち様も、各論だけでなく総論をおさえるべし〕
    ◆サッカーというスポーツはそうそう点数が入るスポーツではありません。 Jリーグの試合では、ぜいぜい入って3点くらいのものです。 それだけに、1点入るということは、 戦っている両チームにとってそれだけ大きな意味をもつことになります。 ◆点をと…08月07日 06時21分
  • 【気づき1998】〔心軽やかに生き、心も磨く生き方〕
    ◆経営者に限らず、 リーダーと呼ばれる立場に求められる要素というものはあるのでしょう。 リーダーとは会社の役職についている人だけのことを言うのではないのですから、 自分のひとつの引き出しとして学ぶことは、 生きていくうえで大きなメリットにな…08月06日 08時15分
  • 【気づき1997】〔品格が備わる条件〕
    ◆「自分は一番まともで、一番常識的だ」と多くの人が思っています。しかも、「それがもしかしたら見当違いかもしれない」などと振り返ることもありません。何の疑念もなく、「自分が一番ふつうだ」と思っているのです。◆そのように自分だけが感じているのは…08月04日 22時57分
  • 【気づき1996】〔仕事の悩み解決法〕
    ◆仕事に行くということは、 職場でいろいろな負荷を背負っているという見方をすることもできます。 前向きなことをするにも負荷はかかってくるのですから、 負荷をうまく受け止めないと、 つぶれてしまうことになります。 ◆社会人になりたての頃は、 …08月04日 06時26分
  • 【気づき1965】〔自信がおごりにかわるとき〕
    ◆事情がわからないとき、 人いうものは様子をうかがうことに専念し、 それ以外の余裕がなくなります。 結果的に、控えめでいるしかなくなります。 しかし、ある程度事情がわかってくると、 状況にそって判断がつき、実行する権限も付与され、 行動に移…08月03日 14時56分
  • 【気づき1994】〔裏表のある人の事情〕
    ◆組織の上位に向かってはさわやかな笑顔を向け、 下位の者に向かっては高圧的で嫌味を言うようなスタンスを取る人が 実際にいます。 そういうあり方をしていることは周りの人にははっきりわかることです。 その事実が自分のためにプラスとなるかマイナス…08月02日 07時20分
  • 【気づき1993】〔亡くなった親友との対話〕
    ◆親友や身内がこの世を去ることはつらいことです。 また、去ることを考えないといけないような状況を迎えることもきついことです。 でも、もし亡くなった人と心の中で会話することにより、 私たちは考えを深めたり、立ち上がったり、 前に進むことができ…08月01日 06時39分
  • 【気づき1992】〔自分を曲げて、幸せになれるか〕
    ◆自分の思い方というものは、 成長に伴い自覚できるし、 しかも固まってくるものです。 そして、その思いと付き合っていくことになりますが、 例えば正義を貫くという思い方をしている場合、 それを維持すようとするときつくなることがあるのも事実です…07月31日 06時06分
  • 【気づき1991】〔仕事にいくのを嫌にならない対策〕
    ◆朝起きてすぐは、 心も体も疲れがとれているとはいえまだ反応はよくありません。 すぐには、活発な状態には切り換えられないのです。 一番の戦闘モードである仕事場へ向かうことに対して、 準備が完全にできていないことはある意味自然なことなのです。…07月30日 19時14分
  • 【気づき1990】〔心のバランス感覚を磨く〕
    ◆体のバランス感覚を磨くためには、 例えば、 平均台の上を歩く訓練を繰り返せばそれなりの成果が上がると思います。 しかし、心のバランス感覚を身につけるのは並大抵のことではかないません。 ◆心のバランスというものは、空気を読むことだけではあり…07月29日 05時54分
  • 【気づき1989】〔相手の身になって、心を支える〕
    ◆相手の身になって考えるということは、 非常に素敵な感性です。 相手の身になることができるためには、 まずは相手の存在を認めなければなりません。 「当然、目の前にいるのだから存在していることはわかっている」 というだけでは足りません。 なぜ…07月28日 06時25分
  • 【気づき1988】〔学びが心に定着する瞬間〕
    ◆人というものは攻撃されるとダメージを受けるものです。 当然、つらさを感じるものです。 一人だけで継続的に受け止め続けるということはなかなかできないものです。 それを防ぐ方策として、攻撃されないような力をつければいいのです。 仕事でいうと、…07月27日 06時06分
  • 【気づき1987】〔毒(どく)を徳(とく)となせるか〕
    ◆人生の岐路と聞くと、 大きな決断を迫られる分かれ道のことを思い浮かべます。 しかし、人生には、いろんなところに、 様々な程度の岐路がたくさんあるのです。 生きていくということは、 常に選択をして時を過ごしているようなものです。 ◆「こちら…07月26日 06時26分
  • 【気づき1986】〔欲望に支配されないために〕
