アートテラーとに〜のここにしかない美術室

登録ID
433095
サイト名称
アートテラーとに〜のここにしかない美術室
URL
http://ameblo.jp/artony/
紹介文
ここにしかない新しい美術面白ガイドブログ web上だから出来る面白いガイドをモットーに、美術の更なる面白さを伝えます!
カテゴリ

※最新の記事

  • ほとけを支える ―蓮華・霊獣・天部・邪鬼―
    現在、根津美術館の展示室1・2では、根津美術館コレクションより選りすぐられた仏教美術の優品の数々が展示されています。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)と言っても、主役は仏に非ず。仏が乗っている台や、《釈迦三尊十六羅漢像》…09月21日 19時25分
  • 天下を治めた絵師 狩野元信
    サントリー美術館が、赤坂のサントリービルから、現在の東京ミッドタウン内に移転してから、今年でちょうど10年。それを記念して、今年は六本木開館10周年を祝う特別展が続々と開催されていますが、その真打ともいえる展覧会 “天下を治めた絵師 狩野元…09月20日 18時52分
  • シャガール 三次元の世界
    実は、シャガールは彫刻作品も作っていた?!そんな驚くべき事実が明らかになる展覧会が、現在、東京ステーションギャラリーで開催されています。その名も、“シャガール 三次元の世界” 。日本で初めて本格的にシャガールの彫刻作品を紹介する展覧会です。…09月19日 18時25分
  • Film:39 『セザンヌと過ごした時間』
    ■セザンヌと過ごした時間 監督:ダニエル・トンプソン 出演:ギョーム・カリエンヌ、ギョーム・カネ 2016年/フランス/114分近代絵画の父と称されるフランスの画家ポール・セザンヌと、文豪エミール・ゾラの40年にわたる友情を描いたドラマ。少…09月18日 19時46分
  • 描かれた女たち 女性像に表された現実と夢
    現在、新宿にある中村屋サロン美術館で開催されているのは、“描かれた女たち 女性像に表された現実と夢” という展覧会です。こちらは、昨年、笠間日動美術館で開催されていた同名展覧会を、中村屋サロン美術館サイズ (?) にギュギュっと凝縮したもの…09月17日 18時31分
  • 浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション
    現在、泉屋博古館分館で開催されているのは、“浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション” という展覧会です。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)展覧会の主役は、日本洋画界の先駆者であり、その作風から、“日本のミ…09月16日 18時17分
  • ウィンザーチェア−日本人が愛した英国の椅子
    現在、日本民藝館で開催されているのは、“ウィンザーチェア−日本人が愛した英国の椅子” という展覧会です。こちらは、日本にあるウィンザーチェアの優品と、関連する欧米の多様な椅子を、かつてない規模で紹介する展覧会。ウィンザーチェアファンにとって…09月15日 20時59分
  • 【告知】 現在募集中のアートツアー 【告知】
    現在募集中のアートツアーです。アートに興味のない方でも楽しんで頂ける企画を心掛けております。初参加の方も多いので、どうぞお気軽にご参加くださいませ♪ (男女比は、7:3くらいで女性が多いです。 また、おひとりで参加される方が大半ですので、一…09月15日 19時52分
  • 名字に関する説(後編)
    前編に引き続き、名字に関する説を調査していきます。日本人に多い名字ランキング第11位は、吉田。画家では吉田博、建築家では吉田五十八と、それぞれ巨匠が存在しているので、吉田の名がついた美術館の1つや2つは、当然あるだろうと、高を括っていたので…09月14日 19時09分
  • 名字に関する説(前編)
    アートテラー・とに〜が信じる美術に関する説を検証していく企画 『水曜日のアートテラー』。今回この企画では、美術館の名前に注目してみました。東京都美術館、板橋区立美術館のように地名が由来となっている美術館や、三菱一号館美術館、ポーラ美術館のよ…09月13日 17時58分
  • ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
    ダイナミックな構図とカラフルな色彩が魅力の浮世絵。しかし、実は、誕生からしばらくのちは、モノクロないしは、モノクロに2、3色ちょんちょんと色付けしたものが主流でした。そんな浮世絵をカラフルなものにした立役者の一人、鈴木春信の大々的な展覧会が…09月12日 18時00分
  • 田原桂一「光合成」with 田中泯
