暇人肥満児の付録炸裂袋

サイト名称
暇人肥満児の付録炸裂袋
URL
http://blog.livedoor.jp/himazinhimanzi/
紹介文
偏屈親父のちょっと穿った情報の読み方紹介 当然、新しい街の散策情報やグルメ情報のご紹介も一筋縄ではいきません
カテゴリ
  • 石川県 (100%) - 60 / 134人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 『2003年、日本国破産[対策編]』
    (浅井隆 第二海援隊) 併読: 『2003年、日本国破産[警告編]』 (浅井隆 第二海援隊) 『建設動乱』 (山崎裕司 ダイヤモンド社) 今、日本で何かが起ころうとしていることは間違いがない。 みな薄々そう気付いているはずであるが、気付かな…07月01日 16時59分
  • 『事業再生と敗者復活』
    (八木宏之 講談社現代新書) 「中小企業の再生なしに日本の再生はありえない。」と叫ぶ著者の「敗者復活アリ」の社会を創るための三つの提言。 1.再保証制度の充実 保証協会の保証付き融資の保証料は借り手が払うにもかかわらず、保証されるのは貸し手…06月30日 17時03分
  • 『しんがり』―山一證券 最後の12人―
    (清武英利 講談社) 日本の大企業の社長が泣きながら頭を下げる写真は全世界に配信された。米紙ワシントン・ポストはその写真を添えて、こんな社説を掲げた。 <Goodbye,Japan Inc.>(さよなら、日本株式会社) 確かにそれは、日本の…06月29日 11時18分
  • 『若者よマルクスを読もう2』―蘇るマルクス―
    (内田樹 石川康宏 かもがわ出版) 僕はマルクスの思想、マルクスのアイディア、マルクスの心情、マルクスの倫理的誠実を心から信じるものであります。けれども、マルクスが理想と描いたような人間的な社会を実現するためには、必ずしもマルクスの用語やマ…06月26日 17時04分
  • 『スターリン』―「非道の独裁者」の実像―
    (横手慎二 中公新書) 彼について語る多くの歴史書が、1920年代末からの農業集団化の過程で多大な犠牲者を出したこと、あるいは1930年代の大粛清では罪なき人々が次々に逮捕され、その後彼らの多くが消息を絶ったこと、あるいは第二次大戦の前後の…06月25日 16時56分
  • 『言論統制』
    (佐藤卓己 中公新書) 第2次大戦開戦前後、陸軍省情報局の情報官として、マスコミの言論弾圧に辣腕をふるった、 鈴木庫三少佐は、「日本思想界の独裁者」「小ヒムラー」として悪名高かった。(もちろん、私はこの本で初めて知ったのだが・・・) しかし…06月24日 17時09分
  • 『医学探偵の歴史事件簿』
    (小長谷正明 岩波新書) 運命の1963年11月22日、テキサス州ダラスの道路を、大統領夫妻はコナリー州知事夫妻と同乗し、オープンカーでパレードしていた。銃声がおこり、ケネディの肩から首に当たり、次いでコナリー知事に当たった。第二弾が命中し…06月23日 17時01分
  • 『ヒトラー演説』―熱狂の真実―
    (高田博行 中公新書) 「不幸なことに、政権にある者たちはほとんどの場合に忘れ去ってしまっているのだが、最終的な強さというものはそもそも師団や連隊、大砲や戦車の数にあるのではなく、政権にとっての最大の強さは国民自体のなかに、一致団結した国…06月22日 13時16分
  • 『津波の墓標』
    (石井光太 徳間文庫カレッジ) その夜、私は仙台のホテルに帰って、テレビの震災関連ニュースを見ていた。 画面から流れてくるのは、震災からまだ2週間も経っていないのに「復興」ムード一色の物語ばかりだった。宮城県内の女子高生が炊き出しをしただの…06月20日 16時57分
  • 『不可触民と現代インド』
    (山際素男 光文社新書) マハトラ・ガンジー。 イギリスの原住民差別的な統治に反旗を翻し、国産の綿を紡ぎ、塩田で塩を生産しようと呼びかけた、インド無抵抗独立運動の「聖者」。 独立を果たした後のインドで、国内の宗教的分裂闘争に抗議して、断食を…06月19日 17時07分
  • 『性と呪殺の密教』
    (正木晃 講談社新書メチエ) 度脱(ドル)、すなわち呪殺の行為は、利他行である。救済しがたい粗野な衆生を利益する。まさに仏の大慈悲である。性的ヨーガと度脱の実践なしに、密教はありえない。 ある人物が不正義である場合、より悪い行為をなさないう…06月18日 16時53分
  • 『釈迦』
    (瀬戸内寂聴 新潮社) 宗教系は好きだし、評価も高かったので読んだけれども、はっきり言って心に響くものはありませんでした。 ただ一つだけ気になったこと。 釈迦と養母の間に不倫関係があって、異母弟が実は息子だった。 ということをほのめかしてい…06月17日 16時49分