    ◆「もし、今、自分の思う額のお金が手に入るとしたら、いくらほしいですか。」 この質問に即座に答えることができるでしょうか。 ◆「お金をくれるなら、いくらあってもいい」 「もらえるだけ、もらう」 というスタンスであるとしたら、 それは欲望に飲…07月25日 06時27分
  • 【気づき1985】〔毒からにごりを取ると徳になる〕
    ◆雑誌「致知」を年間購読していますので、 致知出版社が定期的にメールを送ってくれます。 22日にも、24季節の大暑をきかっけにメールをもらいました。 そのなかに、常岡一郎氏の詩が掲載されていました。 ◆「徳と毒はよくにている。徳は毒のにごり…07月24日 06時19分
  • 【気づき1984】〔あなたは節操のある生き方をしていますか〕
    ◆「あいつは節操がない」と言うとき、 「人として守るべき領域を踏み出している」という気持ちが込められていると思います。 そういう意味で「節操がない」という言葉は、 かなり辛辣で、 以後の付き合いがなくなってもやむなしというくらいの覚悟が込め…07月23日 06時30分
  • 【気づき1983】〔国際的に生き残れる日本になるために〕
    ◆阪神大震災が起こったとき、 「社会のために働く」という意識が多くの人に芽生えました。 実際にアンケートでもその意向が反映されましたし、 震災3年後にNPO法が成立したこともそのことを端的に物語っています。 ◆このエピソードを耳にし、 もと…07月22日 10時10分
  • 【気づき1982】〔自得を成して、世界平和に貢献〕
    ◆『老子』に、 「人を知る者は智なり、自らを知る者は明なり」という言葉があるようです。 「人を知る者は知者ではあるが、自分を知る者がより明知である」という意味です。 ◆自分に当てはめて考えてみたら、実際どうでしょうか。 あなたは自分のことを…07月21日 06時24分
  • 【気づき1981】〔目の前の現状を天命として受け入れる〕
    ◆「果報は寝て待て」という言葉があります。 これは、努力をし、やるべきことをすべてやり終えた後に結果を待つ姿勢です。 努力をしていない人が何もしないで 幸運をただじっと待っていることを言い表しているわけではありません。 ◆「人事を尽くして天…07月20日 06時31分
  • 【気づき1980】〔いい縁と運を増やす〕
    ◆「縁尋機妙」「多逢聖因」これらの言葉は仏教において使われています。 「縁尋機妙」は「縁が次々につながり、違う段階に誘ってくれるさま」であり、 「多逢聖因」は 「いい人やいい書物や様々ないいものに触れることにより、良い結果にいきつく」 とい…07月19日 06時23分
  • 【気づき1979】〔あなたにしかできないことがある〕
    ◆人の注目を浴びたいと思う人がいます。 その目的を、自分の果たすべきことをやって満たすのであれば、 それは本人にとって本望ですし、世の中の人にとってもありがたいことです。 ◆しかし、多くの人は、耳目を集めるような立場にはありません。 地味な…07月18日 06時16分
  • 【気づき1978】〔運命は決まっているのか〕
    ◆運命というものは決まったもので、変えることはできないものなのでしょうか。 生まれつき与えられている能力を天命といい、 それは生まれた後の修養によりいかようにも変えられることを、 動くものであるという意味で運命というのだそうです。 だから、…07月17日 13時50分
  • 【気づき1977】〔人生を指南する古典と出会う幸せ〕
    ◆「人に教えを乞う」「人から大切なことを教えてもらう」という場面は、 中途半端な気持ちのときには訪れないものです。 事に真剣に向き合わなければならないときにそういう局面がやってきます。 ◆そういう状況下では、 解決策を必死に模索することにな…07月16日 10時10分
  • 【気づき1976】〔求めるものを見つけ、師を持つ〕
    ◆師範とすべき師を持ち、 その人に一歩でも近づこうとする目標ができると、 教えを乞う気持ちが起きます。 そしてその教えを身につけていくことが、やるべきこととなります。 ◆そういう学びを続けていく中で 師匠に対する尊敬の念がますます大きくなる…07月15日 06時34分
  • 【気づき1975】〔自分らしく生きる〕
    ◆「自分らしく生きる」とは、自分の思ったように生きるということでしょう。 しかし、この実現は実はけっこうむずかしいものなのです。 その思いが、常識の範囲内のことならまだしも、 そうでない思いのこともあるからです。 ◆しかも、自分らしいスタン…07月14日 07時01分
  • 【気づき1974】〔幸せでいられる条件の1つ−私淑する人との出会い〕
    ◆私淑という言葉があります。 「直接に教えは受けないが、 ひそかにその人を師と考えて尊敬し、 模範として学ぶこと」 という意味です。 歴史上の人物や小説家などで、 人生の早い時期にそういう人と出会えることは非常に運がいいことだと思います。 …07月13日 06時30分
  • 【気づき1973】〔『心、古教を照らす』境地で生きる〕