    現在、原美術館では、“田原桂一「光合成」with 田中泯” という展覧会が開催されています。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)展覧会の主役は、2人。一人は、木村伊兵衛写真賞やフランス芸術文化勲章シュヴァリエをはじめ、数多…09月11日 19時25分
  • 月岡芳年 月百姿
    先月の “月岡芳年 妖怪百物語” に引き続いて、今月も太田記念美術館では、最後の浮世絵師と称される月岡芳年がフィーチャーされています。今月紹介されているのは、芳年の最晩年の傑作である 《月百姿》。日本と中国の物語や歴史の中の 『月』 にまつ…09月10日 19時17分
  • 第31回 京都市下京区でフランソワ・ミレー
    ルノアールを筆頭に、モネ、ゴッホ、シャガール…と、街を歩いていると、時に、美術界の巨匠たちと同じ名前のお店に出くわします。果たして、それらのお店と巨匠との間に関係はあるのか??気になるようで気にならない。でも、気にしてしまったら、気になって…09月09日 18時16分
  • 館蔵品展 江戸の花鳥画 ―狩野派から民間画壇まで―
    現在、『永遠の穴場』 こと板橋区立美術館では、“館蔵品展 江戸の花鳥画 ―狩野派から民間画壇まで―” という展覧会が開催中です。こちらは、板橋区立美術館の収蔵品の核となる江戸絵画コレクションの中から、花と鳥を主題にした絵画、いわゆる 「花鳥…09月08日 19時07分
  • 博物館でアジアの旅 マジカル・アジア
    現在、東京国立博物館の東洋館では、“博物館でアジアの旅 マジカル・アジア” という展覧会が開催中です。「マジカルアジア」 というタイトルを聞いて、世代的に、どうしても板東英二の顔がチラついてしまいましたが、全く関係ありませんでした。アジア各…09月07日 18時19分
  • 第百四十五話 国宝ハンター、チラ見せする!
    〜前回までのあらすじ〜日本全国にある国宝を全て観て回るのは、どれほど大変なのか? 体を張って検証する国宝ハンター・とに〜。 前回は、この企画史上もっとも遠出をして鹿児島へ。 国宝のためなら、どこへでも足を運びます。 日本の果てまでイッテK!…09月06日 18時34分
  • 上村松園―美人画の精華―
    きれいなおねえさんは、好きですか。 「はい。」 と答えた全ての皆様にオススメしたいのが、現在、山種美術館で開催されている “上村松園―美人画の精華―” という企画展です。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)会場には、美人画…09月05日 19時40分
  • 猫百態―朝倉彫塑館の猫たち―
    「東洋のロダン」 と称された彫刻家・朝倉文夫のアトリエ兼住居を改装した台東区立朝倉彫塑館。今年2017年で、めでたく開館50周年を迎えました。それを記念して、現在、開催されているのが、“猫百態―朝倉彫塑館の猫たち―” という展覧会です。こち…09月04日 18時20分
  • アジア回廊 現代美術展
    日本・中国・韓国の各国が毎年1つの都市を選び、1年間を通じて文化芸術による多彩なイベントや交流を行う事業。それが、東アジア文化都市。2014年の横浜市から皮切りに、新潟市、奈良市が選ばれ、今年2017年は、日本を代表する古都・京都市が開催都…09月03日 19時32分
  • 27時間アートツアー再び!
    こんばんは。ATN (=アートテラーニュース) の時間です。2015年に開催され、大反響を巻き起こした27時間アートツアーが、2年ぶりに、しかも、超パワーアップして今月30日に復活することが発表されました。今回も27時間休まずパーソナリティ…09月02日 18時07分
  • 草間彌生 My Soul Forever展
    京都を代表する観光スポット・祇園。この情緒溢れる街に、今年6月に新たな美術館がオープンいたしました。それが、フォーエバー現代美術館です。もともとは、2006年に秋田県でオープンしたというフォーエバー現代美術館。しかし、3年後の2009年には…09月01日 18時32分
  • マリー・ローランサンが東京にお引っ越し
    世界で唯一のマリー・ローランサンの美術館として、長野県の蓼科高原に開館したマリー・ローランサン美術館。多くのローランサンファンに愛されたものの、惜しまれつつ2011年に閉館してしまいました。あれから6年。マリー・ローランサン美術館は、場所を…08月31日 18時17分
  • 森本千絵×中島信也〈森の中〉展
    鹿児島県霧島アートの森に行ってきました。こちらは、2000年にオープンした鹿児島県立の美術館。霧島山麓の標高約700メートルの高原に位置しているため、車で行くのも一苦労です。延々と続く山道。“本当に、こんなところに美術館があるのか?” と、…08月30日 18時52分
  • 第百四十四話 国宝ハンター、もたれる!
