手打ちそば屋は眠れない

サイト名称
手打ちそば屋は眠れない
URL
http://kandatasoba.cocolog-nifty.com/
紹介文
海より広い、銀河より大きい、蕎麦の世界 善光寺のお膝元、長野市権堂。路地裏の小さなそば屋へいらっしゃい。
カテゴリ
  • 甲信越 (100%) - 20 / 322人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • いまさらながら、善光寺についての勉強会。
    間もなく、善光寺の御開帳が行われる。数えで7年に一度の大きな行事で、二ヶ月間にわたって催されるのだ。 それに先立って、定休日にスタッフで勉強会を開いた。せっかく遠くからお客様がお見えになるのだから、私達も、善光寺について知っておかなければね…03月27日 22時19分
  • 「かえし」を作る時に飛ばしてしまう「みりん」のアルコールがもったいなくて、、、。
    古い落語を聞いていたら、夏の暑い日の夕方、横丁のご隠居さんが、井戸の水で冷やした「直し」で一杯やっている、という場面があった。この「直し」というのはなんだろう。 これは「本直し」とか「柳蔭(やなぎかげ)」とも呼ばれるもので、みりんに焼酎を加…03月19日 22時10分
  • 「我 事において 後悔せず」@宮本武蔵
    人生は、常に、選択の連続だ。日々、同じような日常生活に埋もれているつもりでも、無意識に細かい選択を繰り返して、私達は生きている。そんな選択の中で、その人の「生き方」や「人となり」が、作られていくのだ。 そして、時には、それは、人生の方向をも…03月02日 21時47分
  • 江戸時代から言われていた「信州人は大食い」。
    もう、だいぶ前に読んだ信州を紹介する本に、「信州人は大食いで、店に食べに行っても、御飯の量が多い。」というようなことが書かれていた。 私は東京生まれで、20歳を超えてから長野に移ってきたので、そのことについては、合点がいった。とにかく店に食…02月23日 23時02分
  • そばを食べたあとは、そば湯で汁を分解する。
    江戸時代の中頃になって、そばは広く食べられるようになった。最初の頃は、そばを食べたあとに、豆腐の味噌煮がでたそうだ。そばで冷えた腹を、その汁で温めたという。 ところが、信濃の習慣で、そばを食べたあと、そのゆで汁を飲むことが伝わった。同じそば…02月16日 22時46分
  • 長野県青木村の「タチアカネ」というソバのそば。
    先日訪れた青木村は、上田市の西側に広がっている。手元の資料(県民手帳)によると、人口は約4,400人という。周辺の町や村が、上田市との合併を推めたのに、この村は、独立独歩の道を歩んだ。 開けた谷を挟んで、南にはきれいな三角の形の夫神山(おか…02月02日 23時57分