    ◆論語などの古典に幼い頃より触れる機会がある人は、 20歳代、30歳代、40歳代と その内容の受け取り方、心に留まる部分に変化があるといいます。 ◆それは、本に書かれたことを吸収するだけではなく、 自らの体験と照らし合わせていくことによる変…07月12日 06時24分
  • 【気づき1972】〔気づいても動かないことの代償〕
    ◆今の世の中、街中で通り魔殺人が起こるようなこともあります。 そういう場に運悪く出くわした際、 その場の異様な雰囲気を感じるかどうかによって、 生きながらえるかどうかが決まってくるようなこともあるかと思います。 ◆このような例と、 たとえば…07月11日 06時30分
  • 【気づき1971】〔挨拶の底力〕
    ◆最近、よく頭に浮かぶことがあります。 価値観の変化と言いますが、 「自分はどのような価値観を持っていて、それがどのように変わってきたのか」 また、 「周りの人はどのような価値観を持って生きているのか」 照らし合わせたことがないので、確認を…07月10日 06時29分
  • 【気づき1970】〔2時間歩くとわかること〕
    ◆ふだんやらないことをやろうと決断するには、 それなりのきっかけが必要です。 歩くことを趣味にしていない人が いきなりウォーキングをし始めることはむずかしいです。 しかし、防災時の訓練として職場から自宅まで歩く経験をきっかけにして、 日常的…07月09日 10時01分
  • 【気づき1969】〔『継続は力なり』 −継続する題材を見つけ、そして自分も力を獲…
    ◆「継続は力なり」と言います。 でも、いったいなぜそういう格言が言い伝えられているのかを 考えたことはあるでしょうか。 この言葉を、自分の言葉で説明できるでしょうか。 ◆ひとつのことを継続するということは、 自分自身の個人的なことであったと…07月08日 07時20分
  • 【気づき1968】〔日本の現リーダーが消え去る過程を、中国の古典は予言している〕
    ◆東京都都議会議員選挙の応援演説に、安倍首相が駆けつけました。 その場にいた有権者の一部が、 「安倍首相、帰れー」と声を上げたところ、 こともあろうに安倍首相は「こんな人たちには負けられない」という発言をしました。 国という規模の多様な意見…07月07日 06時28分
  • 【気づき1967】〔こだわり、長年それを貫くことが将来役に立つかも〕
    ◆大学受験とは違い、 就職試験では評価されるところが微妙に違ってくると思います。 就職試験と一言で言っても、大企業と中小企業での視点の違いもあります。 また、景気動向によっても、 結果が違ってくることは社会人を30年やってくると自然とわかっ…07月06日 06時22分
  • 【気づき1966】〔不満を思うロスを考える〕
    ◆不満というものは、 知らないうちに心の底からわき上がってきます。 たとえば、人がつまらないうわさ話などをしているのを聞いて嫌な気分になり、 つい毒づいてしまったり、 自分に非があったとしても怒られた事に対して不満を感じたりするものです。 …07月05日 15時17分
  • 【気づき1965】〔なりたい自分を言葉にする〕
    ◆なりたい自分を言葉にするということを、 自分で思い立って、 しかも実行する人はそんなに多くはないと思います。 私は2008年に佐藤富雄さんと祐川京子さんの本と出会い、 なりたい自分の条件を箇条書きにしたものを毎日読んでいました。 ◆毎日読…07月04日 06時28分
  • 【気づき1964】〔自分を幸せにする表現方法を確認する〕
    ◆人のことをけなしたり、自分の境遇に対して悪態をつくような人がいます。 そのようになる気持ちはわからないでもありません。 しかし、わざわざ言葉にして周りの人の気分を害することはないのです。 ◆そういう人に影響されて自分も同じようなことをする…07月03日 06時31分
  • 【気づき1963】〔社会のルール、身を守るツールを身につける〕
    ◆「江戸しぐさ」という行動様式があります。 それが江戸時代から実際にあったのかどうかという議論があります。 しかし、もし、明治時代以降に考案されたものであるとしても その内容は興味深いものです。 ◆「傘かしげ」− 傘をさしている人がすれ違う…07月02日 06時29分
  • 【気づき1962】〔気働きが、「できる」「できない」で人生は変わる〕
    ◆仕事をする際には、当然ながら内外の人との関わりが多くあります。 そこで、専門知識や技術以外に 人づきあいという技術も持ち合わせていることが必要になります。 ◆人づきあいというと幅が広くてどういうことを言うのかをとらえにくいですが、 人と人…07月01日 10時56分
  • 【気づき1961】〔人工知能がもてはやされる理由〕
    ◆これまで有能である先人が並々ならぬ努力を積み重ねてくれたおかげで、 人の寿命は伸び、より快活に、より快適に人生を堪能できるようになりました。 心から感謝すべきことです。 そのような実績のなかで先人は数々の失敗もしてきました。 しかし、その…07月01日 10時50分