  • 『「空海の風景」を旅する』
    (NHK取材班 中央公論新社) 私の司馬遼太郎初体験が『空海の風景』で、 しかも、司馬を読みたいというより、空海への興味から読んだということもあって、その印象はいまだに強烈なものがある。 空海は恐らく、現在に至るまでの日本史上における最大の…06月16日 17時23分
  • 『捨ててこそ 空也』
    (梓澤要 新潮社) 「苦が人のさだめなのだとしたら、それから逃れることが唯一の救い。仏の教えは本当にそれに導いてくれるものなのか。ずっと疑っておりました」 「疑っていた?」 「はっきりそのこたえを示してくれぬかぎり、仏を信じることなどできぬ…06月15日 13時49分
  • 『四次元時計は狂わない』―21世紀文明の逆説―
    (立花隆 文春新書) 日本でいま世界最高の時計が作られつつある。それは、世界で最も精確な時計で、光格子時計と呼ばれる。なんと百億年に一秒しか狂わないという。宇宙創生(ビッグバン)から動かしたとしても一秒しか狂わないのだ。 いま最も精確とされ…06月12日 16時56分
  • 『リコウの壁とバカの壁』
    (ローヤー木村 本の雑誌社) 見上げるような壁の前に蹲り、小石を拾い上げては壁にぶつけながら、何やらブツブツ呟いている、いじけたような後姿の中年男。 見てみぬ振りをして通り過ぎようとする私の耳に、偶然その呟きが囁きかける。 「壁・の・バ・カ…06月11日 17時01分
  • 『バカの壁』
    (養老孟司 新潮選書) 新発売の「新潮選書」が、第一弾、第二弾と、大物起用や話題作で、軒並み大ヒット。 中でもこれが、最大のベストセラーと言うことなのだが、新潮選書の中では一番の駄作のような気もする。 書下ろしではなく、聞き下ろしというせい…06月10日 16時57分
  • 『知の編集工学』
    (松岡正剛 朝日新聞社) いまや幻の名雑誌「遊」(工作舎)の発刊以来、 分野の境界を超えた知的探索を「遊学」と称し、広く深く渉猟を続けていた著者が、 知の渉猟術を「編集工学」というシステムに集約した。 最近、講談社新書でも『知の編集術』とい…06月09日 16時48分
  • 『「知」の挑戦』―本と新聞の大学?、?―
    (一色清 姜尚中ほか 集英社新書) 私は「知」というものを説明する際、しばしば「生もの」と「干もの」という二つのものを例に使います。生ものの知の代表は新聞を中心とするメディアです。ジャーナリズムです。ジャーナリズムは社会の皮膚呼吸であり、社…06月08日 13時21分
  • 『聖地巡礼 ライジング』―熊野紀行―
    (内田樹 釈徹宗 東京書籍) 我々の聖地巡礼におけるテーマは「場と関係性」である。単に宗教性が高い場所へとおもむくだけではない。そこで展開されている儀礼行為や舞台装置などにも注目している。また、その場に関わってきた俗信や習慣、権力や政治的な…06月06日 13時07分
  • 『覘き小平次』
    (京極夏彦 中央公論新社) 硬くひび割れた自分の踵に指先で触れる。 指は確かに踵を感じているが、踵には何の感触もない。 この踵は誰の物なのか? これが自分の踵だとしたら、触っているのは誰なのか? ・・・ いつ何時でも、細く開いた襖の細長い隙…06月05日 16時49分
  • 『古川』
    (吉永達彦 角川書店) 引っかかるところがないので、すいすい読み進むわけですが、 よく考えてみると、とても不気味なことに気が付くわけで、 怖いというよりは気持ちの悪いホラーです。 よほどお暇で、体調のよいときに、体を楽にしてお読みください。…06月04日 16時51分
  • 『ヨコモレ通信』
    (辛酸なめ子 文藝春秋) 東京都庁の45階の展望室に開店した「古代ローマ建築風バー」(天上界の会話が聞こえる)への探訪から始まったこのルポは、 銀座に出店した「体験型ぬいぐるみショップ」 (ハートの入っていないぬいぐるみなんて)、 お台場大…06月03日 16時53分
  • 『ジュリエット』
    (伊島りすと 角川書店) これって「○ックス○ンス」だよなぁ。 ということで、 種明かしになってしまった人には申し訳ありませんが、 それでも一読の価値はある、甘酸っぱいホラーです。 (2001年12月) 付録: 『岡山女』 (岩井志麻子 角…06月02日 17時02分
  • 『「超常現象」を本気で科学する』
    (石川幹人 新潮新書) 本書は「幽霊はいる」とか「超能力は存在する」などと超常現象を肯定するためのものでもなければ、その逆でもありません。そうではなく、超常現象について、今現在、「実際に何がどこまで分かっているか」、「何がどのように謎なのか…06月01日 13時38分