    〜前回までのあらすじ〜国宝をすべて観るため、日本全国を駆け巡る国宝ハンター。開始6年目にして、ついに900件目の国宝を目にすることが出来ました。それでも、ゴールまであと206件。月1ペースで国宝の旅に出かけていますが、それでも道のりはまだ遠…08月29日 18時34分
  • 千年の甍 −古代瓦を葺く−
    現在、竹中工務店東京本店ビル1階にあるGallery A4 (ギャラリーエークワッド) で開催されているのは、日本建築とは切っても切り離せない 「瓦」 に焦点を当てた “千年の甍 −古代瓦を葺く−” という展覧会です。いたるところで、しかも…08月28日 18時12分
  • 鎌倉歴史文化交流館
    古都・鎌倉に今年5月にオープンしたばかりの鎌倉歴史文化交流館に行ってきました。こちらは、鎌倉の歴史的遺産・文化的遺産を学び、体験し、交流できるミュージアムです。何故、鎌倉は仏教都市として栄えたのか?何故、鎌倉は武士の都となったのか?何故、鎌…08月27日 20時01分
  • 山口蓬春の日本画と写生 ―花・その煌めきを描くこころ―
    神奈川県立近代美術館 葉山を訪れた後は、そのほど近くにある山口蓬春記念館へ。こちらは、日展を中心に活躍した日本画家・山口蓬春の自邸を改修した記念館です。「趣のある」 と自称するくらいなので、よほど趣があるのだろうと期待していたのですが・・・…08月26日 20時16分
  • 素晴らしきミュージアムショップの世界 商品番号117
    現在、“没後90年 萬鐵五郎展” が開催中の神奈川県立近代美術館 葉山館。展覧会後、何気なく立ち寄ったミュージアムショップで、なんとも謎すぎる萬鐵五郎グッズを見つけてしまいました!その名も、萬鉄五郎の美作り箱。とりあえず萬鉄五郎記念美術館で…08月25日 18時42分
  • 没後90年 萬鐵五郎展
    神奈川県立近代美術館 葉山 (通称:葉山館) を初訪問してきました。こちらは、昨年、惜しまれつつ閉館した神奈川県立近代美術館 鎌倉 (通称:鎌倉館) の姉妹館です。鎌倉館のシンボルだったイサム・ノグチの 《こけし》 は、閉館を機に葉山館にお…08月24日 18時39分
  • 東方見聞録展─モリソン文庫の至宝
    日本最大級の “本” のミュージアム。それが、東洋文庫ミュージアム。蔵書数は、なんと100万冊以上を誇ります。そんな東洋文庫ミュージアムの目玉ともいうべき展示空間が・・・こちらのモリソン書庫。3階建てという超巨大な書庫に収められているのは、…08月23日 18時53分
  • 届かない場所 高松明日香展
    三鷹市美術ギャラリーで開催中の “届かない場所 高松明日香展” に行ってきました。こちらは、高松市高松町生まれ高松市在住で、現在注目株のアーティスト高松明日香さんの東京の美術館では初となる個展です。展覧会冒頭の主催者挨拶の結びに、「どうぞ、…08月22日 19時38分
  • 第30回 中央区銀座でキスリング
    ルノアールを筆頭に、モネ、ゴッホ、シャガール…と、街を歩いていると、時に、美術界の巨匠たちと同じ名前のお店に出くわします。果たして、それらのお店と巨匠との間に関係はあるのか??気になるようで気にならない。でも、気にしてしまったら、気になって…08月21日 17時49分
  • 第30回 中央区銀座でキスリング
    ルノアールを筆頭に、モネ、ゴッホ、シャガール…と、街を歩いていると、時に、美術界の巨匠たちと同じ名前のお店に出くわします。果たして、それらのお店と巨匠との間に関係はあるのか??気になるようで気にならない。でも、気にしてしまったら、気になって…08月21日 17時49分
  • ヨーロッパの木の玩具―ドイツ・スイス、北欧を中心に
    現在、目黒区美術館で開催されているのは、“ヨーロッパの木の玩具―ドイツ・スイス、北欧を中心に” という展覧会。こちらは、タイトルずばり、ヨーロッパの木製のおもちゃをテーマにした展覧会です。幼稚園の創始者フリードリヒ・フレーベルの理論に基づい…08月20日 19時39分
  • ヨーロッパの木の玩具―ドイツ・スイス、北欧を中心に
