暇人肥満児の付録炸裂袋

登録ID
477425
サイト名称
暇人肥満児の付録炸裂袋
URL
http://blog.livedoor.jp/himazinhimanzi/
紹介文
偏屈親父のちょっと穿った情報の読み方紹介 当然、新しい街の散策情報やグルメ情報のご紹介も一筋縄ではいきません
カテゴリ
  • 石川県 (100%) - 58 / 164人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 『すごい進化』―「一見すると不合理」の謎を解く―
    (鈴木紀之 中公新書) 生存に有利な形や色といった生まれつきの性質(これらを「形質」といいます)をもっている個体は、結果的により多くの子孫を残し、遺伝によって後の世代にもそうした形質が増えていきます。このプロセスを「自然淘汰による進化」と呼…09月22日 10時05分
  • 『浄土真宗とは何か』―親鸞の教えとその系譜―
    (小山聡子 中公新書) 親鸞の教えは、一見すると革新的かつ分かりやすく見える。親鸞自身も、自分の教えを易行(いぎょう)であるとした。しかし、呪術が日常的に行われていた時代に、はたして容易に受け入れられたのだろうか。 経典読誦や念仏が、仏菩薩…09月15日 08時58分
  • 『傷だらけのカミーユ』
    (Pルメートル 文春文庫) 油断もあるだろう。長く生きてきた、あるいは人生をめちゃくちゃにされた経験があるという場合、自分にはもう免疫があると思い込む。カミーユがそうだった。妻を殺されるという言いようのない苦しみを味わい、立ち直るのに何年も…09月07日 16時52分
  • 『日本語のゆくえ』
    (吉本隆明 光文社) ぼくは詩の問題や文芸批評の問題を仕事にしてきましたから、言語論といっても、コミュニケーション論ではない言語論を考えていました。言い換えれば、コミュニケートするために言葉を発するのではない部分の言語、あるいはディスコミュ…08月31日 17時30分
  • 『中動態の世界』―意志と責任の考古学―
    (國分功一郎 医学書院) たとえば、私が「何ごとかをさせられている」のではなく、「何ごとかをなしている」と言いうるのはどういう場合か?そこにはいかなる条件が必要であるのか?言い換えれば、私が何ごとかをなすことの成立要件とは何か?どうすれば私…08月24日 17時07分
  • 『中動態の世界』―意志と責任の考古学―
    (國分功一郎 医学書院) たとえば、私が「何ごとかをさせられている」のではなく、「何ごとかをなしている」と言いうるのはどういう場合か?そこにはいかなる条件が必要であるのか?言い換えれば、私が何ごとかをなすことの成立要件とは何か?どうすれば私…08月24日 17時01分
  • 『カラダの知恵』―細胞たちのコミュニケーション―
    (三村芳和 中公新書) カラダの細胞は人の数よりも5千倍も多い(37兆個)。細胞が人でいう「単一民族」であるかというとそうではない。生まれも機能も異なる。2百種類以上の細胞の集団だ。であるのに、内外の刺激にてんでバラバラに反応することもなく…08月17日 16時20分
  • 『櫛挽道守(くしひきちもり)』
    (木内昇 集英社文庫) 板ノ間の壁には幾多の櫛が貼り付けられている。いずれも、吾助が若い頃に挽き損じたものだという。二度と同じしくじりをせぬよう、戒めのため目につくところに飾ってあるのだと父は言うが、その仕損じの箇所を見つけられるようになる…08月10日 15時50分
  • 『熊と踊れ』
    (Aルースルンド Sトゥンベリ ハヤカワ・ミステリ文庫) このときのことを、のちに彼女は思い出せなくなる。自分がほんとうに振り向いたのかどうか。子どもたちに、どうして黙って立ってるの、と尋ねる時間があったのかどうか。それとも、あの静寂は自分…08月03日 17時11分