暇人肥満児の付録炸裂袋

登録ID
477425
サイト名称
暇人肥満児の付録炸裂袋
URL
http://blog.livedoor.jp/himazinhimanzi/
紹介文
偏屈親父のちょっと穿った情報の読み方紹介 当然、新しい街の散策情報やグルメ情報のご紹介も一筋縄ではいきません
カテゴリ
  • 石川県 (100%) - 39 / 168人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 『げんきな日本論』
    (橋爪大三郎 大澤真幸 講談社現代新書) 日本人が、どこから来て、どういう価値観と行動様式をもっている人びとなのか、自分の言葉で説明できる――これこそ、21世紀を生きる日本人の、元気の源でなくて何だろう。 と考え、歴史上の出来事の本質を社会…02月20日 17時03分
  • 『最古の文字なのか?』
    ―氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く― (GVペッツィンガー 文藝春秋) 3時間近く泥を這い回って得た収穫が、たった二つの赤い点だけということに、グスタボは申し訳なそうだが、その甲斐はあったと私は請け合う。氷河期の遺跡にあるものを確…02月16日 17時06分
  • 『とりつくしま』
    (東直子 ちくま文庫) 「じゃまっけなんだよ、これ」 「じゃまっけ」だって!?お父さんがこれを買ってきたとき、おまえ、お父さん、うれしい!とか言ってすぐに使ってたじゃないか。気持ちいいって、叫んでたじゃないか。(中略) 「なに言ってるの、二…02月13日 17時06分
  • 『とりつくしま』
    (東直子 ちくま文庫) 「じゃまっけなんだよ、これ」 「じゃまっけ」だって!?お父さんがこれを買ってきたとき、おまえ、お父さん、うれしい!とか言ってすぐに使ってたじゃないか。気持ちいいって、叫んでたじゃないか。(中略) 「なに言ってるの、二…02月13日 16時59分
  • 『罪と罰』
    (Fドストエフスキー 新潮文庫) 老婆はいつものように素頭だった。白髪まじりのまばらな薄色の髪は、例の癖で油をこてこてにつけて、鼠の尻尾みたいに編み、角櫛のかけらで止めてあるのが、後ろ頭に突っ立っていた。斧はちょうど脳天に当った。それは彼女…02月09日 17時03分
  • 『サイコパス』
    (中野信子 文春新書) 1位 企業の最高経営責任者 2位 弁護士 3位 マスコミ、報道関係(テレビ/ラジオ) 4位 セールス 5位 外科医 というのは、「学生がなりたい職業ランキング」なんかではなくて、実は「サイコパスが多い職業」の順位だと…02月06日 16時58分
  • 『偽善系』―正義の味方に御用心!―
    (日垣隆 文春文庫) ○○市内を大急ぎで駆け回ると、競技施設はほとんど何も存在していなかった。「どれだけの施設があるかをIOC東京総会で他の候補都市は競ったが、我が○○は、どんな施設をつくるかをCG画像で誇らしげにPRした」と地元紙には書か…02月02日 17時12分
  • 『伊勢と出雲』―韓神と鉄―
    (岡谷公二 平凡社新書) 古代伊勢というと、伊勢神宮が正面一杯に立ちあらわれて、余のすべてはことごとく脇役となるか、片隅に押しやられるか、場合によっては、その痕跡さえ消し去られてしまう。伊勢神宮にそぐわないものは一切、この土地では存続が許さ…01月30日 16時58分
  • 『神社の解剖図鑑』―日本各地の神様とご利益がマルわかり―
    (米澤貴紀 エクスナレッジ) 神社といってもその姿はさまざまで、同じ祭神を祀る神社でも性質や信仰の形態が異なるところは少なくない。また、この「多様さ」こそが神社を考える上で重要であり、魅力の源泉ともなっている、 穀物や食物の神への崇敬から生…01月26日 16時47分
  • 『神社と政治』
    (小林正弥 角川新書) 2016年の初詣時に一部の神社で改憲のためのブースなどが出されて、その署名活動が行なわれた。初詣は多くの日本人にとって慣習になっていて、世事は脇に置いてほろ酔い気分で出かけることが多い。政治は世事の最たるものの1つだ…01月23日 17時13分
  • 『煙が目にしみる』―火葬場が教えてくれたこと―
    (Cドーティ 国書刊行会) 青白い蛍光灯の下で身動きひとつせずに横たわる気の毒なバイロンを、私は10分近くぼんやり見下ろしていた。そう、バイロンというのがその男性の名前だった。少なくとも、足の指からぶら下がっているネームタグにはそう書いてあ…01月19日 16時58分
  • 『東大のディープな世界史』
    (祝田秀全 中経出版) 19世紀中ごろから20世紀50年代までの「パクス=ブリタニカ」の展開と衰退の歴史について、下に示した語句を一度は用いて、450字以内で述べよ。 自由貿易 南京条約 アラービー=パシャ 3C政策 マハトマ=ガンディー …01月16日 17時13分
  • 『地震と独身』
    (酒井順子 新潮文庫) 東日本大震災によって、家族の問題は大きくクローズアップされています。非常事態が発生した時、まず人々が考えたのは、家族が無事かどうかということ。無事であれば胸を撫でおろし、連絡がとれなければ不安でいっぱいに。震災は、あ…01月12日 17時08分
  • 『後妻業』
    (黒川博行 文春文庫) 「住民票、家具持ち込み、顔出し、この三つです」 守屋は指を立てて、「まず、後妻は入籍前に住民票を移して、狙った相手と同居しているという形を作ります。次に、ドレッサー、ベッド、洋服ダンスを家に持ち込みます。そうして、地…01月10日 09時22分
  • 『謎の独立国家ソマリランド』
    ―そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア― (高野秀行 本の雑誌社) ソマリアは報道で知られるように、内戦というより無政府状態が続き、「崩壊国家」という奇妙な名称で呼ばれている。 国内は無数の武装勢力に埋め尽くされ、戦国時代の様相を呈…01月04日 17時04分