    現在、目黒区美術館で開催されているのは、“ヨーロッパの木の玩具―ドイツ・スイス、北欧を中心に” という展覧会。こちらは、タイトルずばり、ヨーロッパの木製のおもちゃをテーマにした展覧会です。幼稚園の創始者フリードリヒ・フレーベルの理論に基づい…08月20日 19時39分
  • 杉戸洋 とんぼ と のりしろ
    現在、東京都美術館では、“ボストン美術館の至宝展” が絶賛開催中。その半券を持って行くと、ギャラリーA・B・Cで開催中の展覧会、“杉戸洋 とんぼ と のりしろ” が、300円引きで観られるそうです。(もちろん、こちらの展覧会だけを鑑賞するこ…08月19日 19時28分
  • 美術でめぐる日本の海
    横須賀美術館は、今年2017年でめでたく開館10周年を迎えました。おめでとうございます!それを記念して、現在、開催されているのが、横須賀美術館とは切っても切れない 『海』 をテーマにした展覧会。その名も、“開館10周年記念 美術でめぐる日本…08月18日 21時26分
  • サイゼリヤで使える美術講座
    名画と食とを同時に楽しめる場所。それが、サイゼリヤ。まるでウフィツィ美術館のように、ルネサンスの画家たちによる名画が店内に所狭しと飾られています。今回は、そんなサイゼリヤでの食事中に、さりげなく口にすると、一目置かれるかもしれない (ウザが…08月17日 18時23分
  • 遠藤利克展―聖性の考古学
    現在、埼玉県立近代美術館では、“遠藤利克展―聖性の考古学” という展覧会が開催されています。こちらはヴェネツィア・ビエンナーレやドクメンタなど、国際的に活躍する彫刻家・遠藤利克さんの大規模な個展です。遠藤利克さんの大規模な個展が関東で開催さ…08月16日 19時48分
  • 「岡本太郎と遊ぶ」展 PLAY with TARO
    現在、川崎市岡本太郎美術館で開催されているのは、“「岡本太郎と遊ぶ」展 PLAY with TARO” という展覧会。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)こちらは、「岡本太郎と遊ぶ」 という切り口で、岡本太郎の作品を紹介し…08月15日 18時51分
  • 畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華
    この夏、渋谷区立松濤美術館で開催されているのは、“畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華” という展覧会。こちらは、特にインドの美術や文化に造詣の深い日本画家・畠中光享さんが、これまでに蒐集したインド染織コレクションから、選りすぐりの…08月14日 20時15分
  • アートテラー的お茶漬け生活 〜その拾〜
    その日、男は懸賞のハガキをせっせと書いていた。・・・・・と、もちろんこれは、懸賞生活ではなく。永谷園のお茶づけ海苔に封入されている東海道五十三次カード。全55枚揃えるには、何日かかるのか?アートテラー・とに〜が体を張って検証する企画。『アー…08月13日 18時10分
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ展〜天才の「手」から生まれた未来への夢〜
    本日ご紹介するのは、そごう美術館で開催中の展覧会、“レオナルド・ダ・ヴィンチ展〜天才の「手」から生まれた未来への夢〜” です。タイトルに 「没後500年記念」 とありましたが。正確には、没後500年は2019年とのこと。ちょっとフライング気…08月12日 18時34分
  • ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
    横浜で3年に1度開催される現代アートの国際展、“ヨコハマトリエンナーレ2017” が、いよいよ開幕いたしました。略して、ヨコトリ。通算6回目となる今回のサブタイトルは、「島と星座とガラパゴス」 です。ヨコハマトリエンナーレ2017 イメージ…08月11日 17時49分
  • 祈りのかたち ─ 仏教美術入門
    現在、出光美術館で開催されているのは、“祈りのかたち ─仏教美術入門” という展覧会。タイトルずばり、仏教美術をテーマにした展覧会で、仏像に仏画、曼荼羅に禅画に経典に仏具と、あらゆるジャンルの仏教美術品が勢ぞろいしています。重要文化財 《扇…08月10日 18時12分
  • 新・無料で観れる 美術百選 《新宿センタービル(東京都新宿区)》
    パブリックアートの激戦区、西新宿に新たなパブリックアートが設置されたそうです。それはチェックしなければ!ということで、早速、現場へ急行。そのパブリックアートは、西新宿に聳え立つモード学園コクーンタワーの向かい、もしくは、損保ジャパン日本興亜…08月09日 18時33分
  • CCMAコレクション いま/むかし うらがわ
    千葉市美術館で開催中の “CCMAコレクション いま/むかし うらがわ” に行ってきました。こちらは、「うら」 というキーワードを切り口に、千葉市美術館の江戸美術コレクションと現代美術コレクションを紹介する展覧会。ちなみに、展覧会タイトルに…08月08日 18時09分
  • おもしろびじゅつワンダーランド2017
    5年前の夏に一度サントリー美術館で開催され、好評を博した “おもしろびじゅつワンダーランド”。その第2弾となる “おもしろびじゅつワンダーランド2017” に行ってきました!今回ももちろん、デジタル技術とアナログ手法を駆使、さまざまな展示方…08月07日 19時11分
  • 生誕150年記念 藤島武二展
    今年2017年は、練馬区が板橋区から独立して、ちょうど70年という節目の年。そして、練馬区とは特に関係はないですが、日本を代表する洋画家・藤島武二の生誕150年という節目の年でもあります。それをWで記念して、現在、練馬区立美術館では、“練馬…08月06日 18時21分
  • Book:25 『墨龍賦』
    ■墨龍賦 作者:葉室麟 出版社:PHP研究所 発売日:2017/1/25 ページ数:284ページ武士の家に生まれながらも寺に入れられ、絵師になった友松だが、若き明智光秀の側近・斎藤内蔵助利三と出会い、友情を育んでいく。そんな折、近江浅井家が…08月05日 19時16分
  • リアル(写実)のゆくえ
    足利市美術館で開催中の展覧会、“リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの” に行ってきました。こちらは、初めて目にした西洋画に衝撃を受け、独学で超リアルな 《鮭》 の絵を描いてしまった高橋由一に始まり、高橋由一 《…08月04日 19時10分
  • 月岡芳年 妖怪百物語
    現在、太田記念美術館で開催されているのは、“月岡芳年 妖怪百物語” という展覧会。(注:館内の写真撮影は、特別に許可を頂いております。)こちらは、幕末から明治にかけて活躍し、最後の浮世絵師とも称される月岡芳年 (1839〜1892) が描い…08月03日 18時23分
  • 歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―
    長らく所在不明になっていた喜多川歌麿の晩年の肉筆画 《深川の雪》 が、岡田美術館によって再発見されたのは、今から数年前のこと。喜多川歌麿 《深川の雪》(部分) 享和2〜文化3年(1802〜06)頃 198.8×341.1? 岡田美術館蔵歌麿…08月02日 18時17分
  • いよいよ第2第3のアートテラーが登場する日は近い?
    こんばんは。ATN (=アートテラーニュース) の時間です。本日8月1日、マール社より、『クリエイターのハローワーク』 という本が発売されました。クリエイターのハローワーク/マール社こちらは、クリエイターになりたいと思う中高校生や大学生、ま…08月01日 18時27分
  • 【告知】 現在募集中のアートツアー 【告知】
    現在募集中のアートツアーです。アートに興味のない方でも楽しんで頂ける企画を心掛けております。初参加の方も多いので、どうぞお気軽にご参加くださいませ♪ (男女比は、7:3くらいで女性が多いです。 また、おひとりで参加される方が大半ですので、一…08月01日 